競馬レース映像分析ネタ

デイリー杯2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

デイリー杯2歳ステークス 競馬予想 過去

 

デイリー杯2歳ステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

デイリー杯2歳ステークス2019(G2)。京都競馬場・芝1600mで行われます。1着賞金・3800万円。阪神ジュベナイルフィリーズ・朝日杯フューチュリティーステークスの前哨戦。

 

2019年のデイリー杯2歳ステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のデイリー杯2歳ステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、デイリー杯2歳ステークス。

 

デイリー杯2歳ステークスの歴代優勝馬・勝ち馬は、ボールドエンペラー・エイシンキャメロン・レジェンドハンター・ファストタテヤマ・シルクブラボー・メイショウボーラー・ペールギュント・マルカシェンク・オースミダイドウ・キャプテントゥーレ・シェーンヴァルト・リディル・レーヴディソール・クラレント・テイエムイナズマ・ホウライアキコ・タガノエスプレッソ・エアスピネルなどなど。

 

スポンサーリンク




デイリー杯2歳ステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

デイリー杯2歳ステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去の函館2歳ステークスのレース映像分析ではありません。過去のデイリー杯2歳ステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のデイリー杯2歳ステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。

 

デイリー杯2歳ステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ジューヌエコール・ジャンダルム・アドマイヤマーズ。どのような競馬を前走でしていた馬が過去のデイリー杯2歳ステークスで馬券になったのか。ボンセルヴィーソ・カツジ・メイショウショウブ。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。馬柱・出走表に書かれていない買いデータをまとめます。

 

過去のレース映像データを使った、デイリー杯2歳ステークス競馬予想2019【消去法】みたいなもの

デイリー杯2歳ステークス 過去データ分析

デイリー杯2歳ステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去にデイリー杯2歳ステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。過去にデイリー杯2歳ステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

デイリー杯2歳ステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともデイリー杯2歳ステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去のデイリー杯2歳ステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去のデイリー杯2歳ステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年のデイリー杯2歳ステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

デイリー杯2歳ステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ニュートロ デイリー ディッシュ ターキー グルメ仕立てのパテタイプ 8個セット

2018年デイリー杯2歳ステークス・レース過去結果データ

 

デイリー杯2歳ステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.6-11.8-12.4/12.7-12.0/11.6-10.8-11.5

 

1着・アドマイヤマーズ(1番人気・M.デムーロ騎手・馬体重472kg)

2着・メイショウショウブ(6番人気・池添謙一騎手・馬体重482kg)

3着・ハッピーアワー(5番人気・秋山真一郎騎手・馬体重440kg)

 

スポンサーリンク




デイリー杯2歳ステークス2018・オッズ・過去配当結果

デイリー杯2歳ステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 180円

複勝 3・110円/7・290円/9・230円

 

デイリー杯2歳ステークス2018・1着・アドマイヤマーズ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ダイワメジャー産駒)

2018年デイリー杯2歳ステークス1着、アドマイヤマーズ(オッズ・1番人気。血統・ダイワメジャー産駒)の前走は、中京2歳ステークス(中京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、6番・1着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.3-11.3-11.6/12.0-12.3/11.8-11.4-12.0

 

アドマイヤマーズは、6枠6番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつ、先行の外目から競馬するアドマイヤマーズ。

 

逃げて行ったのは、キュウドウクン。テン3ハロン35.2秒。少し早めの逃げ。アドマイヤマーズのテン3ハロンは35.4秒。こちらも早め。

 

向正面。早いペースに引っ張られすぎないように強めに押さえつつ追走する、アドマイヤマーズ。中間のラップはおおよそ標準くらいのラップで進む。

 

3角-4角。内に2頭いる外を押さえつつ、きっちり回って行くアドマイヤマーズ。鞍上の体の揺れ方がいかにも「脚溜まってますよ感」たっぷり。

 

