読書

読書ノート、読書メモはおすすめ。書き方作り方まとめ方、テンプレート簡単。ルーズリーフに本の内容手書き。効果ある。パソコンは読書記録

更新日:

20121225_sparrow_0142_w800-1

 

読書ノート、読書メモはルーズリーフに内容手書きの方が効果あり、おすすめ。書き方、作り方簡単なまとめ方。パソコンは?

読書ノートをパソコンでデジタルに作成。しかし、しっくりこない。どうしてだ?

 

効果あったのは読書ノートをルーズリーフに手書きで書き方、作り方簡単なまとめ方した方だったのです。書きたい内容を書くだけ。読書ノートのテンプレートもあってないような簡単さ。読書メモといった方が正しいかな? おすすめします。パソコンで作った読書ノートにないものがルーズリーフに手書きで作った読書ノートにある。

 

書き方、作り方、まとめ方も簡単な読書ノート、読書メモ。レイアウトもなく、ただルーズリーフに内容を書き写すだけです。おすすめも何もないのですが、手書きの方がいい。

 

読書ノートや読書メモを作る理由は、すべての内容の記憶にありません。読書してて気になった部分を思い出しやすくするためのフォーマット作りと言いましょうか、触発される部分をより作ると言いましょうか。人間の脳は面白いもの、不思議なもので一度手書きでルーズリーフやノートに書いてると、結構覚えてるものです。読書ノート、読書メモの効用、効果、メリットといいましょうか。手書きやアナログの効果と言いますか。

 

読書ノート、読書メモ。時間はかかるものですが、方向性さえ間違わなければ、書き方、作り方、まとめ方にこだわらなくても、楽しみは増大して行くでしょう。繰り返しおすすめします。

 

読書ノートや読書メモというのは自分の気になったことの集積ノートであり、メモです。そこから次へのとっかかりにもなってくれたりもします。アイデアが生まれたり。自分がツッコミを入れたり、ツッコミを入れられたりする文章もあるでしょう。育ってきた環境が違うから、好き嫌いは否めない。人間、何が影響するかわかりません。そのきっかけを手間かけて作るか作らないか。効果のある手間はあります。それが、読書ノートであり、読書メモでしょう。もっとも、自分の作り方は書き方、作り方、まとめ方があってないようなテンプレートでいいものですが……。

 

最初、パソコンで読書ノートを作ってみたのは、ブログネタを蓄積するのにいいだろうという思惑です。下世話な思惑ですね。パソコンで作って、読書ノート、読書メモの数が増えれば、引用しつつブログを書くネタはたくさん増えます。読書ノートの書き方・作り方は簡単です。気になった部分を書き写すだけですし。文字数増えるぞ、こりゃこりゃ。

 

スポンサーリンク




読書してて、付箋を貼った本の該当部分をそのまままとめて入力するだけです。一度作れば、何度も引用することができる。

 

しかし、10冊15冊とパソコン内に読書ノートを作ったもののなんだかしっくり来ません。味気ないのです。やり方が変なのかな? 方法が悪いのかな? コピペ感覚な取り方な読書ノート、読書メモは脳が満足しないのかな?

 

すみっコぐらしの読書ノート (ちゃおノベルズ)

 

手書きで、読書ノートまで行かない書き方をした読書メモ程度のものが効果的に記憶してくれた頃があった

そこで思い出したのは、二十歳あたりから読書始めた頃、メモ程度に手書きで読書して調べたことなどを書いていたことがあったなと。読書ノートまで行ってないと思うけど、確かに手書きでルーズリーフに書きまくってたなと。小説、ビジネス書、自己啓発、漫画。本の内容でその当時気になったことの調べ物といいましょうか。

 

その時も手書きでルーズリーフに書いてく形。読書ノートやメモの書き方や作り方のテンプレートもあってないような形でまとめて行ってたものでしたが、後々忘れずにいることが多かったと。読書記録は「手書きで簡単に」がキャッチフレーズになってたといっても間違いではないです。書くことは自分が気になったことだけです。読みながらではなく読み終わってからしてました。

 

読書ノートまで行かないものの、読書してて気になって調べたことを書きまくってたのです。ハタチ過ぎのことです、読書してても言葉の意味も知りませんから、片っ端から知らない言葉は広辞苑を引きます。掲載されてた意味を全部ルーズリーフに書き写す。

