繰り返しの謎解き商会

*

「 読書感想・レビュー 」 一覧

みうらじゅん「ない仕事」の作り方、感想レビュー。エッセイ集。競馬本・馬券本として読める一面もあって面白い。おすすめ本

みうらじゅん「ない仕事」の作り方、感想レビュー。みうらじゅん「ない仕事」の作り方という、文字列がなんとも興味をそそります。みうらじゅんさんの、エッセイ集です。「ない仕事」の作り方、面白い、おすすめなエッセイ集でした。だって、みうらじゅんさん、ない仕事をある仕事にするわけですから……。みうらじゅん「ない仕事」の作り方、競馬の「ケ」の字も出てきませんが、競馬本・馬券本として読める一面もあって面白い。おすすめ本です。

絵本・もうぬげない/ヨシタケシンスケ感想。面白い、かわいい。シュールなジタバタ主人公。何歳向け、対象年齢関係なく楽しめる話です【読書】

【絵本・感想】絵本・もうぬげない/ヨシタケシンスケの感想です。シュールにかわいいジタバタ主人公の登場。ヨシタケシンスケさんの『もうぬげない』。面白いだけでなく、ジタバタしつつも主人公の考えていることに、そう来るかと絵本のページをめくってしまいます。ねらいはそこかしらん? もうぬげないんだけど、どうしようか。シュールかもしれないけど、ジタバタ工夫してみようか。そんな姿が、かわいい? 面白い? どうにかなるさ……。絵本・もうぬげない/ヨシタケシンスケ、何歳向け、対象年齢関係なく楽しめる絵本です。おすすめ。部屋に置いてあると話題になること間違いなし。感想もいろいろあるでしょう。

『コーヒーゼリーの時間/木村衣有子』感想。喫茶店、カフェに行きたくなるおすすめ本。作り方もお店によって違う。東京千歳船橋・堀口珈琲気になる【読書】

『コーヒーゼリーの時間/木村衣有子』感想。喫茶店やカフェでコーヒーゼリー食べたことないと思ってブログ書いてたら、おすすめすぎる本が発売されました。木村衣有子『コーヒーゼリーの時間』です。作り方もお店によって違うもので、その差を読む見るのは楽しかったです。東京・千歳船橋『堀口珈琲』は気になりますね。行ってみたいです。『コーヒーゼリーの時間』には、福島はいわきの「ゼリーのイエ」に始まって、19店舗のコーヒーゼリーが収められています。行ってみたいなぁと付箋を貼ったのは、東京・千歳船橋『堀口珈琲』。東京は新宿『ベルク』のコーヒーゼリーもブラック。

スポンサーリンク

『ウイナーズサークルへようこそ/甲斐谷忍』感想。馬券を買う側な内容の漫画。競馬予想好きには面白い。おすすめ。消去法、血統派、データ派、パドック

ウイナーズサークルへようこそ/甲斐谷忍。感想・レビューです。馬券を買う側な内容の漫画。競馬予想好きには面白い。おすすめ。消去法で行く、桜紅子。妹、美登里。血統派の風間駿。データ派の宇多田惣吉。そこに、パドックで馬を見るのが上手い山川七雄が加わって、さぁ大変。七雄は漫画家志望だったところから、前走以前の馬体写真があると馬の成長度が見えるいわゆる相馬眼の持ち主。ただし、本人はあまりその能力に気づいてない模様。ウイナーズサークルとは、馬券の回収率をうまいことあげようと企む集まり。馬券の当たる確率を上げよう集団でございます。競馬予想して馬券を買う側の内容な漫画で面白い。

お金を稼ぐ仕事や方法の参考に。商売とアイデアと工夫。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』感想

お金を稼ぐ仕事や方法の参考に。商売とアイデアと工夫。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』感想・レビュー。アイデアを仕事にしたり、商品化したい人にぴったりな本。自分の持っている能力の需要と供給。自分の能力に需要があることを発見でき、かつ供給できる状態に持って行けるかどうかという感覚。マーケットという言葉に馴染みのない人が多いんじゃないかなぁ、というのがちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』の第一印象でした。市場感覚を身につけようという本です。と、いいますのはマーケット(市場)ってあっちこっちにあるんです。例えば、スーパーは、スーパーマーケットの略。多種多様な商品が揃う市場です。売り場ですね。

