読書ネタ【本屋ネタ】

付箋ポストイットのおすすめ強粘着【ノートに繰り返し何度も貼れて使える。アイデア出しに】

強粘着ポストイット 付箋 3M

付箋・ポストイットを使う際の場所は、付箋が落ちては困るところが多かったりします。

 

付箋やポストイットにアイデアを書いてノートに貼り考えるときだったり、パソコンにすることを書いたりするときだったり。繰り返し付箋やポストイットを動かす、何度も使う場所。

 

そんな繰り返し何度も貼る場所、ノートやパソコンに貼る付箋・ポストイットのおすすめは強粘着です。

 

ノートやパソコンに繰り返し貼れて使いやすい、落ちないので安心。アイデアの書かれた付箋・ポストイットを何度も動かす。強粘着ですと、何度も使えます。ほんと、おすすめな付箋・ポストイット強粘着タイプ。コンビニでも買えたりします。

 

読書には貼ったあと動かさない使い方なので、ノーマルタイプの付箋やポストイットでもいいのですが、繰り返し移動させる場合には、値段は少ししますが強粘着の付箋・ポストイットをおすすめします。

 

はがれたり落ちたりするイライラからの解放代金と考えれば安いものです。違いは大したことないように見えますが、細々したストレスは溜まると面倒です。

 

スポンサーリンク



 

付箋・ポストイットが落ちるのはちょいと困る

ブログをはじめてから、半年1年と経ってきて、更新量をあげていくぞと考えました。

 

そうしますと、書けそうなネタを蓄積しておかねばなりません。アイデアの収集は大切です。このネタとこのネタを足すと1つブログ記事が書けるという発想の断片を書いておくことは大切です。

 

「こういう話書けそう」ということがわかるように、目に見えるところに付箋を貼っておきました。パソコンのモニター一周ぐるりと付箋を貼付けていたのですが、どうにも様子が……。うるさいといいますか、付箋貼り過ぎ……。

 

これはいかんと、壁にずらっと付箋貼っておくスペースを作りました。壁にそのまま付箋を貼れませんから、工作用紙を貼付けて(罫線があるのが付箋貼っててもすっきりしていいかなと)。

 

この壁に貼ってます工作用紙、イメージとしてノートを開いた感じなんです。実際にノートに貼って、ブログに書くことを膨らませたりもします。

 

スポンサーリンク



 

付箋ポストイットの粘着力が弱いので、モニターの熱で?

付箋・ポストイット ブログのネタだし

この「ブログに書けそうなネタを付箋に書いて貼るスペース」を作ってから、付箋も変えたのです。

 

読書しているときに使っている付箋があるのですが、そのシリーズの付箋をパソコンのモニターの回りに貼っていたのです。

 

ところが、付箋の粘着力が弱いので、モニターの熱が影響してなのか、しっかりくっついていてくれない付箋なんです。

 

まぁ、落ちること、落ちること。もうちょっと、忍耐力を付箋に……あげてほしい。繰り返し貼るということは難しい感じでした。安い付箋ですし、何度も使える形を望むのは酷な話かと。

 

書けそうなネタを付箋に書いて貼ったものが、はがれて落ちてしまってるのを見ると調子狂います。せっかくのブログネタが、アイデアがというわけです。どうにもこうにもブログ書いてゆくペースが崩れます。

 

これは困ったなぁ。何か具合のいい付箋はないか……。パソコンやノートに繰り返し貼って使いやすい付箋・ポストイット。何度も使えてアイデア出しにぴったりな付箋。

 

スポンサーリンク



 

コンビニで買った、強粘着の付箋(ポストイット)は何度も貼ったりはがしたりしてもびくともしない!

