お金を稼ぐ

アイデアのつくり方の本。ネタの組み合わせ、意味。方法やコツの考え方。石を売る、石の集め方。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事、工夫、お金】

更新日:

a0007_001931_m

 

アイデアのつくり方の本。ネタの組み合わせの意味、方法やコツの考え方を、石を売る、石の集め方に見る。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』

『アイデアのつくり方』(ウェブヤング)はとっても薄い本です。

 

アイデアをどう生み出すのかについて書かれた本では筆頭の内容でしょう。意味のありすぎる、方法やコツの考え方について書かれています。

 

既存にあるもの(ネタ)を組み合わせるところにアイデアがある。この話は有名なセリフです。

 

スポンサーリンク




石を拾って、価値をつけて売る。生活するアイデア、つげ義春『無能の人』

つげ義春『無能の人』は、石を拾って売って生活しようとしたことが登場する漫画です(説明が大雑把ですが)。価値のある石を拾い、露天で売るという。

 

これもアイデアです。うまくすれば、お金になり仕事になります。

 

石を売る。

 

石に価値を組み合わせるアイデア。

 

集めた石に名前をつけて展示するアイデア、石の集め方、秩父珍石館

秩父珍石館は集めた石に名前を付けて展示してある博物館。

 

こちらも石に面白く名前をつけ、それを展示するというアイデア

 

この3つなどを参考にして、お金を稼ぐネタの組み合わせや、アイデアをうまく活かす方法やコツについて考えてみました。

 

仕事に関わる工夫、好きなことを仕事にする話など。

 

スポンサーリンク




石を拾って売るアイデアと、石を集めて面白く名付けて展示するアイデア

石を拾って、売る、つげ義春『無能の人』。石を集めて、集め方を工夫して、名付けて展示する秩父珍石館。

 

ネタの組み合わせ方、意味をウェブヤング『アイデアのつくり方』と関連させてみます。

 

面白い石を集めて展示するアイデア「秩父珍石館」。ネタの組み合わせ方

日刊SPA!に掲載された、“人面石”に取り憑かれ、集めに集めた900個!「秩父珍石館」に驚愕という記事を読みました。

 

「埼玉の秩父に、絶妙なクオリティの博物館があるんです」(東京近郊の珍スポットを紹介する「東京別視点ガイド」管理人の松澤茂信氏)という。それが「秩父珍石館」だ。

 

『タモリ倶楽部』や『中居正広のブラックバラエティ』にも登場した知る人ぞ知る存在である。

 

初代館長の故・羽山正二さんが、50年間集めに集めた珍石・奇石を約1700個展示している。中でも、圧巻なのは「夢のお告げ」で集め始めたという「人面石」。なんと、1700個中900個が人面石という力の入れようだ。

 

石の集め方のアイデアひとつで石の博物館

「漫才師」とか「スカパー」とか「ちびまる子ちゃんの野口さん」と名づけられた石たちの写真。

 

見ていますと、名付けのセンスといいますか、面白い。

 

似てる、似てる。名づけられたことでイメージが沸き、石が意味を持ち始めます。素晴らしい、アウトプットアイデア。工夫ですね。

 

スポンサーリンク




石に名前を付けることで、現れて来るものはアイデアの醍醐味のようなもの

なぜ、名づけられるのかというと、名付け親がそのことを知っていて、組み合わせることができたから。

 

インプットありきということです。

 

アイデアに関する工夫というのは、知っていることを増やすところにもあるのでしょう。人間知らないことを使って選択することは困難です。ネタを組み合わせると言っても、知らないことは組み合わせられない。アイデアになって行かない。

 

方法やコツになって行かない。

 

石の集め方を考えて名付けられた展示。

 

「言われてみると!」

「いや、それは違うんじゃ?」

「えええ?」

 

面白い。石ひとつにも、たくさんのネタの組み合わせあり。

 

話を膨らませる補助線はあるのです。ボケ・ツッコミシャレ・ジョークになる要素はあると。

 

これって、石の模様や形 + 名付け = 発見 という公式。アイデアそのもの

発見はネタ化と言ってもいいものでしょう。人間はネタを欲します。アイデアを欲しがります。

 

これは、簡単にできそうに思えますが、意外と簡単にできることではない。

 

