繰り返しの謎解き商会

*

「 お金を稼ぐ 」 一覧

学校で勉強した方法や技術が意味を持ったり好きになるのは、工夫して流し込む材料を探すようになったとき。うまくいかない要因でも?

学校で勉強した方法や技術が意味を持ったり、好きになるってどういうこと? 学校で勉強した方法や技術の意味、好きになることにの疑問。学校の勉強に意味はあるのか? 方法や技術は「工夫するときに」意味を持つ。これを知ることに「学校の勉強に意味はあるのか」を解く鍵があると思う。好きになるのも同様。学校で勉強した方法や技術には、工夫して流し込む材料を探すことが必要ということ。学校で勉強したことに流し込む意味がうっすらとわかると、好きにもなる。どんどん興味が湧き、材料を探すようになる。ゆえに、勉強がうまくいかない要因を解く鍵にもなる。学校で勉強する方法や技術と、流し込む材料は別ものと言う話でもある。

役に立つ資格を取得するのは大事。就職、転職に強みになったり。より使える状態になるなら、詳しく知ってることと組み合わせること

役に立つ資格を取得するのは大事だと思います。役に立つ資格を取得していることで就職、転職に強みになったり。就職先、転職先で求めてる資格ならば役に立つそのものでしょう。役に立つ資格を取得するのは大事と思うのですが、就職や転職により使える状態にするなら、詳しく知ってることと組み合わせることで重要度が増すと思います。役に立つ資格を取得しても、持ち腐れてしまい就職や転職、収入に結びつかないのはもったいないです。詳しく知っていることがあると、資格が持ち腐れてしまうのを防ぐ組み合わせを見つけてくれるようになると思うのです。資格の取得と関係のないように見えますが、アイデアは組み合わせから生まれて来ます……。例えば、さかなクンが……ファイナンシャルプランナーの資格を取得したとしましょうか……。

イベント・企画・広告、仕事。人を集める方法やコツ。ネタを収集できると想像してもらえるか。期待できる言葉や文章。ビートたけしさんの連載から考えてみた。

イベントや企画、それに関わる広告の仕事。ビートたけしさんの連載から、人を集める方法やコツについて考えてみました。重要なことは、ネタを収集できると想像してもらえるか、ということです。それが期待できる言葉や文章を見つけられるか。可能な人を見つけられるか。育てられるかという人もいるでしょう。ネタを収集したい気持ちと、ネタを出す気持ちはどう違うのかについても。お金に関わるアイデア探しのヒントに……。言い方が悪いんですが、人を集める、お客を呼べるということは、ネタを出せるということです。そうそう枯渇しないネタ。様々な、イベントや企画、広告の仕事を続けていく中で枯渇しないネタ。例えば「昨日ね、カズ生で観たのー」と、 どうして言えるのかというと、カズを生で観たということが誰かに出せるネタになっているからです。

スポンサーリンク

人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

人の話を聞くことが仕事やバイトになってお金を稼げないか考えてたことがあります。悩み、愚痴、相談……などなど。20代を振り返ると、話を聞くことは苦手でも嫌いでもなかったなと思いまして。けっこう、一方的に話を何時間も聞いてたし、仕事かバイトにできたりしないものか。お金は欲しいものですから……。マネー。どんな仕事にも人の話を聞くという側面はあるものですし。悩み、愚痴、相談は山のように世の中にあります。おお、神々しい需要と供給のグラフが見えるぞ。アイデアじゃけん(何のこっちゃい)。ただ、自分にコミュニケーション能力があって、方法やコツを得て、人の話を聞くことが得意だったわけではないのですが……。20代の間、人の話ちょいと聞きすぎたかなぁという後悔などなど……。ああっ、しろくまさん……。

