繰り返しの謎解き商会

*

読書感想おすすめ本メモ。谷川浩司『集中力』森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』浅田次郎『勝負の極意』など。2013.06

      2017/11/09

勝負の極意 (幻冬舎アウトロー文庫)

おすすめ読書感想メモ・読了本リスト2013.06

 

今月は、谷川浩司『集中力』浅田次郎『勝負の極意』森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』、水澤潤『花のタネは真夏に播くな ~日本一の大投資家・竹田和平が語る旦那的投資哲学~』、西村佳哲『自分をいかして生きる』、ジェフ・バーチ『羊を追い回すな!』、村上龍『無趣味のすすめ 拡大決定版』などを読んだ。

 

おすすめは、谷川浩司、森博嗣浅田次郎

 

スポンサーリンク




目次

谷川浩司『集中力』(角川oneテーマ21 (C-3))

羽生善治さんだったり、米長邦雄さんだったり、将棋関連本、棋士の方が書かれた本は、ある程度の冊数読みたいです。

 

競馬は、コンマ数秒で盤上の駒の位置が変わって行くものと考えられますから、似ていること、エピソードや伝説など多々あるでしょうし。

 

データの使い方、戦法、強さ、考え方だったり。参考になるところはあるはず。

 

といっても、自分将棋下手ですけど……(羽海野チカ『3月のライオン』を熟読するほうが先か……。駒の動かし方がですね……)。

 

 

関連→将棋の三手の読みができないから考える、馬券を買う人の都合を競馬予想に入れすぎると当たらなくなる話

 

関連→競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事

 

関連→3月のライオン/羽海野チカ、漫画実写映画化のニュースを読んで、二海堂晴信の配役が頭をよぎる。モデルは村山聖さんとのこと。年齢何歳だっけ?【アニメ】

 

森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』(朝日新書)

森博嗣作品を小説からではなく、エッセイ、コラム、新書からでいいのかという話はあるのですが、本屋さんで見かけましたもので……。

 

いいタイトルだったんですよ。言葉の連なりが。

 

『やりがいのある仕事という幻想』

 

やりがいがなきゃ、仕事しないのかよっていうね……。

 

1冊読んでみて、「これは名言だな」と付箋貼ったりする数が多いと次の作品も次の作品もってなります。

 

 

関連→役に立つ資格を取得するのは大事。就職、転職に強みになったり。より使える状態になるなら、詳しく知ってることと組み合わせること

 

関連→学校で勉強した方法や技術が意味を持ったり好きになるのは、工夫して流し込む材料を探すようになったとき。うまくいかない要因でも?

 

関連→みうらじゅん「ない仕事」の作り方、感想レビュー。エッセイ集。競馬本・馬券本として読める一面もあって面白い。おすすめ本

 

指南役『キミがこの本を買ったワケ』(扶桑社BOOKS文庫)

「キミがこのサイトを見ているワケ」「キミがこの馬券を買ったワケ」「キミがミキでアッタワケ」という本も書いてください(笑)。

 

 

竹内正浩『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた! 稼げる人 稼げない人』(東洋経済新報社)

もうすでに、何を書いてあったのか忘れてまーす(こらこら)。

 

 

美崎栄一郎『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』(Nanaブックス)

記録する道具はスマホだったり様々なものがありますが、アナログにノートにこちょこちょ書くのがしっくり来るなと考えてたところだったもので。

 

あっ、書き方はこちょこちょしてなくっても問題ありません。

 

 

関連→アウトプットを鍛える練習や方法で大事なのは、まずインプットしてストックすること。そして、繰り返し表現を見返せる仕組みを作ること

 

関連→新潮社のマイブック。文庫本サイズのノートなので、ブックオフは買取ることがある。使い方、活用法気になって売られてると手に取ってしまう…

 

関連→競馬予想に使う赤ペン、黒ボールペンのおすすめは、ぺんてるノック式エナージェル1ミリ。なめらかで書きやすい。にじまない、使いやすい。マークシートにも

 

山本一生『書斎の競馬学』(平凡社新書)

