競馬レース映像分析ネタ

富士ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

富士ステークス 競馬予想 過去

 

富士ステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

富士ステークス2019(G3)。東京競馬場・芝1600mで行われます。1着賞金は4100万円。富士ステークス1着馬にマイルチャンピオンシップへの優先出走権。

 

2019年の富士ステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の富士ステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 軸馬になりそうな自信の持てそうな馬はいるか?

 

富士ステークス歴代優勝馬、勝ち馬は、ダイワカーリアン・クリスザブレイヴ・ミレニアムバイオ・アドマイヤマックス・ウインラディウス・キネティクス・マイネルシーガル・サイレントプライド・アブソリュート・ダノンヨーヨー・エイシンアポロン・クラレント・ダノンシャーク・ステファノス・ダノンプラチナなどなど。

 

スポンサーリンク




富士ステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

富士ステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去の富士ステークスのレース映像分析ではありません。過去の富士ステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の富士ステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。

 

富士ステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ヤングマンパワー・エアスピネル・ロジクライ。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の富士ステークスで馬券になったのか。イスラボニータ・ワントゥワン・レッドアヴァンセ。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。馬柱・出馬表に乗らないデータを探します。

 

過去のレース映像データを使った、富士ステークス競馬予想2019【消去法】みたいなもの

富士ステークス 過去データ分析

富士ステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に富士ステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。過去に富士ステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。荒れるか、荒れないか?

 

富士ステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも富士ステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。プレゼンター、ゲストは誰か気にしつつ分析します、まとめます(こら)。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の富士ステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の函館2歳ステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の富士ステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

富士ステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

富士 (中公文庫)

2018年富士ステークス・レース過去結果データ

 

富士ステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-10.9-11.3/11.3-11.5/11.0-11.6-11.7

 

1着・ロジクライ(2番人気・ルメール騎手・馬体重514kg)

2着・ワントゥワン(3番人気・モレイラ騎手・馬体重448kg)

3着・レッドアヴァンセ(5番人気・北村友一騎手・馬体重458kg)

 

富士ステークス2018・オッズ・過去配当結果

富士ステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 450円

複勝 8・160円/11・200円/14・190円

 

スポンサーリンク




富士ステークス2018・1着・ロジクライ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2018年富士ステークス1着、ロジクライ(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、京成杯オータムハンデキャップ(中山競馬場・芝1600m)でした。枠順は、2番・3着。浜中俊騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.5-10.7-11.5/12.2-11.2/11.4-11.5-11.4

 

ロジクライは、2枠2番からスタート。スタート好発も強目に押さえつつ、ロジクライは外から行きたい馬たちを行かせつつインに入れて行く。と、書くと何も起こってないみたいだけど、現場にはあれこれ起こってる。スタートから出して行ったロードクエストの行き脚が乗り切らず、外からショウナンアンセムが被せて行ったため、ロードクエストは後手を踏む。その後でロジクライはインに入れたものの、ロードクエストの下がってくる事象にも付き合ったため、テンにおける負荷は大きい形。

 

逃げて行ったのは、ミュゼエイリアン。テン3ハロン34.7秒。少し早めの逃げ。ロジクライのテン3ハロンは35.4秒。テンでごちゃごちゃしたことが起こっててのラップ。

 

向正面。少し早く流れて行ったものの、残り1000mでは12.2秒と減速。ロジクライは中団の前で押さえつつ、少し外目に出したい感で追走して行く。

 

3角-4角。ウインガニオンが交わして行き、残り800mから11.2秒と早くなって行く。ロジクライは内に1頭外を回っていく。若干狭いとこに入ってる感。

 

直線。脚のなくなりつつある馬の後だったものの、うまいことロジクライは進路を確保(ヤングマンパワーが馬1頭分外を回ってくれたからだけども……)。追い続ける時間ば短かったものの、追って追って、追って、ロジクライは3着。上がり3ハロン34.1秒。

 

富士ステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 52.3-37.8-24.5-12.1 馬なり余力

 

※【富士ステークス2018・過去結果データメモ】ロジクライの斤量は京成杯オータムハンデキャップより0.5キロ減の56キロ。前走のロジクライは、少し早めで流れたペースの中、行きたい馬たちの都合に付き合って、付き合って、後手。スタート好発も具合のいい位置で競馬できなかった。4角あたりでは脚のなくなってきてる馬の後で追い出せない状態。それでも、追って追って、直線伸びて3着守る。スタート後ごちやごちゃしたことがあって、上がり3ハロン34.1秒は早い。