直線。アドマイヤマーズは外目に振って直線に入って行く。手前変えて、軽く追う。ムチを一発二発。それだけでアドマイヤマーズは先頭。その後数度追うも乗った勢いで流してゴール。アドマイヤマーズ1着。上がり3ハロン34.9秒。上がり最速。

 

デイリー杯2歳ステークス2018最終追い切り・

栗東CW 良 86.7-69.6-53.6-37.8-11.8<4>ゴール前一杯に追う

 

※【デイリー杯2歳ステークス2018・過去結果データメモ】アドマイヤマーズの斤量は中京2歳ステークスから1キロ増の55キロ。前走のアドマイヤマーズは、ペースが少し早く流れる中、外目で折り合っての競馬。内に2頭いる外をきっちり回って行く距離ロスがありつつも、直線はほとんど追わずも上がり3ハロン34.9秒で最速。少頭数の競馬だけれども、テン早+距離ロス+上がり最速。

 

ごくごく当たり前に「本命候補」。アドマイヤマーズの前走内容に消す材料はあるのかい?

 

スポンサーリンク




デイリー杯2歳ステークス2018・2着・メイショウショウブ【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ダイワメジャー産駒)

2018年デイリー杯2歳ステークス2着、メイショウショウブ(オッズ・6番人気。血統・ダイワメジャー産駒)の前走は、2歳未勝利戦(京都競馬場・ダート1400m)でした。枠順は、2番・1着。池添謙一騎手。

 

馬場状態・乾きつつある稍重馬場

レースラップ・12.5-11.5-12.2/12.2/12.2-12.1-12.5

 

メイショウショウブは、2枠2番からスタート。発馬決めて、出して出してスピードに乗せて行くメイショウショウブ。外から勢いあった馬もいたものの、逃げてく形に。メイショウショウブのテン3ハロンは36.2秒。遅めの逃げ。

 

向正面。押さえつつ、折り合って逃げてくメイショウショウブ。ペースは少し加速して行く。

 

3角-4角。インベタで脚貯めつつ回って行く、メイショウショウブ。

 

直線。入口で軽く促して突き放す、メイショウショウブ。残り200mから追って、追う。後続は寄ってこれず。メイショウショウブ1着でゴール。上がり3ハロン36.8秒。

 

デイリー杯2歳ステークス2018最終追い切り・

栗東CW 良 83.7-68.0-52.8-39.4-12.4<6>馬なり余力

 

※【デイリー杯2歳ステークス2018・過去結果データメモ】メイショウショウブの斤量は2歳未勝利戦と変わらずの54キロ。メイショウショウブの前走は、ダート戦。ダートから芝替わり。

 

noteに67000文字書きました「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α〜(有料)」のパターン3該当馬。

 

noteに書かなかった話をちょろっと書きますと、ダートから芝に変わって走る馬の見定めポイントとして「テン3ハロンか上がり3ハロンで極端な脚を使う」というのがあります。メイショウショウブの場合はテン3ハロン遅かった分はあるものの、上がり3ハロン36.8秒というのは早すぎます。

 

メイショウショウブの場合、芝→芝→ダート→芝という過程なので、芝走ってるときの競馬次第では馬券の買い目に入れてもという発想もできます。

 

・メイショウショウブ新馬戦→発馬躓いて、巻き返すも狭いところに入って行って後手。直線、進路塞がれて切り返して切り返して進路探って伸びて、ヴァンドギャルドと0.2秒差の3着。

 

・メイショウショウブ2戦目→外枠から外目走る競馬になり、内に2頭きっちり回り。テン3ハロン35.0-上がり3ハロン35.8秒と早い流れの中競馬して、ノーブルスコアの3着。

 

ヴァンドギャルドやノーブルスコアが重賞で馬券になるのがわかるのは、デイリー杯2歳ステークスのあとですが「馬は違えど、騎手は違えど」どことなく似た形で馬券になるパターンを繰り返しています。温故知新、温故知新でございます。

 

馬券のヒモ・相手に入れておくタイプ。

 

デイリー杯2歳ステークス2018・3着・ハッピーアワー【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ハービンジャー産駒)