 

広辞苑 第七版(普通版)

 

その頃のしていた手書きな書き方な読書ノートもどきが、のちのちブログに引用した話になったり、名言、エピソード……語彙、意味となりブログの内容を濃くしてくれてたなと。きっと、物を知らないなりの危機感からしたことでしょうけど、手書きの記録に触発された効果だったのです。

 

エッセイストになりたい、作家になりたいなんてことを本気で考えてましたから、これは勉強しないといけないぞという具合で。

 

最終的に、A4ファイルで10冊ちょいになってた(ルーズリーフ、ファイリングしてた)。当時の自分、かなりやったのでしょうな(なんだか人ごと……)。

 

人間、知ってることを使うことで基本的に選択していく生き物。知っていることが増えると、同じ本を読書しても気づくことは増えます(そして、本屋に滞在する時間が長くなる人生になります。そしてそして、読書してて妙にドーパミン出てるのかと思うくらい面白いときが増えます)。

 

スポンサーリンク




パソコンに読書ノートをつけていたのとは意味が違ったな、効果が違ったなと。自分には手書きがいいんだなと。パソコンに読書ノートつけてみて気づいたことなので、無駄なことをしたわけではないんですけどね。小さい行動は大事です。何かに気づくためのコツでしょう。

 

手を動かして書く、手書きにはなんらかの記憶に結びつく効果があるんだろうなと。めんどくさいですし、時間がかかる。けれど、パソコンの読書ノートより効果の面で違ってるように思える。

 

 

パソコンで読書ノートまとめていたときのまま、ルーズリーフに簡単な書き方、作り方で進めて行った

パソコンで読書ノートを作るのはどうもイマイチ。ならば読書ノートは手書きだ。パソコンで作っていたときそのまま、書き方作り方簡単にただルーズリーフにまとめて手書きで書いていきました。

 

すると、手書きの読書ノート、楽しくなってしまいました(時間がかかるので手は疲れましたけど……)。手書きで読書ノートを作る具合がよかったのです。インクを消費して書きまくる。どんどんルーズリーフに書いていく。パソコン読書ノートにあった、味気なさはありません。

 

むしろ、反対側へ。精神的に反対側へ行った気がします。コピペ感覚で読書ノートや読書メモを作ろうとしていたのは記憶の面でいい効果を生まなかったのです。読書ノートが続かないところに向かってたかもしれません。

 

めんどくさいですが、手書きの読書ノートは記憶を呼び起こすフック的なものがパソコン読書ノートのときより、性能が高い気がするのです。「打つ」のと「書く」のでは違うのでしょう。

 

手書きの読書ノート、おすすめします。

 

ムーミン100冊読書ノート (講談社文庫)

 

読書ノートをパソコンで作成するも、効果の高いのは、書き方作り方簡単に手書きにルーズリーフへまとめたほうだった

手書きで読書ノートを書くことで、確実に知識の記録を作っていくように思えました。引き出しを作るような感覚といいましょうか。冒頭に書いた通り、読書したことすべてを記憶するために読書ノートや読書メモを書いているのではありません。書き方、作り方、まとめ方は凝ったものではありません。

 

付箋貼って、気になったところをただ書き写してるだけです。読書ノートに要約や感想も書きません。ブログに書くなど、別に書く場を設けます。

 

書いたことをすべて暗記するのではなく、自分にとって使いどころのあるフックを作っていくといいましょうか。フック製作は、パソコンでコピペ感覚で取り出せる状態でない方が効果があるのに気づいたと。それは記憶という部分において差が出るのではないかという実感です。

 

手書きでルーズリーフに読書ノートを作るほうが、後々の効果や意味はあるように思えます。

 

要約や感想を書くにしても、書き写しただけ抜き書きしただけの読書ノートを作ってから、行っていく。

 

読書ノート、読書メモは手書きで書き方、作り方簡単にフォーマット感覚もないまとめ方した方が記憶の面で特だよという話を(相変わらず、導入部の長いブログだ)。

 

スポンサーリンク




読書したのはいいものの、読みっぱなしなここ数年。没頭すると朝な生活で(読書離れって、何?)

