繰り返しの謎解き商会

*

文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人。文章力や書き方の前に知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側・意識の違いについて

      2017/12/08

方眼ノートと赤ペン、黒ペン

文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人はたくさんいると思います。文章力身につけたり、面白い文章の書き方を習ったり。仕事に活かしたり、アイデア練ったりするのにとっても文章が書ける事、役立ちます。

 

そんなうまく、面白い文章を書こうとする行動にある……ワナ。

 

厳しい話かなと思うのですが、文章書く上でのコツや方法の基本と言ってもいい「読む側と書く側の意識の違い」について、森毅さんの話を参考にして書こうかと思います。

 

知っておいて損はないと思います。

 

スポンサーリンク




目次

ブログに文章を書く努力と、文章がうまいこと、面白いことは別物

ブログ飯界隈(?)では、月に100記事更新するくらいでないとやっていけないとか、けっこう体育会系なノリの記事を見かけたりします。文章がうまくなくってもいいんだよ(?)、面白い文章書こうとしなくってもいいんだよなどなど。

 

体育会系のノリがどうしてもワタクシ駄目で。

 

文化系まっしぐら、猫まっしぐら、中学の3年間、卓球部をかじり→クロスワードパズル部長だった身としては、震え上がるところ。

 

プルプルプルルー。

 

いや、これではいけん。プルルーはいけん。

 

震え上がりつつも、パズルの升目を3つ埋め、こうつぶやく。

 

下手な鉄砲数打つスタンスでいても、文章うまくなろうという企みが常にないのであればいつまで経っても下手だ、面白くもならない。

 

たとえ、アクセスが増えたとしても、勘違いしてはいけない部分ってある、と。

 

参考→恋愛・就活・仕事。うまくいくコツをつかむ人とは、下手な鉄砲数うちゃ当たるということわざの意味を効果的に知ってる。わからないことを減らしていく【競馬】

 

関連→クロスワードパズルの雑誌に出題された問題をひたすら解く部活の部長だった話。作り方知らずに簡単な問題、文化祭で作ったなぁ…

 

関連→自分勝手、自己中心な性格にイライラ腹立つ、やめたい。エゴ行動なわがままを直す改善する、男女を問わない知識の考え方とは【読書・仕事・心理】

 

ブログを書き、月に100記事更新することはすごい。そこにある評価を欲する感覚。行動に対しての評価を……。

確かに、月に文章書いて100も記事を更新することはなかなかできることではありません。実際、自分もそこまでの数更新したことはありませんし。

 

ただ、読み手と書き手、いえ、「読み手側」と「書き手側」と書いたほうがいいでしょう。現在どちら側から見ているかによって、思考回路って変わるんです。

 

「評価」の感覚が変わるんです。

 

関連→自己評価は高いより低いときに、男性女性問わず効果ある特徴あり。コミュニケーションをとる上で、心理的に意味が生まれる理由【仕事・お金・性格・長所短所】

 

読み手側のときより、書き手側にいるときのほうが評価してほしい、努力を認めてほしい欲望はメランコメランコ燃えてる。

 

当たり前といえば当たり前ですけど、表現しているわけですから、評価を欲しちゃう。文章はうまくなりたいし、面白い文章書きたいし。いや、書いたし……。書いてるし。

 

評価、欲しちゃいました。となる。

 

この、欲しちゃう感情がコントロールできてるうちはいいのだけど、過剰になると「努力をどうしても認めてほしくってしょうがなくって、評価が欲しくって、コノヤロー病」にかかりやすくなる。

 

関連→承認欲求を健全に満たす方法。強すぎる欲求からこじらせずに解消解放するには、男女問わず満たす容量を把握すること。自己顕示欲も同じ【SNS・仕事・ストレス】

 

関連→信用できない、されない大人は、男女問わず仕事や恋愛、お金などの失敗談を話す語ることができない。人生で試行錯誤してない人を見抜く方法【競馬ネタ】

 

関連→趣味とは、男女問わずその人を作る土台。趣味にお金をかけてもかけないで安いものでも、のめり込んでも意味はある。本に漫画にCDにレコード、散歩、競馬…

 

文章を書くことについて、上手いということについて、面白いかどうか……、森毅の意見

「マルクスは、コラムも書いていた。その点ではぼくも同業者なのでよくわかるのだが、作者がどれだけ苦労して資料を集め、どれだけ苦心して原稿を書いたなんてことは、消費者である読者からみるとまったくどうでもいいことである。大切なのは、たまたまでも偶然でもいいからとにかくいいアイディアを思いつき、そのアイディアを気のきいたレトリックでどれほどうまいことセンス良くまとめあげたか。そこが勝負である」

 

森毅「ええかげん社交術」(角川oneテーマ21)より。

 

書き手が1日に5記事、10記事更新してても、読み手からするとしったこっちゃないんです。厳しい指摘であるとは思うのだけど、こうして文章書いてても「そうだよな」と思うし……。

 

