繰り返しの謎解き商会

*

「 総流し 」 一覧

競馬予想で総流し馬券の買い方を禁じ手にする理由と意味(おすすめしない)。基本的に買う馬、消す馬を明確にして蓄積する。それが儲かるようになるコツだから

競馬予想をして馬券を買って行く際、買い方として総流しすることを禁じ手としています。馬券の買い方としておすすめしません。総流しすることを禁じ手とする意味や理由は単純です。当たる確率(的中率)をあげ続けるためには、基本的に馬券を買う馬、消す馬に関して明確にして蓄積して行くことが重要と考えてまして(自分はレース映像を分析して馬券に活かすデータを蓄積しています)。蓄積の方向性がよくなっていくとき、馬券が儲かるようになっていく。お金が増える。コツや方法と言ってもいいでしょう。別の言い方をしますと、復習する材料を仕入れられるスタンスで競馬予想をしていくということです。総流し馬券を選択してしまうと、復習する材料を細かく仕入れることは困難です。

競馬予想して、3連複1頭軸・総流しで馬券を買ったのは1回だけ。軸・武士沢友治騎手。東京競馬場・ダート1400m新馬戦。15頭・105点・金額10500円也

総流しで馬券を買わないことは、自分にとって馬券の買い方の基本。基本的に買う馬券を複勝にしています。誰がなんと突っ込んでも、複勝馬券。もちろん、他の馬券も買いますが、禁じ手にしていることがあります。「総流し馬券は買わない」ということ。軸を決めて、出走する馬全頭に流すという馬券は買わないということです。馬券が上手くなるために、当たる確率を高くするために、頑なにそうしてます。競馬予想して、3連複1頭軸・総流しで馬券を買ったのは1回だけなのでした。軸は、武士沢友治騎手でございます。東京競馬場・ダート1400m新馬戦。冬の寒い日でした。凍結防止剤なんて知らない競馬初心者の頃。全15頭・105点・金額10500円也。バランスオブゲーム産駒の2枠4番キュートアイ。14番人気。171.8倍。