古本屋、CD屋巡り

本屋、書店巡り。楽しい趣味。本の楽しみ方、おすすめな古本屋。でかい、大きい、おしゃれ面白い。チェーン店にブックオフでちょいとレアな掘り出し物

更新日:

本の山・積み上げた本・画像写真

 

本屋巡り、書店巡り。そして、古本屋巡り。楽しい趣味で面白い

本屋巡り、書店巡り、古本屋巡り楽しい趣味でありまして、大好きです。面白い。散歩と一緒にてくてく本屋に、古本屋に行く。

 

本屋巡り、書店巡りな趣味。でかい、大きい本屋さんには本屋さんの楽しみ方がある。面白い。古本屋巡りな趣味。チェーン店、ブックオフにはそれぞれの楽しみ方がある。古本屋さんで、レアな掘り出し物を収穫することもあるし、ハズレを引くこともあるけど、それはそれで面白いネタ。

 

単に読書好きだから、本屋や書店に行くのが楽しい趣味というわけではないのに気付きました。

 

組み合わせる材料をすでに仕入れて知ってるから、本屋や古本屋に行くのが楽しくなるのです。

 

アイデアですよ。

 

スポンサーリンク




本屋巡りは、アイデア思いつく。楽しい趣味。

本屋や書店を巡るとき、アイデアを思いついたり、これはという思わずメモりたくなる話が浮かんだりする場所だったりするのです。

 

それを趣味だと楽しみ方と言っていいのかと思いますが、いいのです。面白いんだもの。その手があったか! と言いつつ抱えてる本が重くなっていきます。

 

なので、本屋さんに行きたくなってしまう。古本屋も同様です。

 

書店の売り場の並べ方や、おしゃれなポップを見たりしているときにポッと。書名を見たときにおおっと。面白い。楽しい。おすすめする趣味。

 

雑誌の表紙におきまして黒木華さんが微笑んでいたときに、思い浮かんでくる(最後の部分は深く突っ込んではいけない。正常な趣味であり、楽しみ方である)。

 

アイデアのつくり方に書かれてることからすると、読書好きな人には本屋巡りは楽しすぎる趣味

読書好きな人はすでに知っていることがたくさんあります。その片方ともう片方が本屋で組み合わさる。

 

『アイデアのつくり方』を書いた、ウェブ・ヤング言うところの、既存のものと既存のものの組み合わせの中にアイデアがあるというところそのものの現象が本屋で起こる。

 

自分が知って来たことに、本屋にて新しく知ったことが簡易的であれ組み合わさる。楽しい。面白い。巡りたくなる。

 

諭吉殿が羽ばたいて行かれます。帰ってこいよー。

 

スポンサーリンク




財布の中身は減るけども、楽しい場所です、本屋、古本屋

この本を買って、読み進めるともっといいアイデアが生まれて、楽しくなるんじゃないかという予想をする……。うん、そうだな。

 

お財布の中身が減る。ときどきお金なくって、買えなくって泣くでかい本屋某店。

 

面白いこと思いついて本が手に入らず、切ない心模様になることもありますが、メモっておけば古本屋で安く手に入ることもあるでしょう。でかい本屋某店で泣いてたたけたけっさん、涙吹いて次の店へ。

 

アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』

 

本屋巡り、書店巡りは楽しい趣味。おすすめしまくります

本屋さん、古本屋でこんな本を買いました。CD買いましたと書くことを、ブログネタのひとつにしています。

 

本屋巡りの魅力は興味の繋がりを発見するところにあるでしょう。

 

すでに知っていること(既存なこと)に、本屋を巡っている中で新しく知ることがある。ふたつが組み合わさり繋がっていく感覚。

 

「その手があったか!」というおどろきとの遭遇。アイデアの発見です。楽しみ方といってもいいでしょう。

 