 

馬券から消すのは怖すぎる前走内容。

 

スポンサーリンク




富士ステークス2018・2着・ワントゥワン【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年富士ステークス2着、ワントゥワン(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、京成杯オータムハンデキャップ(中山競馬場・芝1600m)でした。枠順は、14番・2着。戸崎圭太騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.5-10.7-11.5/12.2-11.2/11.4-11.5-11.4

 

ワントゥワンは、8枠14番からスタート。大外枠。出遅れ。押して押して挽回しつつも、ワントゥワンは内目に入れつつ後方から。定位置。

 

逃げ馬は、ミュゼエイリアン。テン3ハロンを34.7秒で行く。少し早めなラップ。ワントゥワンのテン3ハロンは36.9秒。

 

向正面。流れはスタートから少し早かったものの、残り1000mでは12.2秒とペースダウン。ワントゥワンは後方の外目を押さえつつの追走。

 

3角-4角。ペースが上がって行く中、ワントゥワンは追い出しつつ内に2頭外−3頭外周り→大外へ出して行く。

 

直線。馬場の真ん中あたりまで出したワントゥワン。追って追って、追って、伸びて伸びてきて、勝ち馬ミッキーグローリーを交わせなかったものの2着まで追い込んでくる。ワントゥワンの上がり3ハロンは33.0秒。上がり最速。

 

富士ステークス2018最終追い切り・

栗東ポリトラック 良 65.2-50.5-36.8-11.8<7>一杯に追う

 

※【富士ステークス2018・過去結果データメモ】ワントゥワンの斤量は京成杯オータムハンデキャップから1キロ増の54キロ。前走のワントゥワンは、出遅れ、挽回しつつも後方から。ペースは少し早い→息入れて→残り800mから動き出す。そんな中、後方から外目回りまくって短い直線追い込んできての上がり最速。

 

ワントゥワンタイプは馬券の本命にしたいところだけど、強烈な追い込み馬は馬券の相手にする方が長い目で見たときには良い。コーナー2回→コーナー2回のときは特にそう。ただし、コーナー2回→コーナー4回、いわゆる距離延長は当たり前に流れるペースが遅くなることが利点となって強烈な末脚がバッチリはまることがあるので、別に考えた方がいいのだけど(なもので、どうしてワントゥワンはコーナー4つの競馬を何度か試さなかったのかと思うのであります)。

 

富士ステークス2018・3着・レッドアヴァンセ【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年富士ステークス3着、レッドアヴァンセ(オッズ・5番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、ヴィクトリアマイル(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、6番・3着。北村友一騎手。

 

馬場状態・雨の降る、重馬場に近く稍重馬場

レースラップ・12.4-11.3-11.5/11.6-11.5/11.1-11.2-11.7

 

レッドアヴァンセは、3枠6番からスタート。まずまずの発馬。押さえつつ、先行して行く。カワキタエンカの後に着けられそうな感じあるも、押さえて4番手5番手からの競馬なレッドアヴァンセ。少し窮屈感あり。

 

逃げて行ったのはカワキタエンカ。テン3ハロン35.2秒。おおよそ標準なあたり。レッドアヴァンセのテン3ハロンは35.7秒。

 

向正面。馬場状態の悪さから考えて、カワキタエンカの作るペース「11.6-11.5秒」は早い。レッドアヴァンセは強めに押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。レッドアヴァンセは内に2頭いる外を押さえつつ回っていく。

 

直線。追い出せる位置は楽々と確保したレッドアヴァンセ。アエロリットを交わして先頭になるシーンがあったものの、ゴール寸前で勝ち馬・ジュールポレールと2着馬・リスグラシューに交わされて3着。レッドアヴァンセの上がり3ハロンは33.6秒。

 

富士ステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 51.4-37.3-24.0-11.9 一杯に追う

 

※【富士ステークス2018・過去結果データメモ】レッドアヴァンセの斤量はヴィクトリアマイルより1キロ減の54キロ。前走のレッドアヴァンセはペース早く流れる中、テンは少々窮屈な競馬。中間も逃げ馬は飛ばして行き、外目回りで直線「勝つか?」と思わせるシーンを作った、レッドアヴァンセ。上がり3ハロン33.6秒は早い。

 

2018年のヴィクトリアマイルは、その後のレースで馬券にならなかった馬が出走18頭中4頭(内1頭はヴィクトリアマイルで引退)しかいないレースだった。走った条件が短距離だったりダートだったりしてはいるけれども、何らかの形で馬券になる馬が揃って走ってた、いわゆる「レベルの高いレース」だった。9着はワントゥワンである。

