ブログ

ブログ運営。継続するのに意味を持つ、文章にして書きたいことを書くとは。ネタ切れ、見つけ方【面白い、おすすめ、本】

更新日:

プロジェクトペーパー・サインペン赤黒・水性ボールペン赤黒・画像写真

 

ブログ運営を継続するのに意味を持つ、文章にして書きたいものとは、ネタ切れ解決策、見つけ方

ブログを継続して運営していくとき、小難しいことはいいんだよという話は理解します。おもしろいことを書いていけばいいと。

 

ブログに面白いこと、おすすめできることが書かれていると楽しいものです。

 

しかし「ブログに文章にして書きたいものとは」何か、意味について考えておくのは悪いことではない気がしました。

 

文章にしてブログに書きたいものです。ネタ切れしたり、ネタの見つけ方が見つからないというのは、どういうことなのだろうと。どういう意味なのだろうかと。

 

スポンサーリンク




ブログでアドセンスやアフィリエイトでお金を稼ぐまで行かなくても、コツとして覚えておきたい話。ネタ切れ、ネタの見つけ方

お金を得る、お金を稼ぐまで行ってないにしても、ネタ切れ解決策、ブログが続かない対策やコツの発見にもなるでしょうし、なんのためにブログを続けるのかわからなくならないためにもいいでしょう。

 

水を流す枠を考えると言えばいいでしょうか。ネタの見つけ方という枠ができれば、ネタ切れにも困りません。

 

ブログに何を書くのか? ブログに何が書けるのか? 文章にして書きたいものとは?

とてつもなく、根本的なお話でございます。ブログに文章を書く意味合いを探ると言いましょうか。

 

ブログに継続して記事を書いていく。そのとき「何を書くのか」。

 

ネタはどうしても必要です。今、こうしてブログ記事を書いていてもネタは登場する。そのネタたちを意味のある形でしりとりをするように文章を書いて行きます。面白いネタもおすすめのネタも。

 

ブログに「何が書けるのか」。

 

これって、重要な話だと思うです。

 

当たり前だろと言われれば、当たり前の話でありますが……。

 

ブログに何を書くか。何を書くか。見つけ方、継続して…なんのためにブログ?

たいしてアクセス数ないのに、生意気なこと言うなって? まあまあ…、まあまあ。

 

ブログに何を書くかなんで好きにすればいいじゃないか、と言われれば、それはわかります。どういうネタを書くのかは自由です。

 

書きたいものを書けばいいじゃないか、というのも、わかります。

 

スポンサーリンク




ちょーっと待ってくださいよ。この「ブログに書きたいもの」って、なんでしょう?

ブログに書きたいもの。ブログに書きたいネタ。

 

書きたいものを書けばいいじゃないか、気兼ねなく書けばいいじゃないか、っていうのはおっしゃる通り。正論です。

 

だけど「ブログに書きたいものを書く」。それはそれは自由すぎて,行動しにくいところがある

ふっわふわしてるんです。感覚として。ブログに書きたいもの、ネタを書く。書きたい記事を書く。つかめているようで、つかめていない。

 

もうちょっと、具体的につかめる取っ手を作りましょう。

 

「書きたいもの」を書けばいいよって言われて、どんどこ書ける人って、そんなにいないと思うんですよ。

 

ブログを書き続けられないリズムが刻まれてるように思えます。面白いブログネタになるのはどうしてだろうか?

 

スポンサーリンク




ブログを書くとき、自由禁止! 面白いネタ、意味を持たせるために、自由禁止! ネタ切れ解決策!