読書するのは好きなんですが、ここ数年「読みっぱなし」で終わってたところがありました。1年間、2年間、3年間。流石に1000冊も読み終えてませんが、活字中毒としてはそれなりに読んでおります。ページ数で何ページになるのか。

 

読書に没頭すると朝だったりしますし(だめだろ)。電車に乗って本読んでて、乗り過ごしそうになることありますし(だめだろ)。蔵書管理の感覚がなくなってきてますし(だめだろ)。

 

よく、読書離れがどうのって聞きますけど、何でしょうかね、読書離れって。読書する人はするし、しない人はしないだけの話ですよ。本、書籍を売る側からすれば、売り上げ増やしたいのは理解しますけど、読書から離れていく人追いかけたりする気は無いですって。読書から離れない人を相手にすればいいんです。そもそも、読書する人はするし、しない人はしないのだから、いいんですよ(って言ってる場合じゃ無いんだろうけど、出版界)。

 

さて、読書から全くをもって離れる概念がない私の机のそばには、読書の済んだ、付箋だらけの本が積み上げられています。

 

本を読み終えたという充実感はあります。読書の醍醐味です。

 

しかし、読みっぱなしな状態は、読んだ内容が流れちゃう気がしてきました。記憶力の問題でしょうけれど、これではヒットは打てません。考えがまとまってるようで、まとまってない。

 

いいアイデアに結びついていかない。バットの振りどきがいまいちはっきりしない、うまい振りどきを仕入れられていないと申しましょうか。読書の意味合いを濃くしていくには効果的な作業が必要だなと思ったわけです。

 

読書ノートかな。ここは。

 

スポンサーリンク




現代なら読書ノートのまとめ方はパソコンだろうと、初めてみたわけです。しかし……

パソコンもMacですがありますし、PCで読書ノートですよ時代は。アナログじゃなくってデジタル(※)。読書ノートのツールはパソコン。

 

ブログのアイデアなどを蓄積するために、読書ノート的なものを作っていくことがいいと、パソコンで初めてみました。

 

ナンダカンダ言って、読書ノート。自分が読書して、広辞苑の意味をルーズリーフに書き写していたころとは、テクノロジーが違います。読書ノートのツールが違います。

 

(※パソコンで読書ノートを作り始めた当時、まだiPhoneも持ってなく、kindleも導入してなかった。デジタルデジタルいう割には、スマホも触ったことなったりしてた)。

 

Suicaに、iPhone買った。Kindleで電子書籍読んだ。次は、セブンイレブンでコンビニコーヒー買い方迷いつつ買うことか?

 

パソコン使って、読書ノートを作成。エバーノートでもエクセルでもワードでもなく

読書ノートにパソコンです、パソコン。読書ノートにMacintosh。利用しましょう。利用しましょう。ブログもパソコンで書いてるんですから、読書ノートもパソコンですよ。

 

こういうときは、evernoteだったり使って読書ノート作ったり、エクセルだったり、ワードを使うのだと思います。エバーノートは気になってるツールだったので使ってみようとは思ったものの、ファイルメーカーを使って読書ノートを作ることに。

 

競馬のデータベース用に買ってあったのですファイルメーカー。なもので、ファイルメーカーを使って、ちょこちょこと読書ノート的なものを作ってみました。

 

ファイルメーカー使って、読書ノートのテンプレート、フォーマットを作って書いてみた

FileMaker Pro 18 Advanced

パソコンで読書ノートを作ると言っても、テンプレートと言いますか、フォーマットも簡単にこしらえたものではあります。

 

単純に、著者名、本のタイトル、出版社。抜き書きした部分とページ数。これだけ。テンプレートもフォーマットもないですね。読んだ本の自分版まとめを作りたかったのです。抜き書きまとめが読書ノートのテンプレートであり、フォーマットといえばいいのか。

 

書き方も簡単なもので、付箋貼ってた部分に書かれていたことをそのまま手打ち。プリントアウトして、感想を追加して書く場合は余白に書く。

 

けれど10冊20冊、パソコンに読書ノートを打ち込んでもしっくりこない。脳内で、違う、違う、そうじゃないモードになってる

ファイルメーカーを使ってうまいこと、デジタルにパソコンで具合良く読書ノートできてるように見えます。うんデジタルで読書ノート作れてるわ。この準備があれば、ブログのネタも増えまくるぜ。

