繰り返しの謎解き商会

*

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

      2017/09/12

競馬予想にデータはつきもの。大数の法則(確率)を使い、競馬予想のデータに有用性を持たせる話がある。はて、大数の法則(確率)を競馬予想に取り入れて応用すると、馬券のデータが簡単に意味を持つのでしょうか。大数の法則と競馬予想のデータの関連性を見ていると、簡単に意味を持つ? どうも疑問が走るのでした。

 

カジノに関する本を読んでて、大数の法則を競馬予想に使い、回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのはほんのりまやかしではないかと思ったのです。大数の法則でいわれる、サイコロには……。

 

スポンサーリンク




カジノに関する本をときどき読むのですが……、よく大数の法則が登場するのです

DSCF0806

日本でカジノができるようになっても、たぶんやらないと思います。と、言いつつカジノで一儲けしてきた人たちの本はけっこう好きで読みます。

 

同じような生活をしたいとは考えないですけども(パスポート持ってないし)。

 

自分はJRAの中央競馬と、地方競馬で十分です。はい。複勝をちょこちょこ買ってるので、ええ、十分です。

 

カジノに関する本を読んでて面白いなぁと感じるのは、大抵どの本にも「カジノで上手く行った方法」として、大数の法則がバンバン登場すること。登場しなかった本ってなかった気がするくらいなもので。カジノは言うまでもなく、お金を賭けるギャンブルでありまして、確率というものはあるわけですが……。

 

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、大数の法則とは……

「例えば「コイン投げ」、つまりゆがみも偏りもない”理想的なコイン”を投げて出る表裏を当てるゲームを行うとする。ここで、”理想的なコイン” とは「それを投げるとき、各回の試行において表が出る確率も裏が出る確率もともに 1/2 である」という確率モデルそのもののことである。このとき、コイン投げの試行回数を限りなく増やせば、表が出る回数と裏が出る回数の比率はどちらも 1/2 に近づく。実際にコイン投げをしたとき、(微視的に)一部分だけ見たときには出方が偏って見えることがあったとしても、全体として(巨視的に)見れば、試行結果というものは各事象の起きる確率によって支配されているのだ、ということもできる」

 

Wikipedia - 大数の法則 より

大数の法則の大前提、回数がデータの結果を保証するというヤツですね。別の言い方をすると、確率を保証するとでも言えばいいでしょうか。膨大な回数の結果をだーーーっと見ていくと、偏りが何度も続けていることがあるものの(コイン投げなら、裏ばかり10回連続。サイコロなら、6の目が10回連続など)、平均していくと表の出る回数も、裏の出る回数も1/2になるという、そういう法則。

 

嫌みな解釈をすると、「次どうなるか」には答えにくいが、同じことを1000回やるのなら答えやすい(その確率に答えやすい)。

 

コインを使う以外にも、大数の法則ではサイコロを使ったりします。

 

競馬のデータ(結果・成績)に大数の法則を素直に持ち込んでいいのか、データの見方として条件をつけたほうがいいのか?

カジノの本を読んでて、ふと思ったのは有利な(あるいは、不利な)競馬のデータがあったとき、保証する概念は大数の法則ーー回数の多いことーーでいいのかと。

 

そのデータ(情報)から確率をそのまま使っていいものなのか。簡単にデータが意味を持つ、有用性を持つものなのか?

 

前々から「競馬予想のデータに大数の法則を持ち込むのって、どこか変」って感じてたのです。馬券を買う1レースに対応できる形のデータにならなければ、本来競馬予想のデータとして意味がないわけです。1000レースやってくれればデータの確率通りになるではお金が足りません。

 

そうもやもや考えてたのですが、「ああそうか、競馬予想に大数の法則を持ち込むのってほんのりまやかしだわ」という結論を見つけまして。

 

もどかしいですね、競馬予想に大数の法則を持ち込むのってほんのりまやかしという話、具体的に説明します。

 

まず、大数の法則化するためにデータを蓄積してゆく際に関わる人と物、生き物の関係について考えてみます。

 

コイン投げでも、サイコロでも、ポーカーでも関係性は、

 

人間(賭けに参加する人)×コイン・トランプ・サイコロ=大数の法則

 

になります。

 

確率を保証する間柄です。

 

しかし、競馬のデータというのは違う。

 

人間(賭けに参加する人)×人間(騎手)+馬、である。

 

厳密に言うと、調教師や厩舎スタッフ、ゲートに入れるJRAの職員さん、馬主など1レースの結果が出るのに関わる人は大勢います。

 

1つの事象の結果が出るのに手間・時間に大きな差があります。

 