人はルールがないと、どう考えればいいかがわからなくなる。たとえば、自由に面白い絵を描けと言われても、大きさや、場所や、目的がなければ途方に暮れるだろ? それよりも、この画用紙に、鉛筆だけで、人が笑顔になる絵を描けと言われた方が、アイデアを考えやすい」(208p)

 

ルールがあれば、考える「とっかかり」ができるんだ。ルールの中でどうやるか? その制限をうまく切り抜けたり、それを壊すこともできる。ルールはある意味「常識」だから、それをひっくり返そうと考えれば「常識を超えたアイデア」になる」(209p)

小西利行『伝わっているか?』(宣伝会議)より

 

ブログ運営を継続していく、ルールととっかかり。これです。言い換えるなら、ネタ、お題。

この感覚は、ブログを続けていく上でかなり大切なことかと思います。

 

誰も見ない、誰もこないブログから卒業するためにもコツとして効きそうな話です。

 

どんなネタを書き続けて行くのか、ブログを書き続けていけるのか。

 

自分のブログの「ネタ、お題」は、競馬予想、古本、コント漫才の台本、カラオケ

自分のブログで言いますと、競馬古本漫才コントお笑いの台本カラオケあたりのことを書くゾ〜というルールがあり、とっかかりができてるということになりましょうか。

面白い形で、ブログでおすすめしていければ最高と。

 

まだまだアクセス数は全然ですよ、あと1年2年してからそれなりの数になればって思ってますけど……。

 

スポンサーリンク




競馬予想をブログに書くなんて、お題、ネタ、文章にして書きたいもの、とっかかりそのものですよ

競馬予想についてブログにあれこれ書いてます。書きたいものだから書いています。書きたいネタだから書きます。

 

馬券になる馬はどの馬か、出走馬の中から選ぶ(=ルール)。この18頭だよ(=とっかかり)。選んだ馬はどうして選んだの?(=ブログに書くこと)」。

 

ネタを知らないとブログに書けないわけです。面白いも、おすすめも書けません。

 

ブログのネタ切れ解決策、ネタの見つけ方

ブログのネタ切れ解決策、ネタの見つけ方というのは、単純に知ってるものを増やすところから始まります。

 

文章を書くのは意味のあるしりとりのようなものですから、面白いしりとりをして文章を書いていけるネタを読書するなり、雑誌読むなり、出かけるなり仕入れまくる。単純明快に行って、それだけだったりします。

 

知らないことを使って文章は書けません。意味のあるしりとりはできません。

 

スポンサーリンク




とっかかり(ネタ、お題)があると、見なくって済むものがたくさん出てきます。

あれも、これも、それもをとりあえずひとつずつやりましょうかルール。

 

ブログを書いて行く際、目移りしなくってよくなります。確実に困惑度が減ります。

 

違う言い方で言いますと、ブログを運営して継続していく方向性と言いましょうか。

 

今、流れているカラオケ(=とっかかり、お題)を歌う(=ルール)。どう歌うのか(=ブログに書くアイデア)、と言ってもよいかと思います。

何を書いてゆくのかルール。文章にして書きたいものは何かルール。

 

3日に1度は更新するなどのルールと合わせるのも手ですね。

 

そのルールの中でアクセスが得られるネタなのかどうなのかはありますが……。SEOやアクセス数に関しては、これまたネタを仕入れてくればいいわけです。

 

人間、知っていることを使ってしか選択できない生き物ですから。知った上で取捨を決めればいい。

 

エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【文章・ブログ】

 

文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人。文章力や書き方の前に知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側・意識の違いについて

 

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

カラオケボックス・マイクを握る・画像写真

 

スポンサーリンク




文章にして書きたいもの=「書きたくなるもの」をブログに書く。大切なのは、面白い形で進行形になるかどうか。継続大事。

文章なり、イラストなり、動画なり、なんらかの表現をブログでするときに、当たり前ですけど、手や足、頭などが動きます。

 

ぐりぐりーっとか、カチャカチャーとか、ぽんぽこぽーんとか(なにやってんのかな……)。

 

動きたくなるものが内包されているから、表現するわけです。進行形になっているわけです。

 

つまり「書きたくなるもの」かどうか。

 

ただ、書きたいものを書くのではなく、書きたくなるもののネタやお題を設定して、ルールの元継続してブログを書いていく。

 

