繰り返しの謎解き商会

*

競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない

      2017/09/24

競馬のデータは、競馬予想に欠かせないもの。的中率、回収率、馬券になるかならないか。競馬新聞の馬柱に掲載されている数字も競馬のデータです。しかし、競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれないのです。

 

どんな的中率、回収率な競馬データを使って競馬予想していくときでも、重要なことは「どうしてそうなるのか、どうしてそうならないのか」について知ってるかどうかはあるでしょう。事象の原因を知っていれば応用が可能になりますから。

 

スポンサーリンク




競馬初心者な頃のデータ競馬と競馬本。的中率、回収率

競馬のデータベースから、ターゲットなどを使い馬券に活かしていく「データ派」な人たち。ターゲットを使いこなすという縁には恵まれなかったものの、データ本や雑誌に載ってるものはけっこう読みました。

 

馬券を買い始めた頃は特に、競馬のデータ本ページを開きました。右も左もわからないのに、競馬は面白いと感じてましたから(カラカラのスポンジに染み込むこと染み込むこと)。

 

いわゆる回収率・的中率のいいデータの切り口本です。

 

雑誌に書かれていることを、コース別にルーズリーフにまとめ直したりもしてましたっけ……(発見がたくさんあるものだから、楽しくって書きすぎて肩こりで悶絶してたことも……)。

 

その手の本はとても人気ですから、毎年たくさんの本が出版されています。発売される時期が来たね、みたいな本もあります。

 

競馬初心者な当時、予想ファクターの筆頭だった調教でもデータの切り口本は売られていました。この調教師がこの調教コースで、この数字を出しているときの回収率はいくら……みたいな本です。とても熟読してました……。ぽつぽつ馬券当たるものですから。

 

参考→競馬予想初めた初心者の頃、一か月目で読んだ、馬券本メモ。血統・調教・騎手・穴馬券・馬単・三連単…知識ないですから

 

参考→競馬初心者の頃、二か月〜半年くらいで読んだ、馬券本メモ。坂路調教、鉄板競馬、穴馬、指数、レース映像分析、ヤリヤラズ、ラップタイム…

 

的中率・回収率の高いデータがたくさん重なる馬が出走して来る

予想してますと、回収率のいい、複勝率のいいデータな馬が出走してきます。しかも、3つ4つ有用性のあるデータが重なって出走してきたりする。

 

「こ、これは……。こっちもいいし、あっちもいい。人気ないし……。いくら賭けよう……」

 

そんなことは何度も、いえ、何十回もありました。何度、金を勘定したことでありましょう。

 

結果ですか? 良いこともありましたが、悪いことのほうが多かったかな……。

 

行けると思ったレース。大きく賭けたが、馬券を外す。

 

ここは無理だろうと思ったレース。賭けずに、馬は馬券になる。

 

どうしてそうなるんだい?

 

関連→競馬予想の勝つ準備・負けた後の準備について。馬券で負けない方法や法則、理論を作るコツは、前持った用意にある。取り返す、取り戻すと思うよりも有効では

 

回収率の高いデータがあることは理解した。けれど、データの中から、もっと確実に的中率を上げることはできないだろうか……

よく出す例ですが、

 

<10 - 10 - 10/30> 複勝率・50%

 

というデータがあって、2回に1回来るのはわかる。素晴らしいデータなのも理解します。

 

ところで、このデータをきっちり使うにはどうすればいいのか。

 

すなわち、3着までに来るときに買い、来ないときには買わないかヒモまで落としてお金を入れないようにする。

 

どうしてもデータの好条件に当てはまってると、良いほうに見てしまいがちです。

 

都合よく「良いときは良い。悪いときは悪い」なんて判断できるかよという話もありますが……。

 

複勝率が50%とわかってる状態のデータとして競馬予想するのと、もっと良くして複勝率80%にしているのでは、同じ事象のデータを使って競馬予想しているのだけど、儲けの確率は変わって来る。的中率、回収率が変わってくる。

 

そういうデータがいくつも持っているとしたら?

