繰り返しの謎解き商会

*

話す力を鍛える、向上させるコツは、話題に対して聞いている人との情報量の差に敏感になることでは?会話が苦手、焦る、頭が真っ白対策にも

      2017/08/10

話す力がうまくなるといいな、話すのが苦手でないようになりたい。話題を上手に出したい……。話す力を鍛える、話す力を向上させるコツはこれかなと感じた話がありました。落語家、立川志の春さんの話です。話すとき、話題がない。焦る、頭が真っ白になる対策にも。

 

話す力を鍛える、向上させるコツは、話題に対して聞いている人との情報量の差に敏感になることではないだろうか。聞く側はいつも情報不足。どのような順番で聞いてる人に情報を知ってもらうのか。話題の出し方に気を使うことで話す力が鍛えられ、向上する。

 

話すのが苦手だったり、話すとき焦る、頭が真っ白になる人にも参考になるかと思います。

 

 

スポンサーリンク




話す側が注意するのは、聞いてる人の話題に関する情報量の差

話す力があってうまい人は、聞いてる人の話題に関わる情報量の差、不足に敏感になってるんだろうという話を、少々。

 

一方的に聞く話にしても、会話にしても、聞いている相手は話し手の語ることを積み重ねて、突きあわせて、組み合わせていきます。組み合わせて行くとき、基本的には今まで知って来たことを引き出して組み合わせていくわけですが、話を聞いて新しく知ったことも組み合わせて行きます。話し手のスピードや、間、説明の多寡もあるでしょう。

 

話を聞いている中で「ああそうか」と感じること、行動してみようと思うことがある。もしくは笑いが起きる。それは、既知のことaと既知のことb、もしくは今既知になったことcが突きあわされ、組み合わさって、アイデア化されたといえるでしょう。ウェブヤングが『アイデアの作り方』に書いたような話の会話版です。

 

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。

 

ジェームス・W・ヤング『アイデアの作り方』(TBSブリタニカ)より

 

話のおもしろさというのは、どう話題の断片を組み合わせていくかにかかってる。そこから考えると、話す力を鍛えたり、話す力を向上させるコツになるのではないだろうか。会話が苦手だったり、話してて頭が真っ白になって焦ったりすることを回避する可能性は生まないだろうか。

 

落語の話で内容は同じでも、面白い人とそうでない人がいるのは……

話の組み合わせ、これは順番の妙とも言えます。どういう順番で話してゆくのかということです。順番に話すといいましても、ここにはスピートや声の高さや声色などが存在している。組み合わせる際のいわば、接着剤とでも申しましょうか。

 

落語という同じ話でも、ある落語家は面白いけど、ある落語家はイマイチに見えるのは、順番の妙、組み合わせの妙、そして接着剤の妙(?)である……。

常に気に留めておかなければならないのは、話す側は聴く側よりも多く情報を持っているということです。情報量は非対称的であり、必ず聴く側のほうが不足している。ですから、話す側のスピードに聴く側が合わせていたら、頭の中で絵を描くことが間に合わない場合がある。間をあけることや、同じ言葉を繰り返すことが話す側にとってまどろっこしく感じても、理解のスピードの差は思っている以上にあるので、聴く側にとってはそれくらいのほうが情報を浸透させやすく、イメージを膨らましやすいのです。

 

立川志の春『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか? 落語に学ぶ仕事のヒント』(星海社新書)より 137p

 

「話す側は聴く側よりも多く情報を持っている」という話は、盲点でした。

 

言われてみればそうです。話す側は声を出しているわけで、場に対して手綱を握ってるようなものだと。そこをコントロールしてあげないと、馬ならぬ場は盛り上がらない(DJ=ディスクジョッキーとは上手いことを言ったものです)。

 

聞いている側というのは、いままで自分が知ってきたことと、新しく今聞いたことを頭の中で組み合わせてゆく。そんな中で、おかしな組み合わせか出現すると、笑ってしまう。人情話だったりすると、ほろりほろりとしてしまう。腹立たしい組み合わせならば、「コノヤロウ」と感じる。

 

聴いている人たちが話を聞いてそれぞれ組み合わせていく訳ですが、組み合わせがうまくいかないととたんにつまらなくなってしまう。

 