たくさんの石を見つけて行く中で、アイデア化される感覚、アイデアの考え方、出し方が鍛えられていったのでしょう。

 

お金を稼ぐ仕事や方法の参考に。商売とアイデアと工夫。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』感想

 

プロポーズにリングケースのアイデアひとつ。おしゃれで薄型で小さい、結婚指輪を見せるタイミングの演出に使える?失敗の可能性減?あとは、言葉と相手…。

 

ガリガリ君を使うネタ。うまいと思った、当たりなアイスアイデアとは。ソーダ味がコーラ味がちょっとしたイベント化する?◎ネタ

 

スポンサーリンク




アイデアのつくり方は組み合わせから。笑っていいともでやっていたそっくりさんのコーナーの方法

関根勤さんが、笑っていいともでやってたコーナーに、登場する素人さんにあだ名といいますか、一言さくっとコメントを言うものがありました。

 

そっくりさんかどうかということがメインなコーナーではあるんですが、

 

カラオケの十八番は、八代亜紀『舟歌』です。2日前にカラオケで歌いました」だったり、

 

「マイブームは、たらこくちびるです。最近いいものに出会いません」だったり、

 

「2週間前に、ルービックキューブで徹夜しました」だったり、

 

そういう感じのことを登場してきたときに言う。関根さん、思い浮かんだことをおっしゃってるのだとは思いますが、これまた「知っていること」を組み合わせてる。意味を持たせてる。

 

関根さんの比喩っぷりがアイデア素晴らしかった記憶があります(それだけのDVD作ってほしい)。

「秩父珍石館」に展示されてるものは、それの「石」バージョン。

 

「あの石、スカパーっぽくね?」

 

こちらもネタ化できる、ネタが頭にないとできない技です。ちょっとした小話、ストーリーを作ると言いましょうか。ネタから転じて意味を持たせてます。

 

Wヤング言うところの、アイデアは既存にあるものの組み合わせ。まさにそれを見ている感じがしました。

 

石の集め方から、アイデアの作り方を見たというわけです。

 

アイデアのつくり方

(↑とっても薄い本ですけど、名著。ジェームス・W・ヤング『アイデアのつくり方』)

 

 

石を集める+アイデアで思い出したのは、つげ義春『無能の人』。お金を稼ぐネタの組み合わせ【石を売る】

秩父珍石館の記事を読んでて、石を集めるということろから、つげ義春『無能の人』を思い出しました。

 

つげ義春『無能の人』は、石の集め方というより、石を売るアイデアです。

 

スポンサーリンク




無能の人は、多摩川で値段のつきそうな石を探して、多摩川で店を開いて売るというところから始まる、漫画です。漫画ですけど、石を売るのは生活のアイデアであります

浅く考えてみても、石を拾って売れるなんてことは考えられないのだけど、主人公はこれをやめられない。

 

珍しい、金になる石があると、あると。つまり、そういうレアなものは売れるぞと。商品になるぞと。石を売ることは可能だと。

 

夢見ちゃう。夢見ちゃうんですね。

 

 

『無能の人』を貸してくれた人が言った、石が売れないことと、自分の好きなことを組み合わせてみるという話。お金を稼げなかったとしても?

『無能の人』を読んだのは、18歳くらいのときだったかと思います。

 

とある人が貸してくれたんです。

 

自分のやりたいこと、アイデアがいつまでもうまくいかない

こんなことを言って、貸してくれました。

 

「この漫画の主人公はね、石を売るんだ。川から拾ってきてね。でも、売れない。とにかく、売れない。でもね、石を探してきて売るんだ。オークションに出品したりね。

この石を売るってことをね、君のやりたいと思うもの、好きなことに置き換えて考えてみるといいよ。うまくいかない状況が長く続いたとしても、やり続けられるかな?」

 

10代の終わりの頃に言われるセリフにしてはシビアです。

 

当時したいこと、やりたいことはあったといえばありました。でも、それは薄っぺらいもので似非ていたと言っていいかと思います。

 

それは、何か商売をすることでした。

a0006_002559_m

 

スポンサーリンク




「石が売れなくっても、アイデアが受け入れられなくても、好きなことを続けられるかどうか」を頭において、無能の人、読みました

無能の人、うん、なんとも言えない気持ちになりました。いいアイデアがあったとしても、いつ花開くかわからない。石を売る。自分の方法やコツ、考え方から派生したものを売る。

 

けど、

 

石が売れなくって、お金にならず、稼げず、駄目で駄目で、駄目だったとしてもやり続けられるのかって。好きなことを?

