ブログ

競馬予想のブログを書き、運営を続ける。継続は力なりでアクセス増えるまでの推移をネタにして考えてみると…。ここまでうまくは行かないだろうけど…【SEO効果】

更新日:

20091223_zoo_8249_w800

 

ブログを継続して運営していると、ネタ探し書き続けてるとアクセス数として力になることを数値化すると……。増えるまでの推移

ブログのネタを書き続けてると、SEOの効果が少しずつ効くようになって、検索で有利になって、アクセス数も増えてくるという話があります。

 

継続は力なり。ブログに書く文章も上手くなってきて……。ネタ探しも上手になってきて。

 

それをネタにしてまして、数値化して考えてみようと。増えるまでの推移を数字にすると。

 

スポンサーリンク




ブログの継続は力なりと理想形としてのアクセス数の伸び。増えるまでの推移

毎日の学びの積み重ねが天文学的な成長を生む、たった一つのシンプルな理由ー永井孝尚のMM21 

たとえば試行錯誤による学びを通じて、プロジェクトが毎日1%成長したとします。

1%はすごく小さな成長に見えます。

でも、学びというものは、複利で増えます。

30日後には、1.3倍に成長しています。
60日後には、1.8倍。
90日後には、2.4倍。
180日後には、6.0倍。
1年後には、37.8倍。
3年後には、なんと53,939.2倍。つまり5万倍です。

しかし実際には、このように試行錯誤を継続せず、途中で挫折してしまうケースが多いと思います。

 

「継続は力なり」という言葉を数字にするとこういう感じになるんだろうと思います。

継続は力なり。ブログでも。ネタ探しも。少しずつ力がついてくるということですね。すばらしい。

 

3年以上ブログを更新し続けている方々のアクセス数を見ていますと、極端に少ないという方は見かけない気がします。

 

すごいなぁと思うこと、しばしば。アクセス数稼ぐネタを探せるということでしょう。

 

スポンサーリンク




ブログを更新し続けていると、結果(アクセス数、PV、SEO、検索上位、数字のあるネタ)がついてくる証明になりましょうか。

そして、逆にブログを始めて数ヶ月ではアクセス数がたいしたことにはならない、ということの証明にもなるかと思います。90日で2.4倍かぁ……。

 

ただ、理想形でしょう。机上の空論とまでは言いませんが。ブログのアクセスが増えるまでの推移の理想形。

 

うーん、2.4倍、240円。競馬オッズだと、そんなに悪くないんですけどね(これは人によるか……、複勝の240円ってそこそこいいのだけど……)。

 

注意したいのは、現実にはブログを継続していても「毎日1%成長」するかどうかはわからない。SEOの効果でアクセス数が上がってくとは

ブログを書き続けることに挫折する人が多いといっても「毎日1%成長」が保証されていたら、挫折する人も予想より少なくなる気がするんです。

 

安心の強みってありますから。アクセスが増えるまでの推移保証と言いましょうか。

 

コツコツやってるとブログのアクセス数が確実に上がる保証があったら、誰でもやるでしょう。

 

SEO効果ですよーと、証明されまくってたら、ブログ継続して書きまくりますよ。ネタ探しって簡単なんだというわけです。

 

スポンサーリンク




プロジェクトとしての成長を考えた場合、関わっている人たちによって、そのプロジェクトは1%成長するかもしれません。

しかし、個人個人になるとそこまでうまくはいかないかな、と思ったりします。アクセスが増えるまでの推移はいびつであり、個性があるでしょう。当たり前ですけど。

 

瑣末な話、いつ休むんだ? というところもあります。

 

永遠の足し算って、けっこうしんどいですよ(そういう計算よくやってしまうんで……)。

 

現実における試行錯誤を経た成長というのは、どのくらい成長するのかは「わからない」。増えるまでの推移が保証されているわけではない。

成長がたいしたことがないと思ってやめちゃうのは、成長する具合がわからないからだと思います(数パーセントの成長だーとわかっているのではなくって、成長が認められないんだと思います。数パーセントの成長は成長でないと思ってる)。

 

保証の安心感って大きいですよ。たとえ、1%でも。

 

だから、力がついてきてるなぁ〜とわかるまでは、根拠のない自信みたいなものが後押しするんでしょう。

 

うまいこと力がついたとわかれば、根拠のない自信に根拠があったことになると。

 

201408吉祥寺キラリナ・夏の終わりの空・画像写真

 

