クリンチャー-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

クリンチャー-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

 

クリンチャー(ディープスカイ産駒)。

 

前走レースの競馬成績に特徴あるなと、気になった馬。

 

 

  • 次走、仁川ステークス3番人気2着。複勝・310円になりました。

 

  • 芝からダート替わり。距離短縮。

 

クリンチャーの馬券になる前走レース内容を映像動画分析・回顧いたします。競馬の内容から不利、気性や性格、調子、状態がレースに出ていればそれもコメント・評価して行きます。また、競馬予想に活かせる、強い、強すぎる点、不安点、敗因に繋がりそうな競馬もレース映像分析から探ります。

 

スポンサーリンク




 

 

 

スポンサーリンク




 

クリンチャーの成績・戦績

日付レース名コース馬場着順騎手メモ
2022.12.8名古屋グランプリ
2022.11.6みやこステークス阪神ダート1800m10着藤岡佑介
2022.6.29帝王賞大井ダート2000m5着森泰斗
2022.3.10名古屋大賞典名古屋ダート1900m1着川田将雅
2021.12.29東京大賞典大井ダート2000m2着川田将雅
2021.12.5チャンピオンズカップ中京ダート1800m14着川田将雅
2021.11.7みやこステークス阪神ダート1800m6着武豊
2021.6.30帝王賞大井ダート2000m3着ルメール
2021.3.11名古屋大賞典名古屋ダート1900m1着川田将雅
2021.2.11佐賀記念佐賀ダート2000m1着川田将雅
2020.12.6チャンピオンズカップ中京ダート1800m11着三浦皇成
2020.11.8みやこステークス阪神ダート1800m1着川田将雅
2020.10.17太秦ステークス京都ダート1800m不良4着福永祐一
2020.7.18ジュライステークス阪神ダート1800m2着藤井勘一郎
2020.6.20三宮ステークス阪神ダート1800m稍重2着石橋脩
2020.4.19アンタレスステークス阪神ダート1800m稍重3着石橋脩
2020.3.31マーチステークス中山ダート1800m稍重2着石橋脩
☆2020.2.29仁川ステークス阪神ダート2000m稍重2着池添謙一芝からダート替わり
☆2019.10.6京都大賞典京都芝2400m9着池添謙一
2019.9.1新潟記念新潟芝2000m12着田辺裕信
2019.6.23宝塚記念阪神芝2200m8着三浦皇成
2019.4.28天皇賞・春京都芝3200m10着三浦皇成
2019.3.23日経賞中山芝2500m稍重7着三浦皇成
2018.12.23有馬記念中山芝2500m稍重15着福永祐一
2018.10.7凱旋門賞ロンシャン芝2400m17着武豊
2018.9.16フォワ賞ロンシャン芝2400m6着武豊
2018.4.29天皇賞・春京都芝3200m3着三浦皇成
2018.3.18阪神大賞典阪神芝3000m3着武豊
2018.2.11京都記念京都芝2200m1着藤岡佑介
2017.10.22菊花賞京都芝3000m不良2着藤岡佑介馬場状態は不良馬場も不良馬場
2017.9.18セントライト記念中山芝2200m9着藤岡佑介
2017.5.28ダービー東京芝2400m13着藤岡佑介
2017.4.16皐月賞中山芝2000m4着藤岡佑介
2017.2.26すみれステークス阪神芝2200m1着藤岡佑介
2017.1.283歳未勝利京都芝2000m1着藤岡佑介単勝244.8倍の単勝万馬券
2017.1.16新馬戦中京芝2000m12着丸山元気デビュー

 

クリンチャー。自転車のタイヤではなく、除草剤でもなく、競走馬のクリンチャー。

 

今回は、初ダート替わりとなった一戦仁川ステークスの前走、京都大賞典のレース映像分析をいたします。菊花賞など道悪馬場な芝で強い競馬を見せるクリンチャーでしたが、成績低迷後ダート転向で復活しました。その最初のレースの前走内容です。

 

スポンサーリンク




 

厩舎、馬主、生産者など

性別牡馬
毛色鹿毛
生年月日/誕生日2014年3月10日生まれ
レース時年齢5歳-6歳
調教師宮本博厩舎(栗東)
馬主/オーナー前田幸治
生産者平山牧場
セリ取引価格
馬名の意味/名前の由来決定打

 

クリンチャーの全成績・過去の戦績や現在の近況。次走のレースの出走予定、動画、パドックや馬体診断や掲示板はネット競馬などからご覧ください。

 

スポンサーリンク




 

クリンチャー(ディープスカイ産駒)血統面

クリンチャー(ディープスカイ産駒)血統面

クリンチャー(ディープスカイ産駒)の血統面

父親ディープスカイ
母父ブライアンズタイム
母母父Danzig
母母母父Kris
母母母母父Connaught

 

