競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

競馬レース映像分析

セントライト記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

セントライト記念 競馬予想 過去

 

セントライト記念2019競馬予想。過去のレース結果を見る

セントライト記念2019(G2)。中山競馬場・芝2200mで行われます。

 

2019年のセントライト記念。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のセントライト記念のレース映像分析はいかがでしょうか。

 

2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか? セントライト記念。菊花賞の買いデータを探せるかも?

 

セントライト記念の1着賞金は5400万円。菊花賞トライアル。正式には、朝日杯セントライト記念という。

 

セントライト記念、歴代優勝馬、勝ち馬

レガシーワールド・ローゼンカバリー・レオリュウホウ・ブラックタキシード・アドマイヤボス・バランスオブゲーム・ヴィータローザ・コスモバルク・キングストレイル・ロックドゥカンブ・ダイワワイルドボア・ナカヤマフェスタ・クォークスター・フェイトフルウォー・フェノーメノ・ユールシンギング・イスラボニータ(新潟)・キタサンブラックなどなど。

 

スポンサーリンク




1着から3着馬の前走傾向をレース映像分析

セントライト記念の競馬予想、参考データと言っても、過去のセントライト記念のレース映像分析ではありません。

 

過去のセントライト記念の結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のセントライト記念のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。連動しているように感じる似てるレースはあるものです(オカルトっていう人もいるかもしれないけど)。

 

馬券になる前走は重要な過去データ

セントライト記念で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ディーマジェスティ・ミッキースワロー・ジェネラーレウーノ。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去のセントライト記念で馬券になったのか。ゼーヴィント・アルアイン・レイエンダ。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。3連単・3連複・単勝、複勝にワイド。どの券種で馬券を買い方を組み立てるにしても参考になるデータ、情報になると思います。

 

スポンサーリンク




セントライト記念競馬予想2019【過去レース映像消去法】

セントライト記念 過去データ分析

セントライト記念のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去にセントライト記念というレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去にセントライト記念が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

競馬予想・本命視? ヒモに入れる?

セントライト記念の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともセントライト記念の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。馬柱にかかれないデータ、情報、傾向探ります。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去のセントライト記念の前走を文字起こし

例えるならば、過去のセントライト記念で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年のセントライト記念の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

セントライト記念2018

2018年セントライト記念・レース過去結果データ

 

セントライト記念2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-10.9-12.3/12.4-12.9/12.0-11.5-11.2/11.6-12.3-12.6

 

1着・ジェネラーレウーノ(4番人気・田辺裕信騎手・馬体重506kg)

2着・レイエンダ(1番人気・ルメール騎手・馬体重486kg)

3着・グレイル(6番人気・岩田康誠騎手・馬体重494kg)

 

スポンサーリンク




オッズ・過去配当結果

セントライト記念2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 730円

複勝 4・200円/15・120円/2・380円

 

1着・ジェネラーレウーノ(オッズ・4番人気)

2018年セントライト記念1着、ジェネラーレウーノ(オッズ・4番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。

 

枠順は、16番・16着。田辺裕信騎手。

 

前走は、ダービー

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.0-12.3/12.4-12.4-12.3/12.2-12.0-11.7/11.2-11.2-12.2

 

ジェネラーレウーノは、8枠16番からスタート。発馬が良すぎて勢いよく内に寄れる。強めに押さえつつ、前目を攻略していくジェネラーレウーノ。1角に入っていきます。

 

逃げたのはエポカドーロ。テン3ハロン36.0秒。標準のラップタイムより気持ち遅め。2番手で続いたジェネラーレウーノのテン3ハロンは36.2秒。

 

1角-2角。ジェネラーレウーノは押さえつつ、内に1頭いる外を回っていく。エポカドーロについていきたいのを強目におさえこもうとしてるシーンが見られる。

 

向正面。エポカドーロの作るペースは飛ばしたラッブタイムでなかったものの、遅すぎるペースでもない。残り1400m「12.3」。残り1200mから「12.2-12.0-11.7」とペースアップ。レースの真ん中からペースが早くなっていく。ジェネラーレウーノは押さえつつついていく。

 

3角-4角。内1頭外をきっちり回っていくジェネラーレウーノ。追い出しはじめる。

 

直線。ジェネラーレウーノはダービー3着馬、コズミックフォースに交わされ、ブラストワンピースに前へ入って来られそうになった瞬間、内からダノンプレミアムが入ってくる。馬群の中で揉まれてる状態だが、ジェネラーレウーノの脚は残ってない。垂れていく。16着。上がり3ハロン36.2秒。

