競馬レース映像分析ネタ

フェアリーステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

フェアリーステークス 競馬予想 過去

 

フェアリーステークス2020競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

フェアリーステークス2020(G3)。中山競馬場・芝1600mで行われます。

 

2020年のフェアリーステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のフェアリーステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、フェアリーステークス。

 

1着賞金3500万円。3歳牝馬たちによるレース。桜花賞へ向かう馬は出てくるか?

 

フェアリーステークス、歴代の勝ち馬・優勝馬

ジェルミナル、コスモネモシン、ダンスファンタジア、トーセンベニザクラ、クラウンロゼ、オメガハートロック、ノットフォーマル、ビービーバーレルなど。

 

スポンサーリンク




フェアリーステークスの過去データから2020年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

フェアリーステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去のフェアリーステークスのレース映像分析ではありません。

 

過去のフェアリーステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のフェアリーステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬柱・出走表に載らない、激走買いデータをまとめます。

 

フェアリーステークスで馬券になる前走は重要な過去データ

フェアリーステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ライジングリーズン・プリモシーン・フィリアプーラ。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去のフェアリーステークスで馬券になったのか。ホウオウカトリーヌ・スカーレットカラー・アエロリット。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2020年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




過去のレース映像データを使った、フェアリーステークス競馬予想2020【消去法】みたいなもの

フェアリーステークス 過去データ分析

フェアリーステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去にフェアリーステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去にフェアリーステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

フェアリーステークスの競馬予想・本命視? ヒモにする?

フェアリーステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともフェアリーステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

過去のフェアリーステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2020年の予想に使う

例えるならば、過去のフェアリーステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2020年のフェアリーステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

スポンサーリンク




フェアリーステークス2019競馬予想【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2019年フェアリーステークス・レース過去結果データ

 

フェアリーステークス2019・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.8-11.9/12.2-12.4/12.2-11.5-11.6

 

1着・フィリアプーラ(3番人気・丸山元気騎手・馬体重436kg)

2着・ホウオウカトリーヌ(4番人気・大野拓弥騎手・馬体重470kg)

3着・グレイスアン(5番人気・戸崎圭太騎手・馬体重486kg)

 

フェアリーステークス2019・オッズ・過去配当結果

フェアリーステークス2019・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 760円

複勝 1・230円/8・270円/13・290円

 

スポンサーリンク




フェアリーステークス2019・1着・フィリアプーラ【過去データ競馬予想】(オッズ・3番人気)

2019年フェアリーステークス1着、フィリアプーラ(オッズ・3番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、2歳未勝利戦(中山競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、8番・1着。アヴドゥラ騎手。

 

2019年フェアリーステークス1着の前走は、2歳未勝利戦

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.2-11.1-11.2/11.6-11.6/12.0-11.9-12.8

 

フィリアプーラは、4枠8番からスタート。まずまずのスタートも後方へ下げて行く。抑えつつ、追走して行く。

 

逃げて行ったのは、コスモリミックス。テン3ハロン34.5秒。かなり早目の逃げ。フィリアプーラのテン3ハロンは35.6秒。このラップでおおよそ標準くらいのラップ。

 

向正面。逃げ馬のペースは超ハイペースに振れて行く。フィリアプーラは後方の前目を強目に抑えつつ追走して行く。

 

3角-4角。内2頭外をきっちり回って行く、フィリアプーラ。4角出口で大外へ出して行く。

 

直線。馬場の真ん中当たりまで出して行ったこともあり、追い出せる位置は確保したフィリアプーラ。追って追って、追う。残り200mを切っても前との差は結構あったものの、ゴール直前で逃げ馬を差し切ってゴール。1着。フィリアプーラの上がり3ハロンは35.4秒で最速。

 

フェアリーステークス2019・1着、フィリアプーラ・過去結果データメモ・最終追い切り

※【フェアリーステークス2019・過去結果データメモ】フィリアプーラの斤量は2歳未勝利戦と変わらずの54キロ。前走のフィリアプーラは、テン3ハロンハイペース→中間ラップもハイペースな中のレースを走った。

 

スタート良かったものの、後方へ下げて行く。内目で折り合いつつ、超ハイペースな流れに折り合って行く。3角-4角距離ロスありつつも大外へ出して、上がり3ハロン35.4秒。最速。2歳戦、3歳戦で超ハイペースを経験した馬はその後走る馬が多い。フィリアプーラ自身が遅いラップで走ってたわけではなく、そこそこ早いラップでついて行ってな点はもっと評価していいところ。