スポンサーリンク




アイデア思いついたりすることが多いから本屋を巡る

そんな行動を繰り返してますと、発見が多々あり、もうそれはそれは、本屋巡りにヤミツキもヤミツキでございます。楽しくってしょうがない。やめられない、止まらない。レアな掘り出し物見つけられたら最高だけど、それがなくってもOK。

 

新しい繫がりを求めて、アイデアの組み合わせを求めて、本屋さん、古本屋に行く。

 

ほんと大好きな行動です。

 

でかい本屋さんで泣かないようにしないといけません(大人だろ)。

 

趣味とは、男女問わずその人を作る土台。趣味にお金をかけてもかけないで安いものでも、のめり込んでも意味はある。本に漫画にCDにレコード

 

本屋、古本屋大好きというよりも、行かないと具合が悪くなってきます(いや、ほんとに、ほんとにですよ)。

興味の新陳代謝が悪くなるとでもいいましょうか(大げさ)。

 

本屋巡り、書店巡りにブックオフツアーは楽しい。大好き。

 

本屋さんへ行くわくわく感はすばらしい。面白い。

 

知りたい気持ちが震えてるんでしょうね。楽しみ方を知ってるぶん、そうなる。つまり、西野カナですな……『会いたくて 会いたくて』(そういう曲だったんだナ。←絶対違う)。

 

知りたいものが本屋で見つかって、値札を見てもっと震える可能性もありますけど……(注・ちょいちょい、買うお金なくて震えます)。

 

ブックオフ会員ポイントカード・メンバーズカードを店舗レジで作成。BOOKOFFのサイトからWeb会員登録すると、メールでセール情報。買取の際にもポイントつく

 

引越し準備の時間なく、費用のお金もない。3LDKアパートに貯めた大量の雑誌、CD、本をブックオフへクリスマスに処分

 

スポンサーリンク




単純に、本屋に行って、巡って、本を見て、買うだけなんです……。それが楽しい趣味

そうなんです。本屋に行って、本を見て買うだけなんです。それが楽しい。不思議に思う方もいると思いますが……。いい趣味になるんです。楽しみ方になるんです。とってもおすすめするんです。

 

本屋に行く、見るだけなのですが、同じ本でも本屋によっては並べ方も違ったりするから「あらまあらま、そう来るか」となる(何かに使う、使わない別にしてネタの発見ですね)。

 

ジュンク堂は、丸善は、売れ筋、ランキング、古本屋

蔵書数の多い大きいでかい本屋、ジュンク堂はこう本を並べてる。丸善はこう本を並べてる。しかし、小さい書店は違った並べ方をしてる……と、売り場展開を比べるのも面白いもの。本を並べた人の趣味もちょろっとにじみ出たりして。

 

売れ筋を出す、出さない……などなど(ランキングが独特な店もあります。本屋のある環境によって、変わりますし)。

 

並べ方ひとつで、本が見つかったり見つからなかったり、興味が沸いたり、楽しい

関連の妙といいますか、組み合わせの妙と言いましょうか、不思議なもの。

 

並べ方の相性のいい本屋が見つかるといいのだけど……。

 

宣伝ポップ(POP)も種類がいろいろあります。見ていて「そう言われると欲しくなる」っていうニクイポップも見たりするのもいいものです(何故か、財布が軽くなるんですけど……)。

 

大きな本屋、でかい本屋も、小さな個人書店も面白いものです。

 

意外と、アイデアを思いつく、浮かぶということに本屋の大きさはそこまで関係なく、素晴らしい組み合わせになるかどうかがポイントだなと思います。

 

カフェ併設の本屋楽しい。椅子のある本屋も楽しみ方いろいろ

カフェの併設されてる本屋もありますから、買った本を楽しむのもよいかと。具合のいい喫茶店やカフェを探しておくのも本屋巡りの醍醐味になるでしょう。

 

喫茶店巡りもあれば、本屋巡りもあるんですな(当たり前だけど)。

 

最近は、椅子のある本屋もあったりします(未だにびっくりする光景。座れるのか……ソファーにと……)。

 

い、椅子? って思う。

 