この本の内容とはあまり関係がないんですが、自分が実際見なかったり、予想しなかったり、触れなかったレースや馬のことって、実際見てた人たちにはかなわないところってあるんですよね。

 

書いてあることは面白いんだけど、しっくりはこないっていう。

 

まあ、でもそういう感覚はいたしかたないですね。

 

リアルタイム性の重要さが身に染みます。

 

 

村上龍『無趣味のすすめ 拡大決定版』(幻冬舎文庫)

久しぶりの村上龍。一通り、本を読んでみたい作家ではあるものの、なかなか手が伸びません。

 

 

小池龍之介『考えない練習』(小学館文庫)

うーん。自分にはしっくりこない1冊。

 

「考えない練習」ってタイトル、読み手に勘違いさせるだけだと思うんだけどな。

 

自分は考えることをやめませんが……。

 

 

神永正博『不透明な時代を見抜く「統計思考力」』(日経ビジネス人文庫)

「統計」も「思考力」も競馬に関係ありますので、読んだ1冊。

 

 

関連→競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない

 

関連→競馬のデータに必ず生じる、タイムラグとノイズ除去の話。どれだけ収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なこと

 

関連→競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

水澤潤『花のタネは真夏に播くな ~日本一の大投資家・竹田和平が語る旦那的投資哲学~』(文春文庫)

一瞬だけ株に興味を持った本。株を持ち続けるってことが、株式投資だと思ってたので、この先、自分が株を買うことはないと思うけど、竹田さんのような人がいてよかったなぁと思った1冊。

 

 

関連→競馬の人気薄な穴馬券のうまい当て方と、投資における現在の不納得。儲けの共通点は「なんで買うのかわからない」と言われること?精神的バイアス、傾向特徴

 

関連→株式投資とは何か。基本・基礎の考え方を大前研一さんの連載に見た。王道の知識なのだろうけど、初心者入門の身としては、名言であり納得【コツとポイント】

 

関連→見栄を張る虚勢に、男女問わず億万長者少なし? プライドのための消費浪費。お金を稼ぐ方法があっても。『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』感想【読書】

 

伊丹治生『勝ち切るための馬券心理学 ~なぜ、日曜最終の大勝負を止められないのか~ 』(競馬王新書)

馬券競馬予想する力も大切だけど、精神的にスタンスが揺らがないほうが大切だったりする。ただ、精神的に揺らがない方面に傾くととたんに「つまらねぇ賭け方しやがって」って言われたりする。精神面からのヒント馬券本。

 

予想から派生した形で自分のフトコロからお金出して馬券を買う。このフトコロからお金を出す感覚を「良し」とするのは精神的な面が強い。馬券で勝ち続けるためには、予想力も大切だけど、馬券を買う精神的な部分もでかい。

 

馬券で見栄を張るというのもその手のものでしょう。

 

 

関連→競馬予想する上で穴党・本命党と決め、馬券を買わないほうがいい理由。意味ある買い方するなら、精神的に偏らないほうが回収率上がる。本命・対抗・大穴・記号

 

関連→競馬予想で総流し馬券の買い方を禁じ手にする理由と意味(おすすめしない)。基本的に買う馬、消す馬を明確にして蓄積する。それが儲かるようになるコツだから

 

関連→競馬予想することと、予想して馬券を買うことは基本的に別の考え方。大事なことは儲けを出したい気持ちにかかる精神的バイアスをどうまとめるか

 

南雲吉則『ゴボウ茶を飲むと20歳若返る! Dr.ナグモの奇跡の若返り術』(SBクリエイティブ)

ネットをうろうろしてて、ゴボウ茶いいよーなんて見て、試しに飲んでみて、そしてこの本を読んだ。と、トイレに行く回数がですね、フエマシタ。

 

 

体調管理に関する関連記事はこちらから

 

関連→生姜湯にダイエット効果があればと市販のものを飲みはじめた。体温あがるが、薄いので無農薬パウダーを入れて飲んでるという話

 

関連→1日1食の効果だろうか、8キロダイエット成功。運動はしなかったものの、履けなかったチノパンがすっと履けた!【少食・ファスティング】

 

関連→ダイエットして、16キロお腹痩せた。腹巻きも1日1食と組み合わせて効果あり、おすすめ。ぶかぶかになってきたので、新しいの買わないと!