 

ただし、後方一気タイプはハマる可能性を見極めた方がいいので、無理に本命にせずヒモに回しておくのでも問題はない。

 

フェアリーステークス2019最終追い切り・

美浦W 良 55.2-40.2-13.6<6>馬なり余力

 

フェアリーステークス2019・2着・ホウオウカトリーヌ【過去データ競馬予想】(オッズ・4番人気)

2019年フェアリーステークス2着、ホウオウカトリーヌ(オッズ・4番人気。血統・マツリダゴッホ産駒)の前走は、黒松賞(中山競馬場・芝1200m)でした。

 

枠順は、7番・1着。大野拓弥騎手。

 

2019年フェアリーステークス2着の前走、黒松賞

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・11.7-10.4-11.3/11.8-11.8-12.2

 

ホウオウカトリーヌは、4枠7番からスタート。発馬決めて、抑えつつ先行横並びの一線へ。

 

逃げて行ったのは、ラブミーリチャード。テン3ハロン33.4秒。少し早目な逃げ。ホウオウカトリーヌのテン3ハロンは33.7秒。

 

3角-4角。内2頭外をきっちり回って行く、ホウオウカトリーヌ。

 

直線。入り口過ぎで3番手。前は開けており、追い出して行く。ムチ入れしつつ伸びを確認しつつの追い方でじわじわ追い込んで来る。残り140mくらいから一杯に追って、追って伸びて、マイネルアルケミーを差し切ってゴール。1着。ホウオウカトリーヌの上がり3ハロンは、35.5秒。

 

スポンサーリンク




フェアリーステークス2019・2着、ホウオウカトリーヌ・過去結果データメモ・最終追い切り

※【フェアリーステークス2019・過去結果データメモ】ホウオウカトリーヌの斤量は黒松賞と変わらずの54キロ。前走のホウオウカトリーヌは、テン3ハロン少し早目な流れのレースを走った。

 

発馬決めて前目に向かうも、横並びなままで距離ロス抱えつつの抑えつつの道中。ホウオウカトリーヌのテン3ハロンはおおよそ標準くらい。直線は強く追ってないシーンありつつも2着馬をかわすのに脚を使う。上がり3ハロン35.5秒。最速は35.4秒なので0.1秒差の上がりだった。テン早+上がり早な馬の距離延長。

 

フェアリーステークス2019最終追い切り・

美浦W 良 69.0-53.6-39.8-13.8<7>馬なり余力

 

フェアリーステークス2019・3着・グレイスアン【過去データ競馬予想】(オッズ・5番人気)

2019年フェアリーステークス3着、グレイスアン(オッズ・5番人気。血統・ディープブリランテ産駒)の前走は、2歳新馬戦(東京競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、13番・1着。戸崎圭太騎手。

 

2019年フェアリーステークス3着の前走は、2歳新馬戦

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-11.7-12.3/12.9-12.4/11.8-11.1-11.6

 

グレイスアンは、7枠13番からスタート。好発も、内の馬たちの出方を待つ。強目に抑えつつ、先行して行く。

 

逃げて行ったのは、イクスパイアーズ。テン3ハロン36.9秒。続いたグレイスアンのテン3ハロンは37.1秒。

 

向正面。残り1000mはスローペースで進むも、残り800mから少しペースが早くなって行く。グレイスアンは抑えつつ2番手を追走して行く。

 

3角-4角。3角半ばで逃げ馬が垂れる。そこまでは内1頭外目だったものの、後続も外からやってきてまくるような形で回って行く。

 

直線。残り300mくらいまでは馬なり。300m切ってからは、じわじわ追って、追っていく。伸びて伸びるグレイスアン。2着馬・ディヴァインが迫って来るも交わさせず1着でゴール。グレイスアンの上がり3ハロンは34.5秒。

 

スポンサーリンク




フェアリーステークス2019・過去結果データメモ・最終追い切り

※【フェアリーステークス2019・過去結果データメモ】グレイスアンの斤量は2歳新馬戦と変わらずの54キロ。前走のグレイスアンは、テン3ハロン遅め→中間ラップも残り1000mまでスローな流れのレースを走った。

 

スタート良いも、行きたい内の馬たちの都合を通して行く。先行しつつ、脚を溜めつつ折り合って行くグレイスアン。3角で逃げ馬が垂れて、後続と共にまくり気味に上がって行く。距離ロスは多くはないが、直線は300m切るまでは馬なり。追い始めて、追い込んで来る馬いるものの全く交わさせず。