スポンサーリンク




営業時間、深夜までやってる本屋、泊まれる本屋

営業時間がド深夜までやってる本屋もあります。

 

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」というお店もあるそう。本屋に宿泊だと……。

 

おしゃれすぎて「しめさばと豆大福が大好物な俺、入っていいんだろうか……」とうろたえる本屋が某所にあったり……(その本屋で売られてる広辞苑は自分の持ってる広辞苑と違うものじゃないかと……)。

 

いったら行ったで面白い本屋だろうけど、ちゅうちょしてしまう。

 

本屋のイベント、サイン会のチェックも楽しいものです

また、本屋のイベント、サイン会をチェックするのも面白さのひとつ(こっそりと握手会の……いえいえなんでもないです)。

 

好きな作家さんのサイン会、イベントは気になるものです。何度もその手のイベントは行きました。楽しいです。

 

Amazonなどの通販もいいけど、実際に足を運ぶのもいいもの。最近は、でかい、大きい本屋だけでなくって、古本屋さんでもイベントは開催されています。

 

本屋に行かない日々が続くと大変も大変。楽しい、面白いを感じたいっ!

本屋、古本屋に行かない日々が続きますと、行きたくって、しょうがなくなります(まさに、あいた……く……て、本屋を巡りたくてしょうがなくなる)。

 

自分の部屋に積み上げられている本の山、いえ、本山脈を眺めて気持ちを押さえようにも、無理です。気持ちがリバウンドして、余計行きたくなります、本屋に……。楽しい、面白いを俺にクレー。

 

すでに手に入れてる本じゃ駄目なの。買う行為が大切なの。

 

嗚呼、手に入れたい……。本屋に行きたい。古本屋、書店。ブックオフ。

 

保育社、カラーブックス手に取りたい(なぜゆえに、その本なのさ)。

 

数日だけ書いた、三日坊主な新潮文庫マイブック……(いや、だからなぜ? ホワイ?)。

 

たぶん、本を読んでない日が続くと、調子が悪くなるのに連動しているんだとおもいます。

 

新潮社のマイブック。文庫本サイズのノートなので、ブックオフは買取ることがある。使い方、活用法気になって売られてると手に取ってしまう…

 

スポンサーリンク




本屋は、行くと落ち着ける場所のひとつ。楽しい場所のひとつ

本屋に行くと落ち着きます。買える本が少なかったとしても。本屋巡りできるだけで、し・あ・わ・せ(馬鹿)。

 

ブックオフで、かごを蹴っているおっさんがいても(心の中で、コノコノコノーって思うけど……)。

 

そんな「行くと落ち着ける」場所、本屋を、20代のはじめに見つけられたのは、とてもよいことだったと思うんです。

人によっては、それがライブハウスだったり、CD・レコード屋だったり、喫茶店だったり、公園だったり、雑貨屋だったり、古着屋だったり、ラーメン屋する。

 

好きなわくわくするお店を巡って、巡り巡って。

 

複数あれば、なおよしという感じ(増幅して楽しめちゃいますもの。趣味の増幅ですな)。

 

本屋だけでなく、様々なお店を巡るときの楽しさというのはアイデアを思いついたり、浮かんだりすることと関係があるでしょう。

 

すでに知っていることがあるのは大切というわけですね。

 

書店本屋巡り、古本屋巡りの記録をどうぞ。自分の楽しい趣味の記録ですけども……

三鷹フォスフォレッセンス→上々堂→啓文堂書店と本屋巡り。太宰治『正義と微笑』徳川夢声『話術』ヨシタケシンスケ『もうぬげない』などの本【読書はおすすめ】

三鷹市役所に行く用事があり、向かったあと、三鷹駅まで出るのに、せっかくだからと散歩しつつ古本屋巡り。チェーン店じゃない本屋も楽しい。

 