 

ジェネラーレウーノ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【セントライト記念2018・過去結果データメモ】ジェネラーレウーノの斤量はダービーから1キロ減。56キロ。前走は、テンは早くなかったものの、中間からエポカドーロがハイペースを作り出す展開。それをジェネラーレウーノは2番手で追いかけた。ただ、1頭外を追いかけた負荷は多少なりともある。東京芝2400m、コーナー4つ。直線、揉まれつつ下がっていったのも着順に出てる。

 

ジェネラーレウーノのように、早いペースに早いペースでついて行った馬の着順はしっかり走った結果とも言えるので、逃げ馬の着順を当てにしないのと同様、確認事項はあれど安易に消さないほうがいい(その一方で、前走逃げた馬は本命になるべくしないことに決めてたりもしますが……。ジェネラーレウーノは2番手先行馬。エポカドーロの前走、皐月賞は4番手の先行でダービーで逃げた。嗚呼、競馬は馬券は面白い)。

 

セントライト記念2018最終追い切り・

美浦W 良 54.2-38.7-12.9<4>馬なり余力

 

スポンサーリンク




2着・レイエンダ(オッズ・1番人気)

2018年セントライト記念2着、レイエンダ(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、松前特別(函館競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、3番・1着。ルメール騎手。

 

前走は、松前特別

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.3-11.1-11.8/12.2/12.4-12.6-12.4/11.8-11.4-11.3

 

レイエンダは、3枠3番からスタート。発馬まずまず。押さえつつ、押さえつつ前目へ。行きたい馬たちの都合にじわじわっ付き合いつつ1角入り。

 

逃げて行ったのはエルリストン。テン3ハロン35.2秒。気持ち早めの逃げ。レイエンダのテン3ハロンは36.3秒。

 

1角-2角。前目で競馬したい馬たちの動きに付き合いつつ、レイエンダは内1頭外を回っていく。押さえつつ。押さえつつ。

 

向正面。テン3ハロンは少々早めに行ったものの、中間ラップは「12.4-12.6-12.4」と息を入れつつなラップで流れていく。レイエンダは押さえつつ追走して、脚を貯めていく。

 

3角-4角。レイエンダはもう1頭外、内に2頭いる外へ出して行く。強く追い出す仕草は見られない。

 

直線。残り200m過ぎから軽く追い出されるレイエンダ。数完歩強めに追って、2着馬に2馬身差つけてゴール。1着。レイエンダの上がり3ハロンは34.1秒。

 

レイエンダ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【セントライト記念2018・過去結果データメモ】レイエンダの斤量は前走、松前特別より2キロ増の56キロ。前走は、気持ちテンが早くなった中、レイエンダは行きたい馬に行かせて待つ。「ドウゾ、ドウゾ、サァドウゾ」。中間は息を入れるラップ。3角-4角外目周りで追い出しは遅め。それでいて、上がり3ハロン34.1秒は早い。

 

どんなレース問わず、馬券に組み込まないと怖い前走の走り方である。

 

セントライト記念2018最終追い切り・

美浦W 良 54.1-39.7-12.4<8> 馬なり余力

 

スポンサーリンク




3着・グレイル(オッズ・6番人気)

2018年セントライト記念3着、グレイル(オッズ・6番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。

 

枠順は、13番・14着。岩田康誠騎手。

 

前走は、ダービー

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.0-12.3/12.4-12.4-12.3/12.2-12.0-11.7/11.2-11.2-12.2

 

グレイルは、7枠13番からスタート。一つ内のエポカドーロが勢いよくゲート出た。少し外へ寄れて出たものでグレイルは前に入って来られる不利まではいかないものの、多少の影響ありそうなスタート。グレイルは押さえつつ、後方から行こうとするも、ダービー勝ち馬ワグネリアンが前に入ってきて軽いブレーキ。外枠から内目に入れず1角入り。

 

逃げて行く、エポカドーロ。テン3ハロンは36.0秒と、標準のラップタイムより少し遅めで入って行く。グレイルのテン3ハロンは37.7秒。

 

1角-2角。内に潜り込めなかったので、グレイルは内に3頭いる外をきっちり回って行く展開に。強めに押さえつつ。

 

