競馬

競馬の追い切り重視するならこのサイトが正確。タイム評価・調教

競馬の追い切り重視するならこのサイトが正確。タイム評価・調教

 

競馬の追い切り重視するならこのサイトが正確。タイム評価・調教

追い切りタイムは競馬ブック。追い切り時計、評価はサイトで確認可能。調教、追い切りタイムを重視される方々の愛用者多し、競馬ブック。

 

栗東坂路の調教タイム。美浦坂路の追い切りタイム。トラックCWのタイム情報。ポリトラックにダートに芝コース。どこで追ったのか。追い切る曜日に応じて更新も早い。

 

馬なり、一杯、強め。位置取りに本数に馬場状態。加速ラップ。併せ馬の情報ももちろん。どの騎手が乗ったのかも一覧で見られます(斤量軽い目安になる)。

 

競馬ブックの回し者みたいですが、追い切りタイム、調教時計を競馬予想に使うならば、情報数字の正確な競馬ブックのものを使うのが一番です。ウッドコースの追い切りが自動計測になっても、競馬ブックです。

 

競馬予想に使う競馬新聞を固定する方が自分の行動データがぶれなくなります。重視するもの、参考にするものは色々軽く使ってみて見方を固定するのが一番。

 

スポンサーリンク




追い切りの意味とは?

追い切りの意味とは?

追い切りとは、競走馬たちが競馬へ出走するために行う、トレセンや競馬場における調教のこと(JRA所属馬は美浦か栗東にあるトレセン、または競馬場で追い切る)。

 

競馬へ出走する週の調教を「最終追い切り」と言い、タイムや動きから状態や調子を評価する目安となる。

 

坂路、ウッドコースなどハロンごとの数字が計測される。仕掛けどころをどこに置いたか、厩舎によって作戦が異なる。

 

追い切りの傾向からパターンを予想したりもできる。

 

スポンサーリンク




追い切り時計・タイムが注目される、重賞、新馬戦

追い切り時計・タイムが注目される、重賞、新馬戦

新馬戦で重要な要素になるのはもちろん、ジャパンカップ、有馬記念、宝塚記念、天皇賞春に天皇賞秋、日本ダービー、オークスなど重賞では追い切りタイムの注目度は高くなります。

 

中でも、アーモンドアイやコントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスなどの人気を集める馬の追い切りは、ツイッターで情報やコメントが個別に競馬新聞のトラックマンや記者から流されます。追い切り速報。

 

追い切りを重視される予想家さんは、追い切る馬の多い曜日には用事を極力入れないのだとか。追い切り評価デー。

 

競馬ブックは出走全レース、前頭の情報が掲載されています。

 

グリーンチャンネルやnetkeibaでは動画も映像を見れます。見るポイント、目安を探るのも楽しみの一つ。

 

スポンサーリンク




追い切り時計は数字と評価でいっぱいの競馬予想ファクター

追い切り時計は数字と評価でいっぱいの競馬予想ファクター

調教欄、追い切りタイムは数字でいっぱいだけど、評価、見方、診断するポイントがたくさん。馬券の当たるポイントにできる人もいるでしょう。

 

競馬新聞など調教時計、追い切りタイムの書かれた媒体を見てきましたが、競馬ブックの数字が一番ブレがありませんでした。

 

栗東坂路も美浦坂路も自動計測なので、どの競馬新聞の調教時計、追い切りの数字もほぼ一緒です。

 

一方、ウッドチップコース(CW)などのトラックの調教時計の計測はトラックマンが手動で行います。追い切りタイムを計測する技術が関わります。

 

(※トラックコース、CWも美浦、栗東共に自動計測化することになるそうです→自動計測化されました)。

 

スポンサーリンク




手動で調教時計・追い切りタイムを測るコースでタイムの差がある

手動で調教時計・追い切りタイムを測るコースでタイムの差がある

この手動でトラックコースの調教時計を測るとき、手動がゆえに競馬新聞によって妙な数字が計測されてたりする。追い切った調教時計に誤差がけっこうあったりします。

 

調教時計、タイム、追い切りタイムは1種類でいくつもパターンがあるなんて想像してなかったのですが、コース追いCWコースに追いては結構な差があるのに気づいてぶっ飛びました。これでは競馬予想した馬券の的中率回収率も狂います。

 

レース映像ならば「変だな」と思ったとき、スタートから自分でストップウォッチ片手に計測できますが、調教、追い切りはそれができません。追い切りタイム、調教時計のTHE ブラックボックスな面であり、どうしても間近で計測してた見てた人の数字を参考にすることになります。

 

その追い切りタイム、調教時計がある程度正確な情報ならばいいですが、誤差がある競馬新聞があるとなると、使うわけにはいかないなとなります。自分で計測できるのであれば別ですが、調教時計、追い切りタイムでそれは無理でしょう。

 