荻窪象のあし→荻窪ブックオフ→ささま書店と本屋巡り。重松清『明日があるさ』『谷川俊太郎質問箱』長田弘『本の話をしよう』などの本【読書はおすすめ】

杉並アニメーションミュージアムで「赤塚不二夫のアニメ展なのだ」を鑑賞。荻窪駅に戻る形で古本屋巡り。散歩と古本屋とブックオフ。楽しみ方溢れるぜ。

 

高円寺古書十五時の犬→越後屋書店→吉祥寺バサラブックスと本屋巡り。ブコウスキー『勝手に生きろ!』色川武大『うらおもて人生録』などの本【読書はおすすめ】

↑行ってみたかった、高円寺の古本屋「古書十五時の犬」などを古本屋巡り。掘り出し物ありそうな構造してる古本屋でした。でかい、大きいと形容するならば、ごつい古本屋。

 

三鷹水中書店→吉祥寺百年→ジュンク堂と本屋巡り。北村薫『書かずにはいられない』松岡正剛『ルナティックス』阿佐田哲也『ぎゃんぶる百華』などの本【読書はおすすめ】

↑三鷹水中書店から、少々歩くけど、Twitterで見つけた良さげなたい焼き屋を探しつつ、吉祥寺まで本屋巡り。散歩と古本屋と甘いものの組み合わせ。楽しみ方溢れるぜ。

 

吉祥寺百年→吉祥寺美術館→ジュンク堂と本屋巡り、又吉直樹『火花』ロシュフコー『人生の知恵―省察と箴言』色川武大『百』などの本【読書はおすすめ】

吉祥寺の古本屋さん百年へ行き、吉祥寺美術館で行われていた「小林路子の菌類画」を観て、ジュンク堂へ本屋巡り。古本屋と本屋の間に美術館挟んでも問題なし。楽しい。おすすめ。

 

調布ブックオフ→古書円居と本屋巡り。都はるみ『メッセージ』川勝正幸『ポップ中毒者の手記(約10年分)』難波利三『てんのじ村』などの本【読書はおすすめ】

 

タワレコ新宿店→ブックオフ西新宿小滝橋通り店と本屋巡り、『ブルー・ペパーズEP』三谷幸喜、和田誠『これもまた別の話』など、本とCD【読書はおすすめ】

 

西荻窪盛林堂書房→音羽館と本屋巡り。吉行淳之介『悪友記』庄野潤三『鍛冶屋の馬』梅棹忠夫『情報の文明学』などの本【読書はおすすめ】

 

阿佐ヶ谷コンコ堂→タワレコ新宿店と本屋CD屋巡り。源氏鶏太『わたしの人生案内』池田典代『ドリーム・イン・ザ・ストリート』などを【読書はおすすめ】

 

スポンサーリンク




本屋巡りが趣味かどうか……。いえ、立派な趣味です。

それなりに腑に落ちるところはあるのですが、あまり「本屋に行くこと」や「本屋めぐり」が趣味というのは聞いたことがないのですが、そういう人は多いのでしょうか。

 

なんとなく、「本屋に行くのが趣味です」というのは、どこか恥ずかしいような気もします。マイナーだからなのか、他に趣味がないのかというところもあるような。

 

「本屋に行くことが、趣味?」読書で本から学ぶブログ、より。

恥ずかしがるなんて必要ないと思うのですよ。

 

本屋に行くことが大好き、趣味という方はたくさんいます。趣味ということを越えてしまってる人も多数おられます。

 

「趣味、読書」の延長線上に「趣味、本屋巡り」というのはあるんだと思います。

 

古本屋巡りも楽しくって、行って来ました話も面白い、楽しい

たとえば、古本屋巡りブログ、古本屋ツアー・イン・ジャパン

 

画期的なブログです。古本屋好きとしてはたまらないです。

 

古本屋ツアー・イン・ジャパンサイトブログ・画像写真

 

毎日、全国各地のどこかの古本屋へ行って本を買ってるという、素晴しさ!

詳細に書かれている文章っていったら!