2018年デイリー杯2歳ステークス3着、ハッピーアワー(オッズ・5番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、すずらん賞(札幌競馬場・芝1200m)でした。枠順は、3番・1着。秋山真一郎騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.7-11.4/12.1-12.1-12.2

 

ハッピーアワーは、3枠3番からスタート。出遅れ。前の動きを伺いつつ、軽く促して中団のインまで上がってくる、ハッピーアワー。

 

逃げて行ったのは、エムティアン。テン3ハロン34.2秒。おおよそ標準〜少し早めの逃げ。ハッピーアワーのテン3ハロンは34.8秒。

 

3角-4角。ハッピーアワーは、インベタで押さえつつ回って行くも、じわじわ外目を探っていき、内2頭外を回っていく。

 

直線。外目へ振って行く、ハッピーアワー。追って、6番手7番手。残り200mを切って、ムチ入れて伸びを見る追い方になり先頭。そこから再び強めに追って、後方から追い込んできたパイロテクニクスに交わさせず。ハッピーアワー1着でゴール。上がり3ハロン35.8秒。

 

デイリー杯2歳ステークス2018最終追い切り・

栗東CW 良 85.0-68.3-53.2-39.3-12.2<7>馬なり余力

 

※【デイリー杯2歳ステークス2018・過去結果データメモ】ハッピーアワーの斤量はすずらん賞から1キロ増の55キロ。前走のハッピーアワーは、出遅れ+ペースは標準〜やや早めな中、じわじわコーナー外目へ出して行っての競馬。コーナーの半円きっちり距離ロスはしてないものの、直線先頭に立って押し切った。

 

本命にはできないが、ヒモ・相手からは外せないタイプ。ハービンジャー産駒で距離延長はプラス。

 

加えて、短距離戦で出遅れ癖あるものの上がりを間に合わせてくるタイプは距離延長したときに出遅れた負荷が中和されて行くこともあるので、すずらん賞の芝1200mから、デイリー杯2歳ステークスの芝1600mへの距離延長もプラス。

 

デイリー杯2歳ステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ヒカリ (Hikari) ひかりデイリー 中粒 4kg

2017年デイリー杯2歳ステークス・過去レース結果データ

 

デイリー杯2歳ステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.6-11.0-12.1/13.0-12.3/12.4-11.6-11.3

 

1着・ジャンダルム(5番人気・アッゼニ騎手・馬体重484kg)

2着・カツジ(4番人気・松山弘平騎手・馬体重476kg)

3着・ケイアイノーテック(3番人気・川田将雅騎手・馬体重472kg)

 

デイリー杯2歳ステークス2017・オッズ・過去配当結果

デイリー杯2歳ステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 730円

複勝 3・190円/8・170円/5・170円

 

スポンサーリンク




デイリー杯2歳ステークス2017・1着・ジャンダルム【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・Kitten's Joy産駒)

2017年デイリー杯2歳ステークス1着、ジャンダルム(オッズ・5番人気。血統・Kitten's Joy産駒)の前走は、2歳新馬戦(阪神競馬場・芝1600m)でした。枠順は、6番・1着。武豊騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・13.0-12.0-13.0/12.9-12.6/11.3-10.9-11.6

 

ジャンダルムは、6枠6番からスタート。好発も押さえつつ、行きたい馬に前へ行かせて、外目の先行ポジションで押さえつつ走って行くジャンダルム。

 

逃げて行ったのは、ストリ。テン3ハロン38.0秒。遅い。とっても遅い。ジャンダルムのテン3ハロンは38.3秒。遅い。とっっても遅い。

 

向正面。逃げ馬・ストリの作るペースは遅いままを継続して行く。ジャンダルムは変わらず、外目を強めに押さえつつ先行して行く。ドスローのヨーイドン確定。

 

3角-4角。内に2頭外を押さえつつきっちり回って行く、ジャンダルム。4角出口で「遅すぎるわ、もう走らせろー」と、ジャンダルムがイラついてる。その影響か後を走ってたロードラナキラが膨れて直線に入って行ってる。

 