 

しかし、10冊20冊とパソコンで読書ノート打ち込んでいきましたが、なんかしっくりこないんです。

 

なんだか、本に書かれていた言葉と距離感が遠いんです。おかしいな。

 

読書したときよりも、距離感を縮めたいからパソコンで読書ノートを作り行っているのに、ぜんぜん距離が埋まっていっていない。脳内が違う、違うんだ、そうじゃないんだ、読書ノートはそうじゃないんだと言ってる気がする。気のせいかもしれないけど、文字を打つことではなく書くことが大事なのか? 読書ノート。必要性を持つならば、手書きか、読書ノート。

 

スポンサーリンク




ならば試しに、手書きでルーズリーフに読書ノートを作ってみた。作り方、書き方、まとめ方、簡単に

読書ノート・ルーズリーフに書いた・画像写真

パソコンでデジタルでないのならば、アナログに読書ノート手書きです。ものは試しと、ルーズリーフに手書きで書いてみました。読書ノート。書き方、作り方、まとめ方はもう簡単に。

 

嗚呼、この字はワタクシの字。汚くって失礼。

 

富田薫『SHAPER'S HIGH』(朝日新聞社)に貼った付箋から。

 

 

(富田薫『SHAPER'S HIGH』の読書ノートを使ったブログ記事は→占いや運勢でもないけど、当たる仕事運?10円玉を手のひらに乗せ、目の高さへあげる。これで食べることに困らないかわかるらしい【金運】)

 

100均一で売られてる、A4のルーズリーフに書いていきました。100枚入りだったかそこらのルーズリーフ。ファイルには整理しないで、読書ノートごとにホチキスでとめて整理するまとめ方にしました。利点があるかどうかは数をこなして言ってわかる感じかと。使いやすいと思います。

 

ガシガシ書いていくので、小さめなサイズのルーズリーフよりも大きめな方がちょうどいい。

 

手書きで読書ノートを書くのは、競馬予想してて思いっきり赤ペンで書き込みまくるので問題はありませんでした

競馬予想してて馬柱が真っ赤になるほど、データや気になったことを書きまくるのですが、そのノリでルーズリーフに読書ノート書いてて苦ではありませんでした。手書きはそこまで苦ではない。

 

あっ……、いい……かも。ルーズリーフに読書ノート、読書メモいいかも。

 

……カキカキ。カキカキ。

 

いいかも。

 

手書きのほうが、距離感ない気がします。手を実際に動かして書くことをしているからでしょうか、手書きのほうが距離感が近いです。

 

競馬予想に使う、赤ペン、黒ボールペン。おすすめは、ぺんてる ノック式・エナージェル 1ミリ。なめらかで書きやすい。にじまない、使いやすい。マークシートにも

 

ぺんてるエナージェル1ミリボールペンの替芯、赤に黒、ペン立てにないと安心して競馬予想できない…。書き心地よく愛用しすぎて、インクの減りが早い

 

 

読書ノートはルーズリーフに手書きで簡単に書いていくのは、書き方としてめんどくさいんだけど

ルーズリーフに手書きをすることは体力的にしんどいですし、時間がかかる書き方。めんどくさい。やり方も大変。続かない感じはあります。しかし、読書ノート書いてて、精神的に量をこなせそうな気がしたんです。不思議なもので。手作り感のある書き方がいいのでしょうか。

 

本に付箋を貼ったことを、読書ノートに書くことも一種の表現みたいなものかなと。模倣という言葉があるくらいですから、読書ノート書くことも表現でしょう。要約や感想を書く形ではない書き方をする読書ノートですが、手書きは楽しいです。意味は確実にありますね。

 

発散するところがあるかなと。間接的にですが。書いていてボールペンのインクが減る感じがいいんです。

 

自分が気になって知ることになった断片、別れないでおきたいことのノート作りと言いましょうか。

 

人間、知っていることを使って基本的に選択して行きます。その大元を作るのはいい選択、アイデアを生む上で重要でしょう。読書しないで行ける天才もいるだろうけど、自分には無理です。

 