 

データだけ見て馬券を買うのが恐くなった、雑誌「R25」の話

会った人の八割が「新聞を読んでいる」と答えた

 

「M1層は新聞を読まない」という定説をベースに、なぜ新聞を読まないのか、やはりネットの影響力は強いのか、そういったことを探求するためのグループインタビューが始まりました。そこで我々は意外な声に遭遇することになりました。なんと、約八割の人たちが、新聞を読んでる、と答えるのです。これはおかしいぞ、と思いだしたのは、定性調査が六〇人か七〇人を超えた頃でした。ほとんどが「新聞は読んでいる」と答えるのです。定量調査で答えた人が、あるいは定性調査で答えた人か、明らかにどちらかがウソをついている、ということです。

 

しかも定性調査では「どんな新聞を読んでますか」という質問に、判で押したように「日本経済新聞」という答えが返ってくる。

 

藤井大輔「R25」のつくりかた(日経プレミアシリーズ)43p より

 

定量調査というのは、いわゆるアンケートです。Twitterでも機能としてついたものと言えばわかりやすいでしょうか。選択肢などによってパーセンテージを出せます。

 

定性調査というのは、引用にもあるとおりグループインタビュー。面接のような形で個別に質問してデータを集めるものもあります。

 

えっ、競馬に関係ないじゃないかって?

 

いえいえ、集まっているデータをどう扱うのか、真贋、吟味して選択行動する点では一緒です。行動を決定する。賭けるってことでは一緒ですから。

 

藤井さんは「M1層は新聞を読まない」という定説から、情報を集めて行った。しかし、逆の答えが個人個人にたずねると続々聞こえてくる。

 

はて、それはどうしてか?

 

質問の仕方によっては、理想像を答えることができてしまう。そういうデータが集まってしまう

藤井さんは謎を解こうと、ある仕掛けを考えます。質問の仕方を変えてみるんですね。データ化する切り口を変えるわけです。

 

その結果、出てきた答えが、

実は新聞を読みたいと思ってた(49p)

だったことに気付きます。

 

これには「なるほどなぁ」と、理想像を答えてしまう質問ってあるよなと思いました。Twitterの質問にもそういうバイアスがあるでしょう。

 

利害が薄ければ、理想像を答えてしまうことはあります。妙な優越感に浸れる瞬間もあるでしょうし……。

 

馬券にも理想像が介在してくることってあります。とっても、とってもあります。的中率が高いデータ、回収率が高いデータだという安心感。1事象、1事象バラバラにして考えたら的中率、回収率が高いとは言い切れなくなる事象に出くわすこともあるのだけど……、たくさん集まるとそうじゃなくなる。馬券を買うのは目の前の1レースなんだけどな……。

 

つまり、データの有用性が邪魔するんですね、競馬予想するときに。

 

でありますから、藤井さんの話が競馬と関係ないとは言い切れません。

 

関連→競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

関連→競馬予想で穴馬券を買えなくする原因は、データ(結果・情報)の見方、組み立て方にあるのでは?精度を上げるには…

 

競馬のデータはデータ。どうしてそれが起こったのかを知る、探る、研究する。それができる材料を仕入れる

例えば、企業不祥事などの事件が起きたとして、株価が上がったか下がったかなど、起こった事象については意外に知ってます。ところが、どうしてそれが起こったのか、どうしてそれがこれだけメディアで騒がれているのかがわからない。全体を俯瞰して見る見識が足りない。だから、深い知識になっていかず、消化不良感がものかごく残る。それを彼らは自覚していました。ただ、どうすればいいのかは、わかっていなかった。

 

藤井大輔「R25」のつくりかた(日経プレミアシリーズ)54p より

有用なデータがあったとしても、それをたくさん組み合わせたとしても、どうして有用になるのがわかってる人には勝てません。

 

<10 - 10 - 10/30> 複勝率・50%

 

3着までに来るときはこういうことがあるとき。3着までに来ないときはこういうことがあるとき……。その要素はもちろんひとつふたつではないでしょう。アクシデントや不利も起こります。

 

複勝率50%のこのデータは、事情のデータです。例えば、あるコースある枠のキンカメ産駒の事象データといってもいいでしょう。2回に1回来ることはわかります。

 

しかし、

 

「どうしてくるのか、どうしてこなかったのか」

 