 

嶋浩一郎『なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか』(祥伝社新書321)

様々な活字あふれる本屋っていいもんですよね。

 

 

西村佳哲『自分をいかして生きる』(ちくま文庫)

「自分の仕事をつくる」の続編。

 

 

南雲吉則『ゴボウ茶若返りダイエット』(朝日新聞出版)

いいなぁと思ったゴボウ茶ですが、トイレに行く回数がはんぱなくなるので止めました。

もともとトイレ近いんで、輪をかけてトイレ行きたくなるのはしんどいっす。

 

 

滝沢克明『ザ・着眼力―レースの波乱度を読む!』(MYCOM競馬ブックス)

参考になるところは……。

 

 

外山滋比古『忘却の整理学』(筑摩書房)

忘れることの効用について書かれています。付箋の量が、はんぱなかったです。

 

忘れてたけど、思い出したときに、ひっついて来るものってありますよね。

 

あれっ、そういえば何書いてる本だったっけ……(ワザトラシイヨ)。

 

 

井内利彰『競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』(白夜書房)

長く売れ続ける1冊になると思います。

 

どう使っていいかわからないのが調教欄だったりします。丁寧に使いどころを書いた本はなかったので、売れてほしいですね。

 

馬券本に一番重要なのって、「使える」かどうかの一点です

 

それをものの見事にクリアしてると思う。

 

 

関連→競馬に強くなる調教欄の取扱説明書/井内利彰・軽くレビュー。見方を知るならこの本。改訂版発売。栗東坂路・美浦坂路・ウッドコース・ポリトラック

 

関連→調教時計なら競馬ブック。栗東・美浦・坂路・トラック。追い切りタイム…。予想に馬券にどう使うのかは別として、数字は正確です

 

関連→中央競馬、地方の新馬戦・メイクデビューの予想で試した方法紹介。当て方の参考に。調教・追い切り映像・血統・パドック・能力試験動画・厩舎成績…

 

マーフィー岡田『お客さんは買いたがっている!―マーフィー流・モノを売る極意』(サンマーク出版)

実演販売師としてメシを食べて行きたいって、思った事が過去にあったんですが、それを思い出して。

 

 

関連→信頼関係の築き方は、仕事、恋愛、男女問わず繰り返しの行動が意味を持つ。発展も修復もコミュニケーションから

 

関連→話す力を鍛える、向上させるコツは、話題に対して聞いている人との情報量の差に敏感になることでは?会話が苦手、焦る、頭が真っ白対策にも

 

ジェフ・バーチ『羊を追い回すな!』(ダイヤモンド社)

自分、未年なもので、こういうタイトルには惹かれますよ。力で楽にどうにかできそうなことこそ、柔らかく行けと。

 

 

関連→羊を数えると眠り誘うからくり。羊と睡眠。妄想牧場の群れは大群になり鳴き声メー、角つんつん足とんとん爪かきかき、かぶりものしてコスプレした人がいて

 

浅田次郎『勝負の極意』(幻冬舎アウトロー文庫)

再読。3回目くらいだと思います。競馬好きには、是非読んでほしい1冊ですよ。

 

 

関連→阿佐田哲也の名言「ばくちというものは……」に納得。競馬予想に馬券に通用。ギャンブルがうまくなるポイントになるのでは?