なんとも言えない気持ちの何割かは、男と女のやりとりでイマイチわからないところのモヤモヤでありましたが。

 

今35歳になって思うのは、10代の終わりに読んでよかったなぁと。漫画やアニメにあまり触れないできてる中で、読んだ数少ない漫画のひとつ。

 

アイデアのネタ、組み合わせが良かったとしても、意味の見せ方がイマイチで伝わっていないこともあります。工夫が足りないと言いましょうか。そこにもアイデアを生む必要はあるわけです。腑に落ちるアイデアが。

 

重要だったのは『無能の人』を貸してくれたときのセリフ。自分のアイデアに耐久力があるかどうかのリトマス試験紙になった

これがなかったら、あまり記憶に残ってないですよ。「おもしろいよ、この漫画」と言われて、貸してもらっても読もうと思ったかどうか。

 

言い方が悪いですけど、自分にとって『無能の人』という漫画は、自分の好きなことややりたいこと、そのアイデアとどうつきあっていくのかについてのリトマス試験紙的な感じがありました。

 

方法やコツ、考え方にどう耐久力をつけるのか。

 

自分のやっていることを、アイデアを好きなことを他人から認めてもらえなくても、やり続けられるかっていう点において。お金を稼ぐ組み合わせだったとしても?

その状況をどうすれば脱却できるのかという点において。心持ちの問題であります。



ルーチンワークっていうものがありますが、自分、そういう日々繰り返すものにあまり飽きないところがあるんです。

 

もう半年くらい、朝は月見うどん食べてたりします(意味違うか)。

 

やりたいと思っていることを淡々とこなすのが苦ではないのは、この本の影響からもありそうです。

飽きないというのは大切なことです。アイデアをつくる上で大切なことです。

 

信頼関係の築き方は、仕事、恋愛、男女問わず繰り返しの行動が意味を持つ。発展も修復もコミュニケーションから

 

a0002_007420_m

 

スポンサーリンク




好きなことを仕事にしてうまくいった理由とアイデア

「やりたいこと=好きなこと」という公式があります。やりたいことは好きなことであり、それを仕事にというわけです。

 

実際、好きなことを仕事にできてる人っています。

 

願望の数と叶った数において著しく差はありますが。

 

数少ない、成功したひとたちが「好きなことを仕事にするといいよ、うんぬん」と、他の人へすすめるているときに、欠けてることがあるんです。

 

「好きなことを仕事にできて、稼げている理由」

です。お金を稼げてるカラクリです。全部言う人はいないと思いますが、仕組み、からくりはあります。お金を稼ぐところには。

 

どうして好きなことを仕事にできているのか? という根本的な理由です。

 

「楽しく元気に仕事をしてるからよ〜」ということじゃなくって、なぜ故にお金が入ってくるのかという、どちらかといえば下世話なこと。

 

仕事と収入は密接な関係にありますから。

 

エッセイを書く。コンテストで賞もらう。エッセイストになる。仕事、印税で暮らす。面白いネタならある。無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろ

 

「好きなことを仕事にできて稼げてる」。その理由、答えは単純なことだと思う

答え、それは、

 

「需要がけっこうあることなのに、供給が著しく少なかったものが、好きなことだった。アイデアの中にあった。お金を稼げる仕組みだった」

ということ。

 

このパターンってけっこう多い。

 

アイデアの組み合わせがよかったということです。アイデア作り方がよかったということです。

 

狙っていけたのか、たまたまだったのかは、その仕事によりけりでしょう。

 

パターンにハマっていたものの、お金を稼げる仕組み、方法、コツと気づけなかった人たちを一発屋と言うんだろう

パターンに気付ける人はどんどん大きくする手綱を確実に握っています(だから、イケイケドンドンになりにくい)。

 

うまくいったことを、需要と供給のかかわりにまで視点を下ろせてるかどうか。

 

Aをして、Bをしてうまくいった。さて、それはどういう感情の流れがあってなされたのか? 他に応用は可能なのかというところにまで話が行くのか。

 

