繰り返しの謎解き商会

*

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

      2017/11/16

20121225_sparrow_0142_w800-1

 

読書ノートをパソコンでデジタルに作ってみました。ブログネタを蓄積するのにいいだろうと。方法・やり方は簡単です。付箋を貼った本の該当部分をそのまままとめて入力するだけです。

 

しかし、10冊15冊とパソコン内に読書ノートを作ったもののなんだかしっくり来ません。味気ないのです。

 

そこで思い出したのは、メモ程度に手書きで書いていたことが後々忘れずにいたということ。ブログに引用した話、名言、エピソード……語彙、意味。手書きの記録に触発された効果といいましょうか。

 

手を動かして書く、手書きにはなんらかの記憶に結びつく効果があるんだろうなと。

 

実際、パソコンで読書ノート作っていたときそのまま、書き方簡単にただルーズリーフにまとめて手書きで書いていきました。すると、手書きの読書ノート、楽しくなってしまいました(手は疲れましたけど……)。手書きで読書ノートを作る具合がよかったのです。味気なさはありません。むしろ、反対側へ。

 

手書きの読書ノート、おすすめします。

 

スポンサーリンク




目次

読書ノートをパソコンで作ってみたものの、知識の記録を作って行く効果が高いのは、書き方簡単に手書きにルーズリーフへまとめたほうだった……。

手書きで読書ノートを書くことで、確実に知識の記録を作っていくように思えました。引き出しを作るような感覚といいましょうか。

 

書いたことをすべて暗記するのではなく、自分にとって使いどころのあるフックを作っていくといいましょうか。手書きでルーズリーフに読書ノートを作るほうが、後々の効果や意味はあるように思えます。

 

そんな、読書ノート模様をあれこれと……。

 

ブログを始めて、4ヶ月(120日)が経過しました。

いやはや、今月は低空飛行も低空飛行。米米Clubは浪漫飛行(おっさんか)。

 

1ヶ月目・25記事
2ヶ月目・57記事
3ヶ月目・57記事

 

と、書いてきたものの、4ヶ月目は9記事のみ。

 

バタバタしていたので、いたしかたありません。そのバタバタも落ち着いてきまして、そろそろ更新回数を上げていきたいところです。ブログのデザイン、アドセンスなどなど、手を入れるところも多々あります。

 

アドセンスは、もっとアクセス数が伸びてからですね。広告をどう配置しようか、なんともいえないし……。その手の本が積ん読状態。

 

関連→ブログに書く記事の文章、文字数問題の考え方。400、1000、2000…。アクセス数をアップするには?まもなく300記事。ブログ9ヶ月目【競馬】

 

関連→ブログのネタ切れ問題を解決する方法とは。競馬などのことを書いて、約1日1記事計算でブログ1年経過。アクセス数は全然だけど、エックスサーバの契約延長!

 

関連→ブログの更新頻度を上げると、アクセス数(PV)が増える効果があるのはだいたい事実。しかし、重要なのは「どうしてブログが書けるのか」を知っておくことでは?

 

ブログを続けていくフォームって大切だと思う

素人にマネのできない馬券術 (競馬道OnLine新書)

岡田牧雄 競馬道OnLine編集部編「素人にマネできない馬券術」(競馬道OnLine新書)を読んでて、思ったんです。

 

馬券を買い続けてゆくのに用意しておくもの、積み重ねてゆくものがある。そしてそれがフォームになってゆく。この感覚って、必要だよな、と。

それにしても、馬券は本当に奥が深い。

もう何十年も買い続けてきて、あたりまえの事実を、今なお毎週のように痛感しています。プラス収支への、間違いのない第一歩を書いておけば、地味ではあるものの、自分の中の「蓄積」を増やすこと以外に、その第一歩はありません(58p)。

これ、ブログを書き続けてゆくことにも応用できるなぁと思ったんです。蓄積をいかに増やすか。蓄積の意味合いはその人その人によって違うかと思います。

 

蓄積、別の言い方をすると、バックボーン。

 

そのために、何を用意してゆけばいいのか……。フォーム、フォーム、フォームッ。

 

ムムッ……。

 