向正面。エポカドーロの逃げは中間から上げて行く手段を取った。残り1400mあたりから「12.3」。残り1200mからは「12.2-12.0-11.7」と加速して行く。グレイルは外め追走押さえつつ。

 

3角-4角。内に1頭外を回って行くグレイル。ペース上がったのについていけてない感あり。

 

直線。グレイルは追って、追って追って、じわじわと伸びて行く。残り300mを切って、ぽっかり空いた内を攻略して行くも、思いっきり伸びる脚は使えず。グレイルは14着入線。上がり3ハロン34.2秒。

 

グレイル・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【セントライト記念2018・過去結果データメモ】クレイルの斤量はダービーより1キロ減の56キロ。骨折放牧、4ヶ月休養明け。前走は、1角入るまでに細かな不利+1角-2角外目きっちり周り+テンは早くならなかったものの、中間ラップが早くなったのを追いかける展開+上がり3ハロン34.2秒。次走以降で馬券になる負荷はかかって走ってる。

 

通過順位だけ見れば「13-14-16-16→14着」と地味。しかし、レース映像見て通過順位を拡大して行くと色々あるわけでございます。

 

と言いつつも、後方から脚貯めて使えるタイプのグレイル。無理に本命にするタイプではなく、ヒモで塗り続けるタイプの馬。後方一気が決まって快哉を叫ぶにはコストがいるんですな。自分の好きな脚質に対して、花開くまでにかかるコストってありますな。

 

セントライト記念2018最終追い切り・

栗東CW 稍 83.0-67.0-51.8-37.8-11.7<7>一杯追う鋭く

 

セントライト記念2017

2017年セントライト記念・過去レース結果データ

 

セントライト記念2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重よりの良馬場

レースラップ・12.3-11.1-12.4/13.1-12.9/12.8-12.1-12.0/11.7-11.3-11.0

 

1着・ミッキースワロー(2番人気・横山典弘騎手・馬体重482kg)

2着・アルアイン(1番人気・ルメール騎手・馬体重526kg)

3着・サトノクロニクル(3番人気・M.デムーロ騎手・馬体重462kg)

 

オッズ・過去配当結果

セントライト記念2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 610円

複勝 5・150円/7・110円/2・160円

 

1着・ミッキースワロー(オッズ・2番人気)

2017年セントライト記念1着、ミッキースワロー(オッズ・2番人気。血統・トーセンホマレボシ産駒)の前走は、いわき特別(福島競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、8枠・3着。菊沢一樹騎手。

 

前走は、いわき特別

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.1-12.4-12.4/12.6-11.9-11.6/11.3-11.4-11.8

 

ミッキースワローは、7枠8番からスタート。スタートまずまずも押さえて後方から。ミッキースワローはインへ潜り込んで行く。

 

逃げていったのは、ミッシングリンク。テン3ハロン37.9秒。かなり遅い逃げ。ミッキースワローのテン3ハロンは39.0秒。

 

1角-2角。インベタで回って行くミッキースワロー。押さえつつ。

 

向正面。ミッシングリンクの逃げは遅めで続いたものの、残り1000mから「11.9-11.6」と早くなって行く。インベタなままミッキースワローは追走。

 

3角-4角。インベタなままコーナーに入って行ったミッキースワロー。少しずつスピードに乗せて行く。垂れてきたスワンボートを交わして外目に出して行くのにモタモタ。

 

直線。最後方から外目に出して、追い込みをかけて行くミッキースワロー。追って追って追って、強烈な脚で追い込んでくる。しかし、届かずの3着。ミッキースワローの上がり3ハロンは33.7秒。

 

ミッキースワロー・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【セントライト記念2017・過去結果データメモ】ミッキースワローはいわき特別から斤量2キロ増。56キロ。400m距離延長。前走はテン3ハロンはかなり遅目で流れる。しかし、ミッキースワローのいわき特別は残り1000mあたりから動き出した。最後方から競馬をする馬の憂鬱と言えばいいのか、脚が貯まってても使える選択肢が狭められてしまう位置取りになることはある。距離ロスを防いで走ってても、前から垂れて来る馬にはある意味「勝てない」。

 

ミッキースワローは、通過順位「9-8-10-9→3着」といわゆるVライン馬。

 

行動がどこかもたもた後追いになってしまってて、上がり3ハロン33.7秒。ゴール後は突き抜けてる。買い材料はある。後方から競馬をして脚余した馬の距離延長も歓迎。

 

