競馬予想

競馬で馬券を買うとき、イメージと逆の購入金額設定をする話。勝つ買い方になる可能性も。大金はそこまで必要ない?【平均配当・オッズ】

競馬で複勝馬券を買うとき、イメージと逆の購入金額設定をする話。勝つ買い方になる可能性も。大金はそこまで必要ない?【平均配当・オッズ】

 

競馬で複勝馬券を買うとき、イメージと逆の購入金額設定をする話。勝つ買い方になる可能性も。大金はそこまで必要ない?【平均配当・オッズ】

複勝馬券がメインの馬券だと、大金を積んで複勝馬券を買うのと思われたりします。

 

しかし、複勝馬券の平均配当を見ると、安い配当だけ偏って出現しているわけではありません。出現率は下がるもののなかなか美味しい人気別の平均配当はどの年のデータでもあります。

 

そこで考えたのは、自分の競馬予想データを取れば、競馬で複勝馬券を買うとき、イメージと逆の複勝購入金額設定ができるんじゃ? 見方ができるんじゃ? という話。

 

オッズが一番つかない馬券、複勝のイメージを逆手に取ろうとすれば、取れる

オッズが一番つかない馬券、複勝のイメージを逆手に取ろうとすれば、取れる。

 

複勝馬券を買って、勝つ買い方になる可能性も。大金はそこまで必要ない?

 

ただし、中穴以上の複勝をどれだけ取れているのかというデータは必要になりますが……。

 

複勝オッズのどの倍率の馬をよく当てられるのか。自分の競馬予想したデータです。それを知れば、複勝馬券の購入金額を変えられるというわけです。複勝の見方も変わります。競馬予想して馬券を買う際に起こる、誰も教えてくれない「自信」とも関わります。

 

スポンサーリンク




複勝馬券の購入金額とオッズのイメージ

複勝馬券の購入金額とオッズのイメージ

自分のメインの馬券は複勝です。

 

長い間ひとつの券種をメインの馬券にしていると、その特徴にぶつかります。もうどかんがっかんとぶつかります。

 

三連単だったり、馬単だったり、単勝が馬券の買い方のメインという人は位置が固定されてる分、点数を多く買わないとなかなか当たらなかったりするイメージがあります。

 

三連単1点という人はまあ、いません。単勝を2点買いする人は良く見かけます。

 

しかし、位置の固定されてる馬券は、当たったときの払い戻しが大きいという側面はあるものの、的中率の面では厳しくなるところがあります。

 

競馬予想して馬券を買い続けていくとき、さあ、どの券種で行くかはけっこうな難問です。

 

複勝は馬券の中で一番当てやすい券種。しかし、位置の固定されてる券種に比べて払い戻しは少なくなる。1レースにおいて、当たる枠が1つなのか、3つなのかの差は大きいです。

 

あっちを立てれば、こっちは立たず。こっちを立てれば、あっちは立たずと……アラヨイヨイ(よくねぇよっ!)。

 

複勝転がしとは競馬の必勝法やコツ探せる、確率高い選択可能WIN5みたい
複勝転がしとは競馬の必勝法やコツ探せる、確率高い選択可能WIN5みたい

 

スポンサーリンク




複勝馬券にまとわりつくイメージ

複勝馬券にまとわりつくイメージ

よく複勝で言われるのは、払い戻しが少ないから儲けられないという話。

 

確かに、1番人気の複勝というのは元返し(100円賭けて、当たっても100円払い戻される)がたまにあるくらいで、2倍になるということはなかなかありません。難問なメンバー構成なレースだけでしょう。

 

ゆえに、「大金を持っていないと儲けられない」と言われたり。

 

実際、大きいレースになると(例えば、有馬記念だったり、ダービーだったり)、人気馬の複勝にどかんと行く話はちょくちょく見かけます。競馬のYouTubeではネタの一つになってますね。

 

複勝馬券にまとわりつくイメージ2

それはそれで問題はありません(自分のお金ではないし……←こらこら)。

 

このサイトをご覧ください。

 

少々古いものになりますが、JRA中央競馬の複勝に関わるデータです。平均配当、回収率、出現率。だいたい人気別のデータとしては毎年大きく変動していないのが確認できます。

 

見ていただきたいのは、平均配当。人気別の最終的なオッズです。

 

面白いのは、3番人気の複勝平均配当は200円代になってるところ。それより人気のない馬はほぼ階段状に金額は上がっていきます。3番人気は出現率として4割くらいあるのも面白い。

 

