競馬レース映像分析ネタ

福島記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

福島記念 競馬予想 過去

 

福島記念2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

福島記念2019(G3)。福島競馬場・芝2000mで行われます。1着賞金4100万円。正式には「農林水産省賞典・福島記念」と呼ばれる。ハンデキャップ競走。

 

2019年の福島記念。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の福島記念のレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか、荒れないか、福島記念。

 

福島記念の歴代優勝馬、勝ち馬は、テイエムオオアラシ・オーバーザウォール・ポートブライアンズ・ゴーイングスズカ・ミヤギロドリゴ・ウインブレイズ・メイショウドメニカ・セフティーエンペラ・グラスボンバー・サンバレンティン・アルコセニョーラ・マンハッタンスカイ・サニーサンデー・ダンスインザモア・アドマイヤコスモス(新潟開催)・ダイワファルコン・ミトラ・ヤマカツエースなどなど。

 

スポンサーリンク




福島記念の過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

福島記念の競馬予想、参考データと言っても、過去の福島記念のレース映像分析ではありません。過去の福島記念の結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の福島記念のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。

 

福島記念で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? マルターズアポジー・ウインブライト・スティッフェリオ。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の福島記念で馬券になったのか。ファントムライト・ゼーヴィント・鈴鹿デヴィアス。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。激走馬はいるか?

 

過去のレース映像データを使った、福島記念競馬予想2019【消去法】みたいなもの

福島記念 過去データ分析

福島記念のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に福島記念というレースが行われなければ、データも生まれない。過去に福島記念が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。馬柱、出馬表に消える買いデータをまとめます。

 

福島記念の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも福島記念の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の福島記念で馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の福島記念で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の福島記念の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

福島記念2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ザ・ラストランプレミアム 福島交通7000系【DVD2枚組】

2018年福島記念・レース過去結果データ

 

福島記念2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-10.9-11.2/11.7/11.5-12.0-12.1/12.3-12.1-12.2

 

1着・スティッフェリオ(2番人気・丸山元気騎手・馬体重440kg)

2着・マイスタイル(3番人気・田中勝春騎手・馬体重460kg)

3着・エアアンセム(1番人気・田辺裕信騎手・馬体重496kg)

 

スポンサーリンク




福島記念2018・オッズ・過去配当結果

福島記念2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 450円

複勝 2・150円/6・170円/1・140円

 

福島記念2018・1着・スティッフェリオ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ステイゴールド産駒)

2018年福島記念1着、スティッフェリオ(オッズ・2番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、オクトーバーステークス(東京競馬場・芝2000m)でした。枠順は、6番・4着。田辺裕信騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・13.0-12.1-12.1/11.9/12.2-11.8-11.7/11.2-11.4-11.8

 

スティッフェリオは、6枠6番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつ。内目に入っていくチャンスがなく外目に位置取る、スティッフェリオ。

 

2角。スティッフェリオは、折り合いつつ内に2頭外を回っていく。

 

逃げて行ったのは、マウントゴールド。テン3ハロン37.2秒。かなり遅い脚の貯まる逃げ。スティッフェリオのテン3ハロンは38.7秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは「11.9/12.2-11.8-11.7」とじわじわ加速していく感じ。スティッフェリオは後方の外目を折り合っていく。

 

3角-4角。外に1頭半→2頭外をきっちり回っていく、スティッフェリオ。追い上げ開始。

 

直線。外目に振った、スティッフェリオ。追って、追う。ムチを入れて伸びを確認しつつ、追って追う。少しずつ追い込んでくるものの、勝ち馬・マウントゴールド、2着馬・マイネルハニー、3着馬・ワンブレスアウェイを交わすまでには至らず。スティッフェリオ、4着。上がり3ハロン33.7秒。

 

福島記念2018最終追い切り・

栗東坂路 良 52.8-38.5-25.2-12.8 一杯に追う

 