そこまでできてるほうが、のちのち楽になると思うんですよ。

 

自分なりの必殺技が見つかったのは、お金を稼ぐネタの仕組み、方法、コツを見つけたと言うこと

好きなことを仕事にしてて、他人にすすめるのはいいのですが、うまくいった「からくり・仕組み」は伝えたほうがいいと思うんです。

 

余計なお世話だとは思いますが……。

 

「石が売れなくっても、好きなことを続けられるかどうか」を頭に置いて、『無能の人』を読んだほうがいいよと言った人は、一発屋になるなよという視点もあったんだろうと思います。

 

文章がうまくなる、面白い内容になる基本的なコツ。知っていることやネタを増やすこと。濃い・薄いの感覚把握。書けない、思いつかないの原因

 

失敗談を話す意味はある。仕事や恋愛、お金、人生の例。信用できない、信用されない大人。思いつかないのは…【笑える面白い競馬ネタ】

 

アイデアの需要と供給のバランスと、好きなことを仕事にすること

需要があるけど、供給もあるものを好きで仕事にしてゆくのはけっこうしんどい。パイの奪い合いが激化してるところに、好きとはいえ突入していくわけですから。お金になるアイデアの組み合わせも出尽くしていたりする。

 

ゆえに、好きでなくなる可能性も秘めているわけです。とても嫌なことですよ。ほんとに。

 

需要があって、供給されるところには承認もある。アイデア次第でお金も稼げる

需要があって、供給もあるところのほうが、承認されやすいっていう側面もあるのでしょうが、余程のことでも無い限り、承認されてもその余韻は短くなるのでは。

 

これは余談ですけど、路上ミュージシャンの歌う曲、カバー曲を聞いてて、「なーんで似たり寄ったりな選曲するんだろうなぁ」ということだったりします。

 

揃いも揃って、中島みゆきの『糸』歌ってる場合かー、と。

あっ、愚痴になっちゃいましたけど、いや、中島みゆきさんの『糸』、いい曲ですよ、名曲ですよ。縦も横も大切ですよ。

 

でもですね、誰も知らない曲だろうけど、すんごくいい曲見つけてカバーしたほうがいい。カバーをするのなら、そういう曲織り交ぜたほうがいい。

 

誰でもかれでも知っている名曲をカバーしないと、歌ってる側が安心できないというのは、どうでしょう、全てが全てとは言いませんが、力が伸びていくものでしょうか。

 

ものすごく有名な人の選択としてはアリと思いますけど、無名な人の選択としては厳しいものでしょう。

 

いい曲を聞きたいと思っている需要に、あまり知られていない曲を供給する部分を作るってことですね。供給って言うと偉そうですけど。

 

「その曲、自作のものですか?」って聞かれるくらい、マイナーだけどいい曲を探してくるとか。

好きなことを仕事にしてゆくというのは、人気馬が勝つことではなく、たいてい穴、大穴のたぐい。

 

「好きなことをして、私は人気馬になれるー」って、勘違いするところから悲劇がはじまるんですよ。

 

面白い芸人の人気の流行があっても、言葉の応酬ネタでウケを取るより、完全な漫才コントで笑いを取るほうが強いんじゃないかと思った話

 

話す力を鍛える、向上させるコツ、方法は、話題に対して聞いている人との情報量の差に敏感になることでは?会話が苦手、焦る、頭が真っ白対策にも【仕事】

 

a1180_005925_m



石を売っている『無能の人』の主人公のアイデア

無能の人の主人公は、石が売れるというアイデアの需要はあまりないのに供給はできるぞと勘違いした。

 

ある程度のところで引き返せれば、傷も浅かったのだろうけど、それもしなかった。猛進。

それは悲劇ですよ。競馬でもちょいちょい見かけますけど(自分もやってしまうけれど)。

 

そこで大事なのは、ちょこちょこ気付けるかということでしょう。『アイデアの作り方』から考えると、自分が変な方向に進んでいないかという組み合わせを見つけられるか。

 

そのための組み合わせの仕入れを日々しているかどうかがポイント。知ることって大切ですね。

 

そんな中、需要はけっこうあると見込めるのだけど、供給できるところまではまだいかないかもしれない。研究材料。試行錯誤がみつかるといいのだけど。

 