について答えてくれてるわけではない。同じようなデータをいくら重ねても、「どうして」には答えてくれないんです。

 

競馬の「どうして」がわかれば困らないよという人もいるでしょう。

 

全部がわからないにしても、どうしての2割3割でも掴めれば、ある事象データにおける自分の複勝率は他の人より上がるはずです。

 

競馬のレースはどのファクターを使うにしても、応用問題しか出題されません。

 

複勝率が上がるということは、回収率が上がるということであり、自信を持って賭けられるということです。応用問題どんとこいということです。この事象のデータはこのファクターと相性がいいこともわかるようになるでしょう。それは、「どうしてか」がわかってるから組み合わすことができるわけです。

 

藤井さんの「R25」のつくりかたを読んでて、競馬におけるデータのとらえ方をもっともっと気にしないと大変なことになる、そう考えました。気にしまくってると儲けが近づく。楽しくなるとも。

 

競馬予想において、レース映像を見る時間が増えた理由

競馬予想のデータをもっと丁寧に扱わないと、馬券の儲けが多くなくなって行くと感じたもので、それからというもの、レース映像をぐりぐりに見る時間が増えました。

 

事象に対して、どうしてそうなるのかを知ろうとするとき、別の事象を重ねても、データはどうしてについて答えてくれない。「事象を集めるとデータはこうなります」とは表してくれる。

 

どうしてを知ろうすれば、面倒でも1件1件を細かくみてどうしてを探る必要がでてくる。

 

「R25」の藤井さんがやっていったようなことですね。探り方を変えてみたり。

 

競馬でもそれは可能だと思います。

 

それには、感覚的にとらえる物事に向かうのが一番だと思いました。すでに検索可能な用語を用意されてるところから離れてみるということです。

 

参考→競馬予想のデータ、情報・成績・結果にはすぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なものがある

 

誰にも検索可能な形ではない、検索不可能な要素というのはあります。ただ、不可能を可能にすることはできるだろうと。

 

思うに、馬券でうまいこと飯を食べてるごくわずかな人たち(目立つところに決して出て来ない人)というのは、自分にだけ理解可能な形で検索可能な要素を作り上げてる人なのではないだろうか。

 

言語化して他人に説明することができないのだけど、使う本人にとっては言語化できており理解できる感覚……なんて書くとスピリチュアル方面に驀進してしまうので、そういうことじゃないのだけど……。

 

えーっと、うーんと。

 

競馬予想をして行く上で、誰かに用意されてるものばかりを頼りに予想しない感覚ですね。うん。

 

パドックだったり、返し馬だったり、馬体だったり、レース映像だったり……。

 

競馬予想のデータ、情報・成績・結果にはすぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なものがある より

これに気付いてからというもの、穴になった馬のレースを細かく見て、精査するデータを作るようになりました。

 

おかげさまで、年間の回収率が100%を超えてる年が続いているので、多少は効果があったのだと思います。

 

複勝の400円あたりを当てられるとけっこう興奮しますよ。

 

事象の集まりであるデータを使えるようにするのは、他のデータではなく自分自身の探求であるというわけです。

 

以上、競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれないという話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




競馬ネタ・おすすめまとめ【馬券初めて入門中、初心者(ビギナー)、やり方模索中の方、参考になれば】

【競馬予想の楽しみ方や知識を増やして、馬券成績・回収率上げる研究とコツ。大穴・人気薄。レース映像(動画)を見ながら、など】

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

 

【今週も、今日も明日も明後日も。土曜日・日曜日。もちろん、来週も……JRAと仲良く! 馬券で負けないポイントを作る考え方・複勝馬券】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

【G1・重賞・未勝利! 馬券術の選択。情報・データの選択。ファクター(要素)は何を見て、重視して予想する? その基礎。血統・調教・騎手・ラップタイム……】

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

【競馬場、ウインズ(wins)、パソコン・スマホ(ネットオンライン・IPAT、A-PAT・即PAT)どこで馬券買っても】

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

 

【JRAの競馬場、東京・中山・阪神・京都・中京・小倉・新潟・福島・函館・札幌……コースの特徴・外枠内枠・有利不利】

馬券初心者は、JRA競馬場で内枠不利な特徴・傾向のあるコースデータを調べて覚えて予想したほうが良い

 