※【福島記念2018・過去結果データメモ】スティッフェリオの斤量はオクトーバーステークスから1キロ減の55キロ。スティッフェリオの前走は、東京芝2000mの2角へ入っていくときの位置取りって怖いな、怖いな、というレース。勝ち馬・マウントゴールドはインベタ。対して、スティッフェリオは距離ロスあり。2頭の着差は0.3秒。2角で内へ潜り込んで行けたら結果は違ってたかと。

 

レースは、かなり遅いテン3ハロンから始まって、じわじわ加速していくラップタイム(テンは遅目で入ってるが、ドスローのヨーイドンではない)。スティッフェリオは距離ロスしつつ後方で折り合って行く。3角-4角も距離ロスあって、外へ振って、上がり3ハロン33.7秒。距離ロスあっての上がりとしては評価できる。

 

スティッフェリオの戦歴を見て、後方から強烈な追い込み馬ではない。単純に逃げ馬のペースに付き合ったということ。この手のタイプは重賞に限らす、未勝利だろうと1勝クラスだろうと、下手に馬券の買い目からは消さない方がいい。

 

スポンサーリンク




福島記念2018・2着・マイスタイル【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2018年福島記念2着、マイスタイル(オッズ・3番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、札幌記念(札幌競馬場・芝2000m)でした。枠順は、4番・9着。田中勝春騎手。

 

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.5-10.4-11.5/12.1/12.6-12.4-12.0/12.6-12.5-12.5

 

マイスタイルは、2枠4番からスタート。発馬決めて、押さえつつも前へ前へ。逃げは内から来たマルターズアポジーに譲る。外からじわじわ入って来つつある、ネオリアリズムに擦られ、削られてる感ありつつ1角入り。

 

逃げて行ったのは、マルターズアポジー。テン3ハロン34.4秒。かなり早い逃げ。マイスタイルのテン3ハロン35.1秒。馬場+洋芝を考えると、こちらも早い先行。

 

1角-2角。ネオリアリズムに前に入られるも、外目に出すマイスタイル。そのため内1頭外を回る形に。押さえつつ。

 

向正面。ペースは「12.6-12.4-12.0」と、少したるんだラップで進む。マイスタイルは3角手前で動き出して、マルターズアポジーをまくり気味に擦って行く。残り800mでラップは標準くらいまで上がる。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、マイスタイル。マルターズアポジーと競い合い。

 

直線。入り口で先頭に立つ、マイスタイル。しかし、後続殺到。残ってる脚をどうにか出してはいるものの、後方で脚をためていた馬たちにはかなわず、マイスタイル9着。上がり3ハロン38.7秒。

 

福島記念2018最終追い切り・

栗東坂路 良 54.2-40.0-26.7-13.8 末強目に追う

 

※【福島記念2018・過去結果データメモ】マイスタイルの斤量は札幌記念から2キロ減の55キロ。前走のマイスタイルは、かなり早く飛ばす逃げ馬がいる中のレース。1角入るまでに逃げ馬の都合を通して、外から先行したい馬の都合も通す。中間ラップは「12.6-12.4秒」と緩むものの、それまでに早すぎたことを考えると遅めなペースにまで突入はしない。3角手前からマイスタイルは動き出して行くも、直線で先頭に立てるもそれまでの負荷が響いて失速。

 

よく見た方がいいのは、札幌記念のマイスタイルはインベタで回ってはおらず、おおよそ1頭外目を走ってる。ペースも早かったが、距離ロスも少なからずあった。「脚を整えた競馬」ができれば浮上するタイプ。しんどい競馬だった札幌記念から2キロ減なのは注目ポイント。馬券の相手、ヒモにはしっかり入れておきたい(余談・2018年の札幌記念5着馬は、スティッフェリオ。テン35.2秒-上がり37.5秒)。

 

福島記念2018・3着・エアアンセム【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・シンボリクリスエス産駒)

2018年福島記念3着、エアアンセム(オッズ・1番人気。血統・シンボリクリスエス産駒)の前走は、オールカマー(中山競馬場・芝2200m)でした。枠順は、11番・4着。田辺裕信騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.6-10.6-12.7/12.3-12.3/11.7-11.8-11.9/11.8-11.5-12.0

