繰り返しの謎解き商会

*

競馬予想で穴馬券を買えなくする原因は、データ(結果・情報)の見方、組み立て方にあるのでは?精度を上げるには…

      2018/09/01

競馬予想して穴馬券を買い、的中させたいもの。しかし、競馬予想して穴馬券が買えない。来ない。恐い。そこには、競馬予想して穴馬券を買えなくする原因があると思うのです。競馬のデータ(結果・情報)の見方、組み立て方にあると。競馬予想には、一定のリズムを刻んでいくような、馬券の組み立て方に工夫が入ります。

 

競馬のデータ(結果・情報)の見方や、組み立て方の精度を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。競馬予想してオッズのつく人気のない穴馬を買ってもいいと思えるようになるには……。競馬予想する人の都合にあわせてくれるような馬券の組み立て方、データ(結果・情報)の錯覚とは。

 

長文ですがひとつ。

 

スポンサーリンク




競馬予想におけるデータというのは、切っても切れない

DSCF1003

競馬予想して、馬券を買う上で各種データというのは重要な要素(ファクター)です。あまたある馬券本のけっこうな割合をデータの紹介が占めてる。的中率・回収率。的中率・回収率。テキチューさんとカイシューさんフェスティヴァル。

 

競馬予想におけるデータの有用性の見方というのは、基本的にベタ買いしてなんぼ視点に立ってます。

 

その上で、馬券本だけでなく、競馬雑誌にしても、競馬新聞にしても、データの紹介が占めてるところは否定できません。もちろん、競馬予想ブログもそう。

 

データが競馬や馬券と切っても切れないんじゃないのなら、ターゲットというソフトはないでしょうし……。

 

さて、競馬におけるデータ。馬券購入で全国各地でフェスティヴァルしてるデータ(結果・情報)。

 

よくありますね、

 

<10 - 10 - 10 / 30>

 

という競馬データ。「おお、複勝率50%」。

 

もしくは、GIや重賞に出走してきた馬で「この賞組」はいい成績だけど、「この賞組」はイマイチというデータなんていうのもありますね。自分はあまり深く見ませんけど……(妙な先入観が忍び込むので)。

 

ほかにも、騎手と厩舎、馬主の組み合わせだったり、コース適正だったり……。競馬本だったり、競馬雑誌だったりには「どういう切り口で有用性のあるデータを発掘してくるか」みたいな雰囲気があるわけです。

 

競馬予想、データの切り口。見方、組み立て方

この競馬予想のデータというもの、単純に言って「ある現象を一つの切り口で揃えたもの」と言えます。

 

「ある現象」と言うのは、「ある1レースの結果」ということです。「切り口」というのは、「父・ディープ」「距離短縮組」「トップハンデ」「重馬場」「武豊騎手」「堀宣行調教師」など。

 

サウスヴィグラス産駒のダート短距離の成績がいい、というのも、きさらぎ賞で勝利して次走皐月賞へ向かった馬はハクタイセイしか勝ってないというのも。「ある1つのレース」が積み重なってる。積み重なったデータから、切り口ひとつを見ているというわけです。

 

競馬予想の基本的なデータの見方というのは、書かれてる現象に切り口、数字を見る。なんのこっちゃいですけど、とっかかりはそれからはじまる。

 

馬券を買う側にとって、「いいデータ」と「悪いデータ」があります。これは、どう予想するかによって良くもなれば悪くもなるので、あるデータが良いと予想する人もいるし、いや、良くないと予想する人もいる。

 

この差はその人その人の競馬理論、原理原則、これまで知って来たことによる見立てによるわけですが……。

 

そこでふと思ったんです。

 

データの文字面の「自分にとって都合のいいところ」だけを追いかけて予想していると、穴馬を買いづらくするんじゃないのかな……と(いいところというのは、確実に来ないとデータに出ているから消しという意味ももちろん含む)。

 

関連→将棋の三手の読みができないから考える、馬券を買う人の都合を競馬予想に入れすぎると当たらなくなる話

 

関連→競馬予想する上で穴党・本命党と決め、馬券を買わないほうがいい理由。意味ある買い方するなら、精神的に偏らないほうが回収率上がる。本命・対抗・大穴・記号

 

関連→競馬の穴馬とは、基本的にオッズの真ん中から下で人気のない馬のこと。意味ある探し方や見つけ方として、激走パターン、共通点、バイアスを調べ尽くしているか

 

2014年8月2日 新潟競馬2レース 勝馬・ディアコンチェルト(鞍上・柴田善臣)