運勢占い本『未歳生まれは、超運すぎる人/橋幸夫』感想。未年は超運らしい。未年なので読んでみた。占いや運勢の意味と競馬の血統は似てる。変わるのは自分次第

運勢占い本『未歳生まれは、超運すぎる人/橋幸夫』を読んでみました。感想を。なんでも、未年は超運だという話をTwitterで見て、自分羊年なもので気になりまして。占いや運勢に関して、良い悪いなど語られますが、意味合いでなんだか競馬の血統と似てるなぁと『未歳生まれは、超運すぎる人』読みながら思いました。良い運勢でも変わるのは自分次第だという話。それにしても、橋幸夫さんが未歳生まれは、超運すぎる人みたいな運勢・占い本を書かれてたとは……。びっくり。

見栄を張る虚勢に、男女問わず億万長者少なし? プライドのための消費浪費。お金を稼ぐ方法があっても。『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』感想【読書】

となりの億万長者・成功を生む7つの法則の感想・レビュー。人間、見栄というのはプライドから、承認欲求から。男性も女性も虚勢を張ってお金を使う。プライドのため見栄のために消費し、浪費する。お金を稼ぐ方法があっても。『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』という本を読みました。見栄を張る、虚勢を張り続けたところには、男女問わず億万長者であり続けてる人は少ないんだなというのが大きな感想です。この見栄を張る消費には、承認欲求が関わってるんだろうなぁと思いつつ、となりの億万長者・成功を生む7つの法則の感想を。

スポンサーリンク

偏愛マップ(齋藤孝)感想。やり方、作り方、書き方簡単に自己紹介の項目ネタ探し発見本。ルールは簡単。初対面な方に内容のある使い方。ブログ・自己分析・合コン

偏愛マップ(齋藤孝)という、ルール、やり方、作り方、書き方簡単にできる、自己分析に、合コン盛り上がる項目ネタ探し、自己紹介、自己PR、ブログにもぴったりな面白い本があります。齋藤孝さんの偏愛マップ、初対面の方に話すネタを探しておくのにも有効。ルールにやり方、作り方、書き方は簡単。偏愛マップ的なやり方をすれば、自分の心底好きなものを他の人に見せることができるという……。盛り上がる面白いネタ、項目は持ちネタにできる。ポイントは自己紹介と言っても、ちょこっと好きではなく、濃厚に迫るくらい好きなものを紙に書いていくやり方、作り方をします。何と言っても、偏愛、偏愛でございます。

コミュニケーション能力が上手くなるコツ。向上改善するきっかけとは、について書かれた本。小西利行『伝わっているか?』読書感想。会話の工夫をして仕事に活かす

コミュニケーション能力が上手くなるコツはあるのか。コミュニケーション能力をアップさせ、会話で使う言葉を工夫して、仕事に活かす。コミュニケーション能力を向上、改善したりするコツ。面白い本を読みました。コピーライター、小西利行さんの本『伝わっているか?』。イルカがスナックに来るっていう本です(いろいろ説明ぶった切りすぎ)。もといもとい。コミュニケーション能力が上手くなるきっかけとは何か、について書かれた本です。本1冊読書するくらいで、コミュニケーション能力がアップするなんてという話もありますが、濃厚に書かれた本は別です。小西利行『伝わっているか?』、自分のコミュニケーション能力をどうアップしていこうかという作戦が立てられる本、読書と言いましょうか。

「その日のまえに」重松清・読書感想。短篇小説「ヒア・カムズ・ザ・サン」ガン告知を隠す母と息子。テレビドラマ化、映画化された作品もレンタルしてみたい

その日のまえに/重松清の読書感想です。その日のまえには、重松清さんのファンなもので単行本発売後読み、感想を書いていました。その日のまえにの感想は、主に、ガンの告知を受けた母親がそれを息子に隠す短篇小説「ヒア・カムズ・ザ・サン」についてのものです。読書の感想を書いたものが見つかったので、加筆してアップいたします。『その日のまえに』は、その後映画化、テレビドラマ化されました。まだ、映像化された作品を見ていないので、映画化、テレビドラマ化された『その日のまえに』、是非レンタルして見てみたい。