競馬レース映像分析ネタ

オールカマー2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

オールカマー 競馬予想 過去

 

オールカマー2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

オールカマー2019(G2)。中山競馬場・芝2200mで行われます。オールカマーの1着賞金は6700万円。G2だけあって、賞金も高額。正式には、産経賞オールカマー。天皇賞秋の優先出走権の与えられるレース。豪華メンバーが揃います。

 

2019年のオールカマー。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のオールカマーのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れる? 荒れない? オールカマー。ブレゼンター、ゲストは誰でしょう?

 

オールカマーの歴代優勝馬・勝ち馬は、ヒシアマゾン・サクラローレル・メジロドーベル・ダイワテキサス・ホッカイルソー・メイショウドトウ・エアスマップ・ロサード(新潟)・エアエミネム・バランスオブゲーム・マツリダゴッホ・シンゲン・アーネストリー・ナカヤマナイト・ヴェルデグリーン・マイネルラクリマ(新潟)・ショウナンパンドラなどなど。

 

スポンサーリンク




オールカマーの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

オールカマーの競馬予想、参考データと言っても、過去のオールカマーのレース映像分析ではありません。過去のオールカマーの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のオールカマーのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。激走馬の傾向、データ、情報を探せ。

 

オールカマーで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ゴールドアクター・ルージュバック・レイデオロ。どのような競馬を前走でしていた馬が過去のオールカマーで馬券になったのか。サトノノブレス・ステファノス・アルアイン。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

過去のレース映像データを使った、オールカマー競馬予想2019【消去法】みたいなもの

オールカマー 過去データ分析

オールカマーのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去にオールカマーというレースが行われなければ、データも生まれない。過去にオールカマーが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。3連単・3連複・単勝、複勝、ワイド、馬券の券種、馬券の買い方によらず、買いデータ探しにはぴったり。

 

オールカマーの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともオールカマーの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去のオールカマーで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去のオールカマーで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年のオールカマーの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

オールカマー2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2018年オールカマー・レース過去結果データ

 

オールカマー2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.6-10.6-12.7/12.3-12.3/11.7-11.8-11.9/11.8-11.5-12.0

 

1着・レイデオロ(1番人気・ルメール騎手・馬体重484kg)

2着・アルアイン(3番人気・北村友一騎手・馬体重518kg)

3着・ダンビュライト(2番人気・武豊騎手・馬体重482kg)

 

オールカマー2018・オッズ・過去配当結果

オールカマー2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 200円

複勝 7・110円/1・140円/2・130円

 

スポンサーリンク




オールカマー2018・1着・レイデオロ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2018年オールカマー1着、レイデオロ(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、ドバイシーマクラシック(UAE・芝2410m)でした。枠順は、3番・4着。ルメール騎手。

 

馬場状態・良馬場発表

 

レイデオロは、3番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつ、押さえつつ、1角に入って行くのだがインを走るモズカッチャンとベストソリューションに挟まれてブレーキを踏んでるシーンが見られる。しんどい形で1角になるレイデオロ。

 

逃げて行ったのは、勝ち馬ホークビル。ゆーったりとした逃げ。逃げるまで遅さに後続が付き合う形。レイデオロは中団後方。

 

1角-2角。内に1頭いる外を回って行くレイデオロ。押さえつつ。

 

向正面。レイデオロは気持ち外を意識しつつ追走して行く。カリーディが上がって行く。

 

3角-4角。位置取り変わらず、内1頭外を回って行くレイデオロ。

 

直線。スピードに乗せつつ追い出し始めるレイデオロ。追って追うも前を交わす脚を見せられず。4着でゴール。

 

オールカマー2018最終追い切り・

美浦W 良 69.4-53.8-39.9-13.3<7>馬なり余力

 

※【オールカマー2018・過去結果データメモ】レイデオロの斤量はドバイシーマクラシックから0.5キロ増の57キロ。レイデオロは脚をため過ぎるのはよくないタイプかと(と言っても、コーナー2回な短距離志向のある馬という意味ではない)。ドバイシーマクラシックでゆっくり逃げて行ったホークビル。パッと逃げて行ってくれればいいものの、ゆったりすぎなホークビルの逃げ方にコーナーを回りつつ付き合うのは強く押さえていかねばならず、しんどい。後続の足を削る逃げ。挟まれたのも負荷。ドスローに付き合いすぎてうまいこと脚が貯まらなかったレース。ハイペースなラップを刻んで後続の脚を削る作戦の逆という話。それでも4着まで伸びたのは弱いということにはならない。