【馬券の買い方、金額の重要ポイント。的中率をあげるための精神的スタンス(なかなかできないけど……)】

競馬で破産しない方法。馬券が外れて授業料になってもいいお金を、購入金額にする。そして、予想を当てる確率高くして授業料回収

 

おすすめ競馬記事

競馬の収支ノートを発掘。馬券を買いだしたときにつけていたものであります【初心者の頃】

オッズを先行させて予想し続けると、馬券を当てる力はつきにくくなる【競馬・馬券】

トーホウジャッカル・神戸新聞杯、不利&不利でも追い込んで、舌ベロンベロン3着→GI菊花賞で優勝【競馬・馬券】

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

雨の歌・雨の曲といえば、おすすめ5曲・その1。『優しい雨/小泉今日子』『雨/森高千里』『雨は手のひらにいっぱい/SUGARBABE』など【カラオケ】

人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

iPhoneアプリ、ボイスメモを使い一人カラオケ・ヒトカラを録音してみた。icレコーダーはスマホの中に?音質そこそこ。練習、確認用におすすめ

 

 - データの見方(情報・結果) , , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

競馬のデータに必ず生じる、タイムラグとノイズ除去の話。どれだけ収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なこと

競馬のデータは正確に数字が出されてることに疑いはありません。しかし、競馬のデータにタイムラグとノイズは必ず生じてるとしたらどう考えるでしょうか。競馬予想に日頃頼りにしているデータにです。どれだけ競馬のデータを収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なことは、タイムラグから生じるノイズを取り除かないと競馬のデータとして使い勝手が悪くなるということ。競馬のデータを収集して、集計して、解析することは安価にできます。しかし、より使える状態にするのには手間がかかります。しかし、その分析や作業を競馬予想と言っても悪くはないわけで……。

競馬予想のデータ、情報・成績・結果にはすぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なものがある

競馬予想のデータ、情報・成績・結果には様々な切り口があります。情報として、データとして、競馬予想に成績や結果は利用できる。しかし、すぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なもの(レース映像・パドック・返し馬・調教動画)があるのではないかと思いまして。競馬予想のデータ、情報、結果、成績ですぐに確認できるものは、的中率、回収率をパパッと計算できます。枠が決められているからです。文字を見るだけで確率を知ることが可能です。しかし、検索不可能な競馬予想のデータ、情報、結果、成績は簡単にデータを整えることはできません。

馬券が当たらない。競馬予想の知識・情報の見方・データの傾向を知れば知るほど…。どうしてですか?

馬券が当たらない。競馬予想の知識、情報の見方、データの傾向を知れば知るほど、馬券が当たらない。どうしてですか? 競馬本や馬券本、ブログを読んで馬券術を競馬予想のために仕入れてても、馬券は当たらない。どうしてか? 馬券が当たる前提で知ったこと、競馬予想の知識、情報の見方、データの傾向を全て足し算で考えているからではないかと。馬券術やデータ、情報は100%内で割合を変えることが大事です。その中で、自分に相性のいいファクター(要素)を見つけ出すこと。相性のいい競馬予想ファクターの知識、データ傾向、情報の見方については誰よりも知っておく。これが馬券の当たらないことから逃れる道かと思います。

阿佐田哲也の名言「ばくちというものは……」に納得。競馬予想に馬券に通用。ギャンブルがうまくなるポイントになるのでは?

阿佐田哲也氏の名言「ばくちというものは……」に納得という話を。阿佐田哲也氏の名言、ギャンブルの上達方法について書かれたものですが、もちろん競馬予想に馬券に応用可能なことです。ギャンブルがうまくなるポイントになる名言です。ただし、阿佐田哲也氏の名言で語られてることをこなすのは楽なことではありません。しかし、競馬予想や馬券に限らず、ギャンブルで飯を食べられてるごくわずかな人の感覚にあることには変わりないと思います。阿佐田哲也氏の名言「ばくちというものは……」をはじめて読んだときは、ほんとどれだけうなずいたことか……。