 

コロナ・ブックス編集部『植草甚一スタイル』(コロナ・ブックス (118))

植草甚一さんに憧れたりはするけど、似たようなことをしてもしょうがないですな……。

 

 

関連→植草甚一スクラップ・ブック展を見て来た(世田谷文学館)感想。さりげない名言にしびれまくる。「植草甚一の収集誌」を買い、Tシャツも気になったけど買わず…

 

寺山修司『世界の果てまで連れてって』(ハルキ文庫)

「世界の果てまで連れてって」、そんなタイトルの曲がありまして。

 

 

その他に読んだ本【太宰治、谷川浩司、佐々木俊尚など】

午堂登紀雄『お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方』(日本実業出版社)、佐々木俊尚『インフォコモンズ』(講談社BIZ)、太宰治『斜陽』(新潮文庫)、指南役『「サービス」をサービス!』(大和書房)、谷川浩司『構想力』(角川oneテーマ21)、内田樹、三砂ちづる『身体知-身体が教えてくれること』(木星叢書)、『内臓脂肪がぐいぐい減る歩数計ウォーキング』(アスキー新書)、パオロ・マッツァリーノ『日本列島プチ改造論』(角川文庫)、セス・ゴーディン『「紫の牛」を売れ!』(ダイヤモンド社)、関沢英彦『ひらがな思考術』(ポプラ社)、本田直之『レバレッジ人脈術』(ダイヤモンド社)、玉袋筋太郎『男子のための人生のルール』(よりみちパン!セ)、福田誠治『競争やめたら学力世界一―フィンランド教育の成功』(朝日選書)、五木寛之、帯津良一『養生問答―平成の養生訓』(平凡社ライブラリー)、養老孟司、太田光『人生の疑問に答えます』(NHK出版)、門倉貴史『人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?』(角川oneテーマ21)。

 

 

2013.06の読了本は、1ヶ月39冊なり。

 

以上、読書感想おすすめ本メモ。谷川浩司『集中力』森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』浅田次郎『勝負の極意』など。2013.06でした。

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

競馬予想方法の考え方として「馬券にならない馬をどのくらい消せるか」は重視したほうがいい。トリガミの買い目を減らす。回収率上げる。外れ馬券裁判で考えた。

競馬にオッズがあり、結果が出るから面白い。馬券予想の楽しみ、買い方の組み合わせどうしよう、確率。荒れることあったり、大口入って異常オッズになったり。

 

スポンサーリンク




こちらの読書ネタもどうぞ、おすすめまとめ【初心者入門。やり方、方法探し中な方の参考にも】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

承認欲求を健全に満たす方法。強すぎる欲求からこじらせずに解消解放するには、男女問わず満たす容量を把握すること。自己顕示欲も同じ【SNS・仕事・ストレス】

アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事・工夫・読書】

iPhoneアプリ、ボイスメモを使い一人カラオケ・ヒトカラを録音してみた。icレコーダーはスマホの中に?音質そこそこ。練習、確認用におすすめ

和菓子のようかん巻。小腹満たすのにぴったりなお菓子。コーヒーにあっておすすめ。夜中に食べるのは危険だけど…

現金プレゼント当たるキャンペーンするための、場所じゃないぞ俺の部屋は。現金つかみ取り大会の会場でもないぞ。コツ?お金は自分で稼げーっ

大瀧詠一『Writing&Talking』を読み始める…、雑誌などのエッセイ・インタビュー・対談、ナイアガラ本908ページ。影響の受け方ってあるな…

セブンイレブンのそこそこうまい、値段手頃なたこ焼き。ソースとマヨネーズの容れ物は、ディスペンパックに戻してほしい【コンビニ】。冷凍のもいいのだけど……

BOSE SoundLink on-ear Bluetooth headphones購入。ワイヤレスヘッドフォン。コードレス、音楽聞くのに小型で雑音なくおすすめ

 

この記事はいかがでしょう・その2

「赤塚不二夫のアニメ展なのだ」を見て来たのだ。漫画をやめようとした際、寺田ヒロオに言われた名言エピソードがかっこいい。これでいいのだと言える理由なのかなと

雨の歌・雨の曲といえば、おすすめ5曲・その1。『優しい雨/小泉今日子』『雨/森高千里』『雨は手のひらにいっぱい/SUGARBABE』など【カラオケ】

競馬予想とブログ論は似てる。違うのは結果の明らかさ。書き方あれば、SEOあり、アフィリエイト、稼ぐ方法…。血統あれば、調教あり、騎手、馬場、パドック…

綾瀬はるかと渡辺麻友(まゆゆ・AKB48)はどことなく似てる。雑誌、テレビCM、YouTube見てて思う。メイクか髪型か…笑顔か。悪友に言ったところ、全否定。

人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

カラオケで歌いたいけど、歌えないリクエストしたい名曲5曲! 山下達郎『ピンク・シャドウ』沢田研二『夢を語れる相手がいれば』ほかその1(おすすめ曲多し)