 

スポンサーリンク




オールカマー2018・2着・アルアイン【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年オールカマー2着、アルアイン(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、クイーンエリザベスII世カップ(香港・芝2000m)でした。枠順は、6番・5着。C.デムーロ騎手。

 

馬場状態・良馬場発表

 

アルアインは、6番からスタート。出遅れ気味のスタート。軽く促して先行ポジションへ向かうアルアイン。

 

逃げて行ったのはタイムワープ。内からダンビュライトがせって行ったため、なかなか逃げさせてもらえないタイムワープ。

 

1角-2角。逃げ馬、2番手がすんなり決まらない争いが離れて行われる分には影響薄いものの、続く3番手以下と接近してると渋滞が起きやすい。逃げ争いをしている外目にアルアインつけて行く。勝ち馬パキスタンスターが逃げたくないので強めに押さえて外目に出して下がってくる。パキスタンスターは内に入れる。アルアインは軽くブレーキ踏みつつ、外に出される。内にいたイーグルウェイは不利食らう。アルアインは最終的に内に1頭いる外周りに。

 

向正面。アルアインは押さえつつ追走。

 

3角-4角。内に1頭外から2頭外へ出すアルアイン。

 

直線。アルアインは追い出すのに都合のいいポジション。しかし、追って追うも少しずつ抜け出して行ったパキスタンスターを交わす、接近するまではいかず。5着でゴール。

 

オールカマー2018最終追い切り・

栗東坂路 良 52.4-38.3-24.7-12.2 末強目追う

 

※【オールカマー2018・過去結果データメモ】アルアインはクイーンエリザベスII世カップからは斤量変わらずの57キロ。前走、些細な差ではあるがコーナーに入って遠心力かかるところで外目に内から振られるのはしんどい(アルアインは瞬間的なものですけども、予想してないところから馬が出てくるのにすぐに対応することは難しい。例は少ないものの、内にいた馬がコーナーで外に振って外に出された馬が次走、最低人気で勝利したことはある)。コーナーで外目に振るのは4角あたりの勝負所ではよく見られる光景ですが、最初のコーナーではあまり見かけない。

 

アルアインの場合、スタート出遅れ気味に出て位置を取りに脚を少し使う間に起きたことで出したスピードを削がれてもいます。

 

余談ですが、このレース1〜3着馬はインベタした馬だったりします(イーグルウェイは不利受けてたりしますけども)。

 

オールカマー2018・3着・ダンビュライト【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ルーラーシップ産駒)

2018年オールカマー3着、ダンビュライト(オッズ・2番人気。血統・ルーラーシップ産駒)の前走は、宝塚記念(阪神競馬場・芝2200m)でした。枠順は、8番・5着。武豊騎手。

 

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.2-10.8-11.4/12.7-12.3/12.0-11.8-12.1/12.2-11.7-12.4

 

ダンビュライトは、4枠8番からスタート。好発なものの、押さえて押さえて行くダンビュライト。行きたい馬を先に行かせる。ゆっくり入ってきたサイモンラムセスに前に入られて、しんどいシーンが見られる。

 

逃げて行ったのは、サイモンラムセス。テン3ハロン34.4秒と早めな逃げ。ハナ争いの際、ジワっと逃げて行ってたサイモンラムセスにタツゴウゲキが絡んで行ったのでテンが急に流れて行った。ダンビュライトのテン3ハロンは34.8秒。おおよそ標準くらいのラップ。

 

1角-2角。ダンビュライトは強めに押さえつつ、内に2頭外を回っていく。

 

向正面。動き出したのは残り1200mあたりから。残り800mで気持ち逃げ馬の脚が衰えてきてラップは緩む。ダンビュライトは中団を押さえつつ追走。

 

3角-4角。逃げ馬、2番手の馬が垂れ気味なこともあって、交わしていく馬たちでごった返す。関わりたくなければ、外目回すのが十二分に追い出せて具合がいい。しかし、垂れてきた逃げ馬の作った進路を選択する手もある。ダンビュライトは内に2頭いる外目周りつつ、進路を探しあぐねてる感。追い出す選択肢が少なくなってる。その間に外目を走った馬たちが追い抜いて行ってるので、通過順位を下げるダンビュライト。

 

