繰り返しの謎解き商会

*

読書感想おすすめ本メモ。林真理子『野心のすすめ』広瀬洋一『西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事』西成活裕『無駄学』など。2013.11

      2017/11/10

西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事

おすすめ読書感想メモ・読了本リスト2013.11。

 

今月は、広瀬洋一『西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事』林真理子『野心のすすめ』西成活裕『無駄学』、沖野修也『フィルター思考で解を導く~ビジネスで勝つための情報戦略~』、斎藤由多加『ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術』、などの本を読んだ。

 

おすすめは、広瀬洋一、林真理子、西成活裕。

 

スポンサーリンク




林真理子『野心のすすめ』(講談社現代新書)

エッセイ集。挑戦的なタイトルと話題性に引かれまして。

 

林真理子さんの作品読んだことあるのは、デビュー作『ルンルンを買っておうちに帰ろう』『最終便に間に合えば』(直木賞)くらいだったか。コピーライターされてたのは知ってるのだけど。

 

あと、ananの連載(『突然美女のごとく』『美女入門』)。小説、ドラマと映画になった『不機嫌な果実』は買って読まずじまいだったなぁ……。

 

さて、感想。

 

野心的なものがないと、しゃべっててつまらないのは事実。ほんと、事実。男も女も関係ない。ただ、どう表現するのか問題はついてまわる……。

 

 

関連→落語のおすすめ、柳家小三治・芝浜より。自分でそうかと気づける強さはすばらしい。教訓とまで言うとおおげさだけど

 

関連→泣ける歌に映画、アニメに漫画、いい話…。悪いわけではないし嫌いでもないけど、キリがない泣き過剰さ。柳家小三治さんと、井上陽水さんの言葉

 

関連→努力は人を裏切らない。努力は必ず報われる。2つのことわざ名言の意味とは。アピールしすぎは綺麗事になり嘘に近づく。才能は工夫して継続していく。

 

広瀬洋一『西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事』(本の雑誌社)

西荻窪に行けば、たいてい寄る古本屋さん、音羽館の本。表紙の100円均一棚から何冊本を買ったかな……(笑)。

 

この本の中に、「シュガーベイブ」という言葉が出てきてびっくり。

 

 

西成活裕『無駄学』(新潮選書)

確かに、無駄をはぶくことは大切だと思うんだけど、無駄があることでよいこともあると思うんだよなぁ……。手を広げまくった上で無駄をはぶくのはいいんですけど、そうでないと得るものが薄くなるんです。

 

これは無駄なんだなという認識ができるのも大切で、ハナから無駄がないところにいるのはちょいと違うと。そこのもやもやがあるにはあるんだけども……。

 

コスパみたいな話とも関連して考えられる1冊。

 

 

関連→仕事でうまくいく考え方とは。成果を出し成功する、安定する。ポイントは、知ること(インプット)と記録(メモ・ノート)をやめないところからという話【読書】

 

関連→人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

 

関連→文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人。文章力や書き方の前に知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側・意識の違いについて

 

笠信太郎『ものの見方について』(朝日文庫)

じわじわ読んでましたね、この本。直球なタイトルの本は気になります。

 

 

渡邉正裕『35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書 就・転職の絶対原則を知る』(ちくま新書)

35歳に近づいてから読むんじゃ遅いだろってーの。と、思いつつ読んでたけど、まあいいのいいの。参考になるだろうと踏んだ本は読みます。

 

 

沖野修也『フィルター思考で解を導く~ビジネスで勝つための情報戦略~』(フォレスト出版)

沖野さんと、ビジネスって、意外な組み合わせだなぁと思って読んだら、面白かった。

 

 

宮田比呂志『「勝ち馬」統計学』(講談社+α新書)

うーん、自分には参考にならなかったです。

 

統計は統計でいいのだけど、その先のことですよ。

 

 

関連→競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない

 

関連→競馬のデータに必ず生じる、タイムラグとノイズ除去の話。どれだけ収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なこと

 

関連→競馬予想、何を見るか、何を重視するかは自由。しかし、馬券自信度は「レースで再現される確率をどれだけつかんでるか」に比例する。穴馬でも人気馬でも

 

