PR

複勝転がしとは【競馬の必勝法やコツ探せる、確率高い選択可能WIN5みたい】

「複勝転がし」とは競馬の必勝法やコツ探せる、確率高い選択可能WIN5みたい 複勝馬券
スポンサーリンク

複勝転がしとは、3着までに来ると予想する馬の複勝を買い、当たればそのまま元金から儲けの部分まで、全額、次に狙うレースの複勝に賭けるという買い方だ。

 

競馬における複勝転がし複勝が一番馬券で当てやすいから、儲かるから複勝転がしで稼ぐぞよ。

 

複勝転がしとは競馬の必勝法やコツを探せる、当たる確率の高いレースを選択できるWIN5みたい。

 

競馬の赤ペン黒ボールペンのおすすめ。マークシートに書きやすい。にじまない

競馬の結果。中央地方問わず結果が面白くする。今日も本日も続くよ

 

スポンサーリンク

全額、次に狙うレースの複勝に賭ける複勝転がし

複勝転がしとは、3着までに来ると予想する馬の複勝を買い、当たればそのまま元金から儲けの部分まで、全額、次に狙うレースの複勝に賭けるという買い方のこと。

 

とあるレースで1000円分本命馬の複勝馬券を買い、2着に的中。オッズは2.0倍。2000円に増えました。元金、賭け金は1000円。2倍の複勝を当てて儲けは1000円。この両者の合計額2000円を次に狙うレースに賭ける。

 

また当れば総額をかけ続けて行く。まるで雪だるまを作るかのように転がして大きくして行く。一番当てやすい券種である複勝で行うので、転がすイメージから複勝転がしと言います。

 

複勝ころがし、複勝コロガシ、複コロとも言います。

 

難易度は上がりますが、これを単勝馬券で行えば単勝転がしになります。

 

競馬予想 亀谷敬正×じゃい。血統の3割WIN5高目的中の2割。なんの数字?

 

スポンサーリンク

「複勝転がしは、100円でも500円でも1000円でも一万円からでも」

「複勝転がしは100円でも500円でも1000円でも一万円からでも」

「複勝転がし」。「100円」でも「500円」でも「1000円」でも「一万円」からでも、複勝を転がしていく金額は自由(10万、100万も1億でも可能だが、オッズを下げるリスクはつきまとう)。

 

「10回」でも「50回」でも「100回」でも「転がす回数」は自由(実際に複勝転がししたTwitterやブログには猛者がたくさんおられる)。

 

WIN5は指定された5レースの単勝だが「複勝転がし、通称複コロには回数の規定」はない。何回でもどうぞ。

 

重要なのは「複勝転がしのルール」は細かくその人その人にあること。

 

「1番人気の複勝は買わない」「2番人気以上の複勝をを買う」。「1.1倍〜の複勝確率を信じて」専門に狙う、「ルメール騎手専門」「川田将雅騎手専門」で買う、「ディープインパクト産駒」を狙う、「複勝の当たる確率」を調べまくる、などなど研究熱心な人が多い。

 

複勝転がしをされてないだろうけど、武士沢友治騎手の賭けどきを探ってる人もいる。

 

「複勝転がし・複コロされてる人のTwitterやブログ」を読むと熱量半端ない。

 

「最高でどのくらい複勝転がした記録があるんだろ?」

 

競馬で100円が2000万円馬券に。当てた人すごい。最高額を余裕で更新

 

スポンサーリンク

複勝転がしで難しいのは「やめ時の決定」

「複勝転がしで難しいのは、やめ時の決定」

「複勝転がし」の成功が連続で続いたとき「結果を受けてやめ時を決めるのは賭け手」である。いつまでも続くファイナルアンサーに終止符を打つのはいつでも賭け手。

 

みのもんたさんはいない。いや、賭け手と共にいる。ココアと共にいる。

 

「複勝転がし」で難しいのは、このやめ時を決めるとき(実践だやってみたと言っても、「回数をこなすのには時間もかかるし自信やメンタルを鍛えるのにはそれなりの財力と時間がかかる」……地方競馬は毎日やってますがオッズの耐久力は中央競馬の方が上)。

 

スポンサーリンク

 

複勝転がしするレースは自分で決められる」。

 