直線。ジャンダルムは少し促されて、軽く追い始めて先頭。強めに追われつつ、伸びて伸びて、後続を交わさせず。ジャンダルム1着でゴール。上がり3ハロン33.7秒。

 

デイリー杯2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東CW 良 83.0-65.8-51.3-38.1-11.6<7>一杯追う鋭く

 

※【デイリー杯2歳ステークス2017・過去結果データメモ】ジャンダルムの斤量は2歳新馬戦より1キロ増の55キロ。前走のジャンダルムは、ドスローなレースを距離ロスしつつ折り合って、脚めたレース。直線、そこそこ追ってはいるものの、上がり3ハロン33.7秒あれば合格点。

 

あとは、相手関係で印の重さを上げ下げ。

 

デイリー杯2歳ステークス2017・2着・カツジ【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2017年デイリー杯2歳ステークス2着、カツジ(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、2歳新馬戦(京都競馬場・芝1600m)でした。枠順は、6番・1着。松山弘平騎手。

 

馬場状態・雨の降り続く、不良馬場に近づく重馬場(ダートコースは、水の浮く不良馬場)

レースラップ・13.0-11.3-12.2/13.2-12.8/12.4-11.8-12.1

 

カツジは、4枠6番からスタート。まずまずのスタートも押さえつつ、折り合って前目へ向かうカツジ。外から入ってきた行きたい馬を行かせて中団から。

 

逃げて行ったのは、ハクサンエンペラー。テン3ハロン36.5秒。馬場状態考えて、少し遅めの逃げ。カツジのテン3ハロンは37.4秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いまま継続。カツジは押さえつつ、中団の位置取りは変わらず。

 

3角-4角。内に1頭いる外を回っていくカツジ。押さえつつもじわじわ外目に出してく。

 

直線。カツジの前が壁な瞬間もあったものの、進路を見つけて追い始める。強めに追って、追って、抜け出す。後続から迫る馬いるも交わさせず。カツジ1着でゴール。上がり3ハロン35.9秒。最速タイ。

 

デイリー杯2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東CW 良 80.8-65.5-50.8-37.6-12.1<7>末一杯追う

 

※【デイリー杯2歳ステークス2017・過去結果データメモ】カツジの斤量は2歳新馬戦と変わらずの55キロ。前走のカツジは、不良馬場と言っていいくらいな水分量の馬場。逃げ馬は早くなく、中間ラップも遅いままなレース。ドスローまではいかないものの、遅い流れの中、折り合いつつカツジは脚を貯めて競馬をした。上がり3ハロン35.9秒は馬場考えるとそこそこ早い数字。

 

馬券の買い目には入れておきたい。

 

スポンサーリンク




デイリー杯2歳ステークス2017・3着・ケイアイノーテック【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2017年デイリー杯2歳ステークス3着、ケイアイノーテック(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、2歳新馬戦(阪神競馬場・芝1600m)でした。枠順は、2番・1着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.1-13.0/13.7-12.6/11.1-11.2-11.5

 

ケイアイノーテックは、2枠2番からスタート。好発も押さえて押さえて、じわじわ行きたい馬を先に行かせていく。ケイアイノーテックは先行のインへ。

 

逃げて行ったのは、ヤマカツケンザン。テン3ハロン36.7秒。遅めの逃げ。ケイアイノーテックのテン3ハロンは37.0秒。

 

向正面。強めに押さえて折り合いつつ、内目に入れてくケイアイノーテック。ペースは「13.7-12.6秒」と、かなり遅いまま進んで行く。

 

3角-4角。インベタで押さえつつ回って行く、ケイアイノーテック。

 

直線。脚のなくなった逃げ馬・ヤマカツケンザンの内をすくって、追って追って追うケイアイノーテック。抜け出して先頭に立ってからは、後続を離す形。ケイアイノーテック1着。上がり3ハロン33.5秒。最速。

 

デイリー杯2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 良 51.5-37.1-24.3-12.0 末強めに追う

 