ただし、本命にするのにはいささか勇気がいるタイプ。印を下げて追いかけるほうがこの手の馬の場合、馬券の収支は良くなるかと。

 

セントライト記念2017最終追い切り・

美浦W 稍 67.4-52.8-39.3-12.8<7>直一杯に追う

 

2着・アルアイン(オッズ・1番人気)

2017年セントライト記念2着、アルアイン(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。

 

枠順は、7番・5着。松山弘平騎手。

 

前走、ダービー

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.0-11.2-12.9/12.8-13.3-12.5/12.1-12.6-12.7/11.5-10.9-11.4

 

アルアインは、4枠7番からスタート。スタート後発。押さえつつ前目へ行くアルアイン。1角手前でトラストが前に入って行く。そのまま1角入り。

 

逃げて行ったのは、マイスタイル。テン3ハロン37.1秒。かなり遅い逃げ。アルアインのテン3ハロンは37.6秒。

 

1角-2角。内に1頭外を回って行くアルアイン。押さえつつ。押さえつつ。先行していきます。

 

向正面。マイスタイルの逃げは遅いまま。しかし、後方にいたレイデオロが動いて行って、マイスタイルをこすって行ったので残り1200mで瞬間的にペースが上がる。レイデオロにつられてペルシアンナイトも動く。その際、アルアインの前にレイデオロが入ってくるわ、ペルシアンナイトにこすられるわとしんどい展開に。

 

3角-4角。位置取りのきつくなったアルアイン。外目に出して行く。内に2頭いる外をきっちり回って行く。4角入口で外目に出したいスワーヴリチャードに切れ込むように寄られて、アルアインは3頭半くらい外を回る形に。

 

直線。手前を変えて変えて、ムチ入れて追い始めるアルアイン。ジワジワと伸びて行くのだが、先に抜け出した2着馬・スワーヴリチャードに近寄れない。追って、追うのだが、ムチ入れ多用する追い方になり、ゴール前強く追うもアルアインは5着。上がり3ハロン33.7秒。

 

アルアイン・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【セントライト記念2017・過去結果データメモ】アルアインの斤量はダービーから1キロ減の56キロ。前走は、テン3ハロン〜中間と流れは遅かったものの、まくり気味に動いた馬たちの落ち着いた場所の後になってしまい、アルアインは外目を回ることになり距離ロス。スタートから脚を整えて先行する競馬をしてたプランが崩れた展開。それでもアルアインの上がり3ハロン33.7秒は評価できる数字。

 

いかんせん、ダービー馬レイデオロと0.3秒差。ダービーでかかった負荷を考えると2017年のセントライト記念で消すわけにはいかない。

 

セントライト記念2017最終追い切り・

栗東CW 良 50.9-36.7-11.6<7>馬なり余力

 

3着・サトノクロニクル(オッズ・3番人気)

2017年セントライト記念3着、サトノクロニクル(オッズ・3番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、ラジオNIKKEI賞(福島競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、6番・6着。川田将雅騎手。

 

前走は、ラジオNIKKEI賞

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-10.9-11.8/12.2-12.0-11.7/11.9-11.6-11.9

 

サトノクロニクルは、5枠6番からスタート。まずまずのスタート。軽く促して、スピードに乗せて行く。内からかかり気味にニシノアップルパイがサトノクロニクルをこすって行き、狭くなるシーンが見られる。少々しんどい負荷抱えつつ1角入り。

 

逃げて行ったのはウインガナドル。テン3ハロン35.3秒。おおよそ標準くらいの逃げ。サトノクロニクルのテン3ハロンは35.9秒。

 

1角-2角。内1頭外を回って行くサトノクロニクル。

 

向正面。ウインガナドルのラップタイムは「12.2-12.0-11.7」と、じわじわ加速して行く。サトノクロニクルはスピードに乗せつつついて行く。

 

3角-4角。内に1頭外を回って行くサトノクロニクル。早くなるラップについて行くのに辛くなってる感はあるものの、垂れ気味なニシノアップルパイの交わし方を気にしてる感もある。

 

直線。ニシノアップルパイは垂れず、交わしたのは直線入ってから。サトノクロニクルは追い始めて伸びるも抜け出した馬を交わすまではいかず。残り200mからは追い方そこまで強くなく。6着。サトノクロニクルの上がり3ハロンは35.6秒。

 