直線。ダンビュライトは追い出し始めるも伸びはジワジワ。追い方はムチを入れて伸びを見てる感じで強くは追ってない。それでも5着まで追い込んでくる。上がり3ハロン36.4秒。

 

オールカマー2018最終追い切り・

栗東坂路 良 50.2-37.2-24.7-12.7 一杯に追う

 

※【オールカマー2018・過去結果データメモ】ダンビュライトの斤量は宝塚記念より1キロ減。57キロ。前走は、行きたい馬を行かせる+テン早い+外目周り+残り1200mからラップ早くなる+3角-4角ごちゃごちゃして追い出す選択肢減る+直線強く追ってない=それでも上がり3ハロン36.4秒の5着。次走以降、馬券になりそうな要素たっぷりダンビュライト。

 

オールカマー2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2017年オールカマー・過去レース結果データ

 

オールカマー2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.8-11.7-13.2/12.9-12.5/12.5-12.1-11.3/11.2-11.6-12.0

 

1着・ルージュバック(5番人気・北村宏司騎手・馬体重456kg)

2着・ステファノス(1番人気・戸崎圭太騎手・馬体重482kg)

3着・タンタアレグリア(3番人気・蛯名正義騎手・馬体重480kg)

 

スポンサーリンク




オールカマー2017・オッズ・過去配当結果

オールカマー2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 780円

複勝 6・280円/8・170円/9・210円

 

オールカマー2017・1着・ルージュバック【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・マンハッタンカフェ産駒)

2017年オールカマー1着、ルージュバック(オッズ・5番人気。血統・マンハッタンカフェ産駒)の前走は、ヴィクトリアマイル(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、7番・10着。戸崎圭太騎手。

 

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.6-11.2-11.8/12.3-12.2/11.1-10.8-11.9

 

ルージュバックは、4枠7番からスタート。まずまずのスタートも押さえつつ、押さえつつ後方から進めるルージュバック。

 

逃げ馬は、ソルヴェイグ。テン3ハロン35.6秒の逃げ。少し遅め。ルージュバックのテン3ハロンは37.1秒。

 

向正面。「12.3-12.2」とテン3ハロンの遅めを維持してスピードは上がって行かない。ルージュバックは強めに押さえつつ。

 

3角-4角。逃げ馬が馬場の荒れた内目を開けて走るのにつられて、後続も内を開け、大回りになる馬がたくさん。ルージュバックは3頭外から5頭6頭外目へ出して行く。

 

直線。馬場のいい真ん中へ出してくルージュバック。後方から追い出し開始。追って追って、追って追って少しずつ伸びるもなかなか交わすまで行かず。ルージュバックは10着。上がり3ハロン33.3秒。

 

オールカマー2017最終追い切り・

美浦W 良 51.7-38.1-12.7<6>直強目に追う

 

※【オールカマー2017・過去結果データメモ】ルージュバックはヴィクトリアマイルより斤量変わらずの55キロでの出走。600mコーナー増の距離延長。前走は「位置取り」+「距離ロス」。勝ったアドマイヤリードはコーナー内目で回って、馬場のいい外目に出したのに対して、ルージュバックをはじめ、♪回すー回すよ、外目を回す、と、中島みゆき『時代』の替え歌したくなるくらいの位置取り。ままっ、馬券は出会いと別れを繰り返すものであるにしても、切ない。

 

3角入りから外目周りっぱなしのレッツゴードンキは次走、スプリンターズステークス・5番人気2着。ミッキークイーンは次走、宝塚記念4番人気3着。フロンテアクイーンは次走、長岡ステークスを不利受けつつも2番人気3着。

 

ペースが遅く流れたので脚のたまる展開ではあったものの、ルージュバックは距離ロスあって上がり3ハロン33.3秒。馬場状態も稍重で、追い込む馬には味方しない。そこから考えると評価できる内容。

 

スポンサーリンク




オールカマー2017・2着・ステファノス【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2017年オールカマー2着、ステファノス(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、安田記念(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、18番・7着。戸崎圭太騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.2-10.6-11.1/11.6-11.6/11.0-11.3-12.1

 

ステファノスは、8枠18番からスタート。発馬決めて、押さえつつ押さえつつもいかんせん大外枠。外目追走。

 

逃げて行ったのは、ロゴタイプ。テン3ハロン33.9秒。かなり早めな逃げ。早い。ステファノスのテン3ハロンは34.5秒。こちらもやや早めなラップ。

 