ここんところ、過去のブログに書いた競馬予想を見返してて気づいた話。

 

「このデータがあるから、確実にこの馬は来ない」と消したはいいものの、その馬があっさり勝ってしまったというレースです。

 

こういう事象を「たまたま」と解釈する手もあるのですが、競馬予想において「なるべく例外を出さない」ことに決めているので、新潟競馬のレースは例外ではないと考えます(そういうスタンスにいないと、小さな不利やアクシデントを見つけられなくなるんです)。

 

さて、本命は、タンタアレグリアでした。

 

対抗以下について、こんな競馬予想をワタクシ書いてます。

対抗に、タンタアレグリアのお隣、ランデックヒルズを。

 

タンタアレグリアと選んだ理由は近しいのですが、前走(福島芝1800m・良)、外々回っての上がり3ハロン35.4。外の回りっぷりはタンタアレグリアより馬1頭くらい外。今回も外ですが、調教がよいところを評価して。

 

以下、トリアンドルス、ソヴリンマンボ、ウインベルノアール

 

ディアコンチェルトもいいなぁと思ったものの、消し。母父・ソウルオブザマター芝1500〜1800トータル成績(0-0-0/50)、複勝率0%。つまり、こ・な・い(笑)。

 

新潟競馬2R・2歳未勝利(芝1600m)競馬予想2014.08.02・本命対抗の理由!

そうです。ランデックヒルズを消したのは、母父・ソウルオブザマターが50回走って来ないんだから、今回もマター来ないでしょというわけです。この50回という数が、また来ないを保証すると思ったわけですね。

 

競馬関係者、調教師、馬主、生産牧場、騎手……、1回競馬で走らせるのも大変なのに、母父・ソウルオブザマターを50回走らせて1度もきっちり馬券になったことがない。これは、濃厚なデータだと。

 

ところが勝ちました。ヨシトミさん勝ちました。

 

「このレース組がうんぬん」という切り口とは違いますけど、来ないもんは来ないだろうと、人気馬でもないのに(6番人気)わざわざ理由書くという……(馬鹿だねぇ、まったく。まぁ、見つけちゃったからしょうがないか)。

 

ただ、ディアコンチェルトをいいなぁとも思ってたのです。レース映像を見てて、前走の新馬戦でいい追い込みをして0.6秒差だった。馬券になっても不思議じゃないなと……。けど、マターこないだろうって。

 

だったら、屁理屈は抑えめにして買い目に入れておけよっ、馬鹿馬鹿っ(3連複3列目大作戦だよ)。

 

あっ……、つまり、「行ける要素」と「行けない要素」のどっちも自分見てたんですな……。

 

データの文字面にある「自分にとって都合のいいところ」だけを使って予想するとロクなことがない。しかし、レース映像を見て「いい馬かも」と考えてたことは、「自分にとって都合のいいところ」を見ていたわけではありません。ディアコンチェルトのいいところを見ていたわけです。自分の都合ではありません。

 

関連→競馬の人気薄な穴馬券のうまい当て方と、投資における現在の不納得。儲けの共通点は「なんで買うのかわからない」と言われること?精神的バイアス、傾向特徴

 

関連→競馬予想で当たる方法を探すおすすめのコツ、定点観測。データ分析の意味を濃くする。能力把握に最適。面倒だけど、自信はつきやすい【馬券】

 

関連→競馬予想の勝つ準備・負けた後の準備について。馬券で負けない方法や法則、理論を作るコツは、前持った用意にある。取り返す、取り戻すと思うよりも有効では

 

競馬予想のデータはデータである。データの裏まで見ませんと……、穴馬券は取れるようにならないんだなと……。

DSCF0732

いやはや、新潟競馬1レースの結果を見てつくづく考えましたね。

 

データはデータだと。

 

データは正解の可能性の半分くらいまでは連れて行ってくれるけども、その先の道案内はしてくれない。

 

いくらデータ上来ないとなってても、51回目で「来ない」とは言い切れないのだと。レース映像を見て自分がいいと感じていたことのほうが正解だったと。そう、ディアコンチェルトは母父の51回目の走りで1着にプロポーズできたわけですよ。セイイエス。♪馬には馬で都合があるの〜(違うだろ)。

 

もとい。

 

競馬のデータ上で来ない可能性を続けていたとしても、もし来るとしたらどういうことがあるのかということを考えるのは、穴馬券を探す上でとてつもなく重要なことだとこのとき実は気づきました。馬券を予想して組み立てて行く上で、データをより使えるデータにする、精度を上げるために……。