関連→岡田牧雄さん予想法コラム本「競馬のプロへの第一歩・素人にマネのできない馬券術」(競馬道OnLine新書)感想。当たる特徴をつかむのに重要なことは?【馬主】

 

関連→競馬予想方法の考え方として「馬券にならない馬をどのくらい消せるか」は重視したほうがいい。トリガミの買い目を減らす。回収率上げる。外れ馬券裁判で考えた。

 

関連→競馬予想する上で穴党・本命党と決め、馬券を買わないほうがいい理由。意味ある買い方するなら、精神的に偏らないほうが回収率上がる。本命・対抗・大穴・記号

 

出てきましたよ、答え。それは、「読書ノート的なものを作る」ってこと。

 

そんなこともありまして、梅棹忠夫「知的生産の技術」(岩波新書)を読んだりしました(10年くらい前にたぶん読んでる)。

 

 

読書ノートはパソコンにエクセルなどでデジタル? 手書きでまとめて、アナログ?

読書するのは好きなんですが、ここ数年「読みっぱなし」で終わってたところがありました。机のそばには、付箋だらけの本が積み上げられています。

 

本を読み終えたという充実感はあります。しかし、読んだ内容が流れちゃうフォームなんですね。読みっぱなしというのは。記憶力の問題でしょう。これではヒットは打てません。考えがまとまってるようで、まとまってない。だから、いいアイデアに結びついていかない。バットの振りどきがいまいちはっきりしない、うまい振りどきを仕入れられていないと申しましょうか。

 

そこで気付いたのは、ブログ書いていたりするときに、「この話いいかも」「あの本から引用するといいかも」みたいなエピソードって、何らかの形で書き写していたものからだったりするなと。

 

文章まるまる全部ではなく、中身内容を断片的に書いていたものだったり。記録していたということです。

 

と、同時に思い出したのは読書を始めた頃、知らない意味を片っ端から広辞苑で調べて、ルーズリーフに書きまくっていたことがあったのです。二十歳過ぎくらいのことでした。

 

エッセイストになりたい、作家になりたいなんてことを本気で考えてましたから、これは勉強しないといけないぞという具合で。最終的に、A4ファイルで10冊ちょいになってた。当時の自分、かなりやったのでしょうな(なんだか人ごと……)。

 

関連→エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】

 

関連→小説すばる新人賞に応募。一次選考通過ならずサヨナラ。枚数、原稿用紙450枚。最終選考に残ると信じて疑わず。賞金欲しかった…、印税、芥川賞、直木賞って妄想も

 

それでは、現代なら読書ノートはパソコンでまとめていくのだろうと、初めてみた。しかし……

ブログのアイデアなどを蓄積するために、読書ノート的なものを作っていくことがいいと、初めてみました。

 

ナンダカンダ言って、読書ノート。自分が読書して、広辞苑の意味をルーズリーフに書き写していたころとは、テクノロジーが違います。

 

パソコンです、パソコン。Macintosh。利用しましょう。利用しましょう。

 

こういうときは、evernoteだったりエクセルだったり、ワードを使うのだと思います。けど、競馬のデータベース用に買ってあった、ファイルメーカーを使って、ちょこちょこと読書ノート的なものを作ってみました。

 

パソコンで読書ノートを作ると言っても、テンプレートと言いますか、フォーマットも簡単にこしらえたものではあります。

 

書き方も簡単なもので、付箋貼ってた部分に書かれていたことをそのまま手打ち。プリントアウトして、感想を追加して書く場合は余白に書く。

 

なんだか、デジタルに具合良くできてるように見えます。しかし、10冊20冊とパソコンで読書ノート打ち込んでいきましたが、なんかしっくりこないんです。

 

なんだか、本に書かれていた言葉と距離感が遠いんです。読書したときよりも、距離感を縮めたいから行っているのに、ぜんぜん距離が埋まっていっていない。

 

ならば試しに……、手書きでルーズリーフに読書ノートを作ってみた

読書ノート・ルーズリーフに書いた・画像写真

パソコンでデジタルでないのならば、アナログに手書きです。ものは試しと、ルーズリーフに手書きで書いてみました。読書ノート。

 

嗚呼、この字はワタクシの字。汚くって失礼。

 

富田薫『SHAPER’S HIGH』(朝日新聞社)に貼った付箋から。

 