向正面。ロゴタイプの逃げは「11.6-11.6」と、テンの速さを維持。減速することはない。ステファノスは外目を押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。うちに2頭半くらいをきっちり回りつつ、押さえつつも外目に出していくステファノス。

 

直線。追い出せる位置を確保して、追い出しを待つステファノス。残り400mを切ったあたりから追い始める。ステファノスは追って追う。しかし、届かず。上がり3ハロン34.2秒の7着。

 

オールカマー2017最終追い切り・

栗東芝コース 稍 63.7-48.7-35.3-11.6<1>叩き一杯

 

※【オールカマー2017・過去結果データメモ】ステファノスの斤量は安田記念から2キロ減の56キロ。600mコーナー増の距離延長。前走は、テンがかなり早く流れるペースをステファノス自身も早いラップで追いかけてく展開。外目を回って勝ち馬・サトノアラジンとは0.3秒差。強さは見せてる。テン早+上がり早な馬。

 

オールカマーで前走より10も内の枠順になったのはプラス。距離延長、歓迎タイプ。

 

オールカマー2017・3着・タンタアレグリア【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ゼンノロブロイ産駒)

2017年オールカマー3着、タンタアレグリア(オッズ・3番人気。血統・ゼンノロブロイ産駒)の前走は、アメリカジョッキークラブカップ(中山競馬場・芝2200m)でした。枠順は、8番・1着。蛯名正義騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-10.8-12.4/11.9-11.9/12.3-11.8-11.9/12.2-11.8-12.3

 

タンタアレグリアは、4枠8番からスタート。スタートまずまず。軽く促して中団へ。タンタアレグリアは内目へ入れて1角入り。

 

逃げて行ったのは、クリールカイザー。テン3ハロン35.8秒。やや遅めの逃げ。タンタアレグリアのテン3ハロンは36.7秒。

 

1角-2角。インベタで押さえつつ走るタンタアレグリア。「11.9-11.9」とペースが流れて行く。

 

向正面。クリールカイザーの逃げは一瞬緩むも、再加速して行く。タンタアレグリアはインで押さえつつな展開が続く。

 

3角-4角。インベタで回ってくるタンタアレグリア。垂れていくリアファルにじっくり付き合ってしまったクラリティスカイ(→次走、小倉大賞典5番人気3着)のインを攻略して、位置を上げてじわじわスピードに乗せて行く。

 

直線。クリールカイザーが垂れて、前を走っていたミライヘノツバサが抜け出した内をすくっていくタンタアレグリア。追って、追って、一杯に追って後続に交わさせず1着でゴール。タンタアレグリアの上がり3ハロンは35.7秒。上がり3ハロン最速。

 

オールカマー2017最終追い切り・

美浦W 良 81.6-66.1-51.4-37.6-12.6<9>強目に追う

 

※【オールカマー2017・過去結果データメモ】タンタアレグリアの斤量はAJCCから1キロ増の57キロ。骨瘤放牧、8ヶ月休養明け。前走はそこそこペースの流れたレースで、インをうまく立ち回ったタンタアレグリア。距離ロスがなかったとはいえ、位置をあげてじわじわ脚を使わされるペースだった。それでいて上がり3ハロン最速の35.7秒は買い材料になる。

 

ただし、リアファルが垂れるのに後続を巻き込んだり、シングウィズジョイの落馬など、着順を着順と見ない方がいいレースではある。休養明けを加味してヒモに塗るのがいい形だったかと。

 

オールカマー2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2016年オールカマー・過去レース結果データ

 

オールカマー2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.3-11.2-11.9/12.0-12.5/12.1-12.3-12.2/12.1-11.3-12.0

 

1着・ゴールドアクター(1番人気・吉田隼人騎手・馬体重496kg)

2着・サトノノブレス(3番人気・福永祐一騎手・馬体重506kg)

3着・ツクバアズマオー(6番人気・吉田豊騎手・馬体重472kg)

 

オールカマー2016・オッズ・過去配当結果

オールカマー2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 200円

複勝 6・120円/1・200円/5・250円

 

オールカマー2016・1着・ゴールドアクター【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)

2016年オールカマー1着、ゴールドアクター(オッズ・1番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)の前走は、天皇賞春(京都競馬場・芝3200m)でした。枠順は、17番・12着。吉田隼人騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.0-12.1-12.4/12.2/12.1-12.0-11.6/12.9-12.6-12.6/12.7-12.5-11.6/11.4-11.7-11.9