星野源表紙インタビュー。ダヴィンチ2014.12感想【読書雑誌】。特集、恋に燃えるのは女だけじゃない男の恋愛・本好きは猫も好き!・作家生活10周年 西加奈子

エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】

 

 - おすすめ読書感想メモ , , , , , , , , , , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

読書感想おすすめ本メモ。佐藤優『読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』外山滋比古『自分の頭で考える』など。2014.02読了本リスト

外山滋比古・佐藤優・津田大介・染谷昌利・富田薫など。おすすめ本・読書感想メモ。今月のおすすめ本は、外山滋比古『自分の頭で考える』、佐藤優『読書の技法誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』、津田大介『ゴミ情報の海から宝石を見つけ出すこれからのソーシャルメディア航海術』、染谷昌利『ブログ飯個性を収入に変える生き方』、富田薫『SHAPER’S HIGH』、など。2014.02読了本リスト。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。大槻ケンヂ『サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法』外山滋比古『乱読のセレンディピティ』ほか。2015.04

大槻ケンヂ・外山滋比古・レイモンドマンゴー・山口周・じゃいなど。読書感想・おすすめ本メモ。今月のおすすめ本は,大槻ケンヂ『サブカルで食う・就職せず好きなことだけやって生きていく方法』、外山滋比古『乱読のセレンディピティ』、レイモンド・マンゴー『就職しないで生きるには』、山口周『外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」』、じゃい『図解 博才が必ず身に付くギャンブルのセオリー 最強ギャンブラー芸人じゃいばかりがなぜ儲かるのか?』、甲斐谷忍『ウイナーズサークルへようこそ 1』、山本達浩「競馬最強の法則」特捜班『伝説の男ヤマタツの馬券黄金分割法』など。2015.04読了本リスト。読書感想・おすすめ本メモ。

読書感想おすすめ本メモ。島田潤一郎『あしたから出版社』庄野ナホコ『ルッキオとフリフリ おおきなスイカ』など。2014.07

島田潤一郎・庄野ナホコ・浅田次郎・安井涼太・橘玲など。おすすめ本・読書感想メモです。今月のおすすめ本は、島田潤一郎『あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)』、庄野ナホコ『ルッキオとフリフリ おおきなスイカ』、浅田次郎『君は嘘つきだから、小説家にでもなればいい』、安井涼太『安井式ラップキャラ』、橘玲『臆病者のための億万長者入門』、藤井大輔『「R25」のつくりかた』など。読了本リスト2014.07。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。城山三郎『無所属の時間で生きる』亀谷敬正『血統ビーム黄金ガイド』木下健『競馬で妻子を養う男の走馬眼』など。2013.10

木下健・城山三郎・亀谷敬正・木下健・鈴木菜央・能勢俊介など。おすすめ本・読書感想メモ。今月のおすすめ本は、木下健『競馬で妻子を養う男の走馬眼』、城山三郎『無所属の時間で生きる』、亀谷敬正『血統ビーム黄金ガイド』、鈴木菜央『「ほしい未来」は自分の手でつくる』、能勢俊介『ザ・馬券力―近代競馬と戦う』、谷中公一『大穴の騎手心理ジョッキーの思考がわかれば激走パターンが見えてくる!』、黒須田守『穴の池田・研究ノート』など。2013.10読了本リスト。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ・2015上半期5冊。大前研一『やりたいことは全部やれ!』ちきりん『マーケット感覚を身につけよう』植島啓司『賭ける魂』など。

