競馬

競馬予想で着順を2着3着と繰り返す競走馬の性格をどう扱うか。角居勝彦調教師の連載から考える

 

 

競馬予想で着順を2着3着と繰り返す競走馬の性格をどう扱うか

競馬のレースを走れば当然、成績、着順は決まります。競馬のレースの成績、着順でときどき2着3着と繰り返す馬がいたりして、人気になる。

 

この着順を2着3着と繰り返す馬、競走馬の性格としてどう考えられるのでしょうか。

 

着順、成績が良ければ馬券も買いやすい。しかし、2着3着が続く競走馬の着順、頼りなる着順ではあるものの、大敗馬が巻き返して人気で飛ぶこともしばしば(そうなる確率のほうが低いのにー)。

 

はいっ、万馬券、万馬券。

 

競馬のレースで成績、着順を2着3着と繰り返す競走馬の性格を馬券上どう扱うか、角居勝彦調教師の連載から考えてみました。

 

競馬のレースで大敗した馬の理由はみつけやすいが、着順が2着3着な成績の馬がもっと走れる理由は意外と見つけにくい?

 

スポンサーリンク




競馬新聞の馬柱に2着、3着と着順を繰り返す競走馬の取捨選択と性格

競馬新聞の馬柱に2着、3着が並ぶ競走馬というのは、成績が惜しいと思われつつも着順が悪いわけではないから思いっきり嫌われることはない。だから、ある程度の信用は得られて人気の上位にいる性格なもの。

 

「2着・3着。ニーサン、ニーサン今度はどっち」と。

 

馬柱だと、2着馬・3着馬は、色付いたり強調表示されたり。カラフルニーサンの姿で馬柱にいる。競馬新聞、馬柱で目立つ。競馬中継でも取り上げられること多し。視聴率の高い競走馬です。

 

オッズの上位にいる、カラフルニーサン、なかなか欲しい色に染まれない(欲しい色はパープルっす……って違うだろ)。

 

スポンサーリンク




競馬予想の悩み。2着3着な成績、着順を繰り返す競走馬たち。次走の着順は?

さて、2着3着な成績、着順を繰り返す競走馬たち。次走も3着までに来る期待はできるが、どこか確実性に欠ける。困った弱った。のこったのこったハッケヨイ。競馬予想の悩みであります。

 

この悩みが解決してオッズが付くのであればいいものの、そうじゃないのが2着3着の並ぶ馬の特徴でもありますす。配当は薄い。カラフルニーサン薄い。

 

そういう、2着3着馬がいるレース(けっこうそういうレース多いです)において、どう馬券上扱えばいいのかヒントを見つけました。競走馬の性格についてです(ほんと、いろんなもの読んでおくのは競馬予想にいいことですな←自画自賛)。

 

スポンサーリンク




競走馬の性格から、競馬で大敗した馬は、負けた理由を探しやすい?

「大敗の理由は比較的分かりやすい。しかし2着や3着が数回続くような場合、惜しい競馬だったというより、そのほうが居心地がいいと思ってしまう可能性もあります。3頭併せの馬なり調教を繰り返していると、抜きん出るよりも並んでゴールすればいいと勘違いすることも。そのあたりを疑えば、坂路でしっかりと差をつけてかわす調教に切り替えます。不調の核を見極める感性が必要です」

 

週刊ポスト 角居勝彦・感性の法則 2016.7.15号 93pより

ホントに駄目な場合を除いて、競馬のレースで大敗したほうが理由はコレと馬券的に分かりやすいのは理解できます。競走馬の性格的に合わなかった、きつかったんだとはっきりわかることもある。テン3ハロンで無理をした。まくっていったけど、タイミングが違った(ラップが変になります、この手の馬は)などなど。

 

ほか、馬場だとか、外回っただとか、不利、騎手が抑えすぎたなどなど。大幅に着順・成績・時計が下がる理由だから、はっきり確認しやすいところがあります(だから、単純に時計がいいからで馬券を買おうとすると失敗しやすい=大敗した理由の逆もあるわけですから)。

 

いわゆる逃げ馬の大敗を気にしなくってもいいというのはそれの代表でしょう(その類いなことは他にもあるはず)。

 

スポンサーリンク




競馬で着順が2着3着が続くと、競走馬の性格を見抜きにくくなる?

そこから考えますと、負け方に落差があると「競走馬の性格的に、これかな」と見つけやすい。しかし、大敗から、負け、ちょいと負けと、落差が縮まって2着3着の競馬が続くと理由も小さくなり見つけにくくなってくる(いい面と悪い面が同化して「あー、今回はどうかなぁ」となってくる。適正がズレてることも多し)。

 

落差が縮まってゆくというのは着順が上がってゆくことでありまして、評価が上がることと比例することでもあり、そのぶん駄目な理由を見つけようとしなくなることでもある(だって、着順いいのだから、駄目な理由を模索しなくってもいいじゃん、と)。

 

そこちゃんと見ないと駄目よ、と角居調教師は書かれているのでしょう。

 

スポンサーリンク




競馬予想で馬券を買う側が調教できないが、数字は確認できる

競馬予想して馬券を買う側が調教をつけることは出来ませんが、結果を確認することはできます。いくらでもできます。とすると、妙な話、一緒なことです。馬券買う側にとっても「不調の核を見極める感性」というのは。競走馬の性格を別の視点から見つけることも可能でしょう。

 

有利に運べる馬場が続いていて、有利さをふんだんに使っての2着3着。有利な枠順が続いて、不利も負荷もなく2着3着。楽に逃げられるのが続いて、2着3着。これをどう見極めるのか。

 

逆もまたあるわけです。つらい、2着3着が続いている馬もいる。

 

競馬新聞に書かれている、馬柱をいかに広げてみるかは大事ということですね。

 

以上、競馬予想で着順を2着3着と繰り返す競走馬の性格をどう扱うか。角居勝彦調教師の連載から考えるいう話でした。

 

スポンサーリンク




-競馬
-