この、コイン投げ・サイコロ・ポーカーと、競馬のデータ収集から、大数の法則が導き出す関係性はどれだけ年月、レースやゲームを行っても変わることはありません。

 

競馬において結果から情報を法則化するためにデータを蓄積することはもちろん、レースの結果があるのですから切り口はいくらでも、組み合わせはいくらでもあります。

 

組み合わせはいくらでもありますが、ポーカーと競馬、データを見る上で一緒に思えますでしょうか。大数の法則の感覚を持ち込んで正しい結果が出るでしょうか。

 

自分には違うものに思えます。全くとまでは言い切れないですが、違うものとは言えます。なので、大数の法則を競馬予想のデータを持ち込むのはまやかしなのではないかと思うのです。

 

データを蓄積してゆく「間隔の差」がポイント。

コイン投げやポーカーに使う、コインやトランプには「体力」「気力」という概念はありません。物ですから、消耗という概念はありますが、トランプの体力の回復を待ってポーカーをなんて言いません。だから、短時間に回数をこなすことが可能です。

 

1日に何百、何千とゲームをカジノで行うことは言うまでもなく可能で、今この時間でも世界のどこかのカジノにてゲームは行われているでしょう。その上でのデータ集積もできる。コインやトランプの都合なんて考えなくていいのです。

 

ところが、競走馬はどうでしょうか。

 

一度、1600mなり2000mなり全力疾走した馬が3分後また走るということはありません。レース前に馬場に入って騎手を振り落とし、それなりの距離を走った馬は競走除外となることもしばしば。それは「体力」という概念があるからです。

 

レース前にたくさんの距離を走ってしまうと、公平な競走に支障を来すから、競走除外になるのです。言うまでもなく、データは取れません。

 

騎手も同様でしょう。体力を必要としています。数レースひっかかりっぱなしな馬に続けて騎乗したら腕の疲労度ははんぱないはずです。ズブイ馬を追いまくった場合も同様。

 

人間(賭けに参加する人・体力)×人間(騎手・体力)+馬(体力)……出走させるために関わる人たち

 

次のデータを蓄積するまでに「体力」を回復させる必要がある。データのひとひとつを蓄積するのにとにかく時間がかかる。

 

ゆえに、体力という概念がないものほど、薄いものほど大数の法則として精度が増すのではないだろうかというわけです(いろいろ調べれば面白い表が作れそうな話だな……)。

 

(※競輪はオートレースは競艇はってツッコミもありそうですけど、再度試行するまでに立て直す「体力的」な概念はあるでしょう。ただ、厳密に体力ではないにしろ……)

 

では、競馬予想データの有益性、無益性って、どうとらえればいいのか

競馬予想のデータは大数の法則と相性が悪いが、悪すぎるわけではない。1事象のデータを収集するのにどうしても時間がかかってしまう。だから、データに精査が必要な傾向があるものと考えるのがいいのではないでしょうか。

 

大数の法則、確率と言っても、データを積み重ねて行くのに間隔が開くものほど、誤差が出やすい。体力の概念がないものほど、誤差は出にくい。回数を増やせばデータが簡単に意味を持つわけではないのです。

 

下世話な言い方をすれば、大数の法則におんぶにだっこでは競馬予想において儲けられる近くまでは行くけど、儲けられ続けないということです。

 

体力の概念があるものは、データにノイズが入りやすい。であるからして、レース映像なり、パドックなり、調教なり他の要素で誤差を埋めないと競馬予想の有用性をがっちり掴めないようになってるということです。

 

この、埋める作業が楽しい……(予想のキモでしょう)。

 

関連→小林弘明氏(風の馬券師・投資家)の競馬最強の法則、競馬予想TV回収率3冠王インタビューが面白かった。調教時計に関する、強さ弱さの見極めに関する疑問

 

関連→データは事象の集まり。どうしてそうなるのか/どうしてそうならないのかについて答えてくれないもの【競馬・馬券】

 

関連→データには必ず生じるタイムラグとノイズ除去の話【競馬予想・馬券】

 

以上、競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、馬券のデータが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか? という話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




競馬ネタ・おすすめまとめ【馬券初めて入門中、初心者(ビギナー)、やり方模索中の方、参考になれば】

【競馬予想の楽しみ方や知識を増やして、馬券成績・回収率上げる研究とコツ。大穴・人気薄。レース映像(動画)を見ながら、など】

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

 

【今週も、今日も明日も明後日も。土曜日・日曜日。もちろん、来週も……JRAと仲良く! 馬券で負けないポイントを作る考え方・複勝馬券】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

