競馬レース映像分析

ハヤヤッコ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

ハヤヤッコ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

 

ハヤヤッコ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

ハヤヤッコ(キングカメハメハ産駒)。

 

前走レースの競馬成績に特徴あるなと、気になった馬。

 

2019.5.12 東京競馬場9レース・青竜ステークス・ダート1600m。3着。

 

次走、レパードステークス(G3)10番人気1着。単勝・2400円 複勝・580円になりました。

 

コーナー増の距離延長。

 

ハヤヤッコの馬券になる前走レース内容を映像動画分析・回顧いたします。競馬の内容から不利、気性や性格、調子、状態がレースに出ていればそれもコメント・評価して行きます。また、強い、強すぎる点、不安点、敗因に繋がりそうな競馬もレース映像分析から探ります。

 

スポンサーリンク




ハヤヤッコの成績・戦績

新馬戦(デビュー・三浦皇成騎手)3着→未勝利戦(ルメール騎手)1着→

アイビーステークス8着→もちの木賞4着(ダート替わり・浜中俊騎手)→

3歳500万下(マーフィー騎手)2着→3歳500万下(武豊騎手)2着→

3歳500万下1着→青竜ステークス8着→レパードステークス(田辺裕信騎手)1着

ポルックスステークス2着→アルデバランステークス(川田将雅騎手)10着→

総武ステークス(ヒューイットソン騎手)2着→

平安ステークス(斎藤新騎手)12着→アハルテケステークス10着→

BSN賞3着→ラジオ日本賞(内田博幸騎手)5着→ブラジルカップ1着→

東海ステークス6着→総武ステークス3着→マーチステークス5着→

ブリリアントステークス8着→スレイプニルステークス1着→

シリウスステークス10着→ブラジルカップ4着→

ベテルギウスステークス(坂井瑠星騎手)9着→東海ステークス(池添謙一騎手)14着→

 

今回はレパードステークス1着の前走、青竜ステークスのレース映像分析をいたします。

 

どことなく冷奴を食べたくなる馬、ハヤヤッコ(ほんとかいな)。かわいい白毛馬でもあります。ハヤヤッコのマグカップ欲しい。グッズのイラストがかわいい。

 

スポンサーリンク




厩舎、馬主、生産者など

性別 牡馬

毛色 白毛

生年月日/誕生日 2016年2月10日生まれ

レース時年齢 3歳

調教師 国枝栄厩舎(美浦)

馬主/オーナー 金子真人ホールディングス

生産者 ノーザンファーム

セリ取引価格

馬名の意味/名前の由来 速くて白い

 

ハヤヤッコの全成績・過去の戦績や現在の近況。次走のレースの出走予定、動画、パドックや馬体診断や掲示板はネット競馬などからご覧ください。

 

ハヤヤッコ(キングカメハメハ産駒)血統面

ハヤヤッコ(キングカメハメハ産駒)血統面

ハヤヤッコ(キングカメハメハ産駒)の血統面

 

父親・キングカメハメハ

母父・クロフネ

母母父・サンデーサイレンス

母母母父・Topsider

母母母母父・Star de Naskra

 

兄弟馬

ピオノノ、モロキニムーン、マシュマロの2020など。

 

スポンサーリンク




ハヤヤッコの前走内容【成績から特徴傾向ピックアップ】

ハヤヤッコの前走内容【成績から特徴傾向ピックアップ】

2019.5.12 東京競馬場9レース・青竜ステークス

 

距離 ダート1600m

枠番馬番 3枠3番

武豊騎手(斤量56キロ)

単勝オッズ 18.9倍

馬体重 464キロ

馬場状態 かなり乾いた良馬場

前走時脚質 差し馬

 

調教 最終追い切り

美浦W 稍重 67.0-52.0-38.1-13.3<5>一杯に追う

 

動画回顧×レース映像分析

動画回顧×レース映像分析

 

スポンサーリンク




ハヤヤッコ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-まとめ

次走、ハヤヤッコはレパードステークス(G3)10番人気1着。単勝・2400円 複勝・580円になりました。

 

2019.8.4 新潟競馬場11レース レパードステークス(G3)

 

距離 ダート1800m

枠番馬番 4枠6番

田辺裕信騎手(斤量56キロ)乗り替わり

馬体重466キロ

タイム・時計 1:51.3

馬場状態 かなり乾いた良馬場

今回脚質 追い込み馬

 

コーナー増の距離延長。

 

ハヤヤッコの前走、青竜ステークスは不利枠3番スタート。発馬決めて、軽く促しつつも押さえつつ中団あたりから。ペースは少し遅め。道中はインベタではなく、少し外目を軽く促しつつ追走。距離ロスは少し抱えて回る。直線は、追い続ける進路が微妙に確保できなかったのか、ムチ入れしつつ伸びを見る追い方で強くは追ってないままゴール。ハヤヤッコ8着。上がり3ハロン36.1秒。

 

直線の追い方をどう判断するかがポイントかと。

 

ムチを入れて手綱が全く動いてないわけではないので「追ってない」わけではないものの、アクションとしては軽いシーンが直線続いた。それでもハヤヤッコは少し遅めのペースから上がりは36.1秒と速い上がり。枠順がもっと外で前が壁気味にならない状態で直線を迎えてれば、強く追って着順は上だった可能性はある。

 

以上、ハヤヤッコ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-という話でした。

 

スポンサーリンク




競馬おすすめ記事

競馬の一番人気複勝率、確率約65%飛ぶ35%。2番人気3番人気4番人気と割合変わるが…

競馬で回収率高く計算できるデータがあっても、馬券の成績がイマイチな理由

競馬の天才雑誌発売日は毎月13日。カレンダー見てたけど、コンビニで勘違い-旧競馬最強の法則-

馬の耳の感情。絞る立てる伏せる。競馬のレース映像分析に使えないかと考えたが

パークマンサー軟式globe。5歳まで馬に育てられたと学校へ行こうで告白

卍氏の競馬。指数に興味ないがブログ発見。作り方や方法には興味

競馬の複勝とはオッズの見方を勝ってる人に近づける馬券-買い方-

競馬予想の馬券収支ノート発掘。初心者の頃、書き方作り方簡単に買い方記録【最初の万馬券】
 

スポンサーリンク




-競馬レース映像分析
-, ,