 

エアアンセムは、8枠11番からスタート。発馬決めて、押さえつつ中団へ。外枠からで内目に入っていけず、外目な位置取りになるエアアンセム。

 

逃げて行ったのは、マイネルミラノ。テン3ハロン35.9秒。少し遅めの逃げ。エアアンセムのテン3ハロンは37.3秒。

 

1角-2角。内に2頭外を回っていく、エアアンセム。中団後方を押さえつつ、折り合って行く。

 

向正面。逃げ馬のペースは「11.7-11.8-11.9秒」と早くなって行く。エアアンセムは後方の外目を追走。

 

3角-4角。エアアンセムは内に2頭外→4頭外をきっちり回って行く。じわじわ追い出し開始。

 

直線。外目、大外へ振ったエアアンセム。追って、追って、追う。外から追い込み切れるのではと思わせる瞬間はあったものの、伸びきれず。エアアンセム4着。上がり3ハロン34.8秒。

 

福島記念2018最終追い切り・

栗東坂路 良 54.7-39.6-25.4-12.7 馬なり余力

 

※【アイビスサマーダッシュ2018・過去結果データメモ】エアアンセムの斤量はオールカマーから1キロ増の57キロ。前走のエアアンセムは、少し遅めに逃げた馬が中間からペースを上げて行く展開。外枠もあってか、距離ロスの多い競馬。それでいて、上がり3ハロン34.8秒あるのは評価できる。

 

ただ、本命向きではなく馬券の相手・ヒモ向き。

 

福島記念2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

分県登山ガイド 06 福島県の山

2017年福島記念・過去レース結果データ

 

福島記念2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.5-11.9-11.7/12.8/12.7-11.4-11.6/11.6-11.5-12.5

 

1着・ウインブライト(2番人気・松岡正海騎手・馬体重470kg)

2着・スズカデヴィアス(3番人気・シュタルケ騎手・馬体重508kg)

3着・ヒストリカル(10番人気・田中勝春騎手・馬体重452kg)

 

スポンサーリンク




福島記念2017・オッズ・過去配当結果

福島記念2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 540円

複勝 3・240円/13・240円/6・600円

 

福島記念2017・1着・ウインブライト【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ステイゴールド産駒)

2017年福島記念1着、ウインブライト(オッズ・2番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、毎日王冠(東京競馬場・芝1800m)でした。枠順は、11番・10着。松岡正海騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.8-11.0-11.8/12.2-12.2-12.1/11.1-10.7-11.7

 

ウインブライトは、8枠11番からスタート。好発も押さえつつ、押さえつつ。外枠もあって、内には入れず中団から競馬するウインブライト。

 

逃げて行ったのは、ソウルスターリング。テン3ハロン35.6秒。おおよそ標準くらいのラップ。ウインブライトのテン3ハロンは36.1秒。

 

向正面。ソウルスターリングのペースは「12.2-12.2-12.1秒」と、ほんの少し遅いラップを刻んで行く。ウインブライトは先行ポジションの後あたりを追走して行く。押さえつつ。

 

3角-4角。内1頭半くらい外を回って行くウインブライト。

 

直線。追い出せる位置は確保。ウインブライトは追い出し始めます。勢いに乗せつつ、ムチ入れして伸びを見て行く。しかし、伸びてはいるものの外から来た、勝ち馬・リアルスティール、2着馬・サトノアラジンの伸びが勝る。ウインブライトは伸びてはいるものの10着入線。上がり3ハロン33.7秒。

 

福島記念2017最終追い切り・

美浦W 良 66.9-52.2-37.6-12.3<6>一杯に追う

 

※【福島記念2017・過去結果データメモ】ウインブライトの斤量は毎日王冠から1キロ減の54キロ。コーナー増の距離延長。前走のウインブライトは、逃げ馬のテンが標準→少し遅くなるペースの中、折り合っての競馬。ウインブライト自身も少し遅いくらいのテンでついて行く。コーナー軽い距離ロスありつつ、直線、伸びてはいるもののコーナー2回の競馬に対応する伸びは見せられず。それでもドスローなペースではなく上がり3ハロン33.7秒を出せているのは収穫。