 

なかなかできるものではありません。

 

東京をはじめとして、千葉、埼玉、神奈川、大阪、京都、名古屋! それだけにとどまりません……。すごい。

 

細かく古本屋のデータを取ろうという人がいるようでいなかったところに、生まれたブログ。古本屋ツアー・イン・ジャパン。

 

古ツアさんが、このブログをはじめてから、古本屋に行く人の数って増えたんじゃないかなって思ってます。

「古本屋に行ってみたいけど、私、いいのかな層」にはけっこうよく響いたのではないかと。

 

本屋に行くことを恥ずかしがらなくっても、いーんです。行っちゃいましょう、行っちゃいましょう。行っちゃいましょう(大事なので3回)。

 

実際に自分が行かなくっても、どなたかが古本屋に行かれて、こういう本を買いましたという話はどっても面白く楽しいものです。わくわくします。

 

 

いわゆる(新刊の)本屋巡りも楽しい。楽しみ方、いろいろ。

 

ただ、古本屋の並べている本たちのランダムさにはかなわないところはあります。

 

古本屋巡りは、神保町に行かなくってもできます

本、古本なら神保町。巡るなら神保町でしょう。と思われる方もいるかもしれませんが、日本全国お店は多々あります。

 

確かに、とっても本屋あるので、楽しすぎる街でありますが……。

 

古ツアさんの本だったり、岡崎武志さんの本を参考に古本屋さん、新刊を売る本屋さんに行かれてみてはいかがでしょうか。

 

 

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。楽しみ方を知ってしまったから

簡単に言うと、本屋、古本屋が大好きなのは、知らなかったものに出会う可能性の高さからです。未知のものに出会う方法として、うってつけの方法。

 

可能性というのは、知っているものから派生して、知らなかったものに出会うということです。

 

出くわした、知らなかったものをインプットしますと、知った濃度にもよりますが、次からは知っているものとなります。

その繰り返しが「おもしろい」んです。本屋、古本屋の楽しみ方です。

 

気づけば、何時間でもいられるようになります。レアな掘り出し物に出会うこともあるでしょう。

 

興味の細胞分裂みたいなものですね。

 

これを止めろとか言われても困ります。とっても、困ります。無理です。

 

「本屋やレコード・ショップに足を向けるとき、それは、スーパーマーケットに足を向けるときと同じではない。ほとんどの場合、ある知的な好奇心を満たしたいという期待を持って店ににおもむくのだ」

別冊カドカワ・佐野元春より。

 

まさに、本屋巡りのわくわく感。

 

興味の細胞分裂がある限り、本屋古本屋には行きつづけます。そんなサイクルがある限り、精神的に駄目にならない気もしますし。

人間、「興味」を失うところから、老化が始まるのでは?

 

本屋、古本屋、行きましょう。行きましょう。おすすめです。

 

自分の知って来たことが新たに組み合わさっていく場所が本屋であり、古本屋なのです。アイデアの生まれて行く場所です。

 

以上、本屋、書店巡り。楽しい趣味。本の楽しみ方、おすすめな古本屋。でかい、大きい、おしゃれ面白い。チェーン店にブックオフでちょいとレアな掘り出し物という話でした。

 

古本買取の相場や評判と一緒に知りたいのは、実際に買い取ってもらった本の価格詳細。値段はいくらついたのか。古本屋・定番屋でそれが見られて面白い

 

 

プロフィール(本屋、書店、古本屋がなければ、楽しいこと面白いこともわかってなかっただろうと真顔、たけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(でかい、大きい本屋、古本屋に行きますと、最低1時間は出てきませんと語る、たけたけっとは? まとめ)

ブックオフでもチェーン店でも楽しい趣味になりますよと述べる、たけたけっのTwitter

 

レース映像のどこを見ればいいのか? 馬券の狙い方紹介します

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜」noteにて書きました。

 

5年6年と遊びにも行かず(本屋、古本屋巡りはしてた。楽しいし面白いし)、飲みにも行かず、レース映像の分析、研究をしてきた中から「わかりやすいレース映像の視点、見方」をまとめました。