10回に4回は200円ちょいの複勝が出て来るということです。掛け金の倍になる複勝が。

 

賭け金が倍になる払い戻しは、3番人気の複勝を当てられればいいのです。出現回数にしても、中央競馬で1300回もあります。

 

複勝で言うところの大穴な4ケタの払い戻しは、500回ちょっと。

 

複勝のイメージ、人気のある馬で、オッズのつかない馬ばかりを当てる馬券というわけでもないのです。お金になる馬は来てるデータはしっかりとあります。

 

(地方競馬は中央競馬より人気馬に偏るデータにたぶんなると思いますが、大きく違うものではないでしょう。馬券の投票数の多い競馬場は特に。南関東競馬の大井競馬川崎競馬船橋競馬あたり)

 

複勝は大抵のレースで馬券が当たる枠は3つあります。1頭当てられれば当たり。なので、単勝のデータと比べて分布がゆるやか。優しい馬券でございます。

 

競馬の的中率。100%の計算は困難も年間約63%は簡単。1番人気ベタ買い
競馬の的中率。100%の計算は困難も年間約63%は簡単。1番人気ベタ買い
競馬の一番人気複勝率、確率約65%飛ぶ35%。2番人気3番人気4番人気と割合変わるが…
競馬の一番人気複勝率、確率約65%飛ぶ35%。2番人気3番人気4番人気と割合変わるが…

 

スポンサーリンク




1倍台前半の複勝にお金を寄せるより、2倍以降の複勝にお金を寄せるという馬券の買い方

1倍台前半の複勝にお金を寄せるより、2倍以降の複勝にお金を寄せるという馬券の買い方

競馬予想してますと、ついつい1.3倍くらいの複勝でも「当たる可能性が高い」からとお金を寄せて行ってしまうところがある。厚めに馬券を買ってしまう。

 

当たったときはモチのロンいいとして(お金そんなに増えませんけども……)、外れたときのダメージはけっこうでかい。

 

「ああ、オッズのつかないところ狙いすぎた」

 

賭けてる金額にもよりますが、外した分を複勝1.3倍で取り戻そうとするのはけっこう困難です。

 

1倍台前半の複勝にお金を寄せるより、2倍以降の複勝にお金を寄せるという馬券の買い方2

手前味噌なところ、自分が実際に予想した本命の複勝率データの蓄積を見てますと、2倍3倍あたりの複勝もそこそこ当ててるのを発見しまして……。

 

そこでふと、複勝馬券を買い続ける場合のいいアイデアを思いつきました。

 

複勝の、

 

1倍台前半ー掛け金一番少なく(100円。もしくは賭けない)

1倍台後半ーその次に掛け金少なく(500円)

2倍〜ー掛け金を多くしていく(1000円〜)

 

※金額は例として

 

複勝にあるイメージ、薄めの払い戻しにどかんと賭けることの逆をしましょうということです。

 

ただし、この方法を採用するには、実際たくさんのレースを予想して賭けていってそれなりのレース数こなした上での、本命の複勝率データが必要になります……。

 

その分布を見て偏りが、1倍台後半〜2倍以降になっているのであれば、通用するのではないでしょうか。中穴あたりを複勝1点で当ててる率が高ければという話です。

 

なんといっても、3番人気の複勝平均配当が200円あたりです。ハードルは思いっきり高いようには思えない……。

 

掛け金の面から見ると、均等にお金を賭けるのではなくって、オッズに対して掛け金決めるということになります(もしくは、自分が複勝のオッズで一番得意としている層のときに一番多く賭けるでもいい)。

 

ゆえに、自分の実際に動いたデータの蓄積というのは大切すぎるという話(掛け金が自信と連動するわけです。回収率の面でも違うようになるはず……)。

 

予想するレース数を多くして、賭けていいレースを待つという苦行な側面は否定できません。

 

しかし、儲けを増やすには「なんでもかんでも手を出さない」ことが効果てきめんなのは事実です。

 

野球とは違って、競馬予想は「自分が確実に打てる打席を選ぶこと」ができます。正確に言うと、打席に立つのは自分ではありませんが……。

 

自分も少しずつ、この方法に移行していってます。

 

あっ、この話、穴党になるという意味ではないのであしからず。

 

1番人気、2番人気あたりの複勝も当てられるけど、そこにはお金をあまり入れないという話です。

 

以上、競馬で複勝馬券を買うとき、イメージと逆の購入金額設定をする話。勝つ買い方になる可能性も。大金はそこまで必要ない?という話でした。

 

-競馬予想
-, , ,