 

ゴールドアクターは、8枠17番からスタート。大外枠。スタートまずまず。押さえつつ先行して行くゴールドアクター。外目追走。

 

逃げて行ったのはキタサンブラック。テン3ハロン37.5秒。遅めの逃げ。ゴールドアクターのテン3ハロンは38.1秒。

 

3角-4角。大外枠からのスタートで内目にはどうしても入っていけないゴールドアクター。内に3頭いる外目をきっちり回ってく形に。前に壁がないので、引っ張られすぎないように強く手綱引くシーンが見られる。

 

正面。外目を押さえつつのゴールドアクター。ペースはそこそこ流れる。

 

1角-2角。内に2頭いる外目を回っていくゴールドアクター。押さえつつ。

 

向正面。キタサンブラックはペースを落とす5ハロン。と言っても、思いっきり緩めているわけでない。残り800mから再加速。ゴールドアクターは内に2頭いる外目追走。

 

3角-4角。ゴールドアクターはキタサンブラックを捕まえに行く。誤算は、ヤマニンボワラクテが粘りに粘ったこと。ヤマニンボワラクテがキタサンブラックの外にいるので、ゴールドアクターは内に2頭いる外から追い上げることになった。距離ロス。

 

直線。ゴールドアクターの意地でヤマニンボワラクテを交わして行く。追って追って、追って、キタサンブラックを交わすか? という感じに見えたのも一瞬。ゴールドアクターは伸びきれず後続が差してきて、12着でゴール。上がり3ハロン35.6秒。

 

オールカマー2016最終追い切り・

美浦W 不 83.5-67.0-52.3-38.2-13.1<6>馬なり余力

 

※【オールカマー2016・過去結果データメモ】ゴールドアクターの斤量は天皇賞・春と変わらず58キロ。前走は大外枠からで6つあるコーナーを内に2頭3頭いる外を回る形。キタサンブラックのペースは5ハロンほど息を入れられたものの、ダラダラとペースが落ちたわけではない。そんなペースの中で6つのコーナー合計7頭外をゴールドアクターは回って、キタサンブラックとの着差が0.8秒差だった。

 

天皇賞・春の1着から3着馬、6つのコーナーの位置取りはインである(3着・シュヴァルグランは最初のコーナー1頭外から入ってるが、インに切り替えてる。いわゆる4角位置は綺麗に最内・最内・最内と並ぶ……、まあまあ、この「4角位置」はあてにしていいものではなく、レース映像で3角入りから確認しないと使い物にならないのだけども、ブツブツ)。

 

ゴールドアクターは2015年の有馬記念でキタサンブラックに勝ってるわけで、悲観する12着ではない。

 

オールカマー2016・2着・サトノノブレス【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年オールカマー2着、サトノノブレス(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、宝塚記念(阪神競馬場・芝2200m)でした。枠順は、12番・8着。和田竜二騎手。

 

馬場状態・乾きつつある稍重馬場

レースラップ・12.6-11.0-11.1/12.3-12.1/12.4-12.3-12.2/11.9-12.2-12.7

 

サトノノブレスは、6枠12番からスタート。スタート決めて、出してく出してく、サトノノブレスと和田竜二。しかし、内の馬たちもスピードが互角で内へ入っていけない。そのまま1角入り。

 

逃げて行ったのは、キタサンブラック。テン3ハロン34.7秒。おおよそ標準くらいのラップで逃げて行く。サトノノブレスのテン3ハロンは35.1秒。

 

1角-2角。スタートからスピードに乗せたサトノノブレスだったものの、取れた位置は内に2頭いる外目。押さえつつ、追走。

 

向正面。キタサンブラックの逃げはおおよそ気持ち早め〜標準くらい。残り1200mから加速はして行かず。サトノノブレスは外目を押さえつつ追走。前を走るトーホウジャッカルの外へ出して行く。

 

3角-4角。内に3頭いる外をきっちり回って行くサトノノブレス。垂れて行く、トーホウジャッカルとワンアンドオンリーを交わして、内に2頭外。

 

直線。サトノノブレスは追い出せる位置を確保したものの、伸びてキタサンブラックに近づく脚はなくゴール。8着。サトノノブレスの上がり3ハロンは37.7秒。

 

オールカマー2016最終追い切り・

栗東CW 重 55.8-40.6-12.8<6>稍一杯に追う

 

※【オールカマー2016・過去結果データメモ】サトノノブレスの斤量は宝塚記念から2キロ減の56キロ。前走は、スタートから出して行くものの位置取りに失敗。外目をきっちり走ることに。そこそこ流れる展開。サトノノブレス自身もそこそこ流れたペースに外目で乗って行った。なんと言いましょうか、和田さん無茶しすぎである。距離ロスとペースの関連性で馬券の買い要素はある。

 

だけどよ、マリアライトも宝塚記念で外目回ってたじゃん?