※【デイリー杯2歳ステークス2017・過去結果データメモ】ケイアイノーテックの斤量は2歳未勝利戦から1キロ増の55キロ。前走のケイアイノーテックは、遅いペースの中、押さえて折り合っての競馬。中間ラップも遅いまま。コーナーはインベタで距離ロスなく回るも、直線はしっかり上がりを出して上がり3ハロン33.5秒。上がり最速。

 

距離ロスがない分、馬券の印は相手・ヒモくらいがいいタイプかと。

 

デイリー杯2歳ステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

デイリーコンサイス中日・日中辞典

2016年デイリー杯2歳ステークス・過去レース結果データ

 

デイリー杯2歳ステークス2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.5-11.4-12.0/12.5-12.1/11.5-11.2-11.4

 

1着・ジューヌエコール(2番人気・福永祐一騎手・馬体重490kg)

2着・ボンセルヴィーソ(8番人気・松山弘平騎手・馬体重468kg)

3着・サングレーザー(4番人気・武豊騎手・馬体重472kg)

 

デイリー杯2歳ステークス2016・オッズ・過去配当結果

デイリー杯2歳ステークス2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 360円

複勝 6・160円/3・820円/8・190円

 

デイリー杯2歳ステークス2016・1着・ジューヌエコール【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・クロフネ産駒)

2016年デイリー杯2歳ステークス1着、ジューヌエコール(オッズ・2番人気。血統・クロフネ産駒)の前走は、ききょうステークス(阪神競馬場・芝1400m)でした。枠順は、9番・1着。ルメール騎手。

 

馬場状態・乾きつつある稍重馬場

レースラップ・12.5-11.1-11.7/12.2/12.1-11.4-11.3

 

ジューヌエコールは、8枠9番からスタート。外枠からで視界に空いてる空間が入ったからか、出遅れ。しかし、ジューヌエコールは無理に挽回せず後方から。

 

逃げて行ったのは、ジャンダラリン。テン3ハロン35.3秒。少し遅めの逃げ。ジューヌエコールのテン3ハロンは36.5秒。

 

向正面。ペースは上がらず。遅いままを維持。ジューヌエコールは後方から内目に入れて行く。

 

3角-4角。ジューヌエコールは内に入れてインベタ気味に走るも、前を走ってたショーウェイがつまりつつあって方向転換。内1頭外を強めに押さえつつ回って行く。

 

直線。じわじわと外目に出して行きつつ、直線に入っていったジューヌエコール。追い始める。追って、追って、ムチ入れして伸びを見つつ、内にいた各馬を差し切ってゴール。ジューヌエコール1着。上がり3ハロン34.0秒。上がり最速。

 

デイリー杯2歳ステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 稍 51.8-37.9-24.5-12.1 馬なり余力

 

※【デイリー杯2歳ステークス2016・過去結果データメモ】ジューヌエコールの斤量はききょうステークスと変わらずの54キロ。前走のジューヌエコールは、出遅れ。少し遅いペースを後方で折り合う。コーナーで内目に入れるも前が渋滞で外に切り替えて進路探す。直線は追って、追って、上がり3ハロン34.0秒の最速で差し切る。

 

出遅れて+上がり最速。相手関係ではアタマまである馬券は怖いところのあるパターン。

 

デイリー杯2歳ステークス2016・2着・ボンセルヴィーソ【過去データ】(オッズ・8番人気。血統・ダイワメジャー産駒)

2016年デイリー杯2歳ステークス2着、ボンセルヴィーソ(オッズ・8番人気。血統・ダイワメジャー産駒)の前走は、2歳未勝利戦(京都競馬場・芝1400m)でした。枠順は、1番・1着。池添謙一騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.5-11.2-11.4/11.2/11.6-11.7-12.0

 

ボンセルヴィーソは、1枠1番からスタート。出遅れ。出して行って、挽回して行く。スピードに乗って空いていた内目から上がって行くも、じわっとラニカイサンデーが前に入ってきて、スピード調整。押さえつつなボンセルヴィーソ。

 

逃げて行ったのは、ビップソルダー。テン3ハロン35.1秒。おおよそ標準〜少し遅めのペース。ボンセルヴィーソのテン3ハロンは35.6秒。

 