 

スローペースなレースでもあるので上がり34.5秒は用意にでる上がりではあるものの、スタート後他馬の都合を通させてるあたりは負荷なので評価していいとところ。馬券の印としてはヒモ・相手がいいかと。

 

フェアリーステークス2019最終追い切り・

美浦W 良 70.0-53.4-38.9-13.4<5>馬なり余力

 

フェアリーステークス2018競馬予想【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2018年フェアリーステークス・レース過去結果データ

 

フェアリーステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.5-11.5-11.9/12.1-11.6/11.6-11.6-11.8

 

1着・プリモシーン(2番人気・戸崎圭太騎手・馬体重482kg)

2着・スカーレットカラー(6番人気・太宰啓介騎手・馬体重436kg)

3着・レッドベルローズ(7番人気・蛯名正義騎手・馬体重450kg)

 

フェアリーステークス2018・オッズ・過去配当結果

フェアリーステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 460円

複勝 14・190円/10・310円/13・410円

 

フェアリーステークス2018・1着・プリモシーン【過去データ競馬予想】(オッズ・2番人気)

2018年フェアリーステークス1着、プリモシーン(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、2歳未勝利戦(東京競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、7番・1着。北村宏司騎手。

 

2018年フェアリーステークス1着の前走は、2歳未勝利戦

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.3-12.0/12.0-12.2/11.2-11.3-11.6

 

プリモシーンは、5枠7番からスタート。出遅れ。無理に巻き返さず、抑えつつ後方へ下げて行く。

 

逃げて行ったのは、イッツマイターン。テン3ハロン35.9秒。おおよそ標準くらいの逃げ。プリモシーンのテン3ハロンは37.2秒。

 

向正面。逃げ馬のペースはハイペースに振れて行く。少し飛ばす感じ。プリモシーンは最後方まで下がり、外目を抑えつつ、早くなって行くペースに釣られないように追走して行く。

 

3角-4角。内2頭外目→3頭外へ出して行き、上がって行くプリモシーン。

 

直線。3角終わりくらいから仕掛けつつ回ってきたこともあり、それを継続して行くプリモシーン。先行集団の外に追いつき、240m過ぎからは2着馬・テトラドラクマとの競い合いに。ゴール板直前まで競り合いは続き、プリモシーンがクビさしのいでゴール。1着。上がり3ハロン33.2秒。

 

フェアリーステークス2018・1着、プリモシーン・過去結果データメモ・最終追い切り

※【フェアリーステークス2018・過去結果データメモ】プリモシーンの斤量は2歳未勝利戦と変わらずの54キロ。前走のプリモシーンは、テン3ハロンは標準くらいで進み→中間ラップはハイペースに振れて行ったレースを走った。

 

プリモシーンは出遅れ、抑えつつ後方へ下げて行く。ハイペースになって行く中、外目追走から早目に仕掛けて距離ロス抱えつつ上昇。直線、テトラドラクマと競い合いになるも、僅差で1着。上がり3ハロン33.2秒。

 

早くなっていったラップの中仕掛けを早くして追っかけて行って、上がり最速。出遅れ+距離ロスかなりあり。弱いわけがない。本命候補。

 

フェアリーステークス2018最終追い切り・

美浦W 良 55.8-40.1-12.7<4>直強目に追う

 

フェアリーステークス2018・2着・スカーレットカラー【過去データ競馬予想】(オッズ・6番人気)

2018年フェアリーステークス2着、スカーレットカラー(オッズ・6番人気。血統・ヴィクトワールピサ産駒)の前走は、白菊賞(京都競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、3番・2着。太宰啓介騎手。

 

2018年フェアリーステークス2着の前走は、白菊賞

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.8-11.9-12.1/12.4-12.0/12.0-11.6-11.5

 

スカーレットカラーは、3枠3番からスタート。発馬決めて、抑えつつ中団へ。内目に入って行く。

 

逃げて行ったのは、アリア。テン3ハロン36.8秒。ドスローな逃げ。スカーレットカラーのテン3ハロンは37.4秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し遅いまま。残り800mあたりで標準くらいのペースに。スカーレットカラーは中団のインを抑えつつ追走して行く。

 

3角-4角。インベタで回って行く、スカーレットカラー。

 