スポンサーリンク




競馬ブックの調教時計は正確

競馬ブックの調教時計は正確

競馬予想に、馬券に調教ファクターをどう診断評価して、見方を見つけ使うのかは人それぞれとして、調教時計をいろいろ見てみましたが、競馬ブックの調教時計は正確でした。

 

調教時計を競馬予想ファクターとして活用する際、おすすめは競馬ブックです。

 

競馬ブックの追い切りタイムは無料ではありませんが、調教欄以外の情報も充実している競馬予想サイト、媒体です。

 

競馬予想に活用できる材料タップリ。

 

追い切りタイム、調教時計がある程度正確な競馬新聞は、競馬ブック

追い切りタイム、調教時計がある程度正確な競馬新聞は、競馬ブック

競馬新聞各社、商売の邪魔をする気はさらさらもありませんが、レースにおいて、0.1秒の中で勝ち負けが決まってしまう世界です。クビ差、ハナ差。

 

なので、調教時計、追い切りタイムの機械までの正確性は求めないにしても、それに近い時計を計測できる競馬新聞は一体どこなんだろうと。調教に乗った人の斤量ははっきりしないものの、トラック(CW)コースの調教時計、追い切りタイムを正確に計測する競馬新聞はどこだろう?

 

これまた当然、あれこれ比べて探します。これは簡単です。競馬新聞を買えばいい。見比べればいい。

最終的に出た答えは、競馬ブックの調教時計、追い切りタイムを使うのが一番ということでした(調教に関する競馬本で取り上げている調教時計が競馬ブックのものが多数ということもありましたが……。確か、グリーンチャンネルの調教番組の時計も競馬ブックのものを採用してたはず)。

 

競馬ブックに書かれている調教時計は、妙な数字が出て来る率が低いように思います。たぶん、ストップウォッチの使い方を先輩がきちんと教えてるんだと思います。

 

競馬に強くなる調教欄の取扱説明書/井内利彰・軽くレビュー。見方を知るならこの本。改訂版発売。栗東坂路・美浦坂路・ウッドコース・ポリトラック
競馬に強くなる調教欄の取扱説明書/井内利彰・軽くレビュー。見方を知るならこの本。改訂版発売

 

スポンサーリンク




おすすめ競馬ブックの調教欄。栗東も美浦も

おすすめ競馬ブックの調教欄。栗東も美浦も

競馬新聞の好みはありますが調教欄を予想ファクターに持って来るのであれば、競馬ブックの調教時計を見るのをおすすめします(他の競馬新聞の調教欄を使ってうまく馬券を当てるコツを得ているのであれば別ですが……)。

 

(調教時計に関して念のために書いておきますと、時計が早いからレースでも早いとは限りません。早い時計を出して、本数少ないことがいいとする調教師もいれば、藤澤和雄調教師のように、負荷は強くかけないが本数は多くする調教師もいらっしゃいます。この場合、時計は遅い)

 

(あと、外厩とよばれるトレセンの外にある施設で調教されトレセンに戻る馬もたくさんいて、外厩でどういうトレーニングをしてきたのかはまったくわからないというケースも増えています)

 

ウッドコースの追い切りが自動計測になっても競馬ブックな理由

ウッドコースの追い切りが自動計測になっても競馬ブックな理由

(ウッドコースなどのトラックも自動計測化されて、妙な調教時計、追い切りタイムを掲載していた競馬新聞、媒体もまともな時計を発表することになるのでしょうか。すると差は手応えの見立てということになります)

 

と、2017.2.28にアップしたとき書いたのですが、その後ウッドコースの自動計測は始まりました。

 

ウッドコースも自動計測化されて先に始まった美浦Wコースではラスト1ハロンのタイムが早くなって11秒台連発とのこと。

 

→ただ、だいぶ前に予想して書いていた通り、自動計測が始まったとしても機械が走って計測されたものではないので、手応えや調子、反応の見立てにトラックマンは時間さけるようになって、感覚か慣れるまでに時間はかかるにしてももっと中身の濃い評価ができるようになるはず。

 

競馬ブックじゃなくていいじゃんと思われる方がいるかもしれない。

 

しかし、元々きちんとした時計を計測しようとしていた人たちの仕事から考えれば、今まで以上のものを届けてくれる可能性は大であり、競馬ブックから追い切りに関して浮気をする気はありません。

 

新馬戦予想法。買い方のコツ。競馬の評価と傾向。今週の想定にデビュー予定待ち遠しい
新馬戦予想法。買い方のコツ。競馬の評価と傾向。今週の想定にデビュー予定待ち遠しい
プール調教の時計を測ったら面白いんじゃ? 苦手な競走馬も競馬で違う?
プール調教の時計を測ったら面白いんじゃ? 苦手な競走馬も競馬で違う?

 

以上、競馬の追い切り重視するならこのサイトが正確。タイム評価・調教でした。

 

-競馬
-,