繰り返しの謎解き商会

*

読書感想おすすめ本メモ。武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ』重松清『セカンド・ライン―エッセイ百連発』藤原和博『味方をふやす技術』など。2015.05

      2017/12/20

ウイナーズサークルへようこそ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

おすすめ読書感想メモ・読了本リスト2015.05

 

今月は、武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ』重松清『セカンド・ライン―エッセイ百連発』藤原和博『味方をふやす技術―よのなかの歩き方〈3〉』甲斐谷忍『ウイナーズサークルへようこそ 2〜7』、大前研一『大前流心理経済学 貯めるな使え』、佐野洋子、西原理恵子、リリー・フランキー『佐野洋子対談集 人生のきほん』などの本を読んだ。

 

おすすめは、武居俊樹、重松清藤原和博

 

スポンサーリンク




武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』(文春文庫)

関連→「赤塚不二夫のアニメ展なのだ」を見て来たのだ。漫画をやめようとした際、寺田ヒロオに言われた名言エピソードがかっこいい。これでいいのだと言える理由なのかなと

 

 

重松清『セカンド・ライン―エッセイ百連発!』(朝日新聞社)

再読。急に読みたくなりまして。文庫版も手に入れたのだけど、単行本とボリュームがまったく違うのでこちらを読む。

 

昔、発売すぐに手に入れて、よく行ってた吉祥寺の喫茶店でもくもくと読んだのを思い出しましたよ。紙質も素敵。

 

関連→「その日のまえに」重松清・読書感想。短篇小説「ヒア・カムズ・ザ・サン」ガン告知を隠す母と息子。テレビドラマ化、映画化された作品もレンタルしてみたい

 

 

植草甚一『植草甚一の収集誌』(晶文社)

世田谷文学館にて開催の「植草甚一スクラップ・ブック展」の会場にて購入。

 

 

大前研一『低欲望社会 「大志なき時代」の新・国富論』(小学館)

欲望って果てしないところがあるって思っているのだけど、それすら希薄になる社会の到来か……。ということは、欲望がわかっている人の方が有利になるわけですよ。

 

自分の欲しいものがなにかわからない人、気づかない人が大勢いる時代がやって来るのか……。

 

関連→株式投資とは何か。基本・基礎の考え方を大前研一さんの連載に見た。王道の知識なのだろうけど、初心者入門の身としては、名言であり納得【コツとポイント】

 

関連→見栄を張る虚勢に、男女問わず億万長者少なし? プライドのための消費浪費。お金を稼ぐ方法があっても。『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』感想【読書】

 

 

甲斐谷忍『ウイナーズサークルへようこそ 2』(ヤングジャンプコミックス)

7巻まで読破。

 

『ウイナーズサークルへようこそ』の感想を書きました。たぶん、こういうサークルがあったら自分大げんかしてると思う……。うんっ。

 

関連→鉄板競馬・最前線で異彩を放つ看板予想家の鉄板録/グラサン師匠・感想・レビュー。デイリー豊島俊介、血統・亀谷敬正、逃げ馬・山崎エリカ、調教・井内利彰、藤代三郎など。

 

関連→卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方推測「馬券裁判男の予想法を解明する本」感想。JRDBファクターシミュレーション。稼げる買い方にするには、工夫が必要?

 

関連→競馬・馬券の破産確率。購入資金配分、分割比率について学ぶ。『馬券裁判ー競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実ー/卍著』感想。負けを先延ばしにする方法

 

 

大前研一『大前流心理経済学 貯めるな使え!』(講談社)

使ってなんぼのお金というところはあると思いますよ。

 

 

佐野洋子、西原理恵子、リリー・フランキー『佐野洋子対談集 人生のきほん』(講談社)

どなたかのブログで気になる記述があったもので。

 

 

藤本耕平『つくし世代 「新しい若者」の価値観を読む』(光文社新書)

低欲望社会に、つくし世代。

 

 

藤原和博『味方をふやす技術―よのなかの歩き方〈3〉』(ちくま文庫)

味方は多いほうがよいですもん。

 

 

大澤真幸『思考術』(河出ブックス)

この本のタイトルを正確に書くと、『私の思考術を使って、思考してみたいくつかのこと』。思考してみたことから思考術を学べという、高度な本。ノウハウを追いかける連中を一蹴したいのだろうけど……。

 

 

土居健太郎『10年つかえるSEOの基本』(技術評論社)

Kindle本が実質半額セールをやっていたので。

 

テクニック本というよりも、概要本といったところか。

 

関連→ブログの更新頻度を上げると、アクセス数(PV)が増える効果があるのはだいたい事実。しかし、重要なのは「どうしてブログが書けるのか」を知っておくことでは?