だから「成功確率の高いレース」を選べばいい。その達人になればいい。シミュレーション通りには行かないだろうけども。

 

競馬には必ず「締切」があるけれど、それは同時に賭け事の一時的であれやめ時が設定されてることと同じだ。

 

月島都『複コロ三分割黄金法―競馬利殖の革命方式』魚谷智也『複コロ革命』などを読むと、複勝コロガシのコツや攻略法、必勝法などあると思う。

 

「成功確率の高いレースの選び方」だったり……。

 

複勝が「馬券で一番当たりやすいこと自体が複勝コロガシのコツや攻略法、必勝法」とも言える。

 

100円以上、いくらからでも初められる「複勝転がし」。やり方自体、馬券の買い方は難しくはない。

 

選ぶ馬は1頭。3連複・3連単のように点数がたくさんにはならない。「複勝を転がす1点」だけである。

 

競馬の穴馬とは。予想に馬券に見つけ方の法則。共通点激走パターンかきわけて

 

スポンサーリンク

「複勝転がし」の必勝法やコツの意味合い

「複勝転がしの必勝法やコツの意味合い」

〝複勝転がしの必勝法〟〝複勝転がしのコツ〟と書くと、誰にも簡単に計算楽に使えるものを呼ぶ感じに見えるけれど、「競馬必勝法というのはその人その人の中に作り上げるもの」で、なかなか真似できるものではないものを指す。

 

「馬券を買う行為」がなければまだしも、「身銭を賭ける行為」がある以上、馬券を買う自信まで含めて「複勝転がしの必勝法でありコツ」である。

 

複勝転がしの根本は1頭の複勝を当てる」こと。

 

日頃から「複勝を当てる回数の多くない人」「複勝馬券をバカにしてる人」がやってみたとしても勝てないはず(「一発逆転欲の強い人」には「複勝転がし」は向かない。おすすめできない。確率高く、やめないから)。

 

競馬の血統。予想に勉強。初心者がハマり母父データを研究してた話

卍氏の競馬。指数に興味ないがブログ発見。作り方や方法には興味

 

スポンサーリンク

Twitterで「複コロ、複勝転がし」をよく見かけるようになったな……

「Twitterで「複コロ、複勝転がし」をよく見かけるようになったな……」

ここんところTwitter上に「複コロ」「複勝コロガシ」という言葉が見られるようになって、また複勝コロガシ流行ってるのかしらんと。

 

流行るっていうのも変ですけども……。「複勝コロガシ」は昔からあります。確率高いところ狙う計算をされてる人は大勢います。さすがに「複勝転がしで生活されてる人」はなかなかいらっしゃらないと思いますが。

 

複勝コロガシに関する本ですと、有名なのは、月島都『複コロ三分割黄金法―競馬利殖の革命方式』(ベストセラーズ)。

 

自分はこの本、後追いで知りました。「複勝メインで馬券買っている」ので、読もうと思ってたものの……。

 

ただ『複コロ三分割黄金法―競馬利殖の革命方式』読んでて、「人気馬を追いかけて行くルール」は読んでてしんどそうだなぁと思った記憶があります。「当たる確率」は高いのですが、リスク高めに映る。確かに競馬予想において、人気のある馬の複勝率は高い結果になってます。

 

しかし、「人気馬の複勝が良く来ることと、今回来るかどうか」は別の話です。

 

確かに、どの年をとっても1番人気の複勝率は60%ちょいあるわけですけど、いざ賭けようとしている馬が60%ちょい内なのかどうなのかは、その馬その馬、相手関係、馬場状態枠順……に左右されるわけで、それなら「複勝で2倍3倍になる馬」はどういうときなのかを模索したほうがいいよなぁ、と。

 

レース映像分析にハマったのは、そういう面もあったりします。

 

競馬の指数。中央地方の予想に作り方気になるも使ったことがない話

競馬の資金配分。破産確率について学ぶ。『馬券裁判/卍著』感想。

 

スポンサーリンク

複勝転がしできたのは、実力。コツをつかんでたから

複勝転がしできたのは、実力。コツをつかんでたから

1000円で複勝転がし始めて、5回転くらい成功して100000円になった」としましょうか。次のレースで本命が5着で外したとします。

 

