競馬レース映像分析ネタ

ジャパンカップ2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

ジャパンカップ 競馬予想 過去

 

ジャパンカップ2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

ジャパンカップ2019(G1)。東京競馬場・芝2400mで行われます。1着賞金3億円。国際競争。

 

2019年のジャパンカップ。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のジャパンカップのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、ジャパンカップ。

 

ジャパンカップ、歴代の勝ち馬・優勝は、ゴールデンフェザント(アメリカ)、トウカイテイオー・レガシーワールド・マーベラスクラウン・ランド(ドイツ)、シングスピール(イギリス)、ピルサドスキー(イギリス)、エルコンドルパサー、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、ジャングルポケット、ファルブラヴ(イタリア・中山開催)、タップダンスシチー、ゼンノロブロイ、アルカセット(イギリス)、ディープインパクト、アドマイヤムーン、スクリーンヒーロー、ウオッカ、ローズキングダム、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、エピファネイア、ショウナンパンドラなどなど。

 

スポンサーリンク




ジャパンカップの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

ジャパンカップの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

ジャパンカップの競馬予想、参考データと言っても、過去のジャパンカップのレース映像分析ではありません。過去のジャパンカップの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のジャパンカップのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。

 

ジャパンカップで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? キタサンブラック、シュヴァルグラン、アーモンドアイ。どのような競馬を前走でしていた馬が過去のジャパンカップで馬券になったのか。キセキ、レイデオロ、サウンズオブアース。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。プレゼンターは誰かな? ゲストは誰かな?

 

スポンサーリンク




過去のレース映像データを使った、ジャパンカップ競馬予想2019【消去法】みたいなもの

ジャパンカップ 過去データ分析

ジャパンカップのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去にジャパンカップというレースが行われなければ、データも生まれない。過去にジャパンカップが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。馬柱・出走表に埋もれた買いデータをまとめます。

 

ジャパンカップの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともジャパンカップの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去のジャパンカップで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

過去のジャパンカップで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去のジャパンカップで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年のジャパンカップの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

ジャパンカップ2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ジャパンカップ2018 競馬予想 過去データ

2018年ジャパンカップ・レース過去結果データ

ジャパンカップ2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-10.8-12.2/12.3-11.7-11.8/11.7-11.4-11.4/11.0-11.4-12.0

 

1着・アーモンドアイ(1番人気・ルメール騎手・馬体重472kg)

2着・キセキ(4番人気・川田将雅騎手・馬体重504kg)

3着・スワーヴリチャード(2番人気・M.デムーロ騎手・馬体重510kg)

 

スポンサーリンク




ジャパンカップ2018・オッズ・過去配当結果

ジャパンカップ2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 140円

複勝 1・110円/8・160円/11・150円

 

ジャパンカップ2018・1着・アーモンドアイ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ロードカナロア産駒)

ジャパンカップ2018・1着・アーモンドアイ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ロードカナロア産駒)

2018年ジャパンカップ1着、アーモンドアイ(オッズ・1番人気。血統・ロードカナロア産駒)の前走は、秋華賞(京都競馬場・芝2000m)でした。枠順は、11番・1着。ルメール騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.9-12.7/12.1/11.8-11.9-11.8/11.5-11.8-11.9

 

アーモンドアイは、6枠11番からスタート。出遅れ。一つ外のオスカールビーが内に切れ込みつつ先行して行った影響を受けてる。アーモンドアイは押さえつつ、中団後方の外目につけていくアーモンドアイ。

 

逃げて行ったのは、ミッキーチャーム。テン3ハロン35.7秒。少し早めの逃げ。アーモンドアイのテン3ハロン36.9秒。

 

1角-2角。内に2頭外をきっちり回って行く、アーモンドアイ。押さえつつ、折り合いつつ。

 

向正面。逃げ馬のペースは「11.8-11.9-11.8秒」とかなり早めなペースで進む。アーモンドアイは、変わらず中団後方の外を抑えつつ、折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。アーモンドアイは内に3頭いる外目をきっちり回ってくる。4角出口へ向かって、じわじわ加速して行く。

 

直線。かなり大外へ振った、アーモンドアイ。軽く促しつつ残り300m。そこから追って、追って追う。残り100mを切って、逃げ馬・ミッキーチャーム先頭。残り50m、勢いのついたアーモンドアイは、ミッキーチャームを交わしてゴール。1着。アーモンドアイの上がり3ハロンは33.6秒。上がり最速。

 

ジャパンカップ2018最終追い切り・

美浦W 良 83.9-67.8-53.0-38.7-12.4<8>馬なり余力

 

※【ジャパンカップ2018・過去結果データメモ】アーモンドアイの斤量は秋華賞より2キロ減の53キロ。400mの距離延長。前走のアーモンドアイは、逃げ馬がかなり早めで引っ張り続けるきつい流れのレースをスタート出遅れ+すぐに外から入られ気味で後手+1角-2角距離ロス+3角-4角もより距離ロス=追って追って、直線は追い込んできて33.6秒の上がり最速で差し切って1着。

 

アーモンドアイは「不利カード」「負荷カード」「距離ロスカード」「早いペースを追いかけたカード」を集めまくって、上がり最速の1着。次走において、アーモンドアイに逆らう必要はどこにもない。強い。

 

ジャパンカップ2018・2着・キセキ【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ルーラーシップ産駒)

ジャパンカップ2018・2着・