 

(富田薫『SHAPER’S HIGH』の読書ノートを使ったブログ記事は→占いや運勢でもないけど、当たる仕事運?10円玉を手のひらに乗せ、目の高さへあげる。これで食べることに困らないかわかるらしい【金運】)

 

競馬予想してて馬柱が真っ赤になるほど、データや気になったことを書きまくるのですが、そのノリで読書ノート書いてて苦ではありませんでした。

 

あっ……、いい……かも。

 

……カキカキ。

 

いいかも。

 

手書きのほうが、距離感ない気がします。手を実際に動かして書くことをしているからでしょうか、手書きのほうが距離感が近いです。

 

手書きをすることは体力的にしんどいですし、時間がかかる。続かなさそうな感じはあります。しかし、精神的に量をこなせそうな気がしたんです。

 

本に付箋を貼ったことを、読書ノートに書くことも一種の表現みたいなものかなと。発散するところがあるかなと。間接的にですが。書いていてペンのインクが減る感じがいいんです。

 

デジタルなほうがよい人もいるとは思うんですが、それなら手書きしたルーズリーフをスキャンすればいいわけでして、ハナからカタカタキーボードを打っていく必要もないですね。

 

単純に、ルーズリーフに書くの楽しい。

 

そうです、自分が若い頃広辞苑で意味を調べていたままの方法がよかったのです。

 

本をそのままスキャンすればいいじゃん。というのが究極なんでしょうが、どこかアナログな部分を残しておいたほうがいいんじゃないか。

 

一件、無駄に思える行動にこそ最終的に意味があったとなるんじゃないかと。ペーパーレスもいいですけど、なんでもかんでもそうするのは違うかなと。

 

これは自分の勘ですが、そっちのほうが面白いものを発見できる打率は高くなる気がします。

 

読書ノートをルーズリーフに書くこと、手が痛くなったりもしますが、おすすめです。書くと頭に残ります。

 

手を動かすことは脳と関係してるんですね。読書した時間を無駄にせず、読書の効果を高めてくれることでしょう。きっと、読書感想文のようなものの具合もよくなる可能性もあるかと……(ネタを仕込む、仕入れるってことでしょう)。

 

関連→競馬予想に使う赤ペン、黒ボールペンのおすすめは、ぺんてるノック式エナージェル1ミリ。なめらかで書きやすい。にじまない、使いやすい。マークシートにも

 

関連→ぺんてるエナージェル1ミリボールペンの替芯、赤に黒、ペン立てにないと安心して競馬予想できない…。書き心地よく愛用しすぎて、インクの減りが早い

 

追記・自分の読書ノートのやり方というのは単純も単純簡単なものです。

<2017.5.9リライト追記>

 

読書ノートをパソコンを使わず手書きにしていく際、どういうことを書くのか、中身や内容をどう書くのか。読書ノートの取り方、書き方問題というのはあるでしょう。

 

手書きというと、マインドマップのようにして書くのも手ではあると思います。

 

自分の場合は、簡単単純な読書ノートの書き方です。

 

まず最初に、本や雑誌を読んでて、何らかの形で気になったところに付箋が貼ってあります。

 

自分の場合、そこに書かれていることをそのまま書き写すだけです。まず、書き写すだけ。思いついたことがあれば書き加えていきます。

 

ポイントなのは、自分が必要とした文章を自分に引き寄せるために読書ノートを書いているだけということ。

 

内容をまるまる覚えるわけではなく、感じのいいフックを作って行ってるだけです。別の言い方ですと、引き出しといいましょうか。脳にインデックスを作ってるとも言えます。

 

読書しているだけだと、フックのハマり具合、引き出しの開き具合がよくないですが、一度手書きして読書ノートを書いていると、具合がよくなります。より記憶の中で目立つようになる感じ。

 

すなわち、「あれっ、このまえ読んで読書ノートに書いてたあの話、ブログに書けるな、今雑誌に書いてあったことと組み合わせて」という具合に、発見、気づきやすくなるんです。気づくことができれば、調べ物に時間をかけなくって済む。

 

その確率が読書ノートを手書きで書いているときのほうが高くなる。読書してそのままな状態よりも。パソコンでデジタルに読書ノートを書いたときよりも。

 