このときに「元々、1000円だったからね」って言うのを見たことがあるんですけど、いやいや、「1000円じゃなくって、100000円だから、失ったお金は100000円だから」、って思うんです。

 

原資としてのマイナスは1000円でしょう、確かに。お財布の増減としては。

 

しかし、「複勝を買って1度2度と自分の手を離れて戻ってきた」のは事実です。「何回も転がせる馬に賭けれたのは実力」。複勝を転がして「お金が増えたのは実力」です。実力で増えたお金です。

 

そのお金が無くなったんです。失ったお金は1000円じゃないですよ。100000円です。ある種の経済活動で得たお金がなくなったのです。

 

そう考えてるもので、妙だなぁと思うのです。お金を失うことに関して安心感の前倒しはあまりしないほうが……と。

 

余計なお世話ですけどね……。

 

競馬で負ける負けすぎる。負けない買い方から卒業には準備が必要

 

スポンサーリンク

「複勝転がし動画」のショー的なところは見るだけ

「複勝転がし動画のショー的なところは見るだけ」

あと、自分は「複勝コロガシ」しません。

 

二桁人気やら、最低人気の複勝買ったりするもので……。

 

けど、YouTubeあたりで複勝をブイブイ転がしてる人の動画を見るのは好きです(こらこらこら)。すげー、ファイナルアンサーと格闘してるぜーって。

 

なんだろう、「競馬における複勝転がし」は、自分にとって「ショー的側面」が強くって、確かに賭け事ではあるのだけど、「成功確率の高いレースを選択できれば」と思うけど、「利益を確実に得る方向性」からすると危ない橋渡りまくってるように見える。

 

ショー的側面が強いと感じている「複勝コロガシ」、複勝を買って転がすレースは選べます。成功確率の高いと予想するレースで買えばいい。「コツ、攻略法、必勝法」を駆使して複勝馬券を買えばいい。

 

ゆえに、「競馬における複勝転がしとは、成功確率の高いレースを自由に選べるWIN5みたい」なもんなんだなぁと思うのです。

 

スポンサーリンク

 

「次々に行われるレースの複勝馬券を買わないと複勝コロガシにならないわけではない」ということです(我慢とのご相談ですが)。

 

複勝コロガシの本といえば、魚谷智也『複コロ革命』(競馬王馬券攻略本シリーズ)でしょう。

 

自分も読みました。「1番人気の複勝は買わない話」が感想として真っ先に思い浮かびます。

 

ただ、複勝という券種の話であって、こういう馬を買えばいいという話が濃厚に書かれているわけではないので、そこまで期待しないほうがいいです。複勝の話だけで十分面白かったですが……。

 

以上、複勝転がしとは【競馬の必勝法やコツ探せる、確率高い選択可能WIN5みたい】でした。

 

【おすすめ競馬本】

 

【競馬ネタ】おすすめ記事

競馬の勝ち方に繋がるデータは、検索可能・不可能なものがある

競馬をスマホで。ネットで投票・馬券購入と言っても、競馬予想からアナログさを消すのは不可能【清水成駿氏の話】

競馬の本命党穴党。意味ある買い方は精神的に偏らない。本命対抗大穴記号

競馬の実況音声はレース映像・動画を見てメモを取る際、消す話【テキスト化・書き起こし】

精神的に辛いし参るし、精神的に不安定が近寄る。競馬予想のみと同時に馬券を買うのは感情的に別

競馬予想の馬券収支ノート発掘。初心者の頃、書き方作り方簡単に買い方記録【最初の万馬券】

JRA中央競馬レース映像動画。HPで無料で視聴可能に。ライブ中継リアルタイムでないが

競馬予想ソフト馬王カスタマイズ。当たる作り方、データ(回収率、的中率)はある。競馬最強の法則2013.10

都合がつく馬を買い、都合がつかない馬を消すのが、競馬予想であり馬券である【将棋の三手の読み】

ギャンブルの確率・期待値は低いけど「馬券で1億をつくる方法」特集で思い出す、馬券本。馬連転がし

競馬のマークシートの書き方に困惑して馬券買ってた頃、流れてた曲。『ユメオイビト/ラムジ』

タイトルとURLをコピーしました