株式投資とは何か。基本・基礎の考え方を大前研一さんの連載に見た。王道の知識なのだろうけど、初心者入門の身としては、名言であり納得【コツとポイント】

株式投資とは何か。初心者入門の身までまだ遠いけど知識は仕入れたい。株式投資の基本・基礎になる考え方が大前研一さんの連載に書かれていました。知識としては王道なものでしょう。しかし、株式投資とは何かについて知る名言でありコツやポイントになるだろうなと思った。そんな話を。大前研一さんの週刊ポスト連載「ビジネス新大陸」の歩き方から。株を買うこと、株式投資に、前々から興味がありました。しかし、情報をその前に仕入れねば……。まだ初心者にすら入っていってるというわけでもなく、これからいろいろ知っていく段階です。株式投資とは何か、についても知っていない状態。基本的なこと、基礎的なことについても知らない。まだ株を始めても、入門してもいません。ゆえに、取引もしていない。

仕事でうまくいく考え方とは。成果を出し成功する、安定する。ポイントは、知ること(インプット)と記録(メモ・ノート)をやめないところからという話【読書】

仕事でうまくいく考え方とはなんだろうか。成果を出し成功する。そして安定させていくコツ。即効性はないが、知ること・読書・インプットと、記録すること・メモやノートをやめないところからではないだろうか。その繰り返しの中で、仕事でうまくいく考え方が作られていく。方向性が正しければ、成果も出て成功していき安定する。仕事でうまくいく考え方は、即効性とは正反対に最初は動いている。初動が果てしなく重たい。しかし、うまいこと転がして行ける可能性のある材料を知りまくっていく、記録をやめないで行くと初動の重たさは何でもなくなって行く。

アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事・工夫・読書】

ウェブヤング『アイデアのつくり方』を参考に、石を集める人(秩父珍石館)と石を売る人(つげ義春『無能の人』)を見て、アイデアからお金を稼ぐ方法やコツの工夫、アイデアのネタの組み合わせについてを考えてみた。ウェブヤング『アイデアのつくり方』、つげ義春『無能の人』は名著。自分の仕事や、やっていることを他人から認めてもらえなくても、いいアイデアと出会うまでやりつづけられるか。石を拾って、石を売るアイデア、つげ義春『無能の人』。石を集めて、名付けて展示するアイデア秩父珍石館。『アイデアのつくり方』を関連させてみますと……。お金を稼ぐネタの組み合わせ、方法やコツか浮かび上がってくる?

スポンサーリンク

印税2億円、使い道は。お笑い芸人麒麟田村『ホームレス中学生』、本に映画にテレビドラマ、大ヒット。お金を稼げたら…不幸は人生は…。

お笑い芸人、麒麟の田村さんが書いた小説『ホームレス中学生』が大ヒット。麒麟・田村さんの『ホームレス中学生』、映画化にテレビドラマ化されて、受け取った印税が2億円だったそう。本に映画にテレビドラマ、ホームレス中学生の印税2億円、使い道、どうしたのだろうか……、麒麟・田村さん(下世話ですけど)。印税、お笑い芸人っぽい使い方されただろうか……。いきなり入ってくる印税、大金、欲しい欲しいお金です。稼いだということには変わりないのだけど、手に入れたあと、人生、不幸になる? 印税2億円の本人『ホームレス中学生』を書いた、麒麟の田村さんがテレビ番組で語った話を……。

山下達郎さんのテレビに出ない、大きい会場でライブツアーしない、本を出さないという印税や年収に関わる、3つのしないことから、お金を稼ぐことを考える

山下達郎さんには、印税や年収に関わる3つのしないことがあります。テレビに出演しない、大きい会場でライブをやらない、本を書かない。テレビ出演、ライブ、本、どれも収入源としては大きなもので、山下達郎さんの印税や年収に関わるでしょう。下世話に言えば、山下達郎さんがお金を稼ぐことに……。山下達郎さんの印税、収入に関わる3つのしないこと(テレビ出演・ライブ・本)から、お金を稼ぐこと、仕事や人生における危機感の対処、もしくは堕落しないためのヒントや方法、コツ、意味について、考えてみました。