 

富士ステークスでレッドアヴァンセの枠順は外目な枠だけど、ヴィクトリアマイルで内2頭外を回って直線伸びてるので、プラスマイナスゼロと考えるのが良いかと。馬券の相手には必要な前走の走りである。

 

京成杯オータムハンデキャップ2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

 

富士ステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

富士酢 富士酢プレミアム 500ml

2017年富士ステークス・過去レース結果データ

 

富士ステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・雨の降り続く不良馬場

レースラップ・12.6-11.3-11.7/12.2-12.0/11.2-11.2-12.6

 

1着・エアスピネル(1番人気・武豊騎手・馬体重476kg)

2着・イスラボニータ(4番人気・ルメール騎手・馬体重484kg)

3着・クルーガー(11番人気・内田博幸騎手・馬体重530kg)

 

富士ステークス2017・オッズ・過去配当結果

富士ステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 390円

複勝 6・170円/15・200円/13・780円

 

スポンサーリンク




富士ステークス2017・1着・エアスピネル【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2017年富士ステークス1着、エアスピネル(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、札幌記念(札幌競馬場・芝2000m)でした。枠順は、13番・5着。ルメール騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.0-11.7/13.0/12.3-12.1-11.9/11.9-11.8-12.0

 

エアスピネルは、8枠13番からスタート。大外枠。スタートまずまず。気持ち発馬後、外へよれてる。押さえつつ前目、先行ポジションへ向かうエアスピネル。

 

逃げて行ったのは、ロードヴァンドール。テン3ハロン35.4秒。おおよそ標準くらいのラップ。エアスピネルのテン3ハロンは36.0秒。

 

1角-2角。外枠から内目には入って行く隙間なく、内に2頭外を回って行くエアスピネル。押さえつつ。押さえつつ。

 

向正面。ロードヴァンドールの逃げは1ハロンゆっくり進むも「12.3-12.1-11.9」と、早くもなく、遅くもなくという標準的なラップで逃げてく。エアスピネルは外目の先行ポジションで押さえつつ。

 

3角-4角。内に2頭外目を回って行くエアスピネル。

 

直線。エアスピネルは追い始めてそこそこ伸びるものの、抜け出すまでの脚はなく。後続に差される。5着。エアスピネルの上がり3ハロンは35.7秒。

 

富士ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 稍 52.5-38.5-25.1-12.2 一杯に追う

 

※【富士ステークス2017・過去結果データメモ】エアスピネルの斤量は札幌記念と変わらずの57キロ。コーナー減400mの距離短縮。前走のエアスピネルは、ペースはおおよそ標準〜少し遅めで流れた中、外枠から内目に入れず、1角-2角・内に2頭外→3角-4角・内に2頭外と、距離ロス4頭分あって、上がり3ハロン35.7秒だった。

 

札幌記念の勝ち馬・サクラアンプルール(0.4秒差)は1番枠もあって、1角入りはインベタ。3角-4角は内1頭ー2頭外から大外へ出す。エアスピネルの距離ロスを考えると、枠順がサクラアンプルールと逆だった場合、もっと接戦になってたはず(机上の空論計算で0.4秒〜0.5秒くらい、エアスピネルの時計は早くなる)。

 

本命にするには心細さもあるけど、コーナー2つの競馬の方が得意と見れば印は上げられるかと(富士ステークスに限らず、コーナー4つでそこそこ走るけど、2つの方がより走る、この手の馬はクラス問わずそこそこいる)。

 

スポンサーリンク




富士ステークス2017・2着・イスラボニータ【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・フジキセキ産駒)

2017年富士ステークス2着、イスラボニータ(オッズ・4番人気。血統・フジキセキ産駒)の前走は、安田記念(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、15番・8着。ルメール騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.2-10.6-11.1/11.6-11.6/11.0-11.3-12.1

 

イスラボニータは、7枠15番からスタート。好発も押さえつつ、押さえつつ中団から。大外枠からで内に入っていく隙がない、イスラボニータ。

 

逃げて行ったのは、ロゴタイプ。テン3ハロン33.9秒。早い。かなり早い逃げ。イスラボニータのテン3ハロンは34.3秒。こちらも早め。

 

向正面。外目を押さえ続けてるイスラボニータ。かなり早いラップで逃げてるロゴタイプのペースは早いまま継続。

 

3角-4角。早すぎるペースに巻き込まれないように、押さえ続けてるイスラボニータ。内に2頭いる外をきっちり回っていく。

 