知っていること、ネタというのは進行形になりやすいです。文章を書いて、ネタの意味を使ってしりとりしたくなる。伝えたくなる。伝えたいことがあるんだと歌いたくなるわけです。

 

これ、知らないネタではそうはなりません。進行形にはなりません。意味のあるしりとりがうまく行ってるかわかりませんから。

 

ブログに文章にして書きたいもの=書きたくてしょうがなくなるもの(=表現したくてしょうがなくなるもの)かどうか。

と言いますのは「書きたいもの」では、ブログ、書けないんです。

 

書きたくならないとブログって、書けないんです。

 

「書きたいものを書けばいいじゃん」という言葉がほんわかとしている理由は、これです。

 

「書きたくなるものを、ブログに書けばいいじゃん」が正解なんです。

 

なんだか、禅問答みたいですけどね……。

 

努力は必ず報われる。努力は人を裏切らない。ことわざ、名言の意味とは。見返りアピールは方向性間違い。嘘に接近。成功、成長するとは限らない【仕事】

 

恋愛、告白、就活、営業。「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」という、ことわざの意味を効果的に知ってる人はうまくいくコツをつかむ【彼女、面接、転職】

 

ブログに「書きたいものを書けばいいじゃん」って言われるより、「書きたくなるものを書けばいいじゃん」って言われるほうがしっくり来ます。

「いくら人から言われても自分が気がつかないうちはどうにもなりませんが、自分でこうと気がついた日にゃこんな強いこたァない」(121p)

 

柳家小三治『小三治名席(芝浜)』(講談社+α文庫)より

 

書きたくなるものに自分が気づいたら、ブログは書けるんじゃないか? ネタ切れ解決策。ネタの見つけ方もより考えられる

書きたくなるネタに気づけないから、ブログを書きたくなくなるんじゃないか?

 

書きたくなるネタを集めれば、面白いネタ、おすすめなネタも見つかるんじゃ?

 

なんのためにブログ続けるのかわからない、そんなことは思わなくなる。

 

その気ってヤツですね。

 

日頃どういうことを仕入れて行ってるかで変わるものでしょう。本を読むのは基本で。

 

ブログに継続的に書き続ける上での、ネタ、種、ネタ、種。

10年くらい前だったか、ゴシップ雑誌の編集部が舞台の芝居を観ました。どんな内容だったのか、すっかり忘れてしまったりしてますが、編集会議のシーンは覚えてる。

 

こんな感じのセリフが出てくる。

 

「ネタは種なの、種はネタ!」

 

そうなんです。書くためにはネタがいるんです。寿司屋でシャリだけ握られても困ります。

 

大トロ、中トロ、エンガワ! いや、イカでいいっす……、1粒だけ、いくら乗せてください……。

 

これはブログに限らないんでしょうけど、文章にして書きたくなるもの(表現したくなるもの)とは、書きたくなるネタが発端。ネタは種である。

種ということは、植えて育ってきたもの。育っているのが見えるから、ブログに文章にして書きたくなる。

 

「あの果実を見るとこんな感じになって、とか、あの花は昼間になるとこうなってね……」という具合。

 

今、こうして書いているものも、そんな具合だったりします。本読んできたり、文章書いてきたり、なんやかんやしてなかったら、書こうとは思いませんもん。

そんなところから考えると、育ってない種はなかなか書きたくなるものにはならない。

 

ブログに書くネタ切れ問題も防げる。

 

書きたくなるものであると気づくことは大切も大切(いやぁ、ほんと当たり前といったら当たり前ですよ)。

 

育てている種は何か? ネタを集めてるものは何か。

 

自分は競馬や古本という種が育って、書きたくなるものとなっています。が、これ競輪だと書きたくなるものにはなりません。種を植えていないからですね。ネタ化してないんです。文章にして書きたいもの化していません。

 