『使える新書―教養インストール編』(WAVE出版)

ブックガイド読むと、古本屋で買う本が増える。だけども、それが嬉しかったりして。

 

 

斎藤由多加『ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術』(幻冬舎セレクト)

タワーとか、シーマンを作った方のエッセイ。

 

タワーはハマった。シーマンは恐かった。

 

 

関連→競馬ゲーム、ダビスタをやりたい攻略したいと思うけど最終的に手を出さない理由。配合や血統などYouTube動画見てて面白そうに見えるけど…

 

関連→「コーエー信長の野望・武将風雲録」を3ヶ月に1度遊びたくなる。オンラインものじゃなく、スーファミかプレステか。BGMもなかなか良く。嗚呼、姉小路。

 

関連→アナログゲーム・レトロゲームはわくわくして面白い。推理する競馬の影響だろうな…。東京板橋にある、駄菓子屋ゲーム博物館に行ってみたい

 

佐野研二郎『今日から始める思考のダイエット』(マガジンハウス)

俺、思考より、ちゃんとダイエットしないといけない。

 

 

その他、今月読んだ本【森博嗣、末井昭、藤澤和雄など】

末井昭『自殺』(朝日出版社)、森博嗣『自分探しと楽しさについて』(集英社新書)、香西秀信『レトリックと詭弁 禁断の議論術講座』(ちくま文庫)、浅田次郎『僕は人生についてこんなふうに考えている』(新潮文庫)、藤澤和雄『勝つためにすべきこと』(宝島社新書)、本田健『ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣』(だいわ文庫)。

 

 

2013.11の読了本は、1ヶ月16冊なり。

 

以上、読書感想おすすめ本メモ。林真理子『野心のすすめ』広瀬洋一『西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事』西成活裕『無駄学』など。2013.11でした。

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

競馬評論家って、誰だろう?GoodsPress「プロが愛用するペンとノートと文房具」特集。道具・ツールひとつで予想・馬券の当たりも変わってくる…

阿佐田哲也の名言「ばくちというものは……」に納得。競馬予想に馬券に通用。ギャンブルがうまくなるポイントになるのでは?

 

スポンサーリンク




こちらの読書ネタもどうぞ、おすすめまとめ【初心者入門。やり方、方法探し中な方の参考にも】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

咳止め、喉の痛みにのど飴「はちみつ100%キャンデー」おすすめ。イガイガ乾燥、炎症対策に優しい潤い効果。カラオケで歌う人にも【風邪・健康】

努力は人を裏切らない。努力は必ず報われる。2つのことわざ名言の意味とは。アピールしすぎは綺麗事になり嘘に近づく。才能は工夫して継続していく。

片栗粉粘土(?)はパンチ受け止めます。遊び方面白くストレス解消発散して実験も。保存は難しそうに見えるけど…◎ネタクリップ【工作】

エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】

カラオケで時々歌う、SEKAI NO OWARI。紅白出場時に、Twitterでバンド名大喜利が。ジブリのタイトルにある「〜の、の法則?」と関連する?【CD】

前歯の差し歯にヒビが入ってたのですが折れた。取れた。れんこんの天ぷらを食べたら。仮歯のままは駄目よ、でもお金ないのよ…

カラオケで『SUN/星野源』を一番歌ったと思う、2016。キー、音域高いのだけど…。PVのダンサーの振り付けものまねはしてないぞ、たぶん

マルちゃんワンタンしょうゆ味がうまい。おいしい。うますぎる。アレンジ考えてみようか、とんこつ、スープカレー、たまご、わかめ買ってみようか…

 

この記事はいかがでしょう

情熱大陸が公式サイトで見逃し動画配信されて、放送時間にテレビ見なくていいかなと。過去の放送を見たい要望に応えることも可能になるんじゃ?

