読書雑談

付箋、ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

更新日:

付箋・ポストイットを使う際の場所は、付箋が落ちては困るところが多かったりします。付箋やポストイットにアイデアを書いてノートに貼り考えるときだったり、パソコンにすることを書いたりするときだったり。繰り返し付箋やポストイットを動かす、何度も使う場所。

 

そんな繰り返し何度も貼る場所、ノートやパソコンに貼る付箋・ポストイットのおすすめ強粘着です。

 

ノートやパソコンに繰り返し貼れて使いやすい、落ちないので安心。アイデアの書かれた付箋・ポストイットを何度も動かす。強粘着ですと、何度も使えます。ほんと、おすすめな付箋・ポストイット強粘着タイプ。コンビニでも買えたりします。

 

読書には貼ったあと動かさないので、ノーマルタイプの付箋やポストイットでもいいのですが、繰り返し移動させる場合には、値段は少ししますが強粘着の付箋・ポストイットをおすすめします。はがれたり落ちたりするイライラからの解放代金と考えれば安いものです。おすすめ【文房具】。

 

スポンサーリンク




強粘着ポストイット 付箋 3M

 

付箋・ポストイットが落ちるのはちょいと困る

ブログをはじめてから、半年1年と経ってきて、更新量をあげていくぞと考えました。

 

そうしますと、書けそうなネタを蓄積しておかねばなりません。アイデアの収集は大切です。このネタとこのネタを足すと1つブログ記事が書けるという発想の断片を書いておくことは大切です。

 

「こういう話書けそう」ということがわかるように、目に見えるところに付箋を貼っておきました。パソコンのモニター一周ぐるりと付箋を貼付けていたのですが、どうにも様子が……。うるさいといいますか、付箋貼り過ぎ……。

 

これはいかんと、壁にずらっと付箋貼っておくスペースを作りました。壁にそのまま付箋を貼れませんから、工作用紙を貼付けて(罫線があるのが付箋貼っててもすっきりしていいかなと)。

 

この壁に貼ってます工作用紙、イメージとしてノートを開いた感じなんです。実際にノートに貼って、ブログに書くことを膨らませたりもします。

 

関連→ブログの更新頻度を上げると、アクセス数(PV)が増える効果があるのはだいたい事実。しかし、重要なのは「どうしてブログが書けるのか」を知っておくことでは?

 

関連→ブログに書く記事の文章、文字数問題の考え方。400、1000、2000…。アクセス数をアップするには?まもなく300記事。ブログ9ヶ月目【競馬】

 

関連→競馬予想とブログ論は似てる。違うのは結果の明らかさ。書き方あれば、SEOあり、アフィリエイト、稼ぐ方法…。血統あれば、調教あり、騎手、馬場、パドック…

 

付箋・ポストイット ブログのネタだし

……気になる話ありますでしょうか。「ミャンマー」ってなんだよって……。

 

この「ブログに書けそうなネタを付箋に書いて貼るスペース」を作ってから、付箋も変えたのです。

 

読書しているときに使っている付箋があるのですが、そのシリーズの付箋をパソコンのモニターの回りに貼っていたのです。

 

 

ところが、付箋の粘着力が弱いので、モニターの熱が影響してなのか、しっかりくっついていてくれない付箋なんです。

 

まぁ、落ちること、落ちること。もうちょっと、忍耐力を付箋に……あげてほしい。繰り返し貼るということは難しい感じでした。安い付箋ですし、何度も使える形を望むのは酷な話かと。

 

書けそうなネタを付箋に書いて貼ったものが、はがれて落ちてしまってるのを見ると調子狂います。せっかくのブログネタが、アイデアがというわけです。どうにもこうにもブログ書いてゆくペースが崩れます。

 

これは困ったなぁ。何か具合のいい付箋はないか……。パソコンやノートに繰り返し貼って使いやすい付箋・ポストイット。何度も使えてアイデア出しにぴったりな付箋。

 

関連→信用できない、されない大人は、男女問わず仕事や恋愛、お金などの失敗談を話す語ることができない。人生で試行錯誤してない人を見抜く方法【競馬ネタ】

 

関連→偏愛マップ(齋藤孝)感想。やり方、作り方、書き方簡単に自己紹介の項目ネタ探し発見本。ルールは簡単。初対面な方に内容のある使い方。ブログ・自己分析・合コン

 

関連→仕事でうまくいく考え方とは。成果を出し成功する、安定する。ポイントは、知ること(インプット)と記録(メモ・ノート)をやめないところからという話【読書】

 

スポンサーリンク




コンビニで買った、強粘着の付箋(ポストイット)は何度も貼ったりはがしたりしてもびくともしない!

たまたまコンビニに行ったとき、文房具コーナーに強粘着の付箋(ポストイット)が売っていたので、これはいいかもしれないと買ってみました。なんといっても付箋・ポストイットの売りは「強粘着」ですから、期待できます。

 

今まで使っていた付箋に変わって、強粘着の付箋(ポストイット)を使ってみたところ、貼り付くこと貼り付くこと。ツキマス〜、ツキマス〜と言わんばかりで。何でそう〜付くの〜と聞かれれば、強粘着だからでございます(このネタがわかるひとの年代は……)。

 

しっかりくっついてくれる! 忍耐力ある付箋! 自分が求めていたやつ。繰り返し貼る位置買えても落ちません。何度も使えます。

 

これはありがたい。粘着力が弱くなったりはしません。さすがに限界はあると思いますが……。

 

スポンサーリンク




しっかりとくっついてくれますが、跡が残ったりする心配もありません。立つ鳥跡を濁さずという感じと言えばいいでしょうか。強粘着の付箋(ポストイット)、何度も仕事するなぁ……。

 

いままで使っていた付箋は、本や雑誌に貼るもの専門にします。挟んであればぱらぱら落ちることはないでしょうし。読書してて貼った付箋をしょっちゅう動かすことはないでしょうし。適材適所に使います。

 

強粘着の付箋・ポストイット、ノーマルな付箋に比べて値段はします。強く貼り付く分お値段もというところでしょうか。

 

付箋に書いたネタがシナッとなって落ちそうな状態ではなく、シャキッと貼り付いてくれててけっこう満足しています。

 

自分は作る機会ありませんが、企業のノベルティとして付箋を作る際は強粘着タイプのもののほうが喜ばれると思います。かわいいけど、強く貼り付く付箋・ポストイットなんていいのでは? 大きいもの、小さいものなどいろいろサイズも揃えて。

 

関連→文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人。文章力や書き方の前に知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側・意識の違いについて

 

関連→競馬予想に使う赤ペン、黒ボールペンのおすすめは、ぺんてるノック式エナージェル1ミリ。なめらかで書きやすい。にじまない、使いやすい。マークシートにも

 

関連→読書量平均、統計、多い少ないの質問・アンケートは面白い。本を読むのはいいことでおすすめ。しかし、単純なインプット時間を質問してみては?【語彙・知識】

 

以上、付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】という話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




-読書雑談
-, , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.