ブログ記事を書いて、ネタを広げていくことは難しいわけです。

 

育てている種が、音楽だったり、旅行だったり、料理だったり、ニュースだったり、十人十色あれこれあります。

昔にネタ育ててたーみたいなものもあるでしょう。

 

そういうのは、ネタが寝てますから、起こせば良いかと(シャレでなく真面目な話)。その起こす過程をブログに書けばいいわけですね(ちょいと、お前さん、起きとくれよーって、芝浜かっ!)。

 

そうそう。罵詈雑言の類いも書く動機を考えれば、書きたくなることに気づく種が育っていたわけです。(小声で)育ったものを剪定するのも必要であったりするんですが……。

 

仕事でうまくいく考え方とは。成果を出し成功する、安定する。意味あるポイントは、知ること(インプット)と記録(メモ・ノート)をやめないところからという話

 

アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法や意味、コツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』

 

ブログに書きたくなってるものの、種の成長具合もまたネタ

書きたくなるものって、種の成長具合によるかと思います。

 

成長具合と言うのは、今までどのくらい、観たり読んだり触ったり喋ったり、描いたり……こなした数の多いものに左右される(良いも悪いも含めて)。

そんな種が成長したネタをブログの軸にすればいいと思うんです。

 

好きなこと、と言うよりも、書きたくなるネタがたくさんあるもの、思い浮かぶもの。まとまりやすいもの。

 

例えて言うと、このおかずがあればいくらでもご飯食べられますっていうネタ。いつまでも自分が飽きないネタ。

 

競馬予想はフローすぎるが、ブログに書くネタには困らない。ネタ切れなんて、この先たぶんない

競馬予想をブログに書くのがネタとしてイケるなぁと思ったのは、毎日レースがあるからです。

 

競馬をやりはじめてから年数で言うと5年も経ってないんですが、多少は知識はある。とすると、イクラデモカケルジャンと。

 

ネタの見つけ方というと違いますが、知っていることがあることは発端になっています。

 

ただ、競馬予想はフローすぎるので、ブログでアクセス数をとなるとしんどいところはあります。

そういうところは、記事数とか経過年数で改善されるかと、読んでます。

 

実際に毎日のようにブログに競馬予想を書いて、上位表示されている人もいますし(相当な数書かれていますけど)。

 

古本は、数年前に一度大々的に処分したということもあって1から買っていく楽しみもあって、購入記録をつけています。

 

ダブりを防ぐために、書いておくといいかなという面もあります。もちろん読みます。

 

成長具合がまだ低いのであれば、低いなりにブログ書き方というのはあると思います。

種を育てて行く過程もブログひとネタ、ふたネタ。恥ずかしがってるのも、ネタネタ。

 

もし、「たくさん見てるのに、ネタになるようなものがない」というのであれば、それは「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」の害からだと思います。

 

桃屋 ごはんですよ! お徳用 390g

↑「ごはんですよ」って、お徳用ってあるんだ!

 

ブログ運営を継続するのに意味を持つ、文章にして書きたいものとは何か まとめ

ブログに書きたいものではなく、書きたくなるものを探せ。ブログに書きたくなるものは、自分の知ってきたネタが発端。

 

ブログ運営を継続する意味のあるコツは、文章にして「書きたくなっている」ネタを育てるところにある。

 

そんなブログに書きたくなるネタは、どこから来るのか(キョロキョロ)。

 

書きたくなるネタというのは、自分がいままでたくさん触れてきたものから来る。

種を育てたところから。時間をたくさんかけてきたものから来る。

 

そういうものでないと、文章を書く(表現する)ときにトントントントン進んでいかないような気がするんですよね。表現する行為というのは、「意味でつながっていく、しりとり」のようなもので、それがどのくらいの速度でできるのかは、ブログを続けていく上で最重要ともいえるでしょう。

 