瓶カルピスの話をツイッターで読み、昔、就職した会社で紙パックと間違えて大量発注したことを思い出す。原液の乳酸菌はつらいよ…(謎)

現金プレゼント当たるキャンペーンするための、場所じゃないぞ俺の部屋は。現金つかみ取り大会の会場でもないぞ。コツ?お金は自分で稼げーっ

Amazon Prime Nowの真逆バージョンな配送の仕組みがあっても面白いのでは?商品によってはゆったり届いてもいいものもあるだろうし

Apple純正のラジオ。公式の商品を作ったら面白いな。iTunesではなく。音楽流れるスピーカーに付加価値プラス。安くできれば、なお良し?

のあのわって今何しているのだろ、最近活動してるのかな?と、調べてみた。チェロ弾くyukkoさんが良くて【ループ、ループ・ゆめの在りか】

博多アラモード/五木ひろしのYouTube動画も良く、夜明けのブルース同様カラオケで歌ってる話。楽曲ダウンロード。作詞作曲・レーモンド松屋

大瀧詠一さんが渋谷公会堂で行った、伝説のヘッドフォンコンサートを思い出す、ななみ「SILENTSTREETLIVE」。歌声を届けるアイデアだな

 - おすすめ読書感想メモ , , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

読書感想おすすめ本メモ。大森荘蔵『思考と論理』、原田宗典『人の短篇集』、森博嗣『素直に生きる100の講義』など。2015.11

今月は、大森荘蔵『思考と論理』、原田宗典『人の短篇集』、森博嗣『素直に生きる100の講義』、片山洋次郎『整体から見る気と身体』、原幸夫『ねこ背を治せば体の不調は一気によくなる』、松崎久純『好きになられる能力ライカビリティ 成功するための真の要因』、福田稔『免疫を高めて病気を治す自律神経免疫療法』、『奇跡が起こる爪もみ療法』などの本を読みました。読了本リスト2015.11

読書感想おすすめメモ。柳家小三治『落語家論』是川銀蔵『相場師一代』森毅『まちがったっていいじゃないか』2015.12

読書感想おすすめ本メモ。今月は、柳家小三治『落語家論』、是川銀蔵『相場師一代』、森毅『まちがったっていいじゃないか』、森博嗣『作家の収支』、荻原魚雷『閑な読書人』、ノバク・ジョコビッチ『ジョコビッチの生まれ変わる食事』、五木寛之『きょう一日。非常時を生き抜く究極の五木メソッド55』などの本を読んだ。読了本リスト2015.12

読書感想おすすめ本メモ。斎藤孝『質問力』大前研一『質問する力』有吉与志恵『奇跡の呼吸力 心身がよみがえるトレーニング』など。2014.09

大前研一・斎藤孝・有吉与志恵・深谷圭助・藤原健固など。おすすめ本・読書メモです。今月のおすすめ本は、大前研一『質問する力』、斎藤孝『質問力』、有吉与志恵『奇跡の呼吸力:心身がよみがえるトレーニング』、深谷圭助『7歳から「辞書」を引いて頭をきたえる』、藤原健固『歩きの科学―なぜ頭とからだによいのか?』、高橋政史『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』、T・ディースブロック『人はなぜ「死んだ馬」に乗り続けるのか? 心に働く「慣性の法則」を壊し、自由に「働く」ための26レッスン』、斎藤孝『原稿用紙10枚を書く力』などの本を読んだ。読了本リスト2014.09。おすすめ本・読書メモ。

読書感想おすすめ本メモ。堀江敏幸『いつか王子駅で』ロバートキヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』など。2013.09読了本リスト

ロバート キヨサキ、シャロン・レクター・堀江敏幸・末井昭、山崎一夫、西原理恵子・清水成駿など。おすすめ本・読書感想メモ。今月のおすすめ本は、ロバート キヨサキ、シャロン・レクター『金持ち父さん貧乏父さん』、堀江敏幸『いつか王子駅で』、アンディ・ミリガン、ショーン・スミス『できない人ほど、データに頼る』、末井昭、山崎一夫、西原理恵子『パチンコからはじまる○×△な話』、清水成駿『競馬無敵の「孫子流21攻略」』など。2013.09読了本リスト。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。山本周五郎『酒みずく・語る事なし』荒俣宏『喰らう読書術一番おもしろい本の読み方』荻原魚雷『本と怠け者』など。2014.06

