繰り返しの謎解き商会

*

「 本命・穴 」 一覧

競馬の人気薄な穴馬券のうまい当て方と、投資における現在の不納得。儲けの共通点は「なんで買うのかわからない」と言われること?精神的バイアス、傾向特徴

競馬の人気薄な穴馬券のうまい当て方は知りたいもの。本を読んでて似てると思った、投資における現在の不納得は馬券の当たる確率を上げるヒントになる。馬券と株、お金儲けの共通点は「なんで買うのかわからない」と言われ続けることではないかと。この話は、精神的なバイアス、傾向・特徴の形をしてる。毎度うまくいくわけではないが、「そんな馬買うの」というツッコミに動揺しない根拠を調べ尽くしているかは重要だろう。現在の不納得というのは、自分の目からではなく、相手の目からである。JRAの中央競馬でも、地方競馬でも穴となった馬というのは、間違いなく人気薄の馬です。穴になる条件を満たしているのは、人気薄だけです。

競馬の穴馬とは、基本的にオッズの真ん中から下で人気のない馬のこと。意味ある探し方や見つけ方として、激走パターン、共通点、バイアスを調べ尽くしているか

競馬の穴馬とは、基本的にオッズの真ん中から下で人気のない馬のこと。馬券の儲けがふんだんにある馬のことです。穴馬が走って、3着までに入ると嬉しくってしょうがない。当たる確率は高かった。嗚呼、競馬予想大好き。生きてるって感じがします(おおげさ)。「生きろ」って言われなくても生きていけます(なんのこっちゃい)。穴馬の意味ある探し方や見つけ方はいくつかありますが、重要なのは、前もって激走パターン、共通点、バイアスを調べ尽くしているかというのはあるでしょう。実際、競馬新聞に目を通して行く際に気付ける材料を日頃から仕入れられてるかどうかというのはとっても大きいです。データの見方に差がでる。

競馬予想する上で穴党・本命党と決め、馬券を買わないほうがいい理由。意味ある買い方するなら、精神的に偏らないほうが回収率上がる。本命・対抗・大穴・記号

競馬予想をして、馬券を買ってますと「穴党・本命党」どっちなのかを気にしたりします。聞かれたりして……。しかし、自分のことを考えると穴党・本命党どちらでもなく、競馬を見て、予想して、馬券買い続けてきました。意味ある馬券の買い方をするなら、本命党にも穴党にも偏らないようなほうが当たる確率(的中率)が上がり、回収率が上がると考えたから、どちらにも属する気はなかったのです。データの見方にしてもそうです。人気のある馬の本命安定感もいいですし、人気のない見ている人が少ない大穴の飛び込む爽快感もいいものです。本命、対抗、大穴な記号をつける。馬券の買い方を組み立てて行く際、穴党側に最初から偏って、もしくは、本命党側に最初から偏って行くのはなんだか違うと。

スポンサーリンク