いくらでもご飯が進むぞーこのおかずー、っていうシーンを思い浮かべてもらえれば、わかるかと思います。そういうときって、モグモグパクパク躊躇なく箸が進みますよね。うんめーっ! って。ご飯→おかず→うまい! 意味でつながっております。

 

テンションは上がるし、十中八九元気。

 

この感覚をブログにいかそうというわけです。

 

もちろん、たくさん触れて来たものであるネタが、ある程度整理されてる必要はあるんですが、ブログを書きながら整理するという手もあります。

ものは使いようでございます。

 

長くなりましたので、ここでお開き。

 

以上、ブログ運営。継続するのに意味を持つ、文章にして書きたいことを書くとは。ネタ切れ、見つけ方【面白い、おすすめ、本】という話でした。

 

学校で勉強した方法や技術が意味を持ったり好きになるのは、工夫して流し込む材料を探すようになったとき。うまくいかない要因でも?

 

 

プロフィール(ブログのネタ切れモードになったことがない、たけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(面白い本読んでるとネタの見つけ方はうまくなりますと語る、たけたけっとは? まとめ)

ブログ運営って面白いものでと布団に入る、たけたけっのTwitter

 

レース映像のどこを見ればいいのか? 馬券の狙い方紹介します

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜」noteにて書きました。

 

5年6年と遊びにも行かず、飲みにも行かず、レース映像の分析、研究をしてきた中から「わかりやすいレース映像の視点、見方」をまとめました。

 

暗中模索な時期もありましたが、面白いものです。レース映像。おすすめできるファクターです。走ってる馬たちをどう文章かして行くか、意味をどう考えるか、ネタを探すかは醍醐味になりました(結婚という文字が遠ざかりましたが、競馬は面白い具合が増した)。

 

競馬予想本で類書がなかなかないファクター本となっています。

 

「あなたは、レース映像を見て競馬予想することが可能なのを知っていますか?」

 

最初の15000文字ほど好きなだけ読むことができます。ご覧くださいませ。

 

ブログ関連のおすすめ記事などはいかがでしょう

競馬予想、方法と復習。レース映像を見て、予想の仕方、やり方、コツ、ブログに書いて、穴馬券を研究

偏愛マップ、齋藤孝感想。やり方、作り方、書き方、簡単に自己紹介。項目、ネタ探し発見本。ルール使い方、簡単。ブログ、自己分析、合コン

卍氏こと馬券裁判男ブログの存在に驚く。競馬予想で指数に興味はないけど…。作り方や出し方、算出方法の細かい話が重要なので…

エッセイを書く。コンテストで賞もらう。仕事して、印税で暮らしたい。無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】

競馬予想家に自分は向いてない理由。馬券当たるのが好きでブログ、ツイッター書いてるだけ

競馬予想AI(人工知能)「Mamba(まんば)2nd season」の回収率的中率のツイート、ブログを読んでて危惧したいくつかのこと

吉祥寺ブックオフ→ジュンク堂と、本屋へ。染谷昌利『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』、佐藤雅彦『考えの整頓』、渡辺明『勝負心』などの本【読書はおすすめ】

読書ノートはおすすめ。作り方書き方まとめ方、簡単。ルーズリーフに本の内容手書き。めんどくさいものの、効果、意味はある。パソコンは使わない【ブログ】

文章がうまくなる、面白い内容になる基本的なコツ。知っていることやネタを増やすこと。濃い、薄いの感覚把握。書けない、思いつかないの原因

人を集める方法やコツ。イベント、企画、広告、仕事。ネタを収集できると想像してもらえるか。期待できる、言葉や文章。ビートたけしさんの連載から考えてみた

漫才コンビ、相方さがしています/募集する、mixiコミュになぜ入ったか。お笑い芸人、志望ではなく…。面白いネタ、台本書きたい。書き方、知らないで。ボケとツッコミ

競馬予想に使う、赤ペン、黒ボールペン。おすすめは、ぺんてる ノック式エナージェル 1ミリ。なめらかで書きやすい。にじまない、使いやすい。マークシートにも

 