 

サトノノブレスは宝塚記念12番枠→オールカマー1番枠

マリアライトは宝塚記念16番枠→オールカマー7番枠

 

それぞれ枠順は前走より内になってるけども、外目を回す馬はどうしても距離ロスしやすい。オールカマーで4角曲がって行くとき福永騎手は余計に外目を回って外走る馬がより距離ロスするように走ってる。

 

馬券の買い目としてはサトノノブレスもマリアライトも買った方がいいのは言うまでもなく。

 

オールカマー2016・3着・ツクバアズマオー【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ステイゴールド産駒)

2016年オールカマー3着、ツクバアズマオー(オッズ・6番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、札幌日経オープン(札幌競馬場・芝2600m)でした。枠順は、2番・4着。勝浦正樹騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・13.1-11.7-12.2/12.6/12.5-12.9-12.6/12.5-12.1-11.8/11.7-12.1-12.0

 

ツクバアズマオーは、2枠2番からスタート。まずまずのスタートも、1番サムソンズプライド、そして外の馬が早い。前を走るサムソンズプライドが3角に入って行くのだけど、外の馬に合わせてコーナー入って減速。一方、ツクバアズマオーはスピードに乗ってて、勢いが相反してブレーキをかけまくってるシーンがある。

 

逃げて行ったのはサムソンズプライド。テン3ハロン37.0秒。おおよそ標準の逃げ。ツクバアズマオーのテン3ハロンは37.3秒。

 

3角-4角。インを走るツクバアズマオー。押さえ込むのに力を使ってる感が続く。

 

正面。ペースはゆっくり進んで行く。3番手のインにツクバアズマオーは走ってくが、スタートから続いてる押さえ込む感が楽になった印象はない。

 

1角-2角。インベタのまま追走して行くツクバアズマオー。押さえて、押さえて。

 

向正面。ツクバアズマオーの力の入った押さえ込む感は続く。サムソンズプライドのペースは上がって行かず、むしろ垂れ気味に。

 

3角-4角。サムソンズプライドが垂れてくる進路を開けて、外目に出して行きたいツクバアズマオー。しかし、もう1頭垂れ気味なニューダイナスティが4角出口で粘っていてツクバアズマオーの都合を通させてくれない。なので追い出すこともできない。

 

直線。ツクバアズマオーはサムソンズプライドの前にどうにかねじ込んで行く。追い出せる位置も確保。追って追うもジャングルクルーズとハナ差の4着。ツクバアズマオーの上がり3ハロンは35.9秒。

 

オールカマー2016最終追い切り・

美浦W 不 66.0-50.7-37.1-12.6<2>強目に追う

 

※【オールカマー2016・過去結果データメモ】ツクバアズマオーの斤量は札幌日経オープンと変わらずの56キロ。前走は内目を走った馬の恐怖と言いますか、垂れて来る馬が2頭前にいると4角出口は渋滞してしまうと言いましょうか、スタートからしんどい競馬が続きすぎでしょ、ツクバアズマオーと言いましょうか。

 

脚を貯めつつな競馬ではなく、ツクバアズマオーはサムソンズプライドにスタートから少しずつ脚を削られてく競馬になって、おしまいに垂れて迷惑かけられたというレース。ついでにニューダイナスティに挨拶されるという展開。それでもへこたれずに3着争いまで持って行った。結果競い負けて4着ではあるが、脚を削られる追走ではなく貯める追走になれば馬券になる。

 

ツクバアズマオーのオールカマー6番人気3着→ディセンバーステークス1番人気1着(3.3倍)→中山金杯1番人気1着(2.8倍)という流れは、それまでの成績を加味して追いかけられる走りをしていた。金杯で乾杯する準備をじっくりできる馬でもあった(なんのこっちゃい)。

 

以上、オールカマー2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

オールカマー2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.