スポンサーリンク




パソコンを使って読書ノートつけるんだったら、手書きルーズリーフ、スキャンすればいいかと

パソコンで読書ノート作って、デジタルなほうがよい人もいるとは思うんですが、それならば手書きしたルーズリーフをスキャンすればいいわけでして、ハナからカタカタキーボードを打っていく必要もないと。

 

単純に、ルーズリーフに書くの楽しい。

 

そうです、自分が若い頃広辞苑で意味を調べてルーズリーフに書き写していた作り方、そのままの方法がよかったのです。

 

手書きでルーズリーフに読書ノートをまとめていくのは効果、意味あり

本をそのままスキャンすればいいじゃん。というのが究極なんでしょうが、どこかアナログな部分を残しておいたほうがいいんじゃないか。

 

一件、無駄に思える行動にこそ最終的に意味があったとなるんじゃないかと。ペーパーレスもいいですけど、なんでもかんでもそうするのは違うかなと。

 

これは自分の勘ですが、そっちのほうが面白いものを発見できる打率は高くなる気がします。

 

読書ノートをルーズリーフに書くこと、手が痛くなったりもしますが、おすすめです。書くと頭に残ります。

手を動かすことは脳と関係してるんでしょう。

 

読書した時間を無駄にせず、読書の効果を高めてくれることでしょう。

 

きっと、読書感想文のようなものの具合もよくなる可能性もあるかと……(ネタを仕込む、仕入れるってことでしょう)。

 

追記、自分の読書ノートのやり方というのは単純も単純簡単なものです

<2017.5.9リライト追記>

 

読書ノートをパソコンを使わず手書きにしていく際、どういうことを書くのか、中身や内容をどう書くのか。

 

読書ノートの取り方、書き方問題というのはあるでしょう。

 

手書きというと、マインドマップのようにして書くのも手ではあると思います。

 

自分の場合は、簡単単純な読書ノートの書き方です。

まず最初に、本や雑誌を読んでて、何らかの形で気になったところに付箋が貼ってあります。

 

自分の場合、そこに書かれていることをそのまま書き写すだけです。簡単です。まず、書き写すだけ。思いついたことがあれば書き加えていきます。

 

ポイントなのは、自分が必要とした文章を自分に引き寄せるために読書ノートを書いているだけということ。いずれ、何かの選択に使う可能性があるものを読書ノートに書いていくだけの形です。

 

読書ノートに書いたことは、いずれ何かとブログなり会話なりなんなり、組み合わせて使っていくことになります。

 

読書ノートを手書きで書くのは、記憶する、覚えるためではなく「あんなことあった」という引っ掛かりを作るためです

読書ノートに書くのは、内容をまるまる覚えるわけではなく、感じのいいフックを作って行ってるだけです。別の言い方ですと、引き出しといいましょうか。脳にインデックスを作ってるとも言えます。

 

読書しているだけだと、フックのハマり具合、引き出しの開き具合がよくないですが、一度手書きして読書ノートを書いていると、具合がよくなります。より記憶の中で目立つようになる感じ。

 

書く行為はめんどくさいですが、効果や意味はあります。

 

読書ノートの効果、意味→ブログ書いてて、あの話使おう、調べようと気づくポイント作り

すなわち「あれっ、このまえ読んで読書ノートに書いてたあの話、ブログに書けるな、今雑誌に書いてあったことと組み合わせて」という具合に、発見、気づきやすくなるんです。

 

気づくことができれば、調べ物に時間をかけなくって済む。

 

その確率が読書ノートを手書きで書いているときのほうが高くなる。読書してそのままな状態よりも。パソコンでデジタルに読書ノートを書いたときよりも。

 

だから、手書きで読書ノートを書く。

 

料理じゃないですけど、一手間かけておくことでのちのち得られることが変わって来るってことですね。読書ノートはおいしい漬け物作りというわけです(なんのこっちゃい)。

 

一度読書ノートに書いたことは1度使っておしまいではなく、何度も使うこともあるでしょう。

 

読書ノートをルーズリーフにまとめて書く行為の意味、効果、メリット

まず、読書してて「いいな、これ」と感じたことを思考回路に目立たせておく装置をつくることができる。それによって、具合のいい組み合わせを作りやすくなる。

 

アイデアは知っていることAと知っていることBの組み合わせによって生まれるとすれば、読書しっぱなしでいることはよいアイデアの組み合わせが生まれる可能性を捨ててるとも言えます。