大前研一、ちきりん、植島啓司、トマス・J・スタンリー、甲斐谷忍。2015年上半期の読書。読んだ本は、漫画も含めて131冊。その中から面白かった、おすすめな本をご紹介。大前研一『やりたいことは全部やれ!』、ちきりん『マーケット感覚を身につけよう』、植島啓司『賭ける魂』、トマス・J・スタンリー『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』、甲斐谷忍『ウイナーズサークルへようこそ』。

読書感想おすすめ本メモ。堀江敏幸『いつか王子駅で』ロバートキヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』など。2013.09読了本リスト

ロバート キヨサキ、シャロン・レクター・堀江敏幸・末井昭、山崎一夫、西原理恵子・清水成駿など。おすすめ本・読書感想メモ。今月のおすすめ本は、ロバート キヨサキ、シャロン・レクター『金持ち父さん貧乏父さん』、堀江敏幸『いつか王子駅で』、アンディ・ミリガン、ショーン・スミス『できない人ほど、データに頼る』、末井昭、山崎一夫、西原理恵子『パチンコからはじまる○×△な話』、清水成駿『競馬無敵の「孫子流21攻略」』など。2013.09読了本リスト。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。村上 “ポンタ”秀一『自暴自伝』福里真一『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』花村萬月『父の文章教室』など。2014.11

村上 “ポンタ"秀一・福里真一・花村萬月・野村進・福田和也などの本を読みました。読書感想おすすめ本メモです。今月のおすすめ本は、村上 “ポンタ"秀一『自暴自伝』、福里真一『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』、花村萬月『父の文章教室』、野村進『調べる技術・書く技術』、福田和也『改訂版ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法』、古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義』、福里真一『CMプランナー福里真一が書きました 困っている人のためのアイデアとプレゼンの本』、石井ゆかり『3年の星占い 水瓶座 2015-2017』、など。読了本リスト2014.11。読書感想おすすめ本メモ。

読書感想おすすめ本メモ。斎藤孝『質問力』大前研一『質問する力』有吉与志恵『奇跡の呼吸力 心身がよみがえるトレーニング』など。2014.09

大前研一・斎藤孝・有吉与志恵・深谷圭助・藤原健固など。おすすめ本・読書メモです。今月のおすすめ本は、大前研一『質問する力』、斎藤孝『質問力』、有吉与志恵『奇跡の呼吸力:心身がよみがえるトレーニング』、深谷圭助『7歳から「辞書」を引いて頭をきたえる』、藤原健固『歩きの科学―なぜ頭とからだによいのか?』、高橋政史『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』、T・ディースブロック『人はなぜ「死んだ馬」に乗り続けるのか? 心に働く「慣性の法則」を壊し、自由に「働く」ための26レッスン』、斎藤孝『原稿用紙10枚を書く力』などの本を読んだ。読了本リスト2014.09。おすすめ本・読書メモ。

読書感想おすすめ本メモ。丸谷才一『思考のレッスン』吉本隆明『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』など。2013.07読了本リスト

丸谷才一・吉本隆明・森博嗣、クリス・アンダーソン、藤田伸二など。おすすめ本読書感想メモ。今月のおすすめ本は、丸谷才一『思考のレッスン』、吉本隆明『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』、森博嗣『自由をつくる自在に生きる』、クリス・アンダーソン『フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』、藤田伸二『騎手の一分――競馬界の真実』、浅田次郎『ま、いっか。』、畑村洋太郎『失敗学のすすめ』など。2013.07読了本リスト。おすすめ本読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ』重松清『セカンド・ライン―エッセイ百連発』藤原和博『味方をふやす技術』など。2015.05

武居俊樹・重松清・藤原和博・甲斐谷忍・大前研一などの本を読んだ。おすすめ本・読書感想メモ・読了本リスト。今月のおすすめ本は、武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ』、重松清『セカンド・ライン―エッセイ百連発』、藤原和博『味方をふやす技術―よのなかの歩き方〈3〉』、甲斐谷忍『ウイナーズサークルへようこそ2〜7』、大前研一『大前流心理経済学 貯めるな使え』、佐野洋子、西原理恵子、リリー・フランキー『佐野洋子対談集 人生のきほん』など。おすすめ本・読書感想メモ・読了本リスト。