文章を書くことにおいて、書き手の努力を読み手は知ったこっちゃないというのが基本線。これは、文章が上手くなりたい人、面白い文章書きたい人、文章力を身につけたい人、書き方を習おうとしている人にとって、つらいことなれど知っておいて損はない話だと思う。

 

その上で楽しめるかどうか。

 

ひと記事、ひと記事、「どれほどうまいことセンス良くまとめあげたか」。

 

おおげさに言えばここだけです、読み手が文章上手いか面白いかどうかを見てるのは。

 

読み手が読みたいと思うものを提供できてるかどうか(もしくはそれを越えてしまうか、心地よくはぐらかすか……)。

 

むしろ、10も記事書くんだっら2記事くらいに濃縮還元してくれよって考える人もいるでしょう。

 

文章の書き方のコツの前に、文章力うんぬんの前に知っておいたほうがいい感覚になるかと思います。

 

それはビジネス文書(ビジネスレター)を書こうが、手紙を書こうが、案内状だろうが、挨拶状だろうが、なんでも同じことでしょう。

 

関連→エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】

 

関連→小説すばる新人賞に応募。一次選考通過ならずサヨナラ。枚数、原稿用紙450枚。最終選考に残ると信じて疑わず。賞金欲しかった…、印税、芥川賞、直木賞って妄想も

 

関連→仕事でうまくいく考え方とは。成果を出し成功する、安定する。ポイントは、知ること(インプット)と記録(メモ・ノート)をやめないところからという話【読書】

 

努力について、森毅の意見

「努力それ自体は決して悪いことではない。しかし努力すれば必ずできると思い込むのは、間違いなのである。努力してもできない人がいるし、努力しなくてもできる人もいる。こっち方面で努力してできないのだったら、あっち方面に行けばいいのだと、柔軟に考えられるようになれば一番いいのではないか」

森毅「ええかげん社交術」より。

1日に、5記事も10記事も更新することはいいんです。

 

しかし、その努力を誇られても、読み手からするとマイナスのことになりかねない。

 

記事を1日にたくさん書くということは「書き手の都合だけじゃないか」という考えだってできる。

 

そこらへんを払拭する部分の用意。

 

確かに、ブログで飯を食べて行こうといるとき、記事数というのは必要。ただ、必要だからって、その努力を認めろというのは、違うでしょと。

 

関連→努力は人を裏切らない。努力は必ず報われる。2つのことわざ名言の意味とは。アピールしすぎは綺麗事になり嘘に近づく。才能は工夫して継続していく。

 

関連→読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

関連→文章がうまくなる、面白い内容になる基本的なコツ。知っていることやネタを増やすこと。濃い・薄いの感覚把握。書けない、思いつかないの原因【読書】

 

文章が上手いとは、面白いとは。書く努力について。まとめ

ブログというのは、基本的に文章を書くことで成り立つ世界。

 

読み手は「どれほどうまいことセンス良くまとめあげたか」を望む。

 

では、どうすればそれができるようになるかというと、尋常じゃないくらいのインプットしかない。しかも、知ったことの血の巡りを良くしておいておくことを忘れずに。

 

人生、いつまでも終わらない答えをなんらかの形で埋め続けないといけないクロスワードパズルみたいなもん。

 

ちょっとは埋める答えをかっこよくしてみたい。

 

努力を認めろ、認めろと叫んでても埋める場所が広がるだけだ。

 

その主張は、やめたほうがいい。

 

うまいことセンス良くまとめあげるほうに力を注いだほうがいい。

 

関連→ブログの更新頻度を上げると、アクセス数(PV)が増える効果があるのはだいたい事実。しかし、重要なのは「どうしてブログが書けるのか」を知っておくことでは?

 

関連→ブログに書く記事の文章、文字数問題の考え方。400、1000、2000…。アクセス数をアップするには?まもなく300記事。ブログ9ヶ月目【競馬】

 

関連→ブログのネタ切れ問題を解決する方法とは。競馬などのことを書いて、約1日1記事計算でブログ1年経過。アクセス数は全然だけど、エックスサーバの契約延長!

 

以上、文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人。文章力や書き方の前に知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側・意識の違いについてという話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

鉄板競馬・最前線で異彩を放つ看板予想家の鉄板録/グラサン師匠・感想・レビュー。デイリー豊島俊介、血統・亀谷敬正、逃げ馬・山崎エリカ、調教・井内利彰、藤代三郎など。

競馬のレース映像や動画の見方を結果から傾向分析するのは馬券予想で大切。JRA、地方競馬、当たる特徴研究しチェックしよう【YouTube、VTR】

 

スポンサーリンク




こちらの読書ネタもどうぞ、おすすめまとめ【初心者入門。やり方、方法探し中な方の参考にも】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