サトノクロニクル・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【セントライト記念2017・過去結果データメモ】ラジオNIKKEI賞でトップハンデだったサトノクロニクルの斤量は、1キロ減の56キロ。前走は1角入るまでの挟まれ気味にこすられた+逃げ馬のペースはそこそこ早い+サトノクロニクル自身もそこまで遅いラップではない+垂れそうな馬に気を使って、うまいこと脚を整えていけない+それでもトップハンデで上がり3ハロン35.6秒。サトノクロニクルはラジオNIKKEI賞で楽に走ってたわけではないので、人気でも最低限はヒモで押さえておきたい感あり。

 

セントライト記念2017最終追い切り・

栗東CW 良 53.4-39.2-12.6<7>馬なり余力

 

セントライト記念2016

2016年セントライト記念・過去レース結果データ

 

セントライト記念2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.5-11.6-12.0/12.2-12.7/12.5-12.5-11.7/11.7-11.5-12.2

 

1着・ディーマジェスティ(1番人気・蛯名正義騎手・馬体重476kg)

2着・ゼーヴィント(2番人気・戸崎圭太騎手・馬体重480kg)

3着・プロディガルサン(3番人気・田辺裕信騎手・馬体重496kg)

 

オッズ・過去配当結果

セントライト記念2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 140円

複勝 4・110円/10・140円/9・140円

 

1着・ディーマジェスティ(オッズ・1番人気)

2016年セントライト記念1着、ディーマジェスティ(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。

 

枠順は、1番・3着。蛯名正義騎手。

 

前走は、ダービー

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.1-11.9/12.1-12.3-12.9/13.1-11.8-12.0/11.6-11.0-11.6

 

ディーマジェスティは、1枠1番からスタート。スタートまずまずも押さえつつ。インベタ追走ではなく、外目に出しつつ中団から進めていくディーマジェスティ。3番マカヒキを先に行かせて、外から付けていく。そのまま1角入り。

 

逃げて行ったのはマイネルハニー。テン3ハロン35.6秒。標準のラップより気持ち早め。ディーマジェスティのテン3ハロンは37.7秒。

 

1角-2角。ディーマジェスティは内に1頭いる外目を回っていく。押さえつつ。

 

向正面。マイネルハニーの逃げはスタートから1000mくらいまでは早めで行ったものの、レースのど真ん中のラップは「12.9-13.1」と息を入れた。残り1000mから再加速「11.8-12.0」と早いラップを刻んでいく。ディーマジェスティは押さえつつ、中団。

 

3角-4角。内1頭外を回るディーマジェスティ。じわじわと2頭外へ出していく。

 

直線。追って追って追って、伸びていくディーマジェスティ。若干、2着馬・サトノダイヤモンドがディーマジェスティの進路に入り気味に見える。ゴールに近づくにつれて差は埋まっていくのだが、差しきれず。ディーマジェスティ3着。上がり3ハロン33.3秒。

 

ディーマジェスティ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【セントライト記念2016・過去結果データメモ】ディーマジェスティの斤量ははダービーより1キロ減。56キロ。前走、1角入るまでに一度下げてマカヒキの外へ付けて行ったのは負荷のかかること。インを回れる可能性が高かったのを内に1頭外を回ったのは着差を考えるとひっくり返ってたと言える。もちろん、インベタで走って詰まる可能性は否定できないが。外枠から単に内へ入って行った手間とはちがう(※ディーマジェスティが手間かけたことでロードクエストがブレーキ踏んでたりする)。

 

テンがゆっくり流れている間であればまた違ってたかとは思うけれど、テンはそこそこ流れて早い中での動作である。

 

有利になる材料を有利に使わないときは不利になりやすいのが競馬のレース。ダービー3着という文字面だけでなく、細かく見れば自信につながる馬券の買い材料はある。

 

セントライト記念2016最終追い切り・

美浦W 重 83.1-66.3-50.8-36.7-12.4<6>馬なり余力

 

2着・ゼーヴィント(オッズ・2番人気)

2016年セントライト記念2着、ゼーヴィント(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、ラジオNIKKEI賞(福島競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、1番・1着。戸崎圭太騎手。

 

前走は、ラジオNIKKEI賞

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.4-10.6-12.3/11.9-12.4-12.4/11.8-11.5-11.7

 

ゼーヴィントは、1枠1番からスタート。軽く出して出してスピードに乗せていくゼーヴィント。しかし、外からキングハートが前に入ってくる。キングハートの前にジョルジュサンクが入って行って、せっかく乗せたスピードを削ぎつつ1角入っていくことに。

 