 

ウインブライトは、2017年のスプリングステークス(中山・芝1800m=コーナー4つ)勝ち馬。皐月賞8着・ダービー15着ではあるものの、どちらのレースも17番枠発走。毎日王冠10着は「得意でないコースを走った」結果。それでいて、上がり3ハロン33.7秒だった。

 

コーナー4つになって、ペースが遅くなりやすいことがプラスになる「コーナー増大歓迎タイプ」。

 

スポンサーリンク




福島記念2017・2着・スズカデヴィアス【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2017年福島記念2着、スズカデヴィアス(オッズ・3番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、オクトーバーステークス(東京競馬場・芝2000m)でした。枠順は、1番・3着。北村宏司騎手。

 

馬場状態・雨の降り続く、不良馬場に近づく重馬場(ダートコースは水の浮く不良馬場)

レースラップ・13.1-11.7-11.7/12.1/12.6-12.5-12.1/11.5-11.4-12.2

 

スズカデヴィアスは、1枠1番からスタート。発馬はまずまず。押さえつつ、押さえつつ、2角に入って行く。外からストロングタイタンが前に入ってくる。強目に押さえていく、スズカデヴィアス。

 

逃げて行ったのは、クラリティスカイ。テン3ハロン36.5秒。馬場状態考えると、少し早い逃げ。スズカデヴィアスのテン3ハロンは37.5秒。

 

2角。インベタで回って行く、スズカデヴィアス。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.6-12.5-12.1秒」。不良馬場に近づいてる馬場からすると、おおよそ標準くらい。スズカデヴィアスは内目で押さえつつの追走。

 

3角-4角。インベタで回って行く、スズカデヴィアス。

 

直線。内を突く、スズカデヴィアス。追って、追う。あっさり2着馬・ストロングタイタンに交わされ、勝ち馬・マウントロブソンにも交わされる。スズカデヴィアス、どうにか、3着は伸びて守る。上がり3ハロン35.2秒。

 

福島記念2017最終追い切り・

栗東坂路 良 53.1-38.4-24.8-12.2 一杯に追う

 

※【福島記念2017・過去結果データメモ】スズカデヴィアスの斤量はオクトーバーステークスから1キロ減の56キロ。前走のスズカデヴィアスは、少しペースの早い馬が引っ張って行くレース。中間ラップも馬場状態考えてスローには寄りすぎずなペースで進む。スズカデヴィアスはインベタで脚貯められる形であったものの、上がり3ハロン35.2秒は馬券に組み込みたい感あり(馬場が渋れば渋るほど、上りは遅くなる。その数字の増加を加味しても及第点な上がり3ハロンであるという話)。

 

福島記念2017・3着・ヒストリカル【過去データ】(オッズ・10番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2017年福島記念3着、ヒストリカル(オッズ・10番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、毎日王冠(東京競馬場・芝1800m)でした。枠順は、5番・9着。田中勝春騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.8-11.0-11.8/12.2-12.2-12.1/11.1-10.7-11.7

 

ヒストリカルは、5枠5番からスタート。発馬良かったものの、ふわっと後方に下げて行く。押さえつつ、ヒストリカルは後方に位置取る。

 

逃げ馬は、ソウルスターリング。テン3ハロンを35.6秒で走る。ラップはおおよそ標準くらい。ヒストリカルのテン3ハロンは37.5秒。

 

向正面。ソウルスターリングは「12.2-12.2-12.1秒」と、ほんの少し遅いラップの3ハロン。ヒストリカルは、後方で折り合って行く。

 

3角-4角。ヒストリカルは差を詰めて来て、インベタで回って行く。

 