話す力を鍛える、話す力を向上させるコツは、聞いている人たちの話題に関わる情報量の差に敏感になり手綱さばきをうまくするということでしょう。

 

ただ、話し手が悪い、聞き手が悪い……。ケースバイケースなこともありますが。

 

読むということは、こなしていく大変さはあるものの、ペースは自分で決められる。

 

「話す」「聴く」「読む」ということの差は面白いなぁと思いまして。杓子定規に見てはよろしくないわけですな。

 

話す力を鍛える。どうすればうまくなるのか

自分が決して話すことがうまいわけではありませんが、量をこなすことがなによりも先決でしょう。その中で、話すことが苦手な理由だったり、話すときに頭が真っ白になって焦る理由も見つかると思います。

 

要因をかたまりで持ってるとわかりにくいものの、細かくして行くと「これかー」みたいなことは多々あります。

 

うまくいった例、うまくいかなかった例というのはYouTube上に動画がたくさんあるでしょうから、片っ端から見てノートでもとっていけばいいでしょう(記録、メモは振り返る上で大切も大切も大切です)。YouTubeだけでなくっても、動画や音源を手に入れるのコストは10年前と比べれば格段に安くなってますから、どんどんやって行くといい。

 

うまくなるのって、そういうちまちました積み重ねナンボの世界です。やりはじめたらけっこう楽しいと思いますよ。あの時点であの話をふってたから、のちのち生きたなんて、よくある話で。

 

以上、話す力を鍛える、向上させるコツは、話題に対して聞いている人との情報量の差に敏感になることでは?会話が苦手、焦る、頭が真っ白対策にもという話でした。

 

 

関連→人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

 

関連→イベント・企画・広告、仕事。人を集める方法やコツ。ネタを収集できると想像してもらえるか。期待できる言葉や文章。ビートたけしさんの連載から考えてみた。

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

iPhoneを、スマホをとうとう買う。ガラケー卒業。ケースは手帳型かな、アプリどれどれ、ほうタッチパネルだよ。万歩計ついてるの!ゲームはやらないかな…

博多アラモード/五木ひろしのYouTube動画も良く、夜明けのブルース同様カラオケで歌ってる話。楽曲ダウンロード。作詞作曲・レーモンド松屋

セブンイレブンのそこそこうまい、値段手頃なたこ焼き。ソースとマヨネーズの容れ物は、ディスペンパックに戻してほしい【コンビニ】。冷凍のもいいのだけど……

 

 - 落語 , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

落語家柳家小三治さんが塩、オリーブオイル、ハチミツを持ち歩くエピソードを見て、気になってた。パキスタン「ヒマラヤ岩塩」◎ネタクリップ

大好きな落語家、柳家小三治さん。柳家小三治さんが、食塩、オリーブオイル、ハチミツなどを持ち歩いているエピソードをテレビで見てて「おもしろいなぁ。自分も、柳家小三治さんみたいに食塩持ち歩いてみたいなぁ」と思ってました。馬券に食塩振りかけたら当たるようになるかもしれませんし(なんじゃそら)。記事にある、パキスタン「ヒマラヤ岩塩」が面白い。たかだか塩という人もいるかもしれません。しかし、塩は毎日どこかで口に入れるものには関わっているもので、そのあたりをいろいろ知ってると楽しくなるだろうなぁと思ったり。柳家小三治さんのように、オリーブオイルやはちみつまでは持ち歩かないにしても、お気に入りの食塩であれば、どうにかできそうですし。

落語のおすすめ、柳家小三治・芝浜より。自分でそうかと気づける強さはすばらしい。教訓とまで言うとおおげさだけど

落語のおすすめ、柳家小三治さんの芝浜の話。芝浜は有名な人情話で、大晦日が登場する話。師走になると耳にする回数が増えます。落語でおすすめする話のひとつ。様々な落語家の芝浜がありますが、柳家小三治さんの芝浜が好きです。柳家小三治さんの芝浜に登場するあるセリフが良いのです。財布を拾うところでもなく、夢になるといけねぇでもなく。落語の中盤すぎ、話に加速度がついて大晦日へと続く発端部分。自分でそうかと気づける強さはすばらしいと。まあまあ、教訓とまで言うとおおげさだけど……。