直線。前が壁気味で進路錯綜。最初に狙ったところを塞がれる。内目に切り替えて、進路をこじ開けてくスカーレットカラー。追って追って、追う。伸びる脚は確実にあったものの、勝ち馬・リリーノーブルには届かずの2着。スカーレットカラーの上がり3ハロンは34.8秒。最速タイ。

 

フェアリーステークス2018・2着、スカーレットカラー・過去結果データメモ・最終追い切り

※【フェアリーステークス2018・過去結果データメモ】スカーレットカラーの斤量は白菊賞から変わらずの54キロ。前走のスカーレットカラーは、テン3ハロンドスロー→中間は標準くらいで進んだレースを走った。

 

スタート後、抑えつつ中団インからの競馬。ドスローな流れで脚溜めつつ。インベタで周り、直線、追い続ける進路がうまいこと見つからず、勢いに乗せて行けず。それでもどうにか進路探して追って追う。伸びてきて上がり3ハロン34.8秒。最速タイ。まともに追えてれば、リリーノーブルと接近した感は想像できるが、距離ロスがないのは多少引っかかるところ。とはいえ、馬券から消していい前走内容ではない。

 

フェアリーステークス2018最終追い切り・

栗東CW 良 85.4-68.6-53.4-38.7-12.6<6>馬なり余力

 

フェアリーステークス2018・3着・レッドベルローズ【過去データ競馬予想】(オッズ・7番人気)

2018年フェアリーステークス3着、レッドベルローズ(オッズ・7番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、2歳新馬戦(東京競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、10番・1着。福永祐一騎手。

 

2018年フェアリーステークス3着の前走は、2歳新馬戦

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.6-12.4/12.7-12.7/11.8-11.2-11.1

 

レッドベルローズは、6枠10番からスタート。出遅れ。強目に抑えつつ、後方から。

 

逃げて行ったのは、トーホウディアーナ。テン3ハロン36.8秒。遅めの逃げ。レッドベルローズのテン3ハロンは37.7秒。ドスローペース。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いままを継続。レッドベルローズは後方の外目を折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。内2頭外→3頭外へ出して回って行く、レッドベルローズ。

 

直線。外目を上がって行ったこともあり、進路は確保。残り400m過ぎから追い出し開始。追って、追って、追うレッドベルローズ。伸びて、2着馬・エルディアマンテと競い合いになるもハナさしのいでゴール。1着。レッドベルローズの上がり3ハロンは33.5秒の最速。

 

フェアリーステークス2018・3着、レッドベルローズ・過去結果データメモ・最終追い切り

※【フェアリーステークス2018・過去結果データメモ】レッドベルローズの斤量は2歳新馬戦と変わらずの54キロ。前走のレッドベルローズは、テン3ハロン遅め→中間ラップもそれを継続して行く流れを走った。

 

スタートは出遅れ、抑えつつ後方の外目で折り合って行くレッドベルローズ。3角-4角距離ロスを盛大に抱えつつも直線は追って、伸びて競い合いにハナ差勝って1着。上がり3ハロン33.5秒。スローペースもあっての上がりなものの、出遅れ+距離ロス加味すると馬券には組み込みたい前走内容である。

 

フェアリーステークス2018最終追い切り・

美浦W 良 71.6-55.1-40.0-13.6<8>馬なり余力

 

新馬戦、メイクデビューの予想方法。馬券の買い方、コツと傾向。情報、評価、調教、追い切り映像、強い厩舎、血統、パドック、能力試験動画【中央、地方】
新馬戦、メイクデビューの予想方法。馬券の買い方、コツと傾向。情報、評価、調教、追い切り映像、強い厩舎、血統、パドック、能力試験動画【中央、地方】

  新馬戦。メイクデビューの競馬予想方法。馬券の買い方、傾向攻略のコツ新馬戦出走馬のスケジュール、デビュー予定 ...

続きを見る

 

フェアリーステークス2017競馬予想【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2017年フェアリーステークス・過去レース結果データ

 

フェアリーステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・雨の降る、湿りつつある良馬場

レースラップ・12.5-11.0-11.2/11.4-11.9/12.4-12.0-12.3

 

1着・ライジングリーズン(10番人気・丸田恭介騎手・馬体重484kg)

2着・アエロリット(1番人気・横山典弘騎手・馬体重492kg)

3着・モリトシラユリ(7番人気・吉田豊騎手・馬体重478kg)

 

フェアリーステークス2017・オッズ・過去配当結果

フェアリーステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 3600円

複勝 15・660円/3・140円/8・450円

 