 

読書ノートをまとめて書くことの効果やメリットというのは、組み合わせの数を増やしやすくなるところにあるでしょう。

 

偏愛マップ(齋藤孝)感想。やり方、作り方、書き方簡単に自己紹介の項目ネタ探し発見本。ルールは簡単。初対面な方に内容のある使い方。ブログ

 

文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人。文章力や書き方の前に知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側、意識の違いについて

 

パソコンを使うのは読書記録をつけるとき【読書記録Webサービス】

読書ノート、読書メモは手書きでルーズリーフに書く形が一番ですが、読書記録はパソコンで行っています。ブクログ、読書メーターなどの読書記録Webサービスがありますが、単純な読書記録はパソコンから読了した際に行なっています。

 

読書記録Webサービス、ブクログを最初使っていましたが、現在は読書メーターを使っています。

 

ブクログにも読書メーターにも読書ノート、読書メモの機能はありますが、使っていません。読書記録の昨日のみを使っています。読書メーターに記録したあと、ツイッターでもつぶやいています。

 

昔は読書記録もルーズリーフに書いてましたが、今は便利なwebサービスがありますので使います。

 

読書ノートを簡単にルーズリーフにまとめて書いてみる……まとめ

単純といえば、単純なんですが、ブログを続けてゆくための蓄積として、読書ノート続けていこうと思います。

 

ネタをストックするのは大切ですし……。

 

ストックしたネタが組合わさることもあるでしょうし……。それには、手を動かす以外に方法はないと。手間隙かかって、いいものが作られるというのもわるいもんじゃないですよ。

 

アウトプットを鍛える練習や方法で大事なのは、まずインプットしてストックすること。そして、繰り返し表現を見返せる仕組みを作ること。効果あり

 

役に立つ資格を取得するのは大事。就職、転職に強みになったり。より使える状態になるなら、詳しく知ってることと組み合わせて意味を作ること

 

学校で勉強した方法や技術が意味を持ったり好きになるのは、工夫して流し込む材料を探すようになったとき。うまくいかない要因でも?

 

以上、読書ノート、読書メモはおすすめ。書き方作り方まとめ方、テンプレート簡単。ルーズリーフに本の内容手書き。効果ある。パソコンは読書記録という話でした。

 

 

プロフィール(読書ノートはおすすめします。時間かかるけど、後々の効果、意味ありまくるのでと言う、たけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(作り方、書き方、まとめ方は簡単でいいんですとルーズリーフで紙飛行機折る、たけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

読書ネタおすすめまとめ【本屋巡りは楽しい趣味、読書ノートはルーズリーフに書き方、作り方簡単に、本を読む効果、意味、メリット…】

【「読書が趣味」はおすすめ。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから? ブログに書けるネタ】

本屋、書店巡り。楽しい趣味。本の楽しみ方、おすすめな古本屋。でかい、大きい、おしゃれ面白い。チェーン店にブックオフでちょいとレアな掘り出し物

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる? おすすめ】

付箋、ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく。効果的で意味あり】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も。おすすめ】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

読書ノートはめんどくさいけど意味、効果あるよ関連なおすすめ記事はいかがでしょう

ブログ運営。継続するのに意味を持つ、文章にして書きたいものとは何か。ネタ切れ、続かない対策とコツ。なんのために続けるのかわからなくならないために。

恋愛、就活、仕事。うまくいくコツをつかむ人とは?「下手な鉄砲数うちゃ当たる」という、ことわざの意味を効果的に知ってる人。わからないことを減らす才能

失敗談を話す意味はある。仕事や恋愛、お金、人生の例。信用できない、信用されない大人。思いつかないのは…【笑える面白い競馬ネタ】

自己評価。高いより、低いほう。男性・女性問わず、効果ある、特徴。コミュニケーション上、心理的に意味が生まれる理由【仕事】

競馬予想で当たる方法を探すおすすめのコツ、定点観測。データ分析の意味を濃くする。能力把握に最適。面倒だけど、自信はつきやすい

古い競馬予想本、馬券本だからと言って、今は当たることがなく意味がないとは言い切れない。コツや考え方の発掘はおすすめします

競馬予想のデータ分析は、集め方の方法だ作り方だ馬券の回収率だ確率だまとめ方だといっても、枠を設けないと意味がない

ガムの売上減少。噛むストレス解消効果の意味あるが、ゴミは出る。キシリトール、シュガーレス商品などあるも、おすすめしづらい?

