繰り返しの謎解き商会

*

「 騎手・ジョッキー 」 一覧

ライアン・ムーア騎手の競馬初勝利が障害戦と知って、中山大障害も勝つんじゃと一瞬思う。生垣、竹柵、水濠、グリーンウォールにバンケット…

ライアン・ムーア騎手のロングインタビューがギャロップに掲載されてました。表紙のムーア騎手、どこかの俳優のよう。インタビュー読みますと、ライアン・ムーア騎手の競馬初勝利が障害戦と知ってびっくり。海外の競馬体系を知らないのでなんとも言えませんが、障害戦なんだと。ついつい、ライアン・ムーア騎手、年末の中山大障害も勝つんじゃと一瞬思ってしまいます。生垣、竹柵、水濠、グリーンウォールにバンケット……も、いつものレース同様お手の物という感じがしまして。ギャロップの表紙を見てると余計に……。

武士沢友治騎手の300勝が待ち遠しい。ゴスホークケン産駒・マルターズアポジーで小倉大賞典(小倉競馬場・芝1800m)を勝って、あと1勝

武士沢友治騎手、好きな騎手の一人です。その武士沢友治騎手、300勝が待ち遠しい。ゴスホークケン産駒・マルターズアポジーで武士沢騎手、小倉大賞典(小倉競馬場・芝1800m)を勝って、あと1勝なところまで来ました。武士沢友治騎手が騎乗する馬はいつも気にしてるのですが、今まで以上に気にしそうです(プレッシャーになるだろー)。武士沢友治騎手、なんつったって、自分が総流しで馬券を買ったことのある唯一の騎手なのです。是非とも、300勝して頂きたいです(関連性の薄さよ……)。

ゴルフ好き、お菓子好き幸英明騎手(中央競馬)のことが頭にありまして、幸(さいわい)とふりがなふってあっても、みゆきと読んでた、幸煎餅

中央競馬の幸英明騎手といえば、ゴルフ好き、お菓子好きで有名です。競馬予想してますと、幸英明騎手の名字をみゆきと呼ぶのは当たり前になります。そんな、幸英明騎手のことが頭にあったもので、幸(さいわい)とふりがなふってあっても、広告に書かれた文字をみゆきと読んでたのです……(幸英明騎手、今日は何レース騎乗するのだろう……)。幸煎餅(さいわい)というお店の広告……です。幸英明騎手、お菓子好きだそうで、ご存知かしらん? プレゼントでよくもらってたりして……。

スポンサーリンク

冬場の競馬は馬が元気。調教、追い切り動く。しかし、人間の動きが縮こまってしまう。浜中俊騎手の2度の落馬を考える

冬場の競馬は馬が元気。なので、調教、追い切り動く。調教や追い切りが動く馬は実際の競馬で走ることが多々あります。調教の数字を使って予想する方もたくさんいます。しかし、冬場の競馬は人間の動きが縮こまってしまう。そんな記事を角居調教師が書かれていました。中京競馬場、東京新聞杯と短期間で落馬した浜中俊騎手。冬場、競走馬の体調、調教や追い切りで動くことと、騎乗する人間の動き縮こまるという相反したところから生まれたのだろうか、余計なお世話だけど考えてみた。

馬を強く追える騎手ほど、競馬で後方に座る傾向があると角居調教師は語る。ジョッキーの特徴・相性・追い方は馬券予想で大事なこと

馬を強く追える傾向のある騎手は競馬で好まれます。競馬のレースにおいて騎手が直線どう追ってくれるのか。その傾向。馬を強く追える騎手ほど、競馬で後方に座る傾向があると角居調教師は語っていました。レース映像を見て競馬予想してて、騎手の座る位置を見る視点はなかったのでびっくり。なかなか競馬のレースにおいて騎手の座る位置のデータを得るのは簡単ではないでしょうけど、ジョッキーの特徴・相性・追い方は馬券予想で大事なことです。競馬のレース映像を見て予想する見方のヒントを得られて良かったと言う話を……。

エピファネイアの競馬。ジャパンカップにおけるスミヨン騎手の騎乗の上手さと特徴を見る。気性、かかり癖、折り合いからの強さ

エピファネイア(シンボリクリスエス産駒)の競馬。エピファネイアのジャパンカップにおける、スミヨン騎手の騎乗の上手さと特徴を、角居調教師の連載から見る。ジャパンカップでエピファネイアがスミヨン騎手の騎乗によって、2着馬に大きな着差をつけられた理由はなんだろう。特徴はあるのか……。エピファネイアにある、気性、かかり癖。この特徴をレース中で折り合うのか。どう折り合いをつけて騎乗していると、直線、ゴールに向かって末脚を見せられるのか。競馬のレース映像を見る上で欠かせない、騎手の動作に関わる馬券のヒント。

単勝万馬券の馬に競馬で乗って、馬券にからみますねと伝えた競馬記者。武士沢友治騎手「そんなのいらないから、1倍台の人気馬で重賞を勝ちたい」

単勝万馬券の馬に競馬で乗って馬券によくからむ騎手、というデータを伝えた競馬記者がいるという。伝えたジョッキーは、武士沢友治騎手。武士沢騎手はこう返事したのだと言う。「そんなのいらないから、1倍台の人気馬で重賞を勝ちたい」。競馬最強の法則2015年7月号・樋野竜司「政治騎手ジョッキー四十八手」より。JRA、地方競馬、海外競馬を含めて、騎手としてそりゃそうでしょと思ったのであります。武士沢騎手、馬券の相性はあまりよくないのですが、ファンなもので今月号の連載は速攻でひかれまして、読みました。リーディング上位の騎手にスポットライトがあたることが多いので嬉しいですなぁ。

スポンサーリンク

騎手、ジョッキーで競馬予想するならこの本。樋野竜司「馬券術・政治騎手名鑑2014特定秘密」感想【戸崎・浜中・田中勝春】

競馬本・樋野竜司「馬券術政治騎手名鑑2014特定秘密」の感想。騎手、ジョッキーを競馬予想に組み込むなら、樋野竜司「馬券術・政治騎手名鑑」。騎手、ジョッキーのデータ本というよりは、各騎手に対する競馬予想的、馬券的なネタを仕込んであるところが読んでて面白いところ。競馬のデータや情報からもう一歩二歩先に進んだところから書かれています(だから、中身が濃厚。活字量半端ない)。そのなかから、戸崎圭太騎手、浜中俊騎手、田中勝春騎手で気になったところを少々。自分の中にある騎手のイメージを考える上でも役立ちます。樋野竜司「馬券術・政治騎手名鑑」。