フェアリーステークス2017・1着・ライジングリーズン【過去データ競馬予想】(オッズ・10番人気)

2017年フェアリーステークス1着、ライジングリーズン(オッズ・10番人気。血統・ブラックタイド産駒)の前走は、アルテミスステークス (東京競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、7番・13着。丸田恭介騎手。

 

2017年フェアリーステークス1着の前走は、アルテミスステークス

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.6-11.4-12.3/12.5-12.2/11.5-11.7-11.3

 

ライジングリーズンは、4枠7番からスタート。出遅れ。その際外へ寄れたこともあり、外のウインシトリンとぶつかる。内の馬たち数頭に前に入られ、続けてウインシトリンがじわじわライジングリーズンの前に入って来る(ウインの鞍上が、何度も「入っていい? 入っていい? と後を振り返ってる」)。ライジングリーズンは後手になって後方からの競馬に(パトロールビデオの方がわかりやすいシーン)。

 

逃げて行ったのは、ツヅク。テン3ハロン36.3秒。スローペースの逃げ。ライジングリーズンのテン3ハロンは37.6秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し遅いままから、少し早いくらいのペースになって行く。ライジングリーズンは後方集団の前あたりを強めに抑えつつ、追走して行く。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、ライジングリーズン。外目に出して行く準備。

 

直線。最後方間際から、外目に振っていく、ライジングリーズン。追い出せる位置は確保。追って、追う。伸びはそこそこあるものの、13着で入線。ライジングリーズンの上がり3ハロン34.5秒。

 

フェアリーステークス2017・1着、ライジングリーズン・過去結果データメモ・最終追い切り

※【フェアリーステークス2017・過去結果データメモ】ライジングリーズンの斤量はアルテミスステークスと変わらずの54キロ。前走のライジングリーズンは、テン3ハロンスロー→少し遅いくらいのペース、残り800mから少し早くなる流れの中を走った。

 

ライジングリーズンはスタート出遅れて+ぶつかって+入られて、後方で脚溜めて行くことになった。ドスローなペースとはいえ、スタートからスピードに乗せて行くなり、脚をためて行くなり、1ハロン2ハロンうまいこと脚を整えられなかったのは負荷。道中は折り合いつつ、距離ロス少なめで大外へ振って直線追い込んで来る。通過順位・14-14→13着と地味そのものたが、上がり3ハロンは34.5秒は出てる。

 

初戦の新馬戦でスローペースな稍重馬場を上がり3ハロン34.7秒で走ったコースに戻ることを考えると、ヒモには塗っておく戦歴であることは確か。

 

穴馬は地味な戦歴の中で光っているものなので、前走だけでなく、前々走なども含めて予想すると腑に落ちる買い目を作れたりする。

 

フェアリーステークス2017最終追い切り・

美浦W 良 67.5-52.0-37.8-12.4<3>馬なり余力

 

アルテミスステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
アルテミスステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  アルテミスステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析 ...

続きを見る

 

フェアリーステークス2017・2着・アエロリット【過去データ競馬予想】(オッズ・1番人気)

2017年フェアリーステークス2着、アエロリット(オッズ・1番人気。血統・クロフネ産駒)の前走は、サフラン賞(中山競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、11番・2着。横山典弘騎手。

 

2017年フェアリーステークス2着の前走は、サフラン賞

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.3-11.3/11.5-12.3/11.9-11.5-12.5

 

アエロリットは、8枠11番からスタート。発馬まずまず。外目からじわじわ抑えつつ上がって先行して行く。強めに抑え込みつつ、逃げ馬の外につけて行く。

 

逃げて行ったのは、サクセスムーン。テン3ハロン35.2秒。少し早いペース。アエロリットのテン3ハロンは35.3秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは残り1000mでハイペースに振れ、残り800mで標準くらいに落ち着く。アエロリットは外から上がってきたアンバーミニーに擦られて、交わされる。その間も強目に抑えて折り合って行く。

 

3角-4角。外目に切り替えて、内2頭外を回って行くアエロリット。

 

直線。入り口で2番手。追い出して行く。残り120mくらいで先頭に立つ、アエロリット。追って、追うもゴール間際、トーホウアイレスに交わされる。ハナ差負け。2着。アエロリットの上がり3ハロン35.6秒。

 

フェアリーステークス2017・2着、アエロリット・過去結果データメモ・最終追い切り

※【フェアリーステークス2017・過去結果データメモ】アエロリットの斤量はサフラン賞と変わらずの54キロ。アエロリットの前走は、テン3ハロン少し早め→中間ラップはハイペースに触れるも標準くらいの速さに戻って直線に入って行くレースを走った。