直線。大外へは振らず、ヒストリカルは内目を攻めて行く。しかし、内目は壁気味。少しずつ外へ出して、追い出してくも時すでに遅し。追い続けられてた馬たちをヒストリカルは交わすことはできず。9着入線。上がり3ハロン32.6秒。上がり最速タイ。

 

福島記念2017最終追い切り・

栗東坂路 良 52.2-38.3-25.3-13.0 一杯に追う

 

※【福島記念2017・過去結果データメモ】ヒストリカルの斤量は毎日王冠から1キロ増の57キロ。コーナー増の距離延長。前走のヒストリカルは、標準あたりのペースから少し遅く流れるペースを後方で折り合って脚貯めて行く競馬。コーナー距離ロスなかったものの、直線はうまいこと追い続けられる位置を確保できず。それでいて上がり最速(3頭いたうちの1頭)。

 

「距離延長は差し馬・追い込み馬から」。ヒストリカルタイプは、馬券の相手、ヒモに入れて来てくれたら「ありがとう」。来なかったら「また、頑張れよ」で買い続けるのが無難。

 

福島記念2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

福島屋毎日通いたくなるスーパーの秘密

2016年福島記念・過去レース結果データ

 

福島記念2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.3-11.3-12.0/12.8/12.6-12.1-11.8/11.6-11.5-12.8

 

1着・マルターズアポジー(7番人気・武士沢友治騎手・馬体重528kg)

2着・ゼーヴィント(1番人気・シュタルケ騎手・馬体重486kg)

3着・ダイワドレッサー(3番人気・川須栄彦騎手・馬体重466kg)

 

福島記念2016・オッズ・過去配当結果

福島記念2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 1450円

複勝 3・370円/13・120円/1・270円

 

福島記念2016・1着・マルターズアポジー【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ゴスホークケン産駒)

2016年福島記念1着、マルターズアポジー(オッズ・7番人気。血統・ゴスホークケン産駒)の前走は、秋風ステークス(中山競馬場・芝1600m)でした。枠順は、6番・1着。田辺裕信騎手。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.3-11.5-11.9/11.5-11.5/11.3-11.6-12.0

 

マルターズアポジーは、3枠6番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつ、前目へ。そのまま逃げて行くマルターズアポジー。テン3ハロン35.7秒。少し遅い逃げ。

 

2角。インベタで逃げて行く、マルターズアポジー。

 

向正面。ほんの少し遅めなテン3ハロンで走って行く、マルターズアポジー。「11.5-11.5秒」と中間ラップでハイペースに持って行く。押さえつつ、折り合って逃げてく。

 

3角-4角。インベタで逃げ続ける、マルターズアポジー。じわじわ追い出し開始。

 

直線。4角出口までに、3着馬・ルグランフリソンが外から近寄るも、直線に入って突き放すマルターズアポジー。追って、追って、追って、後続は近寄れない。2着馬・グランシルクが追い込み鋭く来るも、マルターズアポジーは交わさせず1着でゴール。上がり3ハロン34.9秒。

 

福島記念2016最終追い切り・

美浦W 稍 67.5-52.6-38.5-12.9<7>直強目に追う

 

※【福島記念2016・過去結果データメモ】マルターズアポジーの斤量は秋風ステークスから3キロ減の54キロ。前走のマルターズアポジーは、テンは少し遅めで逃げて行くも、中間ラップは「11.5-11.5秒」と加速。加速しすぎてアップアップしてしまう馬だと、直線伸びないもののマルターズアポジーは上がり3ハロン34.9秒でゴール。脚貯めて使えたということ。逃げ馬ゆえ、インベタだけども、テン→中間の速さから、上がり3ハロンを考えると距離延びて+コーナー増えてもこなせる可能性は高い。

 

加えて、マルターズアポジーは2016年の福島記念で秋風ステークスより3キロ減になったのは大きい。強い競馬をした馬の斤量減は買い。

 

福島記念2016・2着・ゼーヴィント【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年福島記念2着、ゼーヴィント(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、セントライト記念(中山競馬場・芝2200m)でした。枠順は、10番・2着・戸崎圭太騎手。

 