面白い本のおすすめ記事はいかがでしょう

おすすめ本【面白い】森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想(朝日新書)

おすすめ本【面白い】茂木健一郎『芸術脳』(新潮社)。対談本。松任谷由実、リリーフランキー、いとうせいこうなど

おすすめ本【面白い】藤原和博『情報編集力―ネット社会を生き抜くチカラ』仕事、勉強、大切

おすすめ本【面白い】佐貫亦男『不安定からの発想』。人生と生活のエッセイ

おすすめ本【面白い】槙田雄司(マキタスポーツ)『一億総ツッコミ時代』aikoさんネタに笑う

おすすめ本【面白い】谷川浩司『集中力』。鍛えるコツ、高める、意味?

おすすめ本【面白い】『ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』クリスアンダーソン

おすすめ本【面白い】『経済は感情で動く。はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ。仕事も競馬予想も!

おすすめ馬券本【面白い】当たらない確率を下げるコツ?伊丹治生『勝ち切るための馬券心理学』

おすすめ本【面白い】片山洋次郎『骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門』

おすすめ本【面白い】丸谷才一『思考のレッスン』。浅い、深い、早い、遅い?

おすすめ本【面白い】浅田次郎『勝負の極意』。馬券師だった頃、競馬で飯を食べてた頃

おすすめ本【面白い】畑村洋太郎『失敗学のすすめ』。研究、分析して、方法や考え方を作って行く

おすすめ本【面白い】浅田次郎『競馬どんぶり』。馬券、予想のコツ、当て方ポイントてんこ盛り

おすすめ本【面白い】吉本隆明『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』。意味ある意図的引きこもり

 

面白い本のおすすめ記事などはいかがでしょう

おすすめ本【面白い】『考えよ! ―なぜ日本人はリスクを冒さないのか?』イビチャオシム。リスクをとる意味

おすすめ本【面白い】荒俣宏『0点主義 新しい知的生産の技術57』。読書の意味と、情報整理の方法

コントネタ、漫才台本「おすすめをまとめ切れない」。ボケとツッコミ、一人構成設定。お笑い芸人の方、面白いYouTube動画作りたい方

みうらじゅん「ない仕事」の作り方、感想レビュー。エッセイ集。競馬本馬券本として読める一面もあって面白い。おすすめ本

ダイエットして、16キロお腹痩せた。腹巻きも1日1食と組み合わせて効果あり、おすすめ。ぶかぶかになってきたので、新しいの買わないと!

重松清『その日のまえに』読書感想。おすすめ短篇小説「ヒアカムズザサン」。ガン告知を隠す、母と息子。テレビドラマ化、映画化された作品レンタルしたい

ウイナーズサークルへようこそ/甲斐谷忍、感想。馬券を買う側を描く、内容の漫画。競馬予想好きには、面白い。おすすめ

松屋、おすすめメニュー。カルビ焼肉定食に、生卵の食券を出す。うまい、美味しい、栄養たっぷり、アレンジ。女性バイト「卵だけ…ですか?」

古い競馬予想本、馬券本だからと言って、今は当たることがなく意味がないとは言い切れない。コツや考え方の発掘はおすすめします

『コーヒーゼリーの時間/木村衣有子』感想。喫茶店、カフェに行きたくなるおすすめ本。作り方もお店によって違う。面白い。東京千歳船橋、堀口珈琲気になる

読書量の平均、統計。多い人、少ないの質問、アンケート。面白い。本を読むのはいいこと。おすすめ。しかし、単純なインプット時間を質問してみては?

動物園に行きたい。デートでなく。リス、ペンギン…赤ちゃん。おすすめは吉祥寺、井の頭公園の自然文化園。入場料安いし面白い

プラレール。YouTube動画のおすすめ?ビー玉転がしな、面白い遊び方紹介?新幹線もびっくりな速度

 

-ブログ
-, , , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.