 

関連→スマホ、パソコンを使ってネットで馬券購入と言っても、競馬予想からアナログさを消すことはできない。データの期待値狙いの危うさ【清水成駿氏の話】

 

関連→6月から始まる新馬戦。荒れる、荒れやすい理由を角居勝彦調教師の連載、感性の法則から考える。馬を走らせる材料を仕入れられてないレース。

 

関連→着差は競馬予想に使う数値、タイムとして着順より重要。0.1秒差、馬身差。クビ・ハナ・アタマ。比べてる馬との脚質の差には注意して

 

「競馬のデータ部分」と「1頭の馬の部分」と。

自分のやってることを十把一絡げにされて、「ああ、君指数80ね」って見られるよりも、「あのとき、あそこらへん大変だったけど、がんばってたよね、最後まで手抜いてなかったでしょ」と、クローズアップされて見られたいものです。

 

これとデータの扱い方は一緒ではないかと、考える。競馬のデータ精度を上げて、競馬予想で穴馬券を買えるようにする方法。

 

データ上で良きも悪きも、活かそうとしたらクローズアップするのが一番だということです。

 

「データでは良さげに出てるけど、君どうだい?」

「データでは悪そうだけど、君どうだい?」

 

クローズアップする方法というのは、レース映像見たり、パドックで馬体見たり……。データに関わる全件までとはいわずとも、それなりの数を1件1件見て行く。あまり方法としては多くないでしょうけど、手段はあります。5年前に比べれば、データを細かく見られる場所は格段に増えてる。使わない手はないでしょう。

 

通勤電車に揺られながらレース映像みまくってる馬券師っているはずですよ。すごい時代になったものだな……(おじいさんかよ!)。

 

そうです、「1頭の馬という個」に迫らないと、データはデータとして活かし切れないようにできてる。データ道案内の後半は「個」に迫りましょうということになる。そして、「1頭の馬という個」にせまりまくった中で得られたことを再構築する。そこまでできたら、自分のデータですよ。

 

そこまで量こなしていると、一見無駄に見える。時間も膨大にかかってるように思える。だけど、データを掘り下げている中で知ってくることがたんまりあるので、予想するときに応用が効いてくるようになるんですね。結果的に、ハナ差アタマ差クビ差レベルにつながって来る。

 

今度はこれについて調べてみようという気づきも多くなるし、そこまで来ると楽しくってしかたなくなります。どんな趣味でも仕事でもそういう量をこなしてから深みが出ることってあるものでしょう。

 

ただ、馬券買ってる人、競馬予想している人の8割くらいは、そういうデータを細かく見まくって再構築することが面倒なので、データ迫ることをすっとばしちゃうんです(根底にあるのは、うまくいってる人の番号を知ることができれば問題ないじゃんってことだろうと思うけど、そういう感覚でお金は基本的に得ないほうが人生のためです)。

 

個に迫っていると、データ上で「あかんぞ」となってても、案外無視できることってけっこうあります。

 

穴馬って、そういうところにいたりするもの。

 

パッと誰でも彼でもわかるところには、穴馬いませんって。個に迫って見てる人が少ないから払い戻しが多いわけで……。パッと誰でもわかるってことは、濃厚に調べなくってもいいってことですから……。

 

だからこそ、データの文字上にバイアスをかけて見すぎてると、穴馬に手を出すのが恐くなっちゃうんでしょう。「いける」と考える材料がデータ上の「いける」だけになってしまってるのだから。今回行けるとは乖離していることもあるのだけど……。

 

関連→競馬予想・方法と復習コーナーをブログで開始。レース映像を見て、穴馬券を研究して、予想の仕方、やり方を考えた。結果、馬券の当たる確率(的中率)、回収率上昇

 

関連→中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともない

 

関連→競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事

 

以上、競馬予想で穴馬券を買えなくする原因は、データ(結果・情報)の見方、組み立て方にあるのでは? 精度を上げるには…という話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




競馬ネタ・おすすめまとめ【馬券初めて入門中、初心者(ビギナー)、やり方模索中の方、参考になれば】

【競馬予想の楽しみ方や知識を増やして、馬券成績・回収率上げる研究とコツ。大穴・人気薄。レース映像(動画)を見ながら、など】

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

 

【今週も、今日も明日も明後日も。土曜日・日曜日。もちろん、来週も……JRAと仲良く! 馬券で負けないポイントを作る考え方・複勝馬券】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