馬場状態・稍重に近い良馬場

レースラップ・12.5-11.6-12.0/12.2-12.7/12.5-12.5-11.7/11.7-11.5-12.2

 

ゼーヴィントは、7枠10番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつも前目へ向かう。強目に押さえつつ、外目につけての1角入りするゼーヴィント。

 

逃げて行ったのは、キークラッカー。テン3ハロン36.1秒。おおよそ標準くらいの逃げ。ゼーヴィントのテン3ハロンは36.7秒。

 

1角-2角。内に2頭外を回って行く、ゼーヴィント。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.5-12.5-11.7秒」と標準くらいなペースから残り800mあたりから急加速。動き出しが早くなる。ゼーヴィントは中団前の外目を押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。ゼーヴィントは内に2頭いる外をきっちり回って行く。動き出しが早くなったため手綱はかなり動いてる。

 

直線。入り口でゼーヴィントは先頭に立つ。勝ち馬・ディーマジェスティに外から交わされるも、追って追って、食らいついてくゼーヴィント。クビ差負けたものの、ゼーヴィント2着。上がり3ハロン35.0秒。

 

福島記念2016最終追い切り・

美浦W 稍 84.2-68.7-53.5-39.0-12.7<4>ゴール前仕掛け

 

※【福島記念2016・過去結果データメモ】ゼーヴィントの斤量はセントライト記念から1キロ減の55キロ。前走のゼーヴィントは、テン3ハロン標準で流れて、中間も標準くらいのラップで流れ、残り800mから急激に動き出す展開を先行ポジションの外目で折り合って行く。コーナーで距離ロスありつつも、上がり3ハロン35.0秒は強い。

 

本命にしてもいいタイプ。

 

福島記念2016・3着・ダイワドレッサー【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)

2016年福島記念3着、ダイワドレッサー(オッズ・3番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)の前走は、秋華賞(京都競馬場・芝2000m)でした。枠順は、16番・15着。川須栄彦騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.4-10.5-12.9/12.2/11.9-12.6-11.7/11.4-11.3-11.7

 

ダイワドレッサーは、8枠16番からスタート。大外枠。発馬決めて、押さえつつ前目へ向かう。先行ポジションの外につけて競馬して行く、ダイワドレッサー。

 

逃げて行ったのは、クロコスミア。テン3ハロン35.8秒。少し早めの逃げ。ついていった、ダイワドレッサーのテン3ハロンは36.2秒。標準〜少し遅めくらいのラップ。

 

1角-2角。内に1頭外を回って行く、ダイワドレッサー。押さえつつ。

 

向正面。クロコスミアのペースは「12.2/11.9-12.6-11.7秒」と、少し緩んだりしつつも早いままを継続して行く。ダイワドレッサーは押さえつつ、外目へ出して行く。

 

3角-4角。ダイワドレッサーは内に2頭外をきっちり回って行く。気合い入れられつつ。

 

直線。ダイワドレッサーは外目回ったこともあり、追い出せる位置は確保。しかし、追い出すも、伸びる脚は残っていなく、後続に交わされて行く。ダイワドレッサーの上がり3ハロンは35.6秒。

 

福島記念2016最終追い切り・

美浦W 稍 53.5-39.0-13.3<9> 馬なり余力

 

※【福島記念2016・過去結果データメモ】ダイワドレッサーの斤量は秋華賞より3キロ減の52キロ。ダイワドレッサーの前走は、テンから中間から少し早く流れていく展開。逃げ馬を追いかけつつ先行。1角-2角の距離ロスは1頭、3角-4角の距離ロスは2頭。少し早いペースを距離ロスしつつ追走することに脚を使ってしまったので、直線は脚が残ってなかった。

 

距離ロスあり秋華賞16番枠→福島記念1番枠+テンの脚はそこそこ早い+3キロ減(+ラジオNIKKEI賞、ゼーヴィントの2着)=馬券の相手、ヒモには最適。本命にまで上げる勇気を前走内容からは探し出せない。

 

以上、福島記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

福島記念2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.