競馬

iPhoneのスマホケース・Shibafulと、競馬本・城崎哲『JRA全競馬場・コース完全解析・コースの鬼』が同化していた

iPhoneのスマホケースは、Shibaful(シバフル)手帳型を使っています

スマホケース・Shibafulと『JRA全競馬場・コース完全解析・コースの鬼』が同化

iPhoneのスマホケースはShibafulを使っています。

 

競馬好きに芝生の相性ばっちり。そのiPhoneのスマホケース、Shibafulを競馬本・城崎哲『JRA全競馬場・コース完全解析・コースの鬼』の上に置いてたところ、同化していたのです。

 

面白い……面白い。競馬本も芝生ならば、iPhoneのスマホケース、Shibafulもまさに芝生。やはり相性良しスマホケース。もう、JRAはターフィーショップで売り出せばいいと思うんですよ、iPhoneのスマホケース、Shibaful。野芝版・洋芝版・混合版の3タイプで……。

 

値段ちょいとしますけど、欲しい競馬好きな人けっこういると思うのですよ、JRAさん。

 

iPhoneのスマホケースは、Shibaful(シバフル)手帳型を使っています

工作用紙の上に置いてありますiPhoneケース、スマホケースは、Shibaful(シバフル)のもの。

 

手帳型タイプのスマホケースになります。iPhone買って、ケースどうしようかと調べてて、見つけたのですが、もうこれしかないだろうってスマホケースでした。

 

競馬好きなもので、言うまでもなく「芝」を連想してですね、iPhoneケース買いました(さすがにダートはできないだろうなぁ……。スナフル……)。

 

iPhoneケースShibaful(シバフル)の見た目は、パンパンの良馬場というところでしょうか(そのときの自分の気分によるかな……)。

 

妹にスマホケース見せたら、即効で写メられましたが……。そんなに珍しいんかいな……。ネタになるんかいな……。人気かいな人気かいな、そうかいな(いや違うだろ)。

 

スポンサーリンク




iPhoneのスマホケース、Shibaful(シバフル)競馬好きなら買いそう

Shibaful(シバフル)見つけたとき「iPhoneのスマホケースにこれは買うだろ、競馬好きなら」って思いました。

 

競馬場、ターフィーショップに置いてあっても不思議じゃないし。いっそのこと、ターフィーに持たせればいいのに、いや、JRAの職員のスマホケースはShibaful(シバフル)にする……(なんのこっちゃい)。

 

好きなコース図が書かれてても楽しいだろうなぁ……。東京競馬場・芝2400mが人気になるところ、自分は小倉競馬場・芝1700mにしておこうかしらん(あまのじゃくすぎだろ)。

 

使っていって、馬場が荒れてきたら、ダートっぽい馬を買うようにして……じゃなくって、馬場造園課のおじさんにならないといけませんね……。

 

「どうして、馬場の外側ばかり芝がはげてるんだっ! お前はエイシンヒカリか!」

 

あと、野芝バージョン、洋芝バージョン、混合バージョンのスマホケースっていうのも欲しいですね。芝スタートダートバージョン(持ちやすいのか、持ちにくいのかわからないけど……)。

 

やっとこさっとこ発売されましたよ、城崎哲『コースの鬼!』

城崎哲『コースの鬼!』

いやはや、どれだけ待ったことでありましょう。城崎哲、JRA全競馬場・コース完全解析・コースの鬼。前作は、アマゾンのマーケットプレイスで結構なお値段なときに手に入れましたっけ……。11年ぶりですか……。

 

サイズもでかいサイズでしたね。いわゆる大型本って類いの本で。

 

競馬のレース映像を見るときに、この手の本は必要なんです。コースの特徴が頭に入ってないと、判断に差が出てきます。テン3ハロンは上りなのか、下りなのか。コーナーはきついのか。

 

未だに「逃げ先行」が有利なコースなのに、それを忘れて、追い込み馬の馬券買ってしまったりしますし…。逆に、短距離だけどスローになるコースもあります。嗚呼、東京芝1400m。

 

ちゃんと、こういうカッチリした詳細な競馬本から、必要なところだけ抜いてきて、自分専用のアンチョコ作らないといけないんですけど、中途半端になってたりもして……。

 

ナニハトモアレ、城崎哲、JRA全競馬場・コース完全解析・コースの鬼、発売されてなにより。

 

今後はネットだけでデータを更新するなんてことにならないといいなぁ……。

 

スポンサーリンク




JRA全競馬場・コース完全解析・コースの鬼、本の上にiPhone置いたら

城崎哲、JRA全競馬場・コース完全解析・コースの鬼、本の上にiPhone置いてたらですね

ちょっと、ちょっと……。競馬本とiPhoneケース、なんだろ、これ、この……、同化してますやん。どうかしてますやん(こらこら)。

 

一瞬、何が起きたのかわからなかったですよ。似すぎだわだわ。

 

たぶん、これでいい買い目が出せるiPhoneになるはずだわ……。予想の結果ばっちりだわ(どこを根拠に〜)。

 

なんといいますか、充電できそう。芝充電。洋芝だと、芝が合いませんって出て来たりして。重馬場だから時間がかかりますだったり……。

 

ちゃんちゃん。

 

以上、iPhoneのスマホケース・Shibafulと、競馬本・城崎哲『JRA全競馬場・コース完全解析・コースの鬼』が同化していた…。面白いという話でした。

 

Shibaful

-競馬
-