向正面。まくり気味に追い上げて行った逃げ馬だったので、ペースは「11.2秒」とかなりのペースアップ。ボンセルヴィーソはインを押さえつつ、折り合っての追走。ついて行く。

 

3角-4角。ボンセルヴィーソはインベタで回って行く。4角入り口あたりで斜め前を走ってたシュンヒーローがボンセルヴィーソの空いてた進路をふさぎ気味に入ってきて回って行ったため、少しブレーキ。

 

直線。ボンセルヴィーソは前が壁気味も、外へ切り替えて強めに追い始める。追って追って、逃げ馬、2番手を交わしてゴール。ボンセルヴィーソ1着。上がり3ハロン34.7秒。

 

デイリー杯2歳ステークス2016最終追い切り・

栗東CW 稍 84.8-68.2-52.9-38.7-12.0<7>馬なり余力

 

※【デイリー杯2歳ステークス2016・過去結果データメモ】ボンセルヴィーソの斤量は2歳未勝利戦と変わらずの55キロ。前走のボンセルヴィーソは、出遅れるも促して先行して行く。ペースは標準くらいもまくって行った逃げ馬が中間ラップを引き上げたため、流れは早くなる。4角で少し不利ありつつも、直線は追って追って伸びて1着。上がり3ハロン34.7秒。

 

インベタ追走とはいえ、早くなった流れについて行って、早い上がりを使えてれば馬券になる可能性は高くなる。少なくとも馬券のヒモ・相手にはいれる。

 

デイリー杯2歳ステークス2016・3着・サングレーザー【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年デイリー杯2歳ステークス3着、サングレーザー(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、2歳未勝利戦(札幌競馬場・芝1800m)でした。枠順は、1番・1着。武豊騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.5-11.9-12.6/13.2-13.3-12.8/12.3-11.5-11.5

 

サングレーザーは、1枠1番からスタート。「よっこらしょ」という感じで出遅れてスタート。押さえつつ、後方から競馬して行くサングレーザー。

 

逃げて行ったのは、ジュンキタフーレン。テン3ハロン37.0秒。洋芝+2歳未勝利戦からすると、このラップはおおよそ標準くらい。サングレーザーのテン3ハロンは37.9秒。

 

1角-2角。押さえつつ、サングレーザーは内1頭外を回って行く。

 

向正面。「13.2-13.3-12.8秒」と中間のペースは上がらない。サングレーザーは後方から押さえつつ、折り合いつつ。外目に出してく。

 

3角-4角。外目へ出したサングレーザーは、内に2頭半くらい外をまくり気味に上がって行く。押さえつつ、折り合いつつ。

 

直線。外目を回って行ったので、サングレーザーの追い出せる位置は楽々確保。軽く追い始めて、先頭。強めな追い方になりつつ、後続の追い込みをさせず1着でゴール。2着馬はサトノアレス(2016年の朝日杯フューチュリティーステークス・1着馬)。サングレーザーの上がり3ハロンは35.1秒。

 

デイリー杯2歳ステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 稍 57.8-41.3-26.7-12.8 馬なり余力

 

※【デイリー杯2歳ステークス2016・過去結果データメモ】サングレーザーの斤量は2歳未勝利戦から1キロ増の55キロ。サングレーザーの前走は、出遅れて、テン3ハロンおおよそ標準ペースで流れる中、後方で折り合って行く競馬。中間ラップがかなり垂れたものの、3角-4角は距離ロスありつつまくって行き、直線は伸びて上がり3ハロン35.1秒。

 

「出遅れ+距離ロス+上がりそこそこある」。という、馬券になりやすいパターン。ただ、コーナー減の距離短縮がどう出るかは見るポイントとしてある(3角-4角でまくって行ってるから、コーナー減って当たり前に流れるペースが早くなってもある程度対応できるだろうという見方だったり)。

 

印の重さは馬券の相手やヒモくらいがいいかと。

 

以上、デイリー杯2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

デイリー杯2歳ステークス2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.