競馬レース映像分析

ゲットアテープ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

ゲットアテープ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

 

ゲットアテープ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

京都競馬場・芝2000m。距離延長、10番人気で3着に来たのは、ディープインパクト産駒のゲットアテープ。

 

人気馬が飛んで波乱なレースになりました。ゲットアテープの複勝は380円。美味しい馬券です。

 

不思議なのは、ゲットアテープの馬柱を見ても、10番人気になるような材料がないのです。人気を割り引く特徴がないのです。近走の勝ち馬と着差が少ない……。こういうとき、どういうデータの見方をすればいいのでしょうか。

 

前走のレース映像を見てみますと、スタート後躓いて、大外回っての4着。1着馬からはクビハナハナでタイム差なし。

 

休み明けの競馬という不安はあったものの、最低でもヒモに入れておくのは悪くないタイプかと思います。

 

ディープインパクト産駒・ゲットアテープ、レース映像・血統面、詳しく見てみます。

 

スポンサーリンク




ディープインバクト産駒・ゲットアテープ、京都競馬場(芝・2000m)3着

2014年11月8日(土)、京都競馬場7レース。3歳上500万下。芝2000m

 

レース結果は以下の通り

1着・クロフネ産駒・パドルウィール(中尾秀正厩舎・松山弘平騎手)。時計・2:00.2。

2着・キングカメハメハ産駒・マテンロウボス(昆貢厩舎・四位洋文騎手)。

3着・ディープインパクト産駒・ゲットアテープ(安田隆行厩舎・C.ルメール騎手)

 

7番人気パドルウィール勝利。6番人気マテンロウボス2着、10番人気ゲットアテープ3着。

 

人気馬が飛び、波乱。

 

ゲットアテープの複勝は380円。

 

三連複は68,680円。三連単363,080円。

 

10番人気ゲットアテープ

近4走を見ても、そこまで「悪い」とは言い切れない内容でありました。そして、鞍上は、C.ルメール。

 

4走前のこうやまき賞(中京競馬場・芝1600m)では、10頭立てとはいえ、ヌーヴォレコルトと0.2秒差。0.1秒差にはアドマイヤビジン。

 

その後のレースを見ても、勝ってはいないものの、勝ち馬とは差のない競馬をしています。

 

前走(中山競馬場・芝1800m・稍重)は、4着。しかし、勝ったトシザキミとは着差なし。

 

人気が落ちるほど、買える材料はなかったのだろうか?

 

スポンサーリンク




ディープインバクト産駒・ゲットアテープの血統特徴とは?

父・ディープインバクト

母父・ウイニングチケット

母母父・トウショウボーイ

母母母父・タリヤートス

母母母母父・ライジングフレーム

 

テスコボーイ 5×4

 

ディープインパクト産駒・代表産駒

ジェンティルドンナ・サトノダイヤモンド・ショウナンパンドラ・ミッキーアイル・ミッキークイーン・ダノンシャーク・スマートレイアー・キズナ・トーセンラー・ヴィルシーナ・サトノアラジン・ラストインパクト・リアルスティールなどなどなど。

 

母、オイスターチケットからは、ブラックシェル、シェルズレイなど活躍馬多数

ダブルティンパニー(牡・サンデーサイレンス産駒)・ダート中距離1勝・芝2000~2400mで4勝。

テスコボーイ 5×4

 

シェルズレイ(牝・クロフネ産駒)・芝1600m~1800mで3勝。2006年チューリップ賞(G3)2着。2006年ローズステークス(G2)2着。

テスコボーイ 5×4

(母になったシェルズレイからは、ククイナッツレイ、オーキッドレイ、カアナパリビーチ、シャイニングレイ(全て父ディープインパクト)と、4頭とも全て勝ち上がり)。

 

ブラックシェル(牡・クロフネ産駒)・芝2000mで2勝。2008年弥生賞(G2)2着。2008年NHKマイル(G1)2着。2008年ダービー(G1)3着。2008年神戸新聞杯(G2)2着。

テスコボーイ 5×4

 

ヴィジャイ(牡・ディープインパクト産駒)・芝1800~2000mで2勝。

テスコボーイ 5×4

 

サングヒーロー(牡・ディープインパクト産駒)・芝1800mで1勝。

テスコボーイ 5×4

 

テスコボーイ 5×4は母方のものなのでどの馬にもあります。

血統面では、走る血統であると言えるでしょう。

 

オイスターチケットの父には、ディープよりクロフネのほうが良いのかもしれません。

 

オイスターチケットの2013は父クロフネ(牝)。シェルズレイを超えられますか、どうか。

 