競馬の結果や成績から馬券になるデータ・情報を見つけると、同じ傾向はないか収集してまとめようとして目の前の予想をほっぽり出してしまう…

競馬の結果や成績は日々見ます。競馬の結果や成績から、馬券になるデータ・情報を見つけることもある。すると大変。馬券になる同じ傾向のデータはないか、収集してまとめようとしてしまうのです。細かく競馬の結果や成績を見ていると、意外と馬券になるデータ、傾向は見つかったりするのです。もう、俺の競馬データだものと、収集とまとめ作業です。そして、馬券になる傾向データを収集してまとめることが楽しくなってしまい、競馬の結果や成績ばかり見てしまい、目の前の予想をほっぽり出してしまうのです……。あっ、あれっ? いいのか、これ? 俺の競馬予想。

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

競馬予想にデータはつきもの。大数の法則(確率)を使い、競馬予想のデータに有用性を持たせる話がある。はて、大数の法則(確率)を競馬予想に取り入れて応用すると、馬券のデータが簡単に意味を持つのでしょうか。大数の法則と競馬予想のデータの関連性を見ていると、簡単に意味を持つ? どうも疑問が走るのでした。カジノに関する本を読んでて、大数の法則を競馬予想に使い、回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのはほんのりまやかしではないかと思ったのです。大数の法則でいわれる、サイコロには……。

競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事

競馬予想で指数を使い馬券を買うのは便利で意味があるように見えます。しかし、その買い方に違和感があったのです。どうしてそう感じるのかをブログに書き探っていったところ、親父の仕事の教え方に謎を解く鍵がありました。競馬予想の精度を良くして、当たる確率、的中率や回収率を上げるには細かさを逃げ・先行させ、構築して差して、追い込んでいくことがなによりも大事です。競馬を見るとき指数を使っていると、どうしても深掘りしようというネタが探れません。そこのところを考えて行きます。指数を使って馬券を買うことに違和感を感じた根本要因を見つけたもので。ひとつ前に書いた、中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともないの続き。

競馬予想で穴馬券を買えなくする原因は、データ(結果・情報)の見方、組み立て方にあるのでは?精度を上げるには…

競馬予想して穴馬券を買い、的中させたいもの。しかし、競馬予想して穴馬券が買えない。来ない。恐い。そこには、競馬予想して穴馬券を買えなくする原因があると思うのです。競馬のデータ(結果・情報)の見方、組み立て方にあると。競馬のデータ(結果・情報)の見方や、組み立て方の精度を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。競馬予想してオッズのつく人気のない穴馬を買ってもいいと思えるようになるには……。競馬予想する人の都合にあわせてくれる、データ(結果・情報)の錯覚とは。

JRA中央競馬・地方競馬の新馬戦予想成績は、使えるファクターに差があるので分けることにした話。馬券の買い方も変える

JRA中央競馬・地方競馬の新馬戦は通常のレースと同様に行われ成績が記録されます。しかし、中央競馬・地方競馬の新馬戦は予想に使えるファクターに差がある。今まで新馬戦の成績も他のレースと一緒の成績としてきたのだけど、自分の予想成績は、新馬戦と新馬戦以外に分けることに。そのほうが正確になるでしょう。新馬戦の馬券の買い方も変えていきます。はやり、馬券を買い続けていく上で再現性をしっかりつかんでるデータかどうかは大切です。新馬戦はどうしても再現性をつかんでいるかどうか微妙なデータで馬券を買うレース。他のレースと一緒の感覚でいるのは違うなと考えまして……。

卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方推測「馬券裁判男の予想法を解明する本」感想。JRDBファクターシミュレーション。稼げる買い方にするには、工夫が必要?

卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方。ファクター推測、競馬予想本・馬券本。「1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法を解明する本」の感想・レビュー。様々なファクターを使い競馬予想する。馬券の買い方は追い下げで行くのが一番。競馬で稼ぐならば、馬券の買い方は追い下げと感じた本でした。JRDBファクターを使ってシミュレーションして、稼げる馬券の買い方を見つけた。その馬券の買い方を追い下げで買い続けた馬券裁判男こと、卍氏。競馬で、馬券で稼ぐとき、ファクター、データの組み合わせはとっても大切。JRDBのデータ、ファクターを使ってシミュレーション。卍氏は競馬で馬券で稼げる買い方にした。