雑誌

佐藤健、江戸川コナン表紙。青山剛昌対談、インタビュー。ダヴィンチ2014.05(雑誌)。特集、名探偵コナン【読書はおすすめ】

更新日:

ダ・ヴィンチ 2014年 05月号 [雑誌]

 

佐藤健、江戸川コナン表紙。ダヴィンチ2014.05感想

ダヴィンチ2014.05号の感想です。佐藤健+江戸川コナン表紙。

 

特集は、『名探偵コナン』と、『ダヴィンチ』20周年記念。青山剛昌対談、インタビュー。

 

うむむ、コナンは語れる材料が乏しい……。コナン、アニメ何度か見たことありますけども。

 

スポンサーリンク




佐藤健、江戸川コナン表紙なダヴィンチ、買いました。青山剛昌対談、インタビュー。

久しぶりにダヴィンチ買いました。本をよく読むようになったのが二十歳の頃で、そのころから毎号買っていたのですが、3年前くらいから買うのをやめてしまってました。

 

最近、本屋さんに行って特に文庫本とか新書の棚で、「この本、文庫になってたのか」とか、「いつの間に発売されていたのでありますか!」

 

ということが頻繁に起こる。

 

嗚呼、これは情報に接してないからだわと感じた次第。情報に接して、知っていれば、お金の許す限り動けますからね、レジという名のレジに。

 

もちろん、ばったり出会ってしまうというのもいいのですが(ネタになりやすいのですが)、その衝撃は古本屋さんのほうがしっくり来るのでございまして……。

 

それにしても、近所のコンビニで発売日後に手に入らなかったのは誤算だなぁ。ぷんぷんぷんっ。

 

スポンサーリンク




ダヴィンチ2014.05号、気になった本たち

パオロ・マッツァリーノ『偽善のすすめ: 10代からの倫理学講座 (14歳の世渡り術)』(河出書房新社)、北村薫『書かずにはいられない: 北村薫のエッセイ』(新潮社)、『藤子・F・不二雄の発想術』(小学館新書)、水野学『アイデアの接着剤』(朝日文庫)、菊原智明『失敗はお金に変えられる』(経済界新書)、片田直久『タモリ伝 森田一義も知らない「何者にもなりたくなかった男」タモリの実像』(コア新書)、トーベ・ヤンソン『ニョロニョロ ノート』(講談社文庫)、さやわか『一〇年代文化論』(星海社新書)、早川良一郎『散歩が仕事』(文春文庫)。

 

おすすめ本の読みどころを指南する書評」というところが気になりますね。

 

 

「ニョロニョロノート」はプレゼント用ですね。

 

ここ数年小説を読んでないもので、ちょいと作家の名前は知ってても読んでない本たくさんあるなぁ。まあ、ぽつぽつ読んで行きましょうか。たくさんあることがめんどくさいって思わないですから。むしろ、ワクワクします。

 

スポンサーリンク




ダヴィンチレコメンド20より

見開きでどかんと掲載されている形、いいですね。このコーナーって、3年前くらいのダヴィンチにあったっけ……。

 

立ち読み感覚なのが、親近感沸きます。そういう本なんだーという思いに至る、とっかかりって必要ですから、表紙だけだと、想像力沸かないってことも多々ありますし。

 

とっかかりの具合が、ちょうどいい塩梅。

 

今号だと、イートナポ/日本全国 懐かしくておいしい! ナポリタン大図鑑(KADOKAWA 中経出版)がすこぶる気になります。約2000皿を食べ歩いたとか素敵すぎる。

 

 

高山なおみのはなべろ読書記

バター入り卵焼きがおいしそう。

 

吉本隆明さんがよく作られた料理だそうで、

「バターで焼くのではなく、卵液の中にかたまりのままバターを放り込む、「油っぽいんだけど、やけに懐かしくて急に食べたくなってしまう」という卵焼き」(267p)

なんだそう。

 

甘めな卵焼きに醤油をつけて食べるのもいいけど、卵焼きに醤油を混ぜてるのも悪くない。混ぜると、混ぜたものにも熱が加わりますから、風味も違うんですね。

 

うん、そうか、バター入れるか卵焼きに……(と、自分のお腹をさする)。

 

以上、佐藤健、江戸川コナン表紙。青山剛昌対談、インタビュー。ダヴィンチ2014.05(雑誌)。特集、名探偵コナン【読書はおすすめ】でした。

 

 

プロフィール(コナン、面白いんだけど固まって見てないんだよなと語る、たけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




レース映像のどこを見ればいいのか? 馬券の狙い方紹介します

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜」noteにて書きました。

 

5年6年と遊びにも行かず、飲みにも行かず、レース映像の分析、研究をしてきた中から「わかりやすいレース映像の視点、見方」をまとめました。

 

競馬予想本で類書がなかなかないファクター本となっています。

 

「あなたは、レース映像を見て競馬予想することが可能なのを知っていますか?」

 

最初の15000文字ほど好きなだけ読むことができます。ご覧くださいませ。

 

スポンサーリンク




面白い本、レビューのおすすめ記事はいかがでしょう

おすすめ本レビュー【面白い作品】荒俣宏『0点主義 新しい知的生産の技術57』。読書の意味と、情報整理の方法

おすすめ本レビュー【面白い作品】畑村洋太郎『失敗学のすすめ』。研究、分析して、方法や考え方を作って行く

おすすめ本レビュー【面白い作品】佐貫亦男『不安定からの発想』。人生と生活のエッセイ

おすすめ本レビュー【面白い作品】浅田次郎『競馬どんぶり』。馬券、予想のコツ、当て方ポイントてんこ盛り

おすすめ本レビュー【面白い作品】『ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』クリスアンダーソン

おすすめ本レビュー【面白い作品】吉本隆明『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』。意味ある意図的引きこもり

おすすめ本レビュー【面白い作品】『経済は感情で動く。はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ。仕事も競馬予想も!

おすすめ本レビュー【面白い作品】谷川浩司『集中力』。鍛えるコツ、高める、意味?

おすすめ本レビュー【面白い作品】『考えよ! ―なぜ日本人はリスクを冒さないのか?』イビチャオシム。リスクをとる意味

おすすめ馬券本レビュー【面白い競馬予想】当たらない確率を下げるコツ?伊丹治生『勝ち切るための馬券心理学』

おすすめ本レビュー【面白い作品】丸谷才一『思考のレッスン』。浅い、深い、早い、遅い?

おすすめ本レビュー【面白い作品】森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想(朝日新書)

おすすめ本レビュー【面白い作品】浅田次郎『勝負の極意』。馬券師だった頃、競馬で飯を食べてた頃

おすすめ本レビュー【面白い作品】藤原和博『情報編集力―ネット社会を生き抜くチカラ』仕事、勉強、大切

おすすめ本レビュー【面白い作品】茂木健一郎『芸術脳』(新潮社)。対談本。松任谷由実、リリーフランキー、いとうせいこうなど

おすすめ本レビュー【面白い作品】槙田雄司(マキタスポーツ)『一億総ツッコミ時代』aikoさんネタに笑う

おすすめ本レビュー【面白い作品】片山洋次郎『骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門』

 

-雑誌
-, , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.