 

競馬予想本で類書がなかなかないファクター本となっています。

 

「あなたは、レース映像を見て競馬予想することが可能なのを知っていますか?」

 

最初の15000文字ほど好きなだけ読むことができます。ご覧くださいませ。

 

面白い本のおすすめ記事はいかがでしょう

おすすめ本【面白い】佐貫亦男『不安定からの発想』

おすすめ本【面白い】森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想

おすすめ本【面白い】藤原和博『情報編集力―ネット社会を生き抜くチカラ』

おすすめ本【面白い】槙田雄司(マキタスポーツ)『一億総ツッコミ時代』

おすすめ本【面白い】茂木健一郎『芸術脳』

おすすめ本【面白い】谷川浩司『集中力』

おすすめ本【面白い】『経済は感情で動く。はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ

おすすめ本【面白い】丸谷才一『思考のレッスン』

おすすめ本【面白い】片山洋次郎『骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門』

おすすめ本【面白い】吉本隆明『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』

おすすめ本【面白い】浅田次郎『勝負の極意』

おすすめ本【面白い】畑村洋太郎『失敗学のすすめ』

おすすめ本【面白い】『ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』クリスアンダーソン

おすすめ本【面白い】『考えよ! ―なぜ日本人はリスクを冒さないのか?』イビチャオシム

おすすめ本【面白い】荒俣宏『0点主義 新しい知的生産の技術57』。読書の意味と、情報整理の方法

重松清『その日のまえに』感想。おすすめ短篇小説「ヒアカムズザサン」。ガン告知を隠す、母と息子

 

おすすめ記事はいかがでしょう

おしゃれなフィットする椅子。座るとどんな感じだろう。ソファーっぽさ?喫茶店に置いてあったら楽しいだろうな。

カラオケで歌いたい。けど、歌えない。リクエストしたい、名曲5曲! フジファブリック『LaidBack』、大滝詠一『趣味趣味音楽』など。その2(おすすめ曲多し)

競馬予想本、アンドリューベイヤー『競馬探究の先端モード』のブックオフにおけるカテゴリ分けは「趣味・就職ガイド」。馬券師養成コースかいな〜

山下達郎さん。テレビに出ない、大きい会場でライブツアーしない、本を出さない。印税や年収に関わる、3つのしないことから、お金を稼ぐことを考える

三鷹市役所→フォスフォレッセンス→上々堂まで古本屋巡り散歩。サミットやコジマあるところに昔、ボウリング場があって遊んだなと思い出す

本屋さんで本を買ったら「逸品の書店祭」の応募券を頂きました…。カニより、新米より、肉より、図書カード。読書好きだもの

渡辺麻友(AKB48)、稲森いずみダブル主演。テレビドラマ「戦う!書店ガール」。舞台になる本屋さんは、吉祥寺ジュンク堂。読書好きとしては、本棚が気になる…

吉祥寺ジュンク堂→ブックオフと本屋巡り。大前研一『遊び心』佐藤雅彦『毎月新聞』上田琢巳『ラップ馬券学』などの本【読書はおすすめ】

聖蹟桜ヶ丘ブックオフ→くまざわ書店と本屋巡り。Perfume『ワンルーム・ディスコ』aiko『おやすみなさい』嘉門達夫『娯楽の殿堂』など本とCD【読書はおすすめ】

吉祥寺百年→ブックオフ→タワレコ吉祥寺店と、本屋CD屋巡り。aiko『夢見る隙間』『夏服』井上陽水『ハンサムボーイ』大貫妙子『素直な気持ち』などの本とCD【読書はおすすめ】

三鷹BOOK EXPRESS→吉祥寺百年と本屋巡り。加藤典洋『語りの背景』山本貴光『文体の科学』マーク・ポスター『情報様式論』などの本【読書はおすすめ】

吉祥寺百年→吉祥寺ジュンク堂→ブックオフと本屋巡り。金田一春彦『話し言葉の技術』尾崎一雄『閑な老人』前川清『歌手』などの本とCD【読書はおすすめ】

浜田山ブックオフ→サンブックス浜田山と本屋巡り。遠藤周作『あべこべ人間』津村記久子『まともな家の子供はいない』太宰治『新樹の言葉』などの本【読書はおすすめ】

 

本屋巡り、古本屋めくりネタなおすすめ記事はいかがでしょう

吉祥寺ココナッツディスク→百年→ジュンク堂→ルーエ→ブックオフ、CDと本屋巡り。吉田豪『聞き出す力』、木村多江『かかと』など【読書はおすすめ】

吉祥寺サブロ→ジュンク堂→ルーエ→ブックオフ、本屋巡り。重松清『この人たちについての14万字ちょっと』、石井ゆかり『3年の星占い 水瓶座』などの本【読書はおすすめ】

吉祥寺百年→ジュンク堂→タワレコと、CDと本屋巡り。橋本治『これで古典がよくわかる』、飯村公一『外厩ブラックボックス馬券術』など【読書はおすすめ】

吉祥寺ジュンク堂→ブックオフ→タワレコと、CDと本屋巡り。重松清『ビタミンF』、阿佐田哲也『ああ勝負師』『ギャンブル人生論』などの本とCD【読書はおすすめ】

吉祥寺タワレコ→ブックオフ、CDと本屋巡り。鈴木敏夫『仕事道楽新版』、寺田寅彦『柿の種』、スティーヴィー・ワンダー『アップタイト』など【読書はおすすめ】

吉祥寺ジュンク堂→ルーエ→ブックオフと本屋巡り。平野紗季子『生まれた時からアルデンテ』、早川義夫『たましいの場所』などの本【読書はおすすめ】

吉祥寺タワレコ→ブックオフ→ジュンク堂。本屋とCD屋巡り。山下達郎『BigWave』、竹内まりや『静かな伝説』、井伏鱒二『井伏鱒二対談集』など【読書はおすすめ】

吉祥寺ココナッツディスク→百年→ジュンク堂。本屋とCD屋巡り。原研哉『デザインのめざめ』、寺山修司『競馬への望郷』、福田恆存『藝術とは何か』など【読書はおすすめ】

新宿ブックオフ→吉祥寺ブックオフ、本屋巡り。森毅『一刀斎の人生相談』、山口絵理子『自分思考』、福岡伸一『ルリボシカミキリの青』などの本【読書はおすすめ】

吉祥寺ジュンク堂→荻窪ささま書店、本屋巡り。庄野ナホコ『ルッキオとフリフリ・おおきなスイカ』、島田潤一郎『あしたから出版社』などの本【読書はおすすめ】

府中、啓文堂書店→ブックオフ、本屋巡り。佐藤優『人たらしの流儀』、室生犀星『女ひと―随筆』、山口瞳『諸君!この人生、大変なんだ』などの本【読書はおすすめ】

吉祥寺よみた屋→ブックオフ→ジュンク堂と本屋巡り。植草甚一『こんなコラムばかり新聞や雑誌に書いていた』、森達也『ぼくの歌・みんなの歌』などの本【読書はおすすめ】

吉祥寺ジュンク堂→ブックオフと、本屋巡り。幸田露伴『努力論』、養老孟司『養老孟司の大言論III』、山口瞳『草競馬流浪記』などの本【読書はおすすめ】

吉祥寺の眼鏡屋→ジュンク堂→ブックオフと、本屋巡り。新しいフレームで、養老孟司『養老孟司の大言論』、前川清『恋唄に恋して(サイン本)』などの本【読書はおすすめ】

吉祥寺よみた屋→ブックオフ→ジュンク堂と本屋巡り、松岡正剛『遊学』、亀田誠治『カメダ式JPOP評論ヒットの理由』、佐藤優『人に強くなる極意』などの本【読書はおすすめ】

 

-古本屋、CD屋巡り
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.