山本周五郎・荻原魚雷・荒俣宏・有吉与志恵・梅棹忠夫など。おすすめ本・読書感想メモです。今月のおすすめ本は、山本周五郎『酒みずく・語る事なし』、荻原魚雷『本と怠け者』、荒俣宏『喰らう読書術〜一番おもしろい本の読み方〜』、有吉与志恵『40歳からの肉体改造―頑張らないトレーニング』、梅棹忠夫『知的生産の技術』、岡田牧雄、競馬道OnLine編集部『素人にマネのできない馬券術』、二村ヒトシ『すべてはモテるためである』など。読了本リスト2014.06。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。城山三郎『百戦百勝―働き一両・考え五両』齋藤孝『語彙力こそが教養である』など。2016.1

おすすめ読書感想メモ。今月は、城山三郎『百戦百勝―働き一両・考え五両』、齋藤孝『語彙力こそが教養である』、安井涼太『安井式ラップキャラ』、野地秩嘉『サービスの裏方たち』、立川談志『人生、成り行き―談志一代記』、斎藤喜博『君の可能性―なぜ学校に行くのか』、森田正光『「役に立たない」と思う本こそ買え』、石川ワタル『石川ワタルの競馬理論』などの本を読んだ。読了本リスト2016.1

読書感想おすすめ本メモ。武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ』重松清『セカンド・ライン―エッセイ百連発』藤原和博『味方をふやす技術』など。2015.05

武居俊樹・重松清・藤原和博・甲斐谷忍・大前研一などの本を読んだ。おすすめ本・読書感想メモ・読了本リスト。今月のおすすめ本は、武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ』、重松清『セカンド・ライン―エッセイ百連発』、藤原和博『味方をふやす技術―よのなかの歩き方〈3〉』、甲斐谷忍『ウイナーズサークルへようこそ2〜7』、大前研一『大前流心理経済学 貯めるな使え』、佐野洋子、西原理恵子、リリー・フランキー『佐野洋子対談集 人生のきほん』など。おすすめ本・読書感想メモ・読了本リスト。

読書感想おすすめ本メモ。森毅『ものぐさのすすめ』黒井千次『働くということ実社会との出会い』など。2014.04読了本リスト

森毅・黒井千次・いしたにまさき・グラサン師匠・安田善次郎など。おすすめ本・読書感想メモ。今月のおすすめ本は、森毅『ものぐさのすすめ』、黒井千次『働くということ実社会との出会い』、いしたにまさき『ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である』、グラサン師匠『鉄板競馬 最前線で異彩を放つ看板予想家の鉄板録』、安田善次郎『現代語訳 意志の力』、FPN、徳力基彦ほか『アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから』など。2014.04読了本リスト。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。茂木健一郎『芸術脳』藤原和博『情報編集力―ネット社会を生き抜くチカラ』佐貫亦男『不安定からの発想』など。2013.05

茂木健一郎・藤原和博・佐貫亦男・五味一男・本田直之など。おすすめ本・読書感想メモ。今月のおすすめ本は、茂木健一郎『芸術脳』、藤原和博『情報編集力―ネット社会を生き抜くチカラ』、佐貫亦男『不安定からの発想』、五味一男『「視聴率男」の発想術』、本田直之『レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術』、五味一男『「視聴率男」の発想術』、クリスアンダーソン『ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』など。2013.05読了本リスト。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。村上 “ポンタ”秀一『自暴自伝』福里真一『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』花村萬月『父の文章教室』など。2014.11

村上 “ポンタ"秀一・福里真一・花村萬月・野村進・福田和也などの本を読みました。読書感想おすすめ本メモです。今月のおすすめ本は、村上 “ポンタ"秀一『自暴自伝』、福里真一『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』、花村萬月『父の文章教室』、野村進『調べる技術・書く技術』、福田和也『改訂版ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法』、古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義』、福里真一『CMプランナー福里真一が書きました 困っている人のためのアイデアとプレゼンの本』、石井ゆかり『3年の星占い 水瓶座 2015-2017』、など。読了本リスト2014.11。読書感想おすすめ本メモ。