直線。イスラボニータは入口から前が壁。しばらく追い出せない。残り300mあたりから、追い出しては行けたものの、ムチ入れて様子見しつつな軽い追い方でゴール。8着。イスラボニータの上がり3ハロンは34.4秒。消化不良。

 

富士ステークス2017最終追い切り・

美浦W 稍 66.1-51.6-38.2-12.9<5>馬なり余力

 

※【富士ステークス2017・過去結果データメモ】イスラボニータの斤量は安田記念と変わらずの58キロ。前走のイスラボニータは、大外枠からの競馬でテン3ハロンかなり早い+中間ラップも早い中、内に2頭いる外を追走する形。直線は追い出せる位置を全く確保できないシーンが長く続いて、どうにもできないレース。それでいて、追い出せるようになってからの上がりで34.4秒。テン早+上がり早な馬。当然、馬券から消す選択肢はない。大外枠でも印は打つ方がいいパターン。

 

富士ステークス2017・3着・クルーガー【過去データ】(オッズ・11番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2017年富士ステークス3着、クルーガー(オッズ・11番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、マイラーズカップ(京都競馬場・芝1600m)でした。枠順は、9番・10着。松山弘平騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.2-11.7/12.1-11.4/11.3-10.8-11.3

 

クルーガーは、7枠9番からスタート。好発も押さえつつ。そこまで外枠ではないものの、外目の先行ポジションへ行くクルーガー。

 

逃げて行ったのは、サンライズメジャー。テン3ハロン35.3秒。少し遅い逃げ。クルーガーのテン3ハロンは35.6秒。

 

向正面。遅めなペースは少し早くなったものの、遅めな流れ。クルーガーは外目を押さえつつな展開。

 

3角-4角。残り800mあたりから動き出す。内に2頭外を回っていくクルーガー。追い出してスピードに乗せて行く。

 

直線。追い出してスピードに乗っていたものの、内でガチャガチャしてたフィエロが外へ飛び出して来てクルーガーは大ブレーキ。そこから立て直すも、交わせる脚はなくゴール。クルーガーは10着。上がり3ハロン33.9秒。

 

富士ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 稍 52.4-38.7-25.2-12.4 一杯に追う

 

※【富士ステークス2017・過去結果データメモ】クルーガーの斤量はマイラーズカップと変わらずの57キロ。前走のクルーガーは、膝骨折の1年休養明け。ペースの少し遅い流れを外目で追走。コーナー2頭外回り。直線追い出すも、スピードに乗って来たところをフィエロに前に出てこられてブレーキ。クルーガーの不利は軽いブレーキではなく、深いブレーキ。直線の残された距離で再びスピードに乗せるのは困難。それでも上がり3ハロンは33.9秒あったのは、ヒモには残した方がいいですよのサイン。

 

札幌記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

 

富士ステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

富士山地下99階

2016年富士ステークス・過去レース結果データ

 

富士ステークス2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・13.0-11.5-11.8/11.8-11.7/11.2-11.2-11.8

 

1着・ヤングマンパワー(3番人気・戸崎圭太騎手・馬体重524kg)

2着・イスラボニータ(4番人気・ルメール騎手・馬体重482kg)

3着・ダノンプラチナ(2番人気・蛯名正義騎手・馬体重480kg)

 

富士ステークス2016・オッズ・過去配当結果

富士ステークス2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 560円

複勝 3・190円/4・240円/2・180円

 

富士ステークス2016・1着・ヤングマンパワー【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・スニッツェル産駒)

2016年富士ステークス1着、ヤングマンパワー(オッズ・3番人気。血統・スニッツェル産駒)の前走は、関屋記念(新潟競馬場・芝1600m)でした。枠順は、17番・1着。戸崎圭太騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.5-11.1-10.8/11.3-11.4/11.9-10.8-12.0

 

ヤングマンパワーは、8枠17番からスタート。まずまずのスタート、大外枠。軽く促して先行ポジション。押さえつつ、内目を伺うヤングマンパワー。

 

逃げて行ったのは、ピークトラム→ロサギガンティア→レッドアリオン。レッドアリオンのテン3ハロンは34.4秒とかなり早めの逃げ。ヤングマンパワーのテン3ハロンは35.5秒。

 

向正面。ペース早く流れてく中、レッドアリオンはラップの早さを緩めない「11.3-11.4秒」と加速。ヤングマンパワーは早いペースに釣られないように、外目で強めに押さえつつの展開。

 

3角-4角。2頭外を回っていく、ヤングマンパワー。押さえつつ。

 