 

関連→ブログに書く記事の文章、文字数問題の考え方。400、1000、2000…。アクセス数をアップするには?まもなく300記事。ブログ9ヶ月目【競馬】

 

関連→競馬予想とブログ論は似てる。違うのは結果の明らかさ。書き方あれば、SEOあり、アフィリエイト、稼ぐ方法…。血統あれば、調教あり、騎手、馬場、パドック…

 

 

その他に読んだ本【山口文憲・森毅・外山滋比古など】

山口文憲『読ませる技術』(ちくま文庫)、森毅『自分は自分「頭ひとつ」でうまくいく―森流“ものぐさ発想・はみ出し思考”』(知的生きかた文庫)、外山滋比古『考えるとはどういうことか』(知のトレッキング叢書)、郷原信郎『思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本』(講談社現代新書)、本田直之『リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術』(東洋経済新報社)、齋藤孝『「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術』(大和書房)、米田智彦『僕らの時代のライフデザイン 自分でつくる自由でしなやかな働き方・暮らし方』(ダイヤモンド社)。

 

 

2015.04読了本は、1ヶ月23冊。

 

以上、読書感想おすすめ本メモ。武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ』重松清『セカンド・ライン―エッセイ百連発』藤原和博『味方をふやす技術』など。2015.05でした。

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

競馬の人気薄な穴馬券のうまい当て方と、投資における現在の不納得。儲けの共通点は「なんで買うのかわからない」と言われること?精神的バイアス、傾向特徴

将棋の三手の読みができないから考える、馬券を買う人の都合を競馬予想に入れすぎると当たらなくなる話

 

スポンサーリンク




こちらの読書ネタもどうぞ、おすすめまとめ【初心者入門。やり方、方法探し中な方の参考にも】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

競馬予想に使う赤ペン、黒ボールペンのおすすめは、ぺんてるノック式エナージェル1ミリ。なめらかで書きやすい。にじまない、使いやすい。マークシートにも

お金を稼ぐ仕事や方法の参考に。商売とアイデアと工夫。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』感想

夜明けのブルース/五木ひろしのYouTube動画を見てカラオケで歌うほどハマった。松山〜。作詞作曲・レーモンド松屋。紅白で歌われてたとは…

上手いと感じる歌手は歌唱力、声量、声質があるというけど「声、出てたよね」と思われるかが第一と思った、前川清コンサート後に聞いたおばちゃんの感想。

鼻うがいうまくいかない失敗系男子です。風邪予防に簡単で効果があると方法を知り、器具、食塩水を買ったのですが…。角度が悪いのか、タイミングか

便秘の原因を見つけ改善するのに、食事関連、1日1食、ファスティング・断食・少食、にんじん、生姜。健康本をたくさん読んでみた【体調管理】

読書した冊数が減少して、得るものが少なかった感でいっぱいに。本を読むことに飽きることなく、もっと読みたい。小説・エッセイ・専門書に漫画…

高齢者が遊びとしてゲームセンターに集まりメダルゲームをする話は、面白い話だな。健康のための効果ありそう。おじいちゃん、おばあちゃん。

 

この記事はいかがでしょう・その2

Google翻訳で、米米CLUBと訳してみたら…。おもしろ、意味不明?おかしい?(日本語から英語)【ネタ】。機械学習したら、歌い出したりして(ないない)

白髪な鼻毛がはさみで切ってたとき落下。ショック。私、30代男性。病気が原因だったらと検索してみた。ストレス?食べ物?老化?

ユニクロのメンズ靴下・ソックス。履き心地一番よかったサイズは、アンクルタイプ(くるぶし)。ショートタイプのように脱げない

クックパッドで紹介の、れんこん団子レシピが簡単で美味しそう。あんかけ、スープ、おでん、鍋に合うのでは?