【G1・重賞・未勝利! 馬券術の選択。情報・データの選択。ファクター(要素)は何を見て、重視して予想する? その基礎。血統・調教・騎手・ラップタイム……】

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

【競馬場、ウインズ(wins)、パソコン・スマホ(ネットオンライン・IPAT、A-PAT・即PAT)どこで馬券買っても】

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

 

【JRAの競馬場、東京・中山・阪神・京都・中京・小倉・新潟・福島・函館・札幌……コースの特徴・外枠内枠・有利不利】

馬券初心者は、JRA競馬場で内枠不利な特徴・傾向のあるコースデータを調べて覚えて予想したほうが良い

 

【馬券の買い方、金額の重要ポイント。的中率をあげるための精神的スタンス(なかなかできないけど……)】

競馬で破産しない方法。馬券が外れて授業料になってもいいお金を、購入金額にする。そして、予想を当てる確率高くして授業料回収

 

スポンサーリンク




おすすめ競馬記事

小林弘明氏(風の馬券師・投資家)の競馬最強の法則、競馬予想TV回収率3冠王インタビューが面白かった。調教時計に関する、強さ弱さの見極めに関する疑問

一口馬主は赤字や大損ひっかかる。気になるのは乗馬。レース映像を競馬予想のメインファクターにしてから、騎手の動作をよく見るようになったので

競走馬の気持ち、成長に関するエピソード。競馬で短期間に同じ相手に3回競り負けるとダメです。角居勝彦調教師は語る【馬券】

馬のしっぽに赤いリボンは蹴り癖のサイン。一方、イギリスではテールライトを装着する馬がいるのだそう【競馬・馬券】

未勝利戦、馬券攻略のコツがうもれてる?2歳新馬戦の中距離。タメを作る場面が競馬であるかどうかが大切と角居調教師

競馬に強くなる調教欄の取扱説明書/井内利彰・軽くレビュー。見方を知るならこの本。改訂版発売。栗東坂路・美浦坂路・ウッドコース・ポリトラック

iPhoneのスマホケース・Shibafulと、競馬本・城崎哲『JRA全競馬場・コース完全解析・コースの鬼』が同化していた…。面白い

阪神競馬場・芝1600m。阪神ジュベナイルフィリーズ。桜花賞と同じ舞台で大事なレースと角居調教師。コースの傾向・特徴を見てみる

競馬のレースで騎手が、ステッキ(鞭)を直線で入れなかった勝ち馬は馬券になるという、東スポの記事に「ホンマカイナ」

馬を強く追える騎手ほど、競馬で後方に座る傾向があると角居調教師は語る。ジョッキーの特徴・相性・追い方は馬券予想で大事なこと

競馬場の馬場状態、影響、傾向・特徴の読みは自分でできるよう、データ集めようと感じたダイヤモンドステークス2015、稍重・重・不良

競馬のレース映像なら、JRAレーシングビュアー。評判は様々だけど、カクカク画質ではなくなった。重いときはあるけど…。馬柱とレース映像リンクが欲しい

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

iPhoneアプリ、ボイスメモを使い一人カラオケ・ヒトカラを録音してみた。icレコーダーはスマホの中に?音質そこそこ。練習、確認用におすすめ

前川清&クールファイブコンサート2015・昼の部を渋谷公会堂まで観に行って来た。あの歌い方を生で見ました。息子さん登場。嗚呼、カラオケに行きたい

ベビースターラーメンのキャンペーン応募景品「純金ベビースター」には、受け止める物、いや新しいキャラクターが必要である?【ネタ】

プラレールYouTube動画のおすすめ? ビー玉転がしな遊び方紹介? 新幹線もびっくりな速度でゴールへ【レイアウトの組み立て方最高・工作実験】

山下達郎さんのテレビに出ない、大きい会場でライブツアーしない、本を出さないという印税や年収に関わる、3つのしないことから、お金を稼ぐことを考える

Amazonでショルダーバッグ購入。東京競馬場に行く為用。人気でおしゃれなブランドものより、馬券当たる軽いの。リュックサックも捨てがたいが

羊を数えると眠り誘うからくり。羊と睡眠。妄想牧場の群れは大群になり鳴き声メー、角つんつん足とんとん爪かきかき、かぶりものしてコスプレした人がいて

プロポーズにリングケースのアイデアひとつ。おしゃれで薄型で小さい、結婚指輪を見せるタイミングの演出に使える?失敗の可能性減?あとは、言葉と相手…。

一人カラオケ、ヒトカラは料金安いストレス発散解消法でおすすめ。男女問わず効果あり健康的。歌える曲探しも楽しい。初めて行ったとき、デビュー話。問題は受付

エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】

ブックオフ会員ポイントカード・メンバーズカードを店舗レジで作成。BOOKOFFのサイトからWeb会員登録すると、メールでセール情報。買取の際にもポイントつく

 