逃げて行ったのはジョルジュサンク。テン3ハロン35.3秒。おおよそ標準ラップ。ゼーヴイントのテン3ハロンは35.9秒。

 

1角-2角。逃げて行ったのはジョルジュサンクだったのだが、押さえきれないミエノドリーマーがまくって行って、ジョルジュサンクの前に入る。ゼーヴィントはインホ押さえつつ追走。

 

向正面。残り1200mまではラップは早かったが、その後は「12.4-12.4」と落ち着いた流れに。ゼーヴィントは引き続き押さえつつのイン。

 

3角-4角。インから内1頭外へ出すゼーヴィント。ミエノドリーマーの脚はなくなりつつあるものの、4角出口でどうにか粘ろうとしていて後続渋滞発生。ゼーヴィント、キングハートが追い出し遅れる(キングハートは距離短縮して、次走4着→7人気2着→3人気2着→2人気4着→3人気1着→13番人気2着……その後のたくさん馬券になってる)。

 

直線。外目に出していくゼーヴィント。外を走ってたトモトモリバーにぶつけられつつも、追い出し始める。進路も確保して勢いに乗り始めたら、前を走るダイワドレッサーが外に寄れてブレーキかけるゼーヴィント。しかし、そこから立て直して追って、抜け出してゴール。1着。上がり3ハロン34.5秒。

 

ゼーヴィント・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【セントライト記念2016・過去結果データメモ】ゼーヴィントはラジオNIKKEI賞から斤量2キロ増。前走は、スタートから勢いに乗せてくも削がれる+ラップが遅くなるハロンあるもののそこそこ流れる+勝負所で追い出せないシーン+直線、ぶつけられる進路に入って来られる+それでいて上がり3ハロン34.5秒。

 

距離ロスのなかった馬でも負荷のかかる競馬をしていた例。当然、セントライト記念じゃなくっても馬券からは外さないタイプ。

 

セントライト記念2016最終追い切り・

美浦W 重 82.5-67.7-53.2-38.2-12.6<3>直一杯に追う

 

3着・プロディガルサン(オッズ・3番人気)

2016年セントライト記念3着、プロディガルサン(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。

 

枠順は、18番・10着。田辺裕信騎手。

 

前走は、ダービー

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.1-11.9/12.1-12.3-12.9/13.1-11.8-12.0/11.6-11.0-11.6

 

プロディガルサンは、8枠18番からスタート。大外枠から。スタートまずまず、押さえつつも先行していくプロディガルサン。

 

逃げ馬はマイネルハニー。テン3ハロンを35.6秒で逃げ。標準のラップよりは気持ち早めで走る。プロディガルサンのテン3ハロンは36.9秒。

 

1角-2角。内1頭外目を回っていくプロディガルサン。押さえつつ。

 

向正面。逃げ馬・マイネルハニーはスタートから1000mくらいまで早めなラップで走る。しかし、レースのど真ん中のラップに「12.9-13.1」とゆったりペースで走った。ゆったりしたのち、マイネルハニーは残り1000mから加速して「11.8-12.0」と早いラップを刻んでいく。プロディガルサンは押さえつつついていく。

 

3角-4角。内1頭外から2頭外を回っていくプロディガルサン。

 

直線。先頭に立ちかけるも追い出しを待つプロディガルサン。残り400m過ぎから追い出し始めるも、伸びはじわじわり。ブロディガルサンは後続に抜かされていき、10着でゴール。上がり3ハロン34.7秒。

 

プロディガルサン・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【セントライト記念2016・過去結果データメモ】ブロディガルサンの斤量はダービーから1キロ減の56キロ。ブロディガルサンの前走は、テン5ハロンそこそこ早く流れたペースに内1頭外周りで走り、2ハロンゆったりペースあったものの、後半早くなったペースにそこそこ対応して、直線先頭近くまで行く。早いラップに対応したものの、伸びきれないのは距離がプロディガルサンにとっては長いということかと。ただ、上がり3ハロン34.7秒出したのは対応したペースからすると評価できる上がりである。

 

2015年の東京スポーツ杯2歳ステークス(東京競馬場・芝1800m)2着馬ということもあって、似たようなタイプは距離短縮で印を重くするイメージがいいかと。

 

セントライト記念2016最終追い切り・

美浦W 重 66.5-51.9-38.3-13.3<8>馬なり余力

 

以上、セントライト記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!

 

ひとつよろしく


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

-競馬レース映像分析
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.