繰り返しの謎解き商会

*

「 調教・調教師 」 一覧

競馬予想する上でプール調教の時計を測ったら面白いんじゃ、と思った話。回収率・的中率、確率など活かせるデータになれば…

調教にプール調教という、プールを泳がせる調教があります。そのプール調教の時計を測ったら競馬予想する上で面白いんじゃ、と思ったのです。数字として表せれば、プール調教のタイムが競馬予想する上で回収率・的中率、確率など活かせるデータになるわけですから。調教時計なら、競馬ブック! と記事を書いてたとき、昔読んだ競馬本に、プール調教の時計を測ってたということが書かれてたのを思い出したもので……。数字で調教時計を得られれば、データ化するのはそう難題ではないでしょうし……。競馬予想ファクターとして面白いと思うのであります。

競馬に強くなる調教欄の取扱説明書/井内利彰・軽くレビュー。見方を知るならこの本。改訂版発売。栗東坂路・美浦坂路・ウッドコース・ポリトラック

競馬に強くなる調教欄の取扱説明書/井内利彰・軽くレビュー。競馬予想における調教時計の見方を知るならこの本が一番。井内利彰さんの、競馬に強くなる調教欄の取扱説明書、アマゾンで値段がついてたりしたのですが、改訂版発売されました。井内利彰さんは、競馬の調教に関して本を書かれたり、テレビに出演されてたりする方で有名です。その本の中で、競馬に強くなる調教欄の取扱説明書は、書かれて来たことの集大成と言ってもいい一冊。競馬の調教に使うコース、栗東坂路・美浦坂路・ウッドコース・ポリトラックなどの特徴について知った上で予想に活かすことができる本です。自分が競馬予想し始めた頃、ポリトラックって何、調教時計早いから馬券買っとくかみたいになってましたが、井内利彰さんの競馬に強くなる調教欄の取扱説明書を読むと、栗東坂路・美浦坂路・ウッドコース・ポリトラックなどの特徴をしっかりとつかめます。

競走馬の気性やタイプを見極め、競馬で厳しいレースを経験させる。角居勝彦厩舎、格上挑戦の意図とは? 馬券の狙い目もある?

競走馬には気性やタイプがあって、話すことができたらとはよく思うもの。そんな競走馬の気性やタイプを見極め、競馬で厳しいレースを経験させる話が書かれていました。角居勝彦厩舎、格上挑戦の話です。話のできない、競走馬。競走馬の気性やタイプを見極めて、厳しい競馬のレースを経験させる、角居勝彦厩舎、格上挑戦の意図とは? そこには、馬券の狙い目もある? フローラステークス(東京競馬場・芝2000m)で11着になったラキシス(ディープインパクト産駒)と、同厩の勝ち馬デニムアンドルビー(ディープインパクト産駒)の話。ラキシスに、デニムアンドルビー、どのような、気性やタイプがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

未勝利戦、馬券攻略のコツがうもれてる?2歳新馬戦の中距離。タメを作る場面が競馬であるかどうかが大切と角居調教師

未勝利戦における馬券攻略のコツがあると感じた角居調教師の話。未勝利戦は新馬戦があって基本的に行われるレース。競馬予想する上でレース数も多い、攻略する価値のあるレースです。午前中にたくさん未勝利戦は行われます。データが揃ってないので難しいと言われたりも。荒れたりすることもしばしば。その荒れるレース、未勝利戦はコツを得て馬券を当てたい。未勝利戦の馬券攻略のコツになると思ったのは、2歳新馬戦の中距離においての話でした。レース中、タメを作る場面が競馬であるかどうかが大切と角居調教師は語ります。タメた具合が次走以降のヒントになると。勝ち上がった馬を含め、未勝利戦の馬券予想する上で攻略するコツをつかめそうな話です。日頃レース映像を見て競馬予想しているものて余計にそう感じました。

競走馬の気持ち、成長に関するエピソード。競馬で短期間に同じ相手に3回競り負けるとダメです。角居勝彦調教師は語る【馬券】

競走馬の気持ち、成長に関するエピソードを角居勝彦調教師が書かれていました。競走馬の気持ちや成長を馬券に活かすのはなかなか難しいところはありますが、知っておいて損はないエピソードでしょう。角居勝彦調教師の語るところによりますと、競走馬は競馬で短期間に同じ相手に3回競り負けるとダメとのこと。競走馬の気持ちや成長に関するエピソードで気になる話です。具体的な数字も出ていますし……。「競馬で短期間に」というのがポイントかと思います。競走馬の気持ちを考え、成長をうながす期間問題。ローテーションを考える上のヒントになるかと。競走馬も走りたい気持ちになることもあれば、その真逆もあると……。

6月から始まる競馬、新馬戦。荒れる、荒れやすい理由を角居勝彦調教師の連載、感性の法則から考える。馬を走らせる材料を仕入れられてないレース。

6月から競馬は新馬戦が始まります。競馬は新馬戦から始まるもの。新馬戦、ちょいちょい荒れるレースがある。荒れるレースの馬券は当てたい。荒れる競馬は、オッズがあってないようなオッズだったということ。角居勝彦調教師の連載、感性の法則を読んでて、新馬戦が荒れやすい理由はこれだろうなと感じたことがありました。新馬戦が荒れる傾向や理由……荒れる競馬になる要素。調教師や騎手にとって、新馬戦は馬を走らせる材料を仕入れられてないレース。馬を走らせる傾向や理由、要素を仕入れられてないレース。だから、条件に合わないオッズな人気馬がいて凡走する。荒れる、荒れやすい新馬戦……。詳しく見ていきます。