【競馬場、ウインズ(wins)、パソコン・スマホ(ネットオンライン・IPAT、A-PAT・即PAT)どこで馬券買っても】

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

 

【JRAの競馬場、東京・中山・阪神・京都・中京・小倉・新潟・福島・函館・札幌……コースの特徴・外枠内枠・有利不利】

馬券初心者は、JRAの競馬場で内枠不利なコースデータを覚えたほうが良い。

 

【馬券の買い方、金額の重要ポイント。的中率をあげるための精神的スタンス(なかなかできないけど……)】

競馬で破産しない方法。馬券が外れて授業料になってもいいお金を、購入金額にする。

 

おすすめ競馬記事

人気薄は穴になったと結果出てから動くのでは、遅い遅い遅いじゃないという話【競馬・馬券】

レース映像の分析(チェック)って、馬券を当てるのに大切な理由と方法・久しぶりにほとんどのレースを予想してみた【競馬・馬券】

パリカラノテガミ・前走テガミを出そうにも前は壁。スパーブデイも不利あり→次走2着3着【競馬・馬券】

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

承認欲求を健全に満たす方法。強すぎる欲求からこじらせずに解消解放するには、男女問わず満たす容量を把握すること。自己顕示欲も同じ【SNS・仕事・ストレス】

綾瀬はるかと渡辺麻友(まゆゆ・AKB48)はどことなく似てる。雑誌、テレビCM、YouTube見てて思う。メイクか髪型か…笑顔か。悪友に言ったところ、全否定。

コーヒーゼリー3個入りパック。スーパーにおけるおすすめの三連デザート。安いしうまい。かけるよ、クリームシロップ。どうして食べたくなるのか

 

 - データの見方(情報・結果) , , , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

ダイエットする方法も、会社を辞めたい理由も、アマゾンのおすすめも、感想もレビューも意見も、相手からしたら予想になるよという話。乗れるか乗れないか

ダイエットする方法は運動です。会社を辞めたい理由は激務すぎだからです。アマゾンからのおすすめは黒木華写真集です。……感想もレビューも意見も、相手からしたら予想になるよという話。予想に乗れるか、乗れないか。見極めは「それはなぜか」を見つけられるかどうか。必要なことだけを日々知っていってる人にはなかなかできない技だ。知ることに躊躇しない人にとっては、当たり前のことでしょう。「ダイエットするには、こういう方法・コツがあると思う」「会社を辞めたい理由、仕事を辞めたい理由はこれこれで」「〜なのではないか」「こんなふうに感じた」「〜はおすすめ」など……、本だったり、ブログに書かれていたり、会話に出て来たりします。と言うよりも、そういう表現に囲まれて日々暮らしています。

競馬の結果や成績から馬券になるデータ・情報を見つけると、同じ傾向はないか収集してまとめようとして目の前の予想をほっぽり出してしまう…

競馬の結果や成績は日々見ます。競馬の結果や成績から、馬券になるデータ・情報を見つけることもある。すると大変。馬券になる同じ傾向のデータはないか、収集してまとめようとしてしまうのです。細かく競馬の結果や成績を見ていると、意外と馬券になるデータ、傾向は見つかったりするのです。もう、俺の競馬データだものと、収集とまとめ作業です。そして、馬券になる傾向データを収集してまとめることが楽しくなってしまい、競馬の結果や成績ばかり見てしまい、目の前の予想をほっぽり出してしまうのです……。あっ、あれっ? いいのか、これ? 俺の競馬予想。

競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない

競馬のデータは、競馬予想に欠かせないもの。的中率、回収率、馬券になるかならないか。競馬新聞の馬柱に掲載されている数字も競馬のデータです。しかし、競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれないのです。どんな的中率、回収率な競馬データを使って競馬予想していくときでも、重要なことは「どうしてそうなるのか、どうしてそうならないのか」について知ってるかどうかはあるでしょう。事象の原因を知っていれば応用が可能になりますから。

馬券が当たらない。競馬予想の知識・情報の見方・データの傾向を知れば知るほど…。どうしてですか?