 

外枠もあって、発馬良かったもののじわじわと先行ポジションへ。逃げ馬の横につけて行くアエロリット。そのまま行くかと思えば、外からまくり気味に馬が来て、擦られてペースアップ。その馬に交わされて3番手に下がる。アエロリットは外目に出して距離ロス抱えつつ、直線伸びての2着。上がり3ハロン35.6秒。

 

テン早+上がり早な馬。向正面で擦られてまくられなければ、勝ってるレースだったかと。

 

フェアリーステークス2017最終追い切り・

美浦坂路 良 52.9-38.7-25.6-12.7 馬なり余力

 

フェアリーステークス2017・3着・モリトシラユリ【過去データ競馬予想】(オッズ・7番人気)

2017年フェアリーステークス3着、モリトシラユリ(オッズ・7番人気。血統・クロフネ産駒)の前走は、2歳未勝利戦(中山競馬場・ダート1800m)でした。

 

枠順は、4番・1着。江田照男騎手。

 

2017年フェアリーステークス3着の前走は、2歳未勝利戦

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・13.1-11.9-12.7/12.8-12.7-12.9/13.6-13.3-13.7

 

モリトシラユリは、2枠4番からスタート。発馬決めて、軽く出して行きスピードに乗せて行く。先行して行く。

 

逃げて行ったのは、ノーブルプルート。テン3ハロン37.7秒。おおよそ標準くらいの逃げ。モリトシラユリのテン3ハロンは38.2秒。

 

1角-2角。内1頭分くらい開けつつ回って行く、モリトシラユリ。3番手。

 

向正面。逃げ馬のペースはハイペースに振れて行く。モリトシラユリは先行の内目をスピードに乗せつつ追走、外目に出して行く。

 

3角-4角。内2頭外へ出してきっちり回って行く、モリトシラユリ。

 

直線。入り口で2番手。馬なりで2着馬・レッドエレノアを馬なり〜軽く仕掛ける程度で交わして行く。その後も追う動作はほとんど見られずのゴール。モリトシラユリ1着でゴール。上がり3ハロン40.5秒。最速。

 

フェアリーステークス2017・3着、モリトシラユリ・過去結果データメモ・最終追い切り

※【フェアリーステークス2017・過去結果データメモ】モリトシラユリの斤量は2歳未勝利戦と変わらずの54キロ。ダートから芝替わり。前走のモリトシラユリは、テン3ハロン標準→中間からハイペースで流れたレースを走った。

 

スタート決めて、出して行きつつスピードに乗せて、先行。中間ラップがハイペースに振れてもたれずに3角-4角内2頭外の距離ロス抱えつつ回って行く。直線はほとんど追っていなく、1着でゴール。それでいて、上がり3ハロン40.5秒の最速。競う馬などいて追っていればもっと早くなっていたパターン。ダートから芝に替わる馬で走る1つのタイプは、極端な脚を使えるタイプ。モリトシラユリも早い流れをついて行って、直線は余裕ありのゴール。強い馬がいれば極端さが目立ったかと。ただし、成功確率はそう高くはないので、ヒモで追いかけるのが一番かと。

 

余談を書くと、逃げたノーブルプルートはダート1走を挟んで芝1200m替わりで勝ち上がり(単勝・1420円)。5番手追走のラブリイメッセージは、時間かかったものの7走後、新潟芝1000mで勝ち上がり(単勝・6050円)。早すぎるペースで前目行った馬の距離短縮芝替わり。すぐに走らない可能性はあるけど、ヒモに入れる目安にはなるかと。

 

フェアリーステークス2017最終追い切り・

美浦W 良 69.1-54.0-39.5-13.5<8>一杯に追う

 

以上、フェアリーステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

 

フェアリーステークス2020の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィール

たけたけっのTwitter

 

レース映像のどこを見ればいいのか? 馬券の狙い方紹介します

レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜」noteにて書きました。

 

5年6年と遊びにも行かず、飲みにも行かず、レース映像の分析、研究をしてきた中から「わかりやすいレース映像の視点、見方」をまとめました。

 

競馬予想本で類書がなかなかないファクター本となっています。

 

「あなたは、レース映像を見て競馬予想することが可能なのを知っていますか?」

 

最初の15000文字ほど好きなだけ読むことができます。ご覧くださいませ。

 

 

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.