競馬予想

競馬で借金。破産回避には掛け金を授業料に考え得意レース作ること

競馬で借金。破産回避には掛け金を授業料に考え得意レース作ること

 

競馬で借金。破産回避には掛け金を授業料に考え得意レース作ること

競馬を借金してするのは地獄も地獄、返済地獄。パチンコのギャンブル依存症の体験談も100万、200万、300万、500万と借金額の増えていく地獄さを見せてくれますが、競馬での借金もなかなかの地獄さがあります。

 

競馬で借金するまで行かない方法。自己破産なんてもってのほか。競馬で破産しない方法。

 

よく言うのは馬券買わなきゃ競馬で破産しない。やらないほうがいい。ブログによく書かれています。

 

その破産はちょいと違う……。

 

馬券を買うけど破産しないようにするには。競馬で借金するまで行かないようにするにはどうすればいいか。

 

スポンサーリンク




競馬で借金せず、地獄見ない合言葉「掛け金は急がば回れ」

競馬で借金せず、地獄見ない合言葉「掛け金は急がば回れ」

急がば回れ。地獄を見ない合言葉。

 

競馬で破産する確率を上げず、かつ返せない借金もしないように馬券を買う合言葉。

 

競馬予想して馬券が外れて授業料になっていい金額を、まず掛け金にする。

 

授業料の上限と考えて掛け金を決めると1レースに賭ける最高金額はあまり高くできないかと。総額も高くはできないでしょう。いくらでもかけられるものと計算しない。

 

掛け金の最低は100円。単勝でも複勝でもワイド、馬連に馬単。三連複に三連単。馬券は問わない。

 

スポンサーリンク




競馬で破産する金額をかけないのは行儀が良すぎる?

競馬で破産する金額をかけないのは行儀が良すぎる?

競馬で破産する金額をかけないというと行儀が良すぎるかもしれません。

 

しかし授業料ならば、学んだお金であり、破産から遠ざかることも可能でしょう。当たれば払い戻しが受けられます。

 

馬券を買いつつ、競馬予想のことを勉強しまくって、予想を当てる確率高くする。授業料比率を減らしていく。

 

そこで授業料を回収していく。利益を出してく。競馬で借金なんてしない。授業料を地獄の返済するなんて嫌でしょう。100万200万300万と。

 

スポンサーリンク




なぜ、借金までして競馬するのか。その理由

なぜ、借金までして競馬するのか。その理由

芸能人、有名人、芸人。夫、彼氏、家族。なぜ、借金してまで競馬をするのか、借金まみれになるのか理由の気になる人もいるでしょう。

 

自分もギャンブル依存症までいきませんが、返済地獄の手前、破産の手前の手前まで行った経験があるのでどことなく借金までして競馬をする人たちの理由がわかります(生活費など含め300万くらいは返済、完済しました)。

 

単純に、安心感を異常に欲することが発端です。

 

馬券が当たること=それまで生きて選択して来たこととが正しかったと、保証されたと安堵すること。もちろん、お金が増えてるからそう感じるわけですが、生きてても誰もうなずいてくれないが競馬はうなづいてくれたという事実は濃厚に感じます。

 

切ないですが、この世はうなづいてくれる人よりうなづいて欲しい人の方が圧倒的に多いです。

 

スポンサーリンク




競馬の借金は成功例の踏襲から

競馬の借金は成功例の踏襲から

問題は、成功例を踏襲したくなるのが人間であること。ましてや自分が行動しての成功例。

 

感情に手綱をつけて折り合えばいいのですが、いつも競馬は勝ってくれるわけではない。掛け金のない競馬では満足しない。安堵できない。そこで借金が膨らんで行きます。離婚したりする方もいるでしょう。返済できない状態でやばいことになる人もいる。

 

芸能人や有名人ですと借金して競馬をしたという話は体験談として出てきます。

 

時間を必要とするパチンコやスロットと違って、競馬は掛け金に上限がないような世界です。一瞬で借金が増えることもあるでしょう。

 

自分の場合、全て競馬の借金ではなかったものの、200万300万と返済して行く中で地獄のような借金返済にならなかったのは、授業料感覚が強かったからだと思います。競馬であれなんであれ、勉強するのにはお金がかかるのは当然の話。

 

成功例の踏襲と言っても、良いも悪いもございます。

 

スポンサーリンク




競馬の掛け金は「授業料」になっていい金額か

競馬の掛け金は「授業料」になっていい金額か

競馬予想の勝つ準備・負けた後の準備について。馬券で負けない方法や法則、理論を作るコツは、前持った用意にある。取り返す、取り戻すと思うよりも有効では というブログを書いたことがあります。

 

確かに、勝つ前提、儲かるであろう前提で馬券を買う。負けるのに馬券は買わない。負けるであろう馬がいれば真っ先に消す。それが当たり前の思考回路だ。

 

しかし、競馬予想は馬券は「いつでも当たって、儲かっている」わけではない。

 

その次のレース、その次のレース、その次……と、その先々のことを考えた場合「負けたとしても学べる材料を仕込むこと」は可能ではないだろうか。負けから学ぶための材料の仕込み。準備である。

 

ワタシハコウイウリユウデバケンヲカウノダ。を細かく記録しておく。

 

勝つと考え、競馬予想して、馬券を買う。しかし、レースで負ける。それだけの流れで終わらせず、先のレースで勝つ準備を強化するということである。レースは続くよどこまでも。

 

とすると、負ける準備を十分にすることはできなくっても方向性さえ間違っていなければ、学ぶ準備はできる。いわば、負け馬券は授業料の支払いである。

馬券の掛け金は、使うことのできるお金から決まっていくものではあるのだけど、違う視点から見ると「負けたときに授業料として見られる金額かどうか」という考えも悪くない。

 

「どういう考えで、この馬の馬券を買うのか」

 

これを、メモしていった状態でレースを迎えられるか、どうか。

 

スポンサーリンク




授業料をお金に変える大作戦

授業料をお金に変える大作戦

例えば、ただ時計が早いから選ぶのではなく、どう時計がよかったのかを調べる。短文でいいので、記録しておく(データ、情報、ファクターによっていくらでも内容は広がる)。

 

実際にレース結果が出る前に予想していたことの記録というのは、誰のものでもない自分の競馬予想に関わる思考回路の結果であって、貴重なもの。

 

良いスタンスはもっと良い方向へ向かえる材料、良くないスタンスは改善することのできる材料を、書き残している限りそれぞれ仕入れることができる。

 

自分で材料を用意するのは面倒だけど、材料を用意していたからこそ、競馬本・馬券本や雑誌を読んだ際に気付くことも多くなる。ベタな言い方をすれば、アンテナの感度が良くなるというところか。

 

その際、馬券が外れて授業料となってもいい金額が自分の掛け金となる。馬券が当たれば、授業料ではなく、儲けになっていくお金といく。

 

この考えは下手な金額の馬券を購入しない、具合のいいブレーキやアクセルになると思う。馬券を購入する金額設定の参考になれば……と考えるのたが。

 

競馬で馬券を買って破産しない借金しない方法の筆頭は馬券を買わないことだけど、馬券を買い続けるならば、授業料支払いつつもゆくゆくはその確率を減らしていける仕込みができる。仕込んでいくサイクルが楽しくなったらしめたものでしょう。

 

以上、競馬で借金。破産回避には掛け金を授業料に考え得意レース作ることでした。

-競馬予想
-, ,