馬券が当たらない。競馬予想の知識、情報の見方、データの傾向を知れば知るほど、馬券が当たらない。どうしてですか? 競馬本や馬券本、ブログを読んで馬券術を競馬予想のために仕入れてても、馬券は当たらない。どうしてか? 馬券が当たる前提で知ったこと、競馬予想の知識、情報の見方、データの傾向を全て足し算で考えているからではないかと。馬券術やデータ、情報は100%内で割合を変えることが大事です。その中で、自分に相性のいいファクター(要素)を見つけ出すこと。相性のいい競馬予想ファクターの知識、データ傾向、情報の見方については誰よりも知っておく。これが馬券の当たらないことから逃れる道かと思います。

競馬のデータに必ず生じる、タイムラグとノイズ除去の話。どれだけ収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なこと

競馬のデータは正確に数字が出されてることに疑いはありません。しかし、競馬のデータにタイムラグとノイズは必ず生じてるとしたらどう考えるでしょうか。競馬予想に日頃頼りにしているデータにです。どれだけ競馬のデータを収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なことは、タイムラグから生じるノイズを取り除かないと競馬のデータとして使い勝手が悪くなるということ。競馬のデータを収集して、集計して、解析することは安価にできます。しかし、より使える状態にするのには手間がかかります。しかし、その分析や作業を競馬予想と言っても悪くはないわけで……。

JRA中央競馬・地方競馬の新馬戦予想成績は、使えるファクターに差があるので分けることにした話。馬券の買い方も変える

JRA中央競馬・地方競馬の新馬戦は通常のレースと同様に行われ成績が記録されます。しかし、中央競馬・地方競馬の新馬戦は予想に使えるファクターに差がある。今まで新馬戦の成績も他のレースと一緒の成績としてきたのだけど、自分の予想成績は、新馬戦と新馬戦以外に分けることに。そのほうが正確になるでしょう。新馬戦の馬券の買い方も変えていきます。はやり、馬券を買い続けていく上で再現性をしっかりつかんでるデータかどうかは大切です。新馬戦はどうしても再現性をつかんでいるかどうか微妙なデータで馬券を買うレース。他のレースと一緒の感覚でいるのは違うなと考えまして……。

競馬予想のデータ、情報・成績・結果にはすぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なものがある

競馬予想のデータ、情報・成績・結果には様々な切り口があります。情報として、データとして、競馬予想に成績や結果は利用できる。しかし、すぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なもの(レース映像・パドック・返し馬・調教動画)があるのではないかと思いまして。競馬予想のデータ、情報、結果、成績ですぐに確認できるものは、的中率、回収率をパパッと計算できます。枠が決められているからです。文字を見るだけで確率を知ることが可能です。しかし、検索不可能な競馬予想のデータ、情報、結果、成績は簡単にデータを整えることはできません。

競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事

競馬予想で指数を使い馬券を買うのは便利で意味があるように見えます。しかし、その買い方に違和感があったのです。どうしてそう感じるのかをブログに書き探っていったところ、親父の仕事の教え方に謎を解く鍵がありました。競馬予想の精度を良くして、当たる確率、的中率や回収率を上げるには細かさを逃げ・先行させ、構築して差して、追い込んでいくことがなによりも大事です。競馬を見るとき指数を使っていると、どうしても深掘りしようというネタが探れません。そこのところを考えて行きます。指数を使って馬券を買うことに違和感を感じた根本要因を見つけたもので。ひとつ前に書いた、中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともないの続き。

卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方推測「馬券裁判男の予想法を解明する本」感想。JRDBファクターシミュレーション。稼げる買い方にするには、工夫が必要?

卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方。ファクター推測、競馬予想本・馬券本。「1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法を解明する本」の感想・レビュー。様々なファクターを使い競馬予想する。馬券の買い方は追い下げで行くのが一番。競馬で稼ぐならば、馬券の買い方は追い下げと感じた本でした。JRDBファクターを使ってシミュレーションして、稼げる馬券の買い方を見つけた。その馬券の買い方を追い下げで買い続けた馬券裁判男こと、卍氏。競馬で、馬券で稼ぐとき、ファクター、データの組み合わせはとっても大切。JRDBのデータ、ファクターを使ってシミュレーション。卍氏は競馬で馬券で稼げる買い方にした。

阿佐田哲也の名言「ばくちというものは……」に納得。競馬予想に馬券に通用。ギャンブルがうまくなるポイントになるのでは?

阿佐田哲也氏の名言「ばくちというものは……」に納得という話を。阿佐田哲也氏の名言、ギャンブルの上達方法について書かれたものですが、もちろん競馬予想に馬券に応用可能なことです。ギャンブルがうまくなるポイントになる名言です。ただし、阿佐田哲也氏の名言で語られてることをこなすのは楽なことではありません。しかし、競馬予想や馬券に限らず、ギャンブルで飯を食べられてるごくわずかな人の感覚にあることには変わりないと思います。阿佐田哲也氏の名言「ばくちというものは……」をはじめて読んだときは、ほんとどれだけうなずいたことか……。