自分勝手、自己中心でわがままな性格な人。イライラ腹立つ、やめたいエゴ行動。直す直したい改善する、男女を問わない知識の意味とは【仕事、心理】

努力は必ず報われる。努力は人を裏切らない。ことわざ、名言の意味とは。見返りアピールは方向性間違い。嘘に接近。成功、成長するとは限らない【仕事】

おすすめ本。片山洋次郎『骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門』

おすすめ本。槙田雄司(マキタスポーツ)『一億総ツッコミ時代』

おすすめ本。茂木健一郎『芸術脳』

 

読書記録なおすすめ本の記事はいかがでしょう

おすすめ本。丸谷才一『思考のレッスン』

おすすめ本。吉本隆明『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』。意味ある意図的引きこもり

おすすめ本。谷川浩司『集中力』。鍛えるコツ、高める、意味?

おすすめ本。佐貫亦男『不安定からの発想』。人生と生活のエッセイ

おすすめ本。『経済は感情で動く。はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ

おすすめ本。『ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』クリスアンダーソン

おすすめ本。藤原和博『情報編集力―ネット社会を生き抜くチカラ』

おすすめ本。森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想

おすすめ本。当たらない確率を下げるコツ?伊丹治生『勝ち切るための馬券心理学』

おすすめ本。浅田次郎『勝負の極意』

おすすめ本。畑村洋太郎『失敗学のすすめ』

おすすめ本。浅田次郎『競馬どんぶり』

おすすめ本。『考えよ! ―なぜ日本人はリスクを冒さないのか?』イビチャオシム。リスクをとる意味

おすすめ本。荒俣宏『0点主義 新しい知的生産の技術57』。読書の意味と、情報整理の方法

 

おすすめ記事はいかがでしょう

鼻うがいうまくいかない失敗系男子です。風邪予防に簡単で効果があると方法を知り、器具、食塩水を買ったのですが…。角度が悪いのか、タイミングか

高齢者が遊びとしてゲームセンターに集まりメダルゲームをする話は、面白い話だな。健康のための効果、意味ありそう。おじいちゃん、おばあちゃん。

ブログのmeta description(メタディスクリプション)設定は、SEO対策。意味や効果はあると思う。検索のテレビ欄っぽい感じ。書き方も似せて

クロスワードパズルの雑誌に出題された問題をひたすら解く部活の部長だった話。作り方知らずに簡単な問題、文化祭で作ったなぁ…

みうらじゅん「ない仕事」の作り方、感想レビュー。エッセイ集。競馬本、馬券本として読める一面もあって面白い。おすすめ本

『コーヒーゼリーの時間/木村衣有子』感想。喫茶店、カフェに行きたくなるおすすめ本。作り方もお店によって違う。東京千歳船橋、堀口珈琲気になる【読書】

中央競馬(JRA)、地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともない

競馬の馬券収支ノートを発掘。競馬初心者の頃、書き方、作り方は簡単に手書きで書いてたもの。いくら使って(購入して)当てたのか、外れたのか。必勝法の入口

ダイエットして、16キロお腹痩せた。腹巻きも1日1食と組み合わせて効果あり、おすすめ。ぶかぶかになってきたので、新しいの買わないと!

漫才コンビ、相方さがしています/募集する、mixiコミュになぜ入ったか。お笑い芸人、志望ではなく…。面白いネタ、台本書きたい。書き方、作り方知らないで

こんばんはー星野源でーす。と、テレビに出演された際言う言葉に続けてしまいたくなる、意味あるおすすめのかっこいい効果的なセリフひとつ

落語のおすすめ。柳家小三治、芝浜より。自分でそうかと気づける強さは効果的で、すばらしい。教訓とまで言うとおおげさだけど、意味は続いてる

読書量の平均、統計。多い人、少ないの質問、アンケート。面白い。本を読むのはいいこと。おすすめ。しかし、単純なインプット時間を質問してみては?【語彙、知識】

 

-読書
-, , , , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.