競馬レース映像分析

ディファースト-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

ディファースト-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

 

ディファースト-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

京都競馬場・芝1600m。逃げて、2着に粘ったのはアドマイヤムーン産駒のディファースト。

 

ディファーストの馬券、12番人気で2着。複勝は910円になりました。なかなか素敵なオッズです。

 

ディファーストの前走レース映像を見ますと、大外枠からのスタートで、テン早く前目につけられそうな勢いはあったものの、手綱を引き気味に抑えて抑えて末脚を見る騎乗に。末脚は貯められず、13着に凡走。そんな特徴がありました。

 

次走の1着馬、3着馬はディファーストが13着に凡走した前走組。つまり巻き返した特徴もあったわけです。「決着がついてる」とはよく競馬で使われるセリフですが、そうじゃないこともままある(そうでなきゃ競馬は面白くならない。競馬予想する気にも……)。

 

アドマイヤムーン産駒・ディファースト、レース映像、血統面、見てみましょう。

 

スポンサーリンク




アドマイヤムーン産駒・ディファースト、京都競馬場(芝1600m)、2着

2014年11月15日(土)、京都競馬場4レース・2歳未勝利・芝1600m

 

結果は以下の通り

1着・サクラバクシンオー産駒・ヴェルステルキング(友道康夫厩舎・福永祐一騎手)・時計・1:35.6。

2着・アドマイヤムーン産駒・ディファースト(松田博資厩舎・川田将雅騎手)

3着・ネオユニヴァース産駒・センターピース(石坂正厩舎・岩田康成騎手)

 

2.0倍1番人気のヴェルステルキングが、勝ち。続いて入線したのは、12番人気ディファースト。3着に、4番人気のセンターピース。

 

ディファーストの複勝は、910円。

 

1番人気との、ワイドで1860円。馬連、5720円。馬単、7080円。

 

前走、アッシュゴールドの勝ったレース出走馬でワンツースリー

馬柱を見ますと、ヴェルステルキングとセンターピースはいいとして、ディファーストはいらないだろって思ってしまうところ。

 

しかし、2着の大穴。

 

前々走、阪神競馬場・芝1600mの不利枠1番→前走、京都競馬場・芝1600mの15番枠大外→今回は真ん中の枠……。

 

前走、ヴェルステルキングとの着差2.3秒を縮められた理由とは?

 

調べてみました。

 

スポンサーリンク




アドマイヤムーン産駒・ディファーストの血統特徴とは?

父・アドマイヤムーン

母父・Distinctive Pro

母母父・Dixieland Band

母母母父・In Reality

母母母母父・Key to the Mint

 

Mr. Prospector 4×3

Northern Dancer 5×4

 

アドマイヤムーン産駒・代表産駒

ハクサンムーン・オースミムーン・セイウンコウセイ・レオアクティブ・プレイズエターナル・ブラックムーン・ファインニードル・アルキメデス・アットウィル・ムーンクレスト・ワンスインナムーンなどなど。

 

母、ミシシッピーミスからは、シルクサルート、ブラックゼットなど

シルクサルート(牝・フジキセキ産駒)→芝1600m1勝(新馬戦)。

In Reality 4×4

 

ブラックゼット(牡・マンハッタンカフェ産駒)→芝1800m1勝(新馬戦)。

五代目までのクロスなし。

 

スマートファミリア(牡・アドマイヤーン産駒)→地方競馬11勝。

Mr. Prospector 4×3・Northern Dancer 5×4

 

ディファーストと同配合の、スマートファミリア。中央ダートで2戦して、4着8着とイマイチだったものの、南関東競馬のダート中距離を「逃げて」11勝。

 

父・アドマイヤムーンの種牡馬成績を見ていますと、芝短距離がディファーストにはベストなのかなと思います。

 

スポンサーリンク




ディファーストの前走(京都競馬場・芝1600m)

2014年10月26日、京都競馬場3レース。2歳未勝利。芝1600m。良馬場。

 

鞍上は、川田将雅。

 

レース映像、スタート。

 

ディファーストは、15番枠から

ゲートが開いて、軽く押して行きます。ハナに行けそうな感じもありましたが、川田騎手押してゆくのをやめ、先行集団の外につけます。

 

イチザサムライ(菱田)が逃げてゆくところを、ノスタルジー(横山典)が交わして逃げてゆく。

 

ディファーストは押して行かなかったことが裏目に。

 

いわゆるジェットスキー状態にはなっていないものの、4度5度手綱を引っ張ってスピードを削いでいます。前へ前へ行きたくってしょうがないんでしょう。

 

そのため、ディファーストは、後へ後へと下がります。

 

直線の伸び

後方の前、中団後ろのあたり。

 

どんな脚で来るのかな? と思っていたのですが、映像に映っていたのはほんの一瞬。

 

あくまで想像ですが、川田騎手はあまり追ってないと思います。13着でゴール。

 

ディファースト、今回の走り、2着(京都競馬場・芝1600m)

京都競馬場、芝1600m。2歳未勝利。良馬場。鞍上は引き続き、川田騎手。

 

ディファーストは7番枠から。

 

スタート後、川田騎手ほとんど押していませんが、ディファーストは前へ。インコースに入り、逃げてゆきます。

 

運が無かったのは、ディファーストの後になったリリーヴィクトリー(池添)か。スピード削いでるところがあるように見えます。

 

ディファーストの逃げは、後続を引きつけての逃げ。3コーナー、4コーナーと差はあまりありません。

 

なもので、「楽に交わされちゃうか」と思いたくなるシーン。しかし、直線で離す離す。

 

ゴール直前、ヴェルステルキングに抜かれますが、ディファーストは2着。

 

ディファースト-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-まとめ

前に行きたい力を何度も削がれてしまっては、後方に沈んでしまう。

 

しかし、そんな馬が逃げた場合、コントロールするのはそう難しくないんじゃないかと思う。

 

なんと言っても、手綱を引っ張らなくていいですから。削いでしまった力を逃げること、直線で弾けることに使ってもらえればいいわけですから。

 

「(そのレースにおいて)逃げる馬を買い続ければ儲かる」と言います。

 

今回のディファーストのレースは、おいしい逃げ馬をみつけるパターンとしてレース映像見ておいて損はないかもしれません。

 

以上、ディファースト-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-でした。

 

スポンサーリンク




競馬おすすめ記事

競馬の一番人気複勝率、確率約65%飛ぶ35%。2番人気3番人気4番人気と割合変わるが…

競馬のデータ予想と情報収集。マイニングの意味なくすタイムラグとノイズ

競馬場のコース。内枠外枠有利不利。特徴適性は覚えて攻略が得

プール調教の時計を測ったら面白いんじゃ? 苦手な競走馬も競馬で違う?

JRAレーシングビュアー。評判は上々。レース映像、パドック、重賞2歳3歳馬特集

未勝利戦の競馬予想。2歳3歳。コツを角居調教師の連載から考えた

競馬の資金配分。破産確率について学ぶ。『馬券裁判/卍著』感想。

岡田牧雄、予想法コラム本「競馬のプロへの第一歩・素人にマネのできない馬券術」。当たる確率、的中率
 

スポンサーリンク




-競馬レース映像分析
-, ,