「石を見せる」という行為ひとつでも、見せ方ひとつでガラッと変わる。組み合わせ方ひとつでかわる。そこに常に介在しているのは、「需要と供給」である。

無能の人の主人公が、石を面白く例えてお金を稼ぐようになることもあり得るということです。組み合わせて気付くアイデアを見つけられれば。

 

それに気づかせてくれた、つげ義春『無能の人』はすごいなぁと思います。

 

無能の人・日の戯れ (新潮文庫)

 

以上、アイデアのつくり方の本。ネタの組み合わせ、意味。方法やコツの考え方。石を売る、石の集め方。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事、工夫、お金】という話でした。

 

プロフィール(アイデアの作り方の本は名著中の名著。ネタの組み合わせなんだなと語る、たけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(あまり人に教えたくない本ですよ。アイデアの作り方、と囁く、たけたけっとは? まとめ)

石を売る、石の集め方のアイデアで意味が変わるんだなとしみじみ、たけたけっのTwitter

 

レース映像のどこを見ればいいのか? 馬券の狙い方紹介します

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜」noteにて書きました。

 

5年6年と遊びにも行かず、飲みにも行かず、レース映像の分析、研究をしてきた中から「わかりやすいレース映像の視点、見方」をまとめました。

 

参考になる競馬本が少なかったこともあって、散らばっているネタを組み合わせてアイデアにして行くのは意味のあることでした。自分なりの方法やコツを作り上げていくことができました。その話も書いてあります。

 

競馬予想本で類書がなかなかないファクター本となっています。

 

「あなたは、レース映像を見て競馬予想することが可能なのを知っていますか?」

 

最初の15000文字ほど好きなだけ読むことができます。ご覧くださいませ。

 

アイデアネタのおすすめ記事などはいかがでしょう

付箋、ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

書斎は、机、椅子、照明、インテリア、レイアウト大事。しかし、集中できるアイデア、スペースがあれば……イメージでかっこいい感じに【読書】◎ネタ

ハンガーが、おしゃれな、インテリア収納になる? 洋服をひっかけて吊るすんではなく、アイデアと工夫でくっつける時代に。高級だけど…◎ネタ

役に立つ資格を取得するのは大事。就職、転職に強みになったり。より使える状態になるなら、詳しく知ってることと組み合わせること。アイデア

ダイエットして、16キロお腹痩せた。腹巻きも1日1食と組み合わせて効果あり、おすすめアイデア。ぶかぶかになってきたので、新しいの買わないと!

現金プレゼント当たるキャンペーンするための、場所じゃないぞ俺の部屋は。現金つかみ取り大会の会場でもないぞ。コツ?お金は自分で稼げーっ

人を集める方法やコツ。イベント、企画、広告、仕事。ネタを収集できると想像してもらえるか。期待できる、言葉や文章

株式投資とは何か。基本、基礎の考え方。大前研一さんの連載に見た。王道の知識なのだろうけど、初心者入門の身としては、名言であり納得【コツとポイント】

コミュニケーション能力がない、上げるコツ。向上、改善する、きっかけにおすすめな本。小西利行『伝わっているか?』。仕事に活かす鍛えるポイント

恋愛、告白、就活、営業「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」という、ことわざの意味を効果的に知ってる人はうまくいくコツ、方法、考え方をつかむ【お金、仕事、工夫】

おすすめ本レビュー【面白い作品】谷川浩司『集中力』。鍛えるコツ、高める、意味?メンタルに役に立つ知識エッセイ。棋士の日常

投げやり自販機が横浜にあるらしい。缶コーヒーや紅茶、ジュースを売るために安く激安にする以外に、購入までのネタを仕込む仕事はおすすめできる

文章がうまくなる、面白い内容になる基本的なコツ。知っていることやネタを増やすこと。濃い、薄いの感覚把握。書けない、思いつかないの原因

ブログのネタ切れ問題。解決する方法とは。競馬のことを書いて、約1日1記事計算で、ブログ1年経過。アクセス数は全然だけど、エックスサーバの契約延長!

『偏愛マップ』齋藤孝。やり方、作り方、書き方、簡単に自己紹介。項目、ネタ探し発見本。ルールに使い方も楽。仕事、ブログ、自己分析、合コン【コミュニケーション】

 

-お金を稼ぐ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.