ブログも方向性さえ間違わなければ。継続して運営して、アクセス数は増えてくと思う。増えるまでの推移もよくなる

なーんもしていないより、しているほうがいいのはもちろん。

 

それはブログにも言えると思います。継続は力なりの方向性です。

 

継続して運営し続けて、SEO効果などでアクセス数が増えていく、方向性。増えるまでの推移を具合よくする。

 

スポンサーリンク




積み重ね方を間違えないようにすることが大切だと思います。プラスにもマイナスにも積み重ねって可能ですから。

ブログを続けて行く上で目的意識のようなもの「なんで、あれはこうなっているんだろう」という疑問、は確実に必要だと思います。

 

ただのんべんだらりと続けても、力がついてることがわからないと思うんです。

 

成長って、できなかったことができるんだとわかることですから。

 

そのスピードは、たいてい、いやほとんどにおいて遅い。アクセスが増えるまでの推移のスピードはそこまで早くない。

 

最初は、遅いっていうダンベルを持ってるって感じでしょうか。それが続けていくうちに力がついてきて、速くなってゆく。

これに耐えられるかどうかが、ブログにはある気がします。

 

ブログが育って行く速度は、ゆるやかなのが基本だと思う〜に書きました、

これは私のイメージですが、1つ記事をアップしてその記事が得られる最大のアクセス数(考え方としては、一日でも一ヶ月でもいいんですが)に到達する時間は、1年とか1年半くらいかかるんじゃないかなと。

その最大アクセス到達点(?)みたいなものに達するのって、アップして今日、明日じゃない。1ヶ月後でもない。到達するまでが長いんじゃないかなと予想してます。

という話はありそうな気がします。

 

もちろん、グーグルがどう考えているのかまではわからないですけども、評価の決まる速度ってありそうです。ゆえに、ブログのアクセス数が増えて行く推移はゆっくりだと。

 

以上、ブログを書き、運営を続ける。継続は力なりでアクセス増えるまでの推移をネタにして考えてみると…。ここまでうまくは行かないだろうけど…【SEO効果】という話でした。

 

 

プロフィール(ブログのネタ探して、アクセス数あげて行くのは大変だけど楽しいものと語る、たけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログのアクセス数が増えるまでの推移はゆっくりですぞ、とお茶を飲むたけたけっとは? まとめ)

自分のブログのアクセス数が増えるまでの推移見てると泣けると、タオルに飛び込む、たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




レース映像のどこを見ればいいのか? 馬券の狙い方紹介します

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜」noteにて書きました。

 

5年6年と遊びにも行かず、飲みにも行かず、レース映像の分析、研究をしてきた中から「わかりやすいレース映像の視点、見方」をまとめました。

 

ブログのアクセス数が増えるまでの推移はゆっくりなように、レース映像分析も腑に落ちてしっくり来るまでの推移はジワジワ感たっぷりでした。

 

競馬予想本で類書がなかなかないファクター本となっています。

 

「あなたは、レース映像を見て競馬予想することが可能なのを知っていますか?」

 

最初の15000文字ほど好きなだけ読むことができます。ご覧くださいませ。

 

スポンサーリンク




ブログ関連ネタのおすすめ記事はいかがでしょう

偏愛マップ、齋藤孝感想。やり方、作り方、書き方、簡単に自己紹介。項目、ネタ探し発見本。ルール使い方、簡単。ブログ、自己分析、ネタ、合コン

エッセイを書く。コンテストで賞もらう。仕事して、印税で暮らしたい。無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】

競馬予想、方法と復習。レース映像を見て、予想の仕方、やり方、コツ、ブログに書いて、穴馬券を研究。結果、馬券の当たる確率(的中率)、回収率上昇

競馬予想AI(人工知能)「Mamba(まんば)2nd season」の回収率的中率のツイート、ブログを読んでて危惧したいくつかのこと

競馬予想家に自分は向いてない理由。馬券当たるのが好きでブログ、ツイッター書いてるだけ。的中率、回収率は気にしますけど…

卍氏こと馬券裁判男ブログの存在に驚く。競馬予想で指数に興味はないけど…。作り方や出し方、算出方法の細かい話が重要なので…。精度を上げる理論を読みたいな

読書ノート。パソコンではなく、手書きで作成。書き方は簡単。ルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く、効果、意味はある。おすすめ【ブログ】

吉祥寺ブックオフ→ジュンク堂と、本屋へ。染谷昌利『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』、佐藤雅彦『考えの整頓』、渡辺明『勝負心』などの本【読書はおすすめ】

 

-ブログ
-, , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.