 - データの見方(情報・結果) , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

競馬の結果や成績から馬券になるデータ・情報を見つけると、同じ傾向はないか収集してまとめようとして目の前の予想をほっぽり出してしまう…

競馬の結果や成績は日々見ます。見方は色々。競馬の結果や成績から、馬券になるデータ・情報を見つけることもある。すると大変。馬券になる同じ傾向のデータはないか、収集してまとめようとしてしまうのです。細かく競馬の結果や成績を見ていると、意外と馬券になるデータ、傾向は見つかったりするのです。もう、俺の競馬データだぞ、データの見方だぞと、収集とまとめ作業です。そして、馬券になる傾向データを収集してまとめることが楽しくなってしまい、競馬の結果や成績ばかり見てしまい、目の前の予想をほっぽり出してしまうのです……。しかし、自分なりに競馬の結果や成績からデータの見方を作り上げるのは楽しいものです。時間、かかってもいいのさ。あっ、あれっ? でもさ、いいのか、これ? 俺の競馬予想。

馬券が当たらない。競馬予想の知識・情報の見方・データの傾向を知れば知るほど…。どうしてですか?

馬券が当たらない。競馬予想の知識、情報の見方、データの傾向を知れば知るほど、馬券が当たらない。競馬は当たらない。どうしてですか? 競馬本や馬券本、ブログを読んで馬券術を競馬予想のために知識を仕入れてても、馬券は当たらない。競馬は当たらない。どうしてか? 馬券が当たる前提で知ったこと、競馬予想の知識、情報の見方、データの傾向を全て足し算で考えているからではないかと。馬券術やデータ、情報は100%内で割合を変えることが大事です。その中で、自分に相性のいいファクター(要素)を見つけ出すこと。相性のいい競馬予想ファクターの知識、データ傾向、情報の見方については誰よりも知っておく。これが馬券の当たらないこと、競馬が当たらないことから逃れる道かと思います。競馬予想の知識として知ったことでも、捨てるものは捨てるということです。ただ、知らないと自分が捨ててもいいファクターだとは言い切れないところがあるのは、もう人間だものとしか言いようがありませんが……。競馬予想をしてて、馬券が当たらないのはつらいです。詳しく書いてみたいと思います。

競馬のデータに必ず生じる、タイムラグとノイズ除去の話。どれだけ収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なこと

競馬のデータは正確に数字が出されてることに疑いはありません。情報収集する手段、方法は様々。しかし、競馬のデータにタイムラグとノイズは必ず生じてるとしたらどう考えるでしょうか。日頃頼りにしている競馬予想データにしても、情報収集するにしてもです。どれだけ競馬のデータを収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なことは、タイムラグから生じるノイズを取り除かないと競馬のデータとして使い勝手が悪くなるということ。どんな方法や手段で手に入れた競馬情報もです。競馬のデータを収集して、集計して、解析することは安価にできます。しかし、より使える状態にするのには手間がかかります。その分析や作業を競馬予想と言っても悪くはないわけで……。競馬情報を収集した手段や方法をよりよくするヒントとアイデアについて。

競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない

競馬のデータは、競馬予想に欠かせないもの。的中率、回収率、ファクターの切り口によって、馬券になるかならないか。競馬新聞の馬柱に掲載されている数字も競馬のデータです。しかし、競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くてもファクターの、事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれないのです。どんな的中率、回収率な競馬データを使って競馬予想していくときでも、重要なことは「どうしてそうなるのか、どうしてそうならないのか」について知ってるかどうかはあるでしょう。事象の原因を知っていれば応用が可能になりますから。その上で競馬のデータの回収率・的中率というわけです。自分に競馬の的中率・回収率データを引き寄せることを手間かけてするから自信にも繋がると。

阿佐田哲也の名言「ばくちというものは……」に納得。競馬予想に馬券に通用。ギャンブルがうまくなるポイントになるのでは?