プラレールYouTube動画のおすすめ? ビー玉転がしな遊び方紹介? 新幹線もびっくりな速度でゴールへ【レイアウトの組み立て方最高・工作実験】

「その日のまえに」重松清・読書感想。短篇小説「ヒア・カムズ・ザ・サン」ガン告知を隠す母と息子。テレビドラマ化、映画化された作品もレンタルしてみたい

ロト6・ロト7・ミニロトが当たらない理由。確率攻略方法と、同じ数字買い続け三等当てた人の話。競馬予想とは買い方が違う【ナンバーズ・ビンゴ5・宝くじ】

パラパラ漫画のネタを繰り返してくれる機械。お題はストーリー簡単、面白い、シンプルに笑えるものでオチに悩みつつ作ってみたい。馬、猫…◎ネタクリップ

喫茶店特集。軽食メニューが素敵。ナポリタン、トースト、カレー、サンドイッチ。BRUTUS(ブルータス)2014.6.15・感想+α【雑誌・コーヒー・読書】

B級室外機の異音ゾンゲゾンゲゾンゲ(天然もろこし植山由美子さん)が振動して移動した?カバーに日除けDIYな、MAXのズンバ(違)【お笑い】◎ネタクリップ

引越し準備の時間なく、費用のお金もない。3LDKアパートに貯めた大量の雑誌、CD、本をブックオフへクリスマスに処分。粗大ゴミはそのあと…【読書・競馬】

アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事・工夫・読書】

 

この記事はいかがでしょう・その2

喉の痛みに部屋の湿度計見れば31%、低い。乾燥対策に加湿器をアマゾンで買う。喉にちょうどいい最適湿度は60%近く。置き場所決めて、快適な部屋に【健康】

株式投資とは何か。基本・基礎の考え方を大前研一さんの連載に見た。王道の知識なのだろうけど、初心者入門の身としては、名言であり納得【コツとポイント】

寝るときに耳栓。睡眠不足を防いで、安眠したい。おすすめは「MOLDEX 使い捨て耳栓Mellows」。完全遮音はできないけど、足音、騒音、生活音に効果あり

音楽雑誌ロッキンオンジャパン初期の号をヤフーオークションで落札(山下達郎・大滝詠一インタビュー関連)。幕張やひたちなかでフェスを開催してない頃だなぁ

チュートリアルの漫才、バーベキューお笑いネタを思い出す、ランキング「BBQで要らない野菜TOP10」。トーマスマッコイ。ピーマン、玉ねぎ、エリンギ…

suicaを買う。いや発行する、作るか。定期持ってないもので…。ペンギンのデザインがかわいい。初めてのチャージ。これでJRも私鉄もバスもピッピッとな

スーパーマリオブラザーズ・地下BGMを思い出す『I’ll Take Les/John Scofield』のイントロ〜曲中繰り返し。キノコが、ピーチ姫が見える音

「髪型、お兄ちゃん、山下達郎になりたいの?」と妹に言われたのは、髪の毛を後で結べるくらいに伸びたから。だけどな、俺は茄子は好きなんだよ…

前川清&クールファイブコンサート2015・昼の部を渋谷公会堂まで観に行って来た。あの歌い方を生で見ました。息子さん登場。嗚呼、カラオケに行きたい

 - 文章 , , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

文章がうまくなる、面白い内容になる基本的なコツ。知っていることやネタを増やすこと。濃い・薄いの感覚把握。書けない、思いつかないの原因【読書】

文章を書くのは、自分の知っていることを使って書く、組み合わせる行為です。ウエブヤングが『アイデアの作り方』に書いたアイデアの話に似ています。ということは、文章がうまくなる、面白い内容になる基本的なコツや方法は知っていることやネタを増やすことになるでしょう。単純に増やす。組み合わせられる総数を増やす。そこから選ぶ。その先には文章の濃い・薄い感覚の把握もできるようになる。書けない、思いつかないの原因も浮かび上がって来ないでしょうか。ゆえに、読書って大切だなと思う瞬間です。本屋、古本屋には知ることのできる話がわんさかあるという……。

アウトプットを鍛える練習や方法で大事なのは、まずインプットしてストックすること。そして、繰り返し表現を見返せる仕組みを作ること

アウトプットは表現そのもの。表現であるアウトプットを鍛える練習や方法で大事なのは、インプットしてストックすること。インプットしたストックのないところから、表現、アウトプットすることは困難。表現を選ぶ選択肢を作れない。アウトプットを鍛えたり、練習したりする方法をこなすこともできない。インプットしてストックを増やす。そして、アウトプットを鍛えたり、練習する方法を作り上げるとき、大切なのは繰り返し表現を見返せる仕組みを作ること。人間、自分の知らないことを使って選択することができる人はそうそういないから、良くする仕組みを作ることでアウトプットが鍛えられたことがわかり、より練習できる。

エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】

芸能人、有名人でもないのにエッセイ書く?仕事にする?エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと、無謀な発言、二十歳過ぎ。返事は、芸能人でもないのにエッセイ書いてなんて無理だろと。ネタに面白さがあればコンテストで賞もらえて仕事になるわけじゃない、と。エッセイで印税なんて……。本好きになり、仲間内で紙版ブログを書いて、人に文章を読んでもらう経験が、エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたい勘違いのはじまり。公募ガイド見て、エッセイを書いて、賞もらって、文章書く仕事して本出版して、印税もらって暮らす。面白いネタならどうにかあるぜという、空前絶後の勘違い。