スポンサーリンク




ゲットアテープの前走(中山競馬場・芝1800m)

2014年3月30日、中山競馬場5レース。3歳500万下。芝1800m(稍重)。

 

鞍上は、後藤浩輝。

 

それでは、レース映像再生。

 

ゲットアテープは、5番枠からのスタート

いきなり、つまずくところからのスタート。無理はせずに後方から。

 

ハナを切って行ったのは、トシザキミ。

 

3コーナーから、内に2頭ほどいる外を少しずつ追い上げてゆくゲットアテープ。4コーナーで大外に出す。内には4~5頭ほどいる。

 

直線の伸び

大外を回ったことにより、馬場の中程より内から直線。ゲットアテープ追い込みはじめます。

 

ムチを入れはじめてもあまり伸びません。しかし、数発入れたあと、後藤騎手が両手で追い込むと伸びてきます。2着レオニーズとの併せ馬。

 

結果、4着にゲットアテープは負けます。

 

負けたものの、1着からクビハナハナでタイム差なし。

 

スタートでのつまずき、馬場、4コーナー大外、そして急坂2回の中山競馬場を考えるとなかなか強い競馬であったと考えられます。

 

そこから休養に入ります。

 

ゲットアテープ、今回の走り、3着(京都競馬場・芝2000m)

京都競馬場、芝2000m。良馬場。鞍上は、C.ルメールに乗り替わり。

 

休み明けで、馬体重が+14キロというのは成長の証だったのでしょう。

 

なにせ、安田隆行厩舎+金子真人ホールディングス(馬主)+ノーザンファーム(生産者)。

 

5番枠からのスタート。

 

今回はつまずきません、ゲットアテープ。それなりに前へ行きます。

 

1コーナー曲がって、中団のイン。

 

曲がりかけたときでした。

 

前を走っているサイモンラムセス(酒井)がひっかかったんでしょうか、前に行きすぎたんでしょうか、手綱引っ張ってます。そのとき、ゲットアテープはサイモンラムセスの斜め後を走ってましたが、そこまで影響なさそう。

 

ところが、再度サイモンラムセスは手綱を引っぱります。2度目はゲットアテープ、まともに下がってはいないものの、このときは影響ありそう。

 

サイモンラムセスの横を走っていた、 ファシーノ(北村友)はひっかかってます。

 

ゲットアテープはこの2頭のだいたい後にいました。

 

うまいなぁと思ったのはこのあと。

 

ルメール騎手、外がいくらか開いていたので、ファシーノの外っかわに馬をずらします。馬群の中にいすぎて動けない形であれば、できないでしょう。

 

しかし、隙あらばルメール。前を走る馬の危険な具合を察知したように思える手綱捌き。

 

直線入ってすぐに、追い出せる進路を確保。

 

ルメール騎手、追いはじめます。3着。

 

1コーナー付近の不利はあったものの、このレース、直線内で1番人気イサベル(福永)がドン詰まり→ステイザコース(藤岡康)まで詰まってしまったり。



2番人気サイモンラムセスは、内で前半引っ掛かってしまうなど、ゲットアテープにとって幸運な面もありました。

 

次走注目は、ファシーノ。

 

スポンサーリンク




ゲットアテープ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-まとめ

持ち時計で数秒の差があっても、負荷のかかる競馬場、コースから、負荷の少ない競馬場替わりだった場合、注意(中山急坂2回コース→京都など)。

 

着差少ない馬、不利があってのものか、そうでないものか→レースVTR確認。

不利があって、着差少ないのであれば買い。ただし、疲れの面は考慮。

 

そんな馬が休養明け→馬体重プラス→買い。

 

以上、ゲットアテープ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-でした。

 

競馬おすすめ記事

競馬のデータ予想と情報収集。マイニングの意味なくすタイムラグとノイズ

馬場状態は競馬の影響材料。速報で傾向、特徴の把握必須

パトロールビデオをJRA全レース公開。競馬の見方が増える!地方競馬も続いて

大数の法則を競馬に応用する意味とは。回数を増して平均化する証明は成り立たない?

競馬の着差は着順より重要。予想評価タイムの見方。1馬身差

競馬で負ける負けすぎる。負けない買い方から卒業には準備が必要

ロト6、ロト7、ミニロト。当たらない理由。確率、予想攻略。同じ数字、番号を買い続け三等当たった人の買い方【ナンバーズ、ビンゴ5、宝くじ】

地方競馬ライブ中継。予想必須。無料で出馬表オッズレース結果、ネットで見られる
 

スポンサーリンク




-競馬レース映像分析
-, ,