飲食(食べ物と飲み物)ネタ

『コーヒーゼリーの時間/木村衣有子』感想。喫茶店、カフェに行きたくなるおすすめ本。作り方もお店によって違う。東京千歳船橋・堀口珈琲気になる【読書】

コーヒーゼリーの時間

コーヒーゼリーの時間/木村衣有子』感想。

 

喫茶店やカフェでコーヒーゼリー食べたことないと思ってブログ書いてたら、おすすめすぎる本が発売されました。木村衣有子『コーヒーゼリーの時間』です。

 

作り方もお店によって違うもので、その差を読む見るのは楽しかったです。東京・千歳船橋『堀口珈琲』は気になりますね。行ってみたいです。

 

定価・1400円+税。183ページ。SHC発売。

 

スポンサーリンク




帯に「本邦初! コーヒーゼリーブック登場」。

 

続いて、dancyu編集長、江部拓弥氏が、

「ーーあぁ、悔しい。こんな企画、

dancyuでやりたかった」

と、書かれています。

 

ちょっとイジワルに「そういう企画書書いても、果たして通ったのだろうか。地味だからなぁと言わなかっただろうか」と、頭をよぎったり。

 

吉祥寺ジュンク堂で手に入れるのにちょいと手間取りましたが、あっという間に読み終えました。

 

支持を維持する、喫茶店・カフェのコーヒーゼリーたち

「昨春『銀座ウエストのひみつ』という本を上梓した。1947(昭和22)年の創業から今までの来しかたを、二代目社長の依田龍一さん、銀座本店で働く人たちにも話を聞かせてもらい、山梨にある工場も訪ね、一冊にまとめた。

その本を書いたわけは、かねがね「一軒一冊」の本を作ってみたいと考えていたこととTwitterが結びついたことにある」

(123pより)

木村さんが考えていた「一軒一冊」という構想は、コーヒーゼリー本を作るところにもつながるのでしょう。

 

喫茶店のメニューの中から、1種類だけに絞ったの本を作るとすれば……。

 

何にするのか。外れた本を作らないように気を配るのか。どの1種類にしようか。目立つところに目はいきます。

 

ケーキ? プリン? パフェ? ヨーグルト? アイスクリームにシャーベット?

 

いえいえ、そこではない。

 

コーヒーゼリーだ。

 

地味? いいじゃないか。

 

コーヒーゼリーだ。

 

人気? たくさん人気がなくたって、ある程度支持してくれる人がいればいいじゃないか。

 

支持を維持するのも大変なことである(それに気づいているかどうかも重要なこと)。

 

と、書きつつ喫茶店でほとんどコーヒーゼリーを注文したことがない身からすると、新参者の気分でページをめくるのでありました。

 

関連→メロンパンの専門店「メロンパンファクトリー」あるのなら、コーヒーゼリーの専門店があっても。おしゃれでおいしいお土産にぴったり。大量に食べたい人の商品も

 

関連→喫茶店特集。軽食メニューが素敵。ナポリタン、トースト、カレー、サンドイッチ。BRUTUS(ブルータス)2014.6.15・感想+α【雑誌・コーヒー・読書】

 

関連→チョコチップスティックパン、セブンイレブンやローソンなどのコンビニで買える、小腹の減りにぴったりなパン。食べ方やカロリー気にするネタがありそうで……

 

素晴らしき、コーヒーゼリーたち。東京・千歳船橋『堀口珈琲』気になる

『コーヒーゼリーの時間』には、福島はいわきの「ゼリーのイエ」に始まって、19店舗のコーヒーゼリーが収められています。

 

行ってみたいなぁと付箋を貼ったのは、東京・千歳船橋『堀口珈琲』

「いつも、真っ先にコーヒーゼリーの味を確かめたいから、例えばホイップクリームやグラニテが盛り合わさっていたら、最初のスプーンをそれらになるべく出会わないような角度で差し入れようと、苦慮していた。そう、たいてい、なんらかの乳製品がゼリーの上にのっかっているもので、このようなコーヒーゼリーは少数派なのだ」

(29pより)

堀口珈琲のコーヒーゼリーは、ブラックなのだそうです。

 

味付けは食べる側でする。これがいいなぁと。

 

スーパーで買う、コーヒーゼリー3個パックもミルクをかけるのは食べる側の好みになる。もちろん、まったくミルクやホイップが嫌いというわけではないのだけれど、普段珈琲を飲む際に決まって「ブラック」で来てるので、ゼリーになったときもまずはブラックで口に運びたい。

 

それにぴったりな喫茶店。

 

今度行ってみよう。

 

東京は新宿『ベルク』のコーヒーゼリーもブラック。

 

関西圏に行ったときに行ってみたい喫茶店も増えたなぁ。いつ行くのかわからないけれど。

 

コーヒーゼリーが気になってる人には是非とも読んでほしいおすすめな1冊。

 

 

あっ……、コーヒーゼリーを注文したら、珈琲も一緒に頼むよなぁと思ってたところ、その回答が最後のほうにありましたよ。

 

ふむふむなるほど。

 

関連→スイスロールといえば、バニラ味。うまい。コーヒー味も好きだけど。高校のときによく食べてたな…。生クリームとスポンジの一体感…で中立に

 

関連→和菓子のようかん巻。小腹満たすのにぴったりなお菓子。コーヒーにあっておすすめ。夜中に食べるのは危険だけど…

 

関連→岩塚製菓のおかき「大袖振豆もち・あっさり塩味/まろやか醤油味」。読み方は、おおそでふりまめもち。塩分ほどよく美味しい。おやつにおすすめなお菓子

 

以上、『コーヒーゼリーの時間/木村衣有子』感想。喫茶店、カフェに行きたくなるおすすめ本。作り方もお店によって違う。東京・千歳船橋『堀口珈琲』、気になるでした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




読書ネタおすすめまとめ【本屋巡りは楽しい趣味・読書ノートはルーズリーフに簡単に・本を読む効果、意味、メリット…】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

-飲食(食べ物と飲み物)ネタ
-, , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.