阿佐田哲也氏の名言「ばくちというものは……」に納得という話を。阿佐田哲也氏の名言、ギャンブルの上達方法について書かれたものですが、もちろん競馬予想に馬券に応用可能なことです。ギャンブルがうまくなるポイントになる名言です。ただし、阿佐田哲也氏の名言で語られてることをこなすのは楽なことではありません。嗚呼、博打ちの世界なんだなと。しかし、競馬予想や馬券に限らず、ギャンブルで飯を食べられてるごくわずかな人の感覚にあることには変わりないと思います。阿佐田哲也氏の名言「ばくちというものは……」をはじめて読んだときは、ほんとどれだけうなずいたことか……。博打で、ギャンブルで飯を食べるというのはどういうことかと。阿佐田哲也氏の名言「ばくちというものは……」。

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

競馬予想にデータはつきもの。大数の法則(確率)を使い、競馬予想のデータに有用性を持たせ、わかりやすくする話がある。はて、大数の法則(確率)を競馬予想に取り入れて応用すると、馬券のデータが簡単に意味を持つのでしょうか。わかりやすくなるのでしょうか。大数の法則と競馬予想のデータの関連性を見ていると、簡単に意味を持つ? なんらかの法則を見つけられる? どうも疑問が走るのでした。カジノに関する本を読んでて、大数の法則を競馬予想に使い、回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのはほんのりまやかしではないかと思ったのです。大数の法則でいわれる、サイコロには……、サイコロには、サイコロには……。

競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事

競馬予想で指数を使い馬券を買うのは便利で意味があるように見えます。しかし、その買い方に違和感があったのです。どうしてそう感じるのかをブログに書き探っていったところ、親父の仕事の教え方に謎を解く鍵がありました。競馬予想の精度を良くして、当たる確率、的中率や回収率を上げるには細かさを逃げ・先行させ、構築して差して、追い込んでいくことがなによりも大事です。競馬を見るとき指数を使っていると、どうしても深掘りしようというネタが探れません。そこのところを考えて行きます。指数を使って馬券を買うことに違和感を感じた根本要因を見つけたもので。ひとつ前に書いた、中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともないの続き。

競馬予想のデータ、情報・成績・結果にはすぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なものがある

競馬予想のデータ、情報・成績・結果には様々な切り口があります。情報として、データとして、競馬予想に成績や結果は利用できる。しかし、すぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なもの(レース映像・パドック・返し馬・調教動画)があるのではないかと思いまして。競馬予想のデータ、情報、結果、成績ですぐに確認できるものは、的中率、回収率をパパッと計算できます。枠が決められているからです。文字を見るだけで確率を知ることが可能です。しかし、検索不可能な競馬予想のデータ(レース映像・パドック・返し馬・調教動画)は、情報、結果、成績は簡単にデータを整えることはできません。そんな話を。

中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともない

中央競馬(JRA)や、地方競馬の予想に、競馬新聞に載ってるスピード指数などを使ったことがないという話。競馬ブックのレイティングやJRDB、日刊コンピ指数……能力、タイム、血統、展開指数。競馬予想における、指数の作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるのです。しかし、出されてる数字に興味がない。ゆえに、馬券の当たる確率を高めるために自作しようと思ったこともない。そんな、競走馬の能力を数字に見立てる指数について書いてみたいと思います。中央競馬(JRA)でも、地方競馬でも、なんらかの形で競走馬の力を数字化したもの、指数が競馬新聞に書かれています。アンドリューベイヤーの指数、西田式スピード指数、競馬ブックのスピード指数、日刊コンピ、タイム指数、レイティング……。JRDBの指数……。会費が必要だったり、無料のものだったり。

JRA中央競馬・地方競馬の新馬戦予想成績は、使えるファクターに差があるので分けることにした話。馬券の買い方も変える

JRA中央競馬・地方競馬の新馬戦は通常のレースと同様に行われ成績が記録されます。しかし、中央競馬・地方競馬の新馬戦は予想に使えるファクターに差がある。今まで新馬戦の成績も他のレースと一緒の成績としてきたのだけど、自分の予想成績は、新馬戦と新馬戦以外に分けることに。そのほうが正確になるでしょう。新馬戦の馬券の買い方も変えていきます。はやり、馬券を買い続けていく上で再現性をしっかりつかんでるデータかどうかは大切です。新馬戦はどうしても再現性をつかんでいるかどうか微妙なデータで馬券を買うレース。他のレースと一緒の感覚でいるのは違うなと考えまして……。新馬戦の馬券の買い方は変えようと。新馬戦の馬券の買い方を変えるというのは主に金額ですね。