だから、手書きで読書ノートを書く。

 

料理じゃないですけど、一手間かけておくことでのちのち得られることが変わって来るってことですね。読書ノートはおいしい漬け物作りというわけです(なんのこっちゃい)。

 

読書ノートをルーズリーフにまとめて書く行為の効果、メリット

 

まず、読書してて「いいな、これ」と感じたことを思考回路に目立たせておく装置をつくることができる。それによって、具合のいい組み合わせを作りやすくなる。

 

アイデアは知っていることAと知っていることBの組み合わせによって生まれるとすれば、読書しっぱなしでいることはよいアイデアの組み合わせが生まれる可能性を捨ててるとも言えます。

 

読書ノートをまとめて書くことの効果やメリットというのは、組み合わせの数を増やしやすくなるところにあるでしょう。

 

関連→偏愛マップ(齋藤孝)感想。やり方、作り方、書き方簡単に自己紹介の項目ネタ探し発見本。ルールは簡単。初対面な方に内容のある使い方。ブログ・自己分析・合コン

 

関連→文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人。文章力や書き方の前に知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側・意識の違いについて

 

関連→文章がうまくなる、面白い内容になる基本的なコツ。知っていることやネタを増やすこと。濃い・薄いの感覚把握。書けない、思いつかないの原因【読書】

 

読書ノートを簡単にルーズリーフにまとめて書いてみる……まとめ

単純といえば、単純なんですが、ブログを続けてゆくための蓄積として、読書ノート続けていこうと思います。

 

ネタをストックするのは大切ですし……。

 

ストックしたネタが組合わさることもあるでしょうし……。それには、手を動かす以外に方法はないと。手間隙かかって、いいものが作られるというのもわるいもんじゃないですよ。

 

関連→アウトプットを鍛える練習や方法で大事なのは、まずインプットしてストックすること。そして、繰り返し表現を見返せる仕組みを作ること

 

関連→役に立つ資格を取得するのは大事。就職、転職に強みになったり。より使える状態になるなら、詳しく知ってることと組み合わせること

 

関連→学校で勉強した方法や技術が意味を持ったり好きになるのは、工夫して流し込む材料を探すようになったとき。うまくいかない要因でも?

 

以上、読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】という話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

競馬予想で当たる方法を探すおすすめのコツ、定点観測。データ分析の意味を濃くする。能力把握に最適。面倒だけど、自信はつきやすい【馬券】

競馬模擬レース動画(YouTube騎手目線)はおもしろい。レース映像の見方、馬券予想の参考になる?【中山競馬場ダート1200m・東京競馬場芝1800m】

 

スポンサーリンク




こちらの読書ネタもどうぞ、おすすめまとめ【初心者入門。やり方、方法探し中な方の参考にも】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

信用できない、されない大人は、男女問わず仕事や恋愛、お金などの失敗談を話す語ることができない。人生で試行錯誤してない人を見抜く方法【競馬ネタ】

コミュニケーション能力が上手くなるコツ。向上改善するきっかけとは、について書かれた本。小西利行『伝わっているか?』読書感想。会話の工夫をして仕事に活かす

アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事・工夫・読書】

キヨーレオピンファイブキャプレット200錠を、Amazonで買ったらめんつゆのおまけ【にんにく】。値段高いが疲れとれ効果あり、使用中

古本買取の相場や評判と一緒に知りたいのは、実際に買い取ってもらった本の価格詳細。値段はいくらついたのか。古本屋・定番屋でそれが見られて面白い

桃屋のきざみしょうが、美味しい。おすすめです。感想。ごまとアレンジレシピがうまい。納豆にも。ダイエットと関連はわからないけど【口コミ】

IKEAの通販カタログがポストに投函されてて読む。ステップスツール(椅子)、コーヒーテーブル、ワゴンあたり欲しい…。毎年配布しないかな←注文しろー

のあのわって今何しているのだろ、最近活動してるのかな?と、調べてみた。チェロ弾くyukkoさんが良くて【ループ、ループ・ゆめの在りか】

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう・その2

白髪な鼻毛がはさみで切ってたとき落下。ショック。私、30代男性。病気が原因だったらと検索してみた。ストレス?食べ物?老化?