直線。残り400m過ぎまでは、ほぼ馬なりなヤングマンパワー。少しずつ強く追い初めて、追って追って、追って、ゴール寸前でダノンリバティを差し切ってゴール。ヤングマンパワー1着。上がり3ハロン33.7秒。

 

富士ステークス2016最終追い切り・

美浦坂路 良 53.0-38.6-25.2-12.2 末強目に追う

 

※【富士ステークス2016・過去結果データメモ】ヤングマンパワーの斤量は関屋記念から1キロ増の57キロ。前走のヤングマンパワーは、テン3ハロン早い+中間ラップも早い中、コーナーで内2頭外目回り。直線は追って追っての上がり3ハロン33.7秒。早いラップでも早い上がりで追い込んで差せる脚力は強い。

 

富士ステークス2016・2着・イスラボニータ【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・フジキセキ産駒)

2016年富士ステークス2着、イスラボニータ(オッズ・4番人気。血統・フジキセキ産駒)の前走は、安田記念(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、9番・5着。蛯名正義騎手。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.3-11.0-11.7/12.0-12.1/11.3-10.9-11.7

 

イスラボニータは、7枠9番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつ、中団から、逃げ馬に引っ張られそうになるのを外目で強く押さえて行くイスラボニータ。

 

逃げて行ったのは、ロゴタイプ。テン3ハロン35.0秒。おおよそ標準くらいの早さ。イスラボニータのテン3ハロンは35.5秒。

 

向正面。ロゴタイプの逃げは少し緩んで進む。イスラボニータは外目を強めに押さえつつの追走。「落ち着いてイスラボニータ」。

 

3角-4角。内に2頭いる外をきっちり回って行くイスラボニータ。押さえきれずに、鞍上は4角手前で外に出して内3頭いる外回りに。

 

直線。大外へ出したイスラボニータ・残り400mまでは馬なりで、その先から追って追うも、ムチ入れ様子見追いで伸びを見つつな追い方になり、伸びてはいるものの前を交わせず。イスラボニータは5着でゴール。上がり3ハロン33.9秒。

 

富士ステークス2016最終追い切り・

美浦W 良 68.1-52.5-38.0-12.8<6>馬なり余力

 

※【富士ステークス2016・過去結果データメモ】イスラボニータの斤量は安田記念から変わらずの58キロ。前走のイスラボニータは、標準より少し遅めなペースの中、外目をおさえつつ追走。3角-4角・内2頭→3頭外目をきっちり回る形で直線、伸びるも届かず上がり3ハロン33.9秒でゴール。

 

距離ロスあっての上がり33.9秒なので、前走より内枠に入ったのはプラス材料。

 

富士ステークス2016・3着・ダノンプラチナ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年富士ステークス3着、ダノンプラチナ(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、京成杯オータムハンデキャップ(中山競馬場・芝1600m)でした。枠順は、5番・3着。蛯名正義騎手。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.5-11.2-11.4/11.3-11.6/11.7-11.5-11.8

 

ダノンプラチナは、3枠5番からスタート。出遅れ。無理に巻き返さず、押さえつつ後方のインにつけるダノンプラチナ。

 

逃げて行ったのは、ピークトラム。テン3ハロン35.1秒。少し早い逃げ。出遅れたダノンプラチナのテン3ハロンは36.2秒。

 

向正面。ピークトラムの逃げは少し加速して行く。ダノンプラチナは押さえつつ追走も、少しずつ外目に出して行く準備。

 

3角-4角。内に2頭いる外を回って行くダノンプラチナ。4角入る手前からもう1頭外、内に3頭外へ出して追い上げて行く。

 

直線。大外へ振ったダノンプラチナ。追って追って、追って。外目を伸びて来たものの、勝ち馬・ロードクエスト、2着馬・カフェブリリアントを交わすまでは伸びきれず3着。ダノンプラチナの上がり3ハロンは34.3秒。

 

富士ステークス2016最終追い切り・

美浦W 良 82.0-66.9-52.6-39.3-13.2<7>直強目に追う

 

※【富士ステークス2016・過去結果データメモ】ダノンプラチナの斤量は京成杯オータムハンデキャップから1キロ減の57キロ。前走のダノンプラチナは、ラップ早く流れる中、出遅れ。後方から外目を回る展開になったのは厳しい競馬。それでも上がり3ハロン34.3秒の3着は、本命にするには心細さはあるものの3着までを考えると馬券には入れたい感たっぷり。爪不安で7ヶ月休養開けからの競馬と考えると、次走はもう少し走れてもという感じもある。

 

関屋記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

 

以上、富士ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

富士ステークス2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.