兄弟馬

馬名(産駒名)主な成績
マイムマイム(カリズマティック産駒)
レジアス(ボストンハーバー産駒)
マイネルフェイト(マイネルラヴ産駒)
エステーラブ(マイネルラヴ産駒)
ドガ(サクラバクシンオー産駒)
フォースフル(スクワートルスクワート産駒)
ワキノブレイブ(マイネルラヴ産駒)シルクロードステークス3着など。
ドリームフェイス(フジキセキ産駒)
ハードアスリート(ゴールドアリュール産駒)

 

 

スポンサーリンク




 

クリンチャーの前走内容【成績から特徴傾向ピックアップ】

クリンチャーの前走内容【成績から特徴傾向ピックアップ】

2019.10.6 京都競馬場11レース・京都大賞典
距離芝2400m
枠番馬番2枠3番
騎手(斤量)池添謙一騎手(斤量56キロ)
単勝オッズ41.6倍
馬体重490キロ
馬場状態そこそこ乾いた良馬場
前走時脚質差し馬
  • 調教 最終追い切り
  • 栗東坂路 稍重 53.9-38.9-25.5-12.6 馬なり

 

 

スポンサーリンク




 

動画回顧×レース映像分析

2019.10.6 京都競馬場11レース・京都大賞典のクリンチャーの走り。
レースラップ12.9-11.0-11.5/12.1-12.2-12.2/12.3-12.4-11.7/11.6-11.5-12.1
スタートクリンチャーは3番枠から。スタート決めて、押して押して促して脚を繋げて前目に向かう。先行の内目へ。
逃げ馬逃げたのは、ダンビュライト。テン3ハロン35.4秒。少し遅めの逃げ。

 

クリンチャーのテン3ハロンは36.1秒。

1角-2角押さえつつ、内1頭外を回って行くクリンチャー。中団あたり。
向正面逃げ馬のペースは遅くもなく早くもなくなペースを続けていく。残り800mあたりからほんの少し加速して行く流れ。

 

クリンチャーは中団あたりから外目に出して行く。

3角-4角内3頭外をきっちり回りつつ、クリンチャーは3番手4番手あたりまで上昇する。
直線入り口で7番手8番手あたり。外目回ったことで追い出せる位置は確保。追って追うクリンチャー。

 

伸びかけて、実況アナに名前呼ばれるもそこから伸びきれる脚に繋がらずのゴール。クリンチャー9着。上がり3ハロン36.0秒。

 

スポンサーリンク




 

クリンチャー-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-まとめ

次走、クリンチャーは仁川ステークス3番人気2着。複勝・310円になりました。

2020.2.29 阪神競馬場11レース 仁川ステークス
距離阪神ダート2000m
枠番馬番2枠4番
騎手(斤量)池添謙一騎手(斤量57キロ)
馬体重496キロ
タイム・時計2:04.2
馬場状態雨の降る稍重馬場
今回脚質差し馬

 

  • 芝からダート替わり。距離短縮。

 

 

クリンチャーは芝からダート替わりの一戦。

 

芝を走ってた時、クリンチャーのスタート後はほとんど押して押してスピードに乗せてるところがあった。流れるペースに合わせるために押すわけだが、コーナー数が同じダートに替わると当たり前に流れるペースは遅くなる。

 

芝とダートでラップタイムが一番接近するのは芝コース不良馬場ーダートコース良馬場である。

 

具合のいいラップタイムで走れれば、ダートでスタート後押して行くとしてもその負荷は軽くなる(当たり前に流れるラップが遅くなるから)。

 

どう走らせればいいか材料を掴めてなかった新馬戦の重馬場を除いて(※)、ぐっちゃぐちゃの不良馬場な菊花賞2着、重馬場の京都記念で勝利からすると、ダートっぽい馬場で好走したと考えていい。

 

クリンチャーの母型は芝短距離走ったワキノブレイブもいる血統だが、こちらはマイネルラヴ産駒。同じ父親でもエステーラブはダートで走った。フォースフルはダート馬。クリンチャーの父・ディープスカイは芝もこなすが、ダートの産駒成績がいい種牡馬。

 

古馬になってからの芝からダート替わりだが、馬券になる確率はあっての出走だった。そうたくさんダート替わりな馬はいないだろうけど覚えて置いて損はないパターン。

 

(※)大外枠から軽く促して前に行ってるものの後方の外目で押さえて上がりみる競馬をしてる。次走、単勝万馬券で大穴激走したが、前走の何倍も藤岡佑介騎手がゴリゴリに押してまくってスピードに乗せて逃げ切ってる。

 

以上、クリンチャー-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-という話でした。

 

レース映像分析おすすめ記事

 

競馬おすすめ記事

 

おすすめ競馬本

おすすめ競馬本(アマゾンへ)

 

-競馬【レース映像分析】
-, ,