新潮社のマイブック。文庫本サイズのノートなので、ブックオフは買取ることがある。使い方、活用法気になって売られてると手に取ってしまう…

ポテトチップスはうまい。おいしいが健康的にカロリー・塩分気になる。代わりに海苔をばりばり食べてみてる話【代用】

ビンタ目覚ましを作った人がいるそう。起きれない対策?パーが相手なら、じゃんけんはチョキ出して対抗。そして、絶対に起きる

泣ける歌に映画、アニメに漫画、いい話…。悪いわけではないし嫌いでもないけど、キリがない泣き過剰さ。柳家小三治さんと、井上陽水さんの言葉

コーヒー飲む量(カフェイン)を減らして、1日の適量がわかりつつある。飲み過ぎて健康に体に悪いかと思い。ミルクも砂糖もいれないブラック

博多アラモード/五木ひろしのYouTube動画も良く、夜明けのブルース同様カラオケで歌ってる話。楽曲ダウンロード。作詞作曲・レーモンド松屋

綾瀬はるかと渡辺麻友(まゆゆ・AKB48)はどことなく似てる。雑誌、テレビCM、YouTube見てて思う。メイクか髪型か…笑顔か。悪友に言ったところ、全否定。

寝るときに耳栓。睡眠不足を防いで、安眠したい。おすすめは「MOLDEX 使い捨て耳栓Mellows」。完全遮音はできないけど、足音、騒音、生活音に効果あり

 - 読書雑談 , , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

古本買取の相場や評判と一緒に知りたいのは、実際に買い取ってもらった本の価格詳細。値段はいくらついたのか。古本屋・定番屋でそれが見られて面白い

古本買取の相場や評判と一緒に、古本を実際に買い取ってもらったときの本の価格詳細は知りたいもの。古本やCDに値段がいくらついたのか。代表的なものだけでなく、ひとつひとつの価格。古本屋・定番屋で買取価格の詳細が見られて面白く、ときどき見てる話を。ブックオフと違って、買取価格が固定されすぎず、幅がある様子。Amazonで本買ったときついてきた、定番屋の栞がしっかりしてて気付いた。本の買取は何度かしてもらったことがあるのだけど……。いままで何度か持っている本を大量に買取してもらったことがあるのですが、提示される買取金額というのは、まとめていくらということがほとんどでした。高額になったものだけ詳細がついてることが1度か2度ありましたか……。

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれたのです。心理学のおすすめですよ、読書しない妹に。答えが出なかったものの、読書1000冊すれば心理学を学ぶことになるんじゃないかなと思ったのです。おすすめ本だけ読むより、意味があり面白いだろうと。読書する本には、心理学を細分化したようなことが多々書かれています。恋愛に仕事に感情は関わるものです。ということは、1000冊くらい本を読んでいたら、心理=心の動きを知ることはできると。下手に数冊読んで知るよりも1000冊くらい読書して、自分の中で再構築していくほうがのちのちの得になるだろうと。そのくらい、幅の広いことだろうと。

読書した冊数が減少して、得るものが少なかった感でいっぱいに。本を読むことに飽きることなく、もっと読みたい。小説・エッセイ・専門書に漫画…

読書した冊数がこのところ減少。そのため、読書して得るものが少なかったな感でいっぱいに。なんだそりゃですが、本を読むことに飽きることなく、もっと読みたいもので。小説・エッセイ・専門書に漫画……。自分の知ってることなぞ、大したことはない。だから読書して得るものを増やしたい。想像力つきすぎて大変になりますけど……。楽しいものですよ。面白いアイデア思いついたりしますから。そのための材料仕入れませんと……。

本屋さんで本を買ったら「逸品の書店祭」の応募券を頂きました…。カニより、新米より、肉より、図書カード。読書好きだもの

本屋さんで本をけっこう買います。読書好きなもので。先日、本屋さんでのほほんと本を買いましたら「逸品の書店祭」の応募券を頂きました。カニ、新米に肉がもらえるんですか。そして図書カード。本屋さんのキャンペーン的なことですね。逸品の書店祭。新刊本が本屋で買える場所があるだけでありがたいのところ、カニに新米に肉、図書カードがもらえるキャンペーンをしてくれるとは……(当たらないと思うけど)。欲しいものは決まってます。カニより、新米より、肉より、図書カード。断然、図書カード。だって読書好きだもの。

大瀧詠一『Writing&Talking』を読み始める…、雑誌などのエッセイ・インタビュー・対談、ナイアガラ本908ページ。影響の受け方ってあるな…

タワレコで買ってた、大瀧詠一『Writing&Talking』を読み始めたのです。雑誌などに書かれた、エッセイ・インタビュー・対談を集めた大滝詠一ナイアガラな本908ページでございます。読書しててまず思ったのは、影響の受け方みたいなものってあるな……ということ。読んでて知らないことも多いのだけど、知らないから触れなくってもいい感じでいると、影響の受け方も具合が良くないという……。大瀧詠一『Writing&Talking』(白夜書房)を、吉祥寺のタワレコで買ったのはいいものの、ブ厚さに「いつ読むんだろう」と、ビビるワタクシ。

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

読書の途中でも感想はあるもの。読書している本が、つまらないときはよくある。役に立たない感じがあって飽きる読書もある。知っていることが少なくて読書がつまらなかったり、役に立たない感じがして飽きるの読書であれば原因はわかるけど……。そんな、読書している本がつまらないとき、最後まで本を読むのをやめるやめない問題について。ただただ「そこにそういう考えの人がいる」ことを知る読書もあるはず。つまらない、役に立たない、飽きるという感情を遠くに投げておく読書。意外と、後から効きます。

読書量平均、統計、多い少ないの質問・アンケートは面白い。本を読むのはいいことでおすすめ。しかし、単純なインプット時間を質問してみては?【語彙・知識】

読書量の平均や統計、多い少ないの質問・アンケートは面白い。本を読むのはいいことでありおすすめ。しかし、単純なインプット時間を質問してみては?【語彙・知識】読書してなくっても、音楽をたくさん聞いてる人もいるでしょうし、ライブに通いまくってる人もいるでしょうし、美術館に行きまくってる、食べ歩き大好き、映画を見た本数は半端ない、落語、演劇など、そういう人はちょいちょいいます。一ヶ月の読書量。平均、統計、多い少ない。重要だけど……。本を読むのはいいことですし、おすすめなこと。読書量の質問・アンケートは面白いものです。語彙や知識に関わるものでありまして、その人を作るある程度の部分でもあります。マイナビスチューデントの記事、意外と少ない社会人の読書量、最多は約4割の0冊「忙しい」「ネットで十分」を読みました。

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

読書を続けること、継続はおすすめです。本を読む効果、意味、メリットは確実にあります。読書とは「知っていることが増える」ことです。ここに、本を読む大切さ、楽しいと感じるポイント、おもしろさが生まれます。意味、効果、メリットもくっついた形で。人間、基本的に知っていることを使うことで選択していきます。知らないことを選択肢にすることはなかなか困難です。仕事をしてお金を稼ぐにしても、アイデアを出すにしても、読書をして、本を読んで、知っていることを増やして選択肢を吟味しておくのは、具合よく生きて行くのにいい方法、コツでしょう。本の価格ははっきり言って、安いです。知っていることが増えることは、使える範囲が増えることでもあり、それは読書を続ける限りばんばん派生してゆきます。

書斎は、机、椅子、照明、インテリアレイアウト大事。しかし、集中できるアイデア、スペースがあれば……イメージでかっこいい感じに【読書】◎ネタクリップ

書斎は、集中できるスペースさえあれば。レイアウトアイデアひとつで書斎は……。机、椅子、照明、インテリアの配置、レイアウトは書斎において大事です。しかし、書斎で集中できるスペース、レイアウトの確保も大事。理想の書斎に現状足りないところ……机、椅子、照明、インテリアの配置などは、イメージでかっこいい感じにして……。アイデアでどうにかして。あの椅子がなければ、あの机がなければ書斎にならないかというとそうではなくって、したいことに没頭でき、集中できるスペースを確保できることが重要なんでしょう。それにしても、スペースはここでと決めて、書斎のレイアウトするのは楽しいものです。さて、照明自作しますか(ええっ?)。