グッドバイ/toeのYouTube動画。名曲。土岐麻子さん関連で聞きはじめたけど、何度聞いても飽きない曲。カラオケで歌えたら最高だけど…

1日1食の効果だろうか、8キロダイエット成功。運動はしなかったものの、履けなかったチノパンがすっと履けた!【少食・ファスティング】

おもしろピザカッター、数学の先生が持ってそうな分度器な使い方で。力もうまく入って、切れないなんてなさそう?パーティーに

貼るカイロ、温度調節して低温やけどに注意しつつ、足裏、お腹、腰、背中、首、肩の血行を良くして、健康のために使用中

アゴの歪みあるかな、噛み合わせ悪いしと左右に動かし自分でチェックしていたら、RADIOFISH「PERFECT HUMAN」になったよ、オリラジさん

 - おすすめ読書感想メモ , , , , , , , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

読書感想おすすめ本メモ。片山洋次郎『骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門』槙田雄司(マキタスポーツ)『一億総ツッコミ時代』など。2013.04

片山洋次郎、槙田雄司(マキタスポーツ)、森健、加納裕一、ビートたけしなど、おすすめ本・読書感想メモ。今月のおすすめ本は、片山洋次郎『骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門 』、槙田雄司(マキタスポーツ)『一億総ツッコミ時代』、森健『ビッグデータ社会の希望と憂鬱』、加納裕一『でる単―利益がでる単複・馬単教室』、ビートたけし『間抜けの構造』、菊地成孔『スペインの宇宙食』など。2013.04読了本リスト・おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。堀江敏幸『いつか王子駅で』ロバートキヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』など。2013.09読了本リスト

ロバート キヨサキ、シャロン・レクター・堀江敏幸・末井昭、山崎一夫、西原理恵子・清水成駿など。おすすめ本・読書感想メモ。今月のおすすめ本は、ロバート キヨサキ、シャロン・レクター『金持ち父さん貧乏父さん』、堀江敏幸『いつか王子駅で』、アンディ・ミリガン、ショーン・スミス『できない人ほど、データに頼る』、末井昭、山崎一夫、西原理恵子『パチンコからはじまる○×△な話』、清水成駿『競馬無敵の「孫子流21攻略」』など。2013.09読了本リスト。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。松沢一憲『馬単・三連単時代のVライン帯封講座―前走の位置取りだけで激走馬を見抜く方法』北野義則『3連複自由自在』など。2015.09

松沢一憲・北野義則・小島友実、サラブレッド血統センター・河田桟・高橋宣行など。今月のおすすめ本は、松沢一憲『馬単・三連単時代のVライン帯封講座―前走の位置取りだけで激走馬を見抜く方法』、北野義則『3連複自由自在』、小島友実、サラブレッド血統センター『馬場のすべて教えます〜JRA全コース徹底解説〜』、河田桟『馬語手帖―ウマと話そう』、高橋宣行『コンセプトメイキング 変化の時代の発想法』、森毅『考えすぎないほうがうまくいく―“やわらか発想・寄り道思考”のススメ』などの本を読みました。おすすめ本・読書感想メモ・読了本リスト。

読書感想おすすめ本メモ。佐藤優『読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』外山滋比古『自分の頭で考える』など。2014.02読了本リスト

外山滋比古・佐藤優・津田大介・染谷昌利・富田薫など。おすすめ本・読書感想メモ。今月のおすすめ本は、外山滋比古『自分の頭で考える』、佐藤優『読書の技法誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』、津田大介『ゴミ情報の海から宝石を見つけ出すこれからのソーシャルメディア航海術』、染谷昌利『ブログ飯個性を収入に変える生き方』、富田薫『SHAPER’S HIGH』、など。2014.02読了本リスト。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。澤上篤人『金融の本領』ナポレオン・ヒル『思考は現実化する』清野とおる『その「おこだわり」、俺にもくれよ1』など。2015.06

澤上篤人、ナポレオン・ヒル、清野とおる、上野誠などの本を読みました。読書感想・おすすめ本メモ。2015.06読了本リスト。今月のおすすめ本は、澤上篤人『金融の本領』、ナポレオン・ヒル『思考は現実化する〈上〉』『〈下〉』、清野とおる『その「おこだわり」、俺にもくれよ1』、上野誠『競馬1本でメシを食う技術』、班目健夫『免疫力アップ! 「湯たんぽ」で「冷え性」が治る 低体温が万病のもと』、桜井卓馬『1500万円の馬券負債から復活した男の馬券術』『馬券で喰っていく最初で最後の法則』などの本を読みました。2015.06読了本。読書感想・おすすめ本メモ。

読書感想おすすめ本メモ。城山三郎『百戦百勝―働き一両・考え五両』齋藤孝『語彙力こそが教養である』など。2016.1

城山三郎・齋藤孝・安井涼太・野地秩嘉・立川談志・斎藤喜博・斎藤喜博・森田正光・石川ワタルなど。おすすめ本・読書メモです。今月のおすすめ本は、城山三郎『百戦百勝―働き一両・考え五両』、齋藤孝『語彙力こそが教養である』、安井涼太『安井式ラップキャラ』、野地秩嘉『サービスの裏方たち』、立川談志『人生、成り行き―談志一代記』、斎藤喜博『君の可能性―なぜ学校に行くのか』、森田正光『「役に立たない」と思う本こそ買え』、石川ワタル『石川ワタルの競馬理論』などの本を読んだ。読了本リスト2016.1。おすすめ本・読書メモ

読書感想おすすめ本メモ。城山三郎『無所属の時間で生きる』亀谷敬正『血統ビーム黄金ガイド』木下健『競馬で妻子を養う男の走馬眼』など。2013.10

木下健・城山三郎・亀谷敬正・木下健・鈴木菜央・能勢俊介など。おすすめ本・読書感想メモ。今月のおすすめ本は、木下健『競馬で妻子を養う男の走馬眼』、城山三郎『無所属の時間で生きる』、亀谷敬正『血統ビーム黄金ガイド』、鈴木菜央『「ほしい未来」は自分の手でつくる』、能勢俊介『ザ・馬券力―近代競馬と戦う』、谷中公一『大穴の騎手心理ジョッキーの思考がわかれば激走パターンが見えてくる!』、黒須田守『穴の池田・研究ノート』など。2013.10読了本リスト。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。南まりか『収支をつければパチンコ・パチスロは負けない』児玉光雄『イチローはなぜ打率ではなくヒット数にこだわるのか』など。

児玉光雄・南まりか・藤原智美・三井弘・エドワード.W.コール・石川ワタル翻訳など。読書感想・おすすめ本メモ。今月のおすすめ本は、児玉光雄『イチローはなぜ打率ではなくヒット数にこだわるのか』、南まりか『収支をつければパチンコ・パチスロは負けない』、藤原智美『文は一行目から書かなくていい - 検索、コピペ時代の文章術』、三井弘『体の痛みの9割は首で治せる! 角川SSC新書』、エドワード.W.コール 石川ワタル翻訳『超訳 伝説の馬券師ピッツバーグ・フィルの教え』、土方吾郎『プロ馬券師土方吾郎が千二でしか勝負しない理由』、ちきりん『マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』など。読了本リスト2015.03。読書感想・おすすめ本メモ。

読書感想おすすめ本メモ。島田潤一郎『あしたから出版社』庄野ナホコ『ルッキオとフリフリ おおきなスイカ』など。2014.07

島田潤一郎・庄野ナホコ・浅田次郎・安井涼太・橘玲など。おすすめ本・読書感想メモです。今月のおすすめ本は、島田潤一郎『あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)』、庄野ナホコ『ルッキオとフリフリ おおきなスイカ』、浅田次郎『君は嘘つきだから、小説家にでもなればいい』、安井涼太『安井式ラップキャラ』、橘玲『臆病者のための億万長者入門』、藤井大輔『「R25」のつくりかた』など。読了本リスト2014.07。おすすめ本・読書感想メモ。

読書感想おすすめ本メモ。藤原和博『必ず食える1%の人になる方法』重松清『この人たちについての14万字ちょっと』など。2015.01

藤原和博・重松清・三浦展・木下健・谷口マサトなど。おすすめ本・読書メモ。今月のおすすめ本は、藤原和博『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』、重松清『この人たちについての14万字ちょっと』、三浦展『仕事をしなければ、自分はみつからない。―フリーター世代の生きる道』、木下健、「競馬最強の法則」馬券術特捜班『馬券生活者・木下健の競馬で妻子を養う男の馬券術』、谷口マサト『広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門』、林木林、庄野ナホコ『二番目の悪者』、ジャックフォスター『アイデアのヒント』、など。読了本リスト2015.01。おすすめ本・読書メモ。