たまたまコンビニ(セブンイレブン)に行ったとき、文房具コーナーに強粘着の付箋(ポストイット)が売っていたので、これはいいかもしれないと買ってみました。

 

なんといっても付箋・ポストイットの売りは「強粘着」ですから、期待できます。

 

今まで使っていた付箋に変わって、強粘着の付箋(ポストイット)を使ってみたところ、貼り付くこと貼り付くこと。ツキマス〜、ツキマス〜と言わんばかりで。何でそう〜付くの〜と聞かれれば、強粘着だからでございます(このネタがわかるひとの年代は……)。

 

しっかりくっついてくれる! 忍耐力ある付箋! 自分が求めていたやつ。繰り返し貼る位置買えても落ちません。何度も使えます。

 

これはありがたい。粘着力が弱くなったりはしません。さすがに限界はあると思いますが……。

 

しっかりとくっついてくれますが、跡が残ったりする心配もありません。立つ鳥跡を濁さずという感じと言えばいいでしょうか。強粘着の付箋(ポストイット)、何度も仕事するなぁ……。

 

いままで使っていた付箋は、本や雑誌に貼るもの専門にします。挟んであればぱらぱら落ちることはないでしょうし。読書してて貼った付箋をしょっちゅう動かすことはないでしょうし。適材適所に使います。

 

強粘着の付箋・ポストイット、ノーマルな付箋に比べて値段はします。強く貼り付く分お値段もというところでしょうか。

 

付箋に書いたネタがシナッとなって落ちそうな状態ではなく、シャキッと貼り付いてくれててけっこう満足しています。

 

自分は作る機会ありませんが、企業のノベルティとして付箋を作る際は強粘着タイプのもののほうが喜ばれると思います。かわいいけど、強く貼り付く付箋・ポストイットなんていいのでは? 大きいもの、小さいものなどいろいろサイズも揃えて。

 

以上、付箋ポストイットのおすすめ強粘着【ノートに繰り返し何度も貼れて使える。アイデア出しに】でした。

 

ポストイット 強粘着 付箋 見出し ネオンカラー 50×15mm 90枚×5パッド 700SS-NE

 

【読書ネタ】おすすめ記事

見栄張る虚勢に男女問わず億万長者少?『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』

読書ネタ【本屋ネタ】

見栄張る虚勢に男女問わず億万長者少?『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』

2023/5/2

「見栄張る虚勢に男女問わず億万長者少?『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』お金。人間、見栄というのはプライドがあったりして、男性も女性も虚勢を張ったりしてしまいます。仕事で稼いだお金を使うわけです。プライドのために消費し、浪費する。見栄のために消費し、浪費する」。

文章がうまくなりたい人。面白い文章、書きたい人。文章力や書き方の前に、知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側・意識の違いについて

読書ネタ【本屋ネタ】

面白い文章、書きたい人。文章がうまくなりたい人【文章力や書き方の前に、知っておいて損はないコツや基本の話】

2023/4/30

「面白い文章の書き方の前に知っておいたほうがいい話。厳しい話かなと思うのですが、面白い文章書く上でのコツや方法の基本と言ってもいい「読む側と書く側の意識の違い」について、森毅さんの話を参考にして書こうかと思います。知っておいて損はないと思います」

吉本隆明『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』。意味ある意図的引きこもり

読書ネタ【本屋ネタ】

吉本隆明『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』【意味ある意図的引きこもり】

2023/4/28

「おすすめ本レビュー。吉本隆明『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』(だいわ文庫)。吉本隆明『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』というタイトルに違和感ある人もいるかと。エッセイ集。「引きこもり」「ひきこもる」「ひきこもれ」というとマイナスなイメージを持たれる人が多いと思う」。

読書ネタ【本屋ネタ】

古本屋・定番屋の買取【古本買取の相場や評判と同時に知りたい買取詳細】

2023/4/30

「古本屋・定番屋の買取。古本買取の相場や評判と同時に知りたい買取詳細。古本買取の相場や評判、ブックオフとの差などと一緒に知りたいのは、古本を実際に買い取ってもらったときの本の価格詳細ではないでしょうか。古本やCDに値段がいくらついたのか。買取に出した一部、代表的なものだけでなく、ひとつひとつの価格は知りたいもの」。

 

スポンサーリンク



 

【日常ネタ】おすすめ記事

喉の痛み。部屋の湿度計・31%、低い。乾燥対策に、加湿器をアマゾンで買う。喉にちょうどいい、最適湿度は60%近く。置き場所決めて、快適な部屋に【健康】

日常ネタ【生活ネタ】

喉にいい湿度、快適な湿度を知る【30%から上げる方法に加湿器買う】

2023/4/30

「喉にいい湿度、快適な湿度を知る。30%から上げる方法に加湿器買う。喉にいい湿度や快適な湿度があるとは思ってたものの、何%なのか知らないまま30代後半に入ってきたある日のこと。喉の痛みを感じて、部屋の湿度計を確認してみますと31%と、低い低いカラカラ状態」。

信頼関係を築く意味。男女恋愛仕事。構築の力大切さは繰り返しにあり

日常ネタ【生活ネタ】

信頼関係を築く意味【男女・恋愛・仕事。構築の力大切さは繰り返しにあり】

2023/4/30

「信頼関係を築く意味。男女恋愛仕事。構築の力大切さは繰り返しにあり。信頼関係を築くには大切な法則があると感じた話。仕事、恋愛、男女問わず、信頼関係を築く力、大切さは、繰り返しの行動が意味を持つ。全幅の信頼へ。池上彰さんの新書読んでて、信頼関係の構築する力とは、一回よりも、複数回の行動から来ると」。

占いや運勢でもないけど、当たる仕事運?10円玉を手のひらに乗せ、目の高さへあげると……

日常ネタ【生活ネタ】

占いや運勢でもないけど、当たる仕事運?【10円玉を手のひらに乗せ、目の高さへあげると……】

2023/5/2

「占いや運勢でもないけど、当たる仕事運?10円玉を手のひらに乗せ、目の高さへあげると……いや運勢までいかないけど、妙に当たる気がする仕事運? 金運? の話。占いといえば、占いだし、運勢見てると言えば、運勢見てる気も……。当たるも八卦当たらぬも八卦」。

承認欲求、自己顕示欲を満たす方法。強すぎる苦しみから解消、解放する行動。満たされない容量を把握する意味【アプリ、SNS、仕事、ストレス】

日常ネタ【生活ネタ】

承認欲求、自己顕示欲を満たす方法【強すぎる苦しみから解消、解放する行動。満たされない容量を把握する意味】

2023/4/30

「承認欲求を自己顕示欲を健全に満たす方法。承認欲求を健全に満たす方法、と大それたことをタイトルに持って来ました。仕事やお金、Twitter、FacebookなどのSNS。スマホアプリを使った承認欲求。強すぎる苦しみからこじらせずに、ストレスを解消解放するには。承認欲求」。

 

スポンサーリンク



 

「更新と言う名のつぶやき」

 

最近読んだ本

 

・リチャードワイズマン『運のいい人の法則』(角川文庫)

・リサ・ガンスキー『メッシュ すべてのビジネスは<シェア>になる』(徳間書店)

・林志行『自分イノベーション』(技術評論社)

・田坂広志『未来を予見する「5つの法則」』(光文社)

・山崎光夫『健康の天才たち』(新潮新書)

・田坂広志『運気を磨く 心を浄化する三つの技法』(光文社新書)

・児玉哲彦『人工知能は私たちを滅ぼすのかーーー計算機が神になる100年の物語』(ダイヤモンド社)

・竹添直樹ほか『クローリングハック』(翔泳社)

・鶴木遵『ゴールへの想像力』(コスモヒルズ)

・有田秀穂『セロトニン欠乏脳』(生活人新書)

・大橋巨泉『調教タイムを見る前に 巨泉の考える競馬』(日刊スポーツ出版社)

・アンドレ・モロワ『初めに行動があった』(岩波新書)

・中村晃『天海ー徳川三代を支えた黒衣の宰相』 (PHP文庫)

・高田明典『情報汚染の時代』(角川EPUB選書)

 

過去分はこちらから

 

 

【サイトマップ】

-読書ネタ【本屋ネタ】
-