ブログ

ブログがアクセスを増やすのは、基本ゆっくり。続けて行くのに即効性とは真逆な位置から作ってゆこうと。SEOに検索上位は気になるけれど…

更新日:

20140416_chick_0581_w800

 

ブログに関して本音を言えば、検索上位SEOバリバリめっちゃアクセスアップだぜ、イエーイみたいにPVもりもりするといいわけですが(どういう状態のブログなんだよ)、一気にアクセス数が上がると「どうしてそうなったのか」を分析するのに惑う気がするんです。

 

なので、ブログがアクセス数を増やしていくのは基本ゆっくりでいいかなと……。即効性のある方向からは真逆に作って行こうかと。

 

……時間はかかりますけどね。データ取りながらブログ運営してるわけですから。

 

関連→競馬予想で当たる方法を探すおすすめのコツ、定点観測。データ分析の意味を濃くする。能力把握に最適。面倒だけど、自信はつきやすい【馬券】

 

関連→読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

関連→恋愛・就活・仕事。うまくいくコツをつかむ人とは、下手な鉄砲数うちゃ当たるということわざの意味を効果的に知ってる。わからないことを減らしていく【競馬】

 

スポンサーリンク




目次

ちょこっとずつ階段登ってアクセス集めるものだと思います、ブログって

月初めはブログ運営記録の記事がアップされるので、かなり楽しみな日々だったりします(自分のは30日を一区切りにしているもので、来週以降です)。

 

アップされてる方々、いつもありがとうございます。

 

いろんな方のブログ運営記録を読んでて思うのは、アクセス数が増えるのは少しずつなんだなぁということです。

 

バズったり、炎上したりして、増えても元の数字に戻っていることが多いですね。

 

炎上は別として、バズるのを頼りにするのは大変なことでしょう。もしそういうことがあったら、ボーナスですよ。ボーナス。

 

と、言っててもちらちらバズる方面(どっちか知らないけど……)を見てしまうものなんでしょうね。

 

アレみたいに……(あれって、何だよ!)。

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか?

 

ブログ数ヶ月でこれだけPV稼ぎましたー。確かに、すごい。けど……

数ヶ月でたくさんPV稼ぎましたーって記事、ちょいちょい見かけて読んだりします。

 

たしかにすごいと思うんですが、それが1年、3年、5年後もそのアクセス数があり続けるのかというと、その保証はしづらいですよね。そのやり方としてのデータで数ヶ月しかないんですから。

 

安心して見られるなぁと思うのは、1年を過ぎた方のもの。2年、3年とブログを続けてらっしゃる方のものは、もっと参考になります。

 

ブログをはじめて間もない身からすると、短い期間の結果よりも、長い期間の結果のほうが「そうだな」と思うんですよ。時間の経過から来る、保証みたいな塩梅でしょうか。

 

自分なりの方法論を作るってことが、大切になんだと思うんです。

 

そのためにデータ収集するわけですが、過剰な方法ってハナから「いいや」って思ってしまいます。

 

関連→趣味とは、男女問わずその人を作る土台。趣味にお金をかけてもかけないで安いものでも、のめり込んでも意味はある。本に漫画にCDにレコード、散歩、競馬…

 

関連→努力は人を裏切らない。努力は必ず報われる。2つのことわざ名言の意味とは。アピールしすぎは綺麗事になり嘘に近づく。才能は工夫して継続していく。

 

関連→承認欲求を健全に満たす方法。強すぎる欲求からこじらせずに解消解放するには、男女問わず満たす容量を把握すること。自己顕示欲も同じ【SNS・仕事・ストレス】

 

関連→自己評価は高いより低いときに、男性女性問わず効果ある特徴あり。コミュニケーションをとる上で、心理的に意味が生まれる理由【仕事・お金・性格・長所短所】

 

即効性の反対側で育つ、ブログ

これは私のイメージですが、1つ記事をアップしてその記事が得られる最大のアクセス数(考え方としては、一日でも一ヶ月でもいいんですが)に到達する時間は、1年とか1年半くらいかかるんじゃないかなと。

 

その最大アクセス到達点(?)みたいなものに達するのって、アップして今日、明日じゃない。1ヶ月後でもない。到達するまでが長いんじゃないかなと予想してます。

 

そして、最大アクセス到達点に達したら、ある程度の上下があってもアクセス数を持って来続けてくれる。

 

もちろん、ハズったもの、炎上したもの、有名人、などといった即効性バイアスで数字を稼ぐことは多々あると思うんてすが、不安定。

 

フロー要素の強いものは、最大アクセス到達点が昨日、今日になるかと思います。

 

単純にひとつの記事が主に検索でどのくらいアクセス数をもってきてくれるのかが重要。この記事数を増やすことがブログを安定する方向に持って行くと思うんですね。

 

ブログは、即効性とは逆のところで育つ。

 

不安だから、即効性に走ってしまうというのは頷きます。早くアクセス数が稼げるようになりたいと。

 

でもですね、一瞬で良くなったものは、一瞬で悪くなるものだと思います。

 

一瞬で良くなったものって、自分なりの方法論として吸収しようとしても、細胞が追いつかないみたいなところがある気がするんですよね。なぜ良くなったのかわからない。だから、なぜ悪くなったのかもわかりにくい。対処できない。再現できない。

 

これは、怖いです。

 

再現できなくって、震えます。

 

ブログは地道、こつこつ、千里の道も一歩から。嗚呼、継続は力なり

これらのことは、ブログ論みたいなところでよく言われることですけど、アクセスが増えていくのには時間のかかる土壌の上にブログっていうものはあるから、そう言うんだと思うんです。あまりそこに対抗しないほうがいいと。

 

根が伸びるのに時間かかるんです。

 

「急いではいけないのである。めいめいの花にそれぞれの咲く季節があるように、人間にも花をつける時が違っている。やっかいなのは花の季節はあらかじめわかっているのに、人間の開花はいつなのか、咲いてみないとわからない点である。

それで、昔の人は、大器晩成ということを考えた」(17p)

外山滋比古『空気の教育』(福武文庫)より

 

これ、ブログでもこんな感じのことを言えると思います。

 

ブログの感じによりけりな部分はありますけど、大器晩成な面ってある。2年3年4年と時間は必要。

 

ブログアクセス数の開花(?)につながるものって、先にあげた地道とかこつこつとか、そういうところなんだと思います。積み上がってきたところにつぼみが膨らんで、開花すると。

 

それで、いいじゃないですか。

 

アクセス数、急に良くなったら、体によくない

昨日10キロしか持てなかった人が、一晩寝たら50キロ持てるようになった。なんてことがあったら、キモチワルイ。

 

誰かが一緒に持ち上げてるんじゃないかって疑ってしまう。

 

すこしずつ持てないものが持てるようになるのが一番。少しずつできるようになるのが一番。というよりも、力はそういう付き方しか、しないようにできてる。信用もそんなちょっとずつの力づき感覚から生まれて来る。

 

少しずつ力がついていけば、

 

「どうしてよくなったのか、ジロジロ観察できます」。

 

これ、素晴らしき特典ですよ。

 

どうしてよくなったのか目星がつけられます。過程を知っていれば、応用可能になります。

 

自分の方法論を作り上げられるようになる。自分なりの方法論を言い換えるならば、フォームと言ってもいいと思う。

「フォームというのはね、今日まで自分が、これを守ってきたからこそメシが食えてきた、そのどうしても守らなければならない核のことだな」

色川武大『うらおもて人生録』(新潮文庫)より。

 

ブログで飯を食べたいと思う方ならば、フォームって大切だと思います。

 

そのフォームを身につけるのには、即効性を排除したほうが力をつけられる。時間がかかるのはしょうがない。というよりも、時間のかからないものは疑いの目を持って。

 

それでいいじゃないですか(二度目)。

 

関連→みうらじゅん「ない仕事」の作り方、感想レビュー。エッセイ集。競馬本・馬券本として読める一面もあって面白い。おすすめ本

 

関連→文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人。文章力や書き方の前に知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側・意識の違いについて

 

関連→競馬予想に使う赤ペン、黒ボールペンのおすすめは、ぺんてるノック式エナージェル1ミリ。なめらかで書きやすい。にじまない、使いやすい。マークシートにも

 

以上、ブログがアクセスを増やすのは、基本ゆっくり。続けて行くのに即効性とは真逆な位置から作ってゆこうと。SEOに検索上位は気になるけれど…という話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

競馬・馬券の破産確率。購入資金配分、分割比率について学ぶ。『馬券裁判ー競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実ー/卍著』感想。負けを先延ばしにする方法

パークマンサー・軟式globe。5歳まで馬に育てられたと学校へ行こうで告白。是非、競馬場へ。そうだよアホだよのラップでパドック解説を【ネタ】

 

スポンサーリンク




ブログ関連記事

ブログの更新頻度を上げると、アクセス数(PV)が増える効果があるのはだいたい事実。しかし、重要なのは「どうしてブログが書けるのか」を知っておくことでは?

ブログのネタ切れ問題を解決する方法とは。競馬などのことを書いて、約1日1記事計算でブログ1年経過。アクセス数は全然だけど、エックスサーバの契約延長!

ブログに書く記事の文章、文字数問題の考え方。400、1000、2000…。アクセス数をアップするには?まもなく300記事。ブログ9ヶ月目【競馬】

ブログ記事を書き続けるコツは、どこか使いどころのあるものを書くことなんじゃないか。その上でアクセスアップ、SEOに検索上位も繋がって行く【競馬・馬券】

競馬予想とブログ論は似てる。違うのは結果の明らかさ。書き方あれば、SEOあり、アフィリエイト、稼ぐ方法…。血統あれば、調教あり、騎手、馬場、パドック…

 

この記事はいかがでしょう

小林路子の菌類画「きのこ・イロ・イロ/吉祥寺美術館」を見て来た。マツタケモドキ? グッズコーナーにきのこの山はなかったものの、ガチャガチャを発見

イベント・企画・広告、仕事。人を集める方法やコツ。ネタを収集できると想像してもらえるか。期待できる言葉や文章。ビートたけしさんの連載から考えてみた。

エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】

小説すばる新人賞に応募。一次選考通過ならずサヨナラ。枚数、原稿用紙450枚。最終選考に残ると信じて疑わず。賞金欲しかった…、印税、芥川賞、直木賞って妄想も

髪型を坊主頭にしようと、やる気満々で散髪に行ったら「頭の形あまり良くないから…(似合わない…おすすめできない)」と断られた。くせ毛、天然パーマだから?

面白いのではと思ってしまう、ファミコンソフトデザイン集合。わたしのファミカセ展2015を見て来た/吉祥寺METEOR。シューティング・アクション・パズル…

『コーヒーゼリーの時間/木村衣有子』感想。喫茶店、カフェに行きたくなるおすすめ本。作り方もお店によって違う。東京千歳船橋・堀口珈琲気になる【読書】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう・その2

文章がうまくなる、面白い内容になる基本的なコツ。知っていることやネタを増やすこと。濃い・薄いの感覚把握。書けない、思いつかないの原因【読書】

吉祥寺の宝くじ売り場、スクラッチが最後の10枚とおばちゃん。残り物に福がある。買って削るも当たらない。負け星を拾ったから運は競馬に繋がるかと

アナログゲーム・レトロゲームはわくわくして面白い。推理する競馬の影響だろうな…。東京板橋にある、駄菓子屋ゲーム博物館に行ってみたい

夜明けのブルース/五木ひろしのYouTube動画を見てカラオケで歌うほどハマった。松山〜。作詞作曲・レーモンド松屋。紅白で歌われてたとは…

健康第一。食事・運動・睡眠、最新情報…。自分の病気に関する本は熱心に読むと、南伸坊氏。体重減らすにしても、自分の体に合うかの知識は欲しい【読書】

ユニクロのメンズ靴下・ソックス。履き心地一番よかったサイズは、アンクルタイプ(くるぶし)。ショートタイプのように脱げない

腰痛の原因がおしりと関連しているとは…。ツボ押したり、マッサージやストレッチしてほぐしてみたら、症状軽くなった!

Amazonさん、激安・格安な訳ありみかん10kg20kgではなく、栄養豊富で甘いみかんが欲しい…。高級なものとは言わないですけど

さらばシベリア鉄道/大滝詠一のカバー、YouTube動画。ハッカドロップスが凛々しくって、良い。カラオケで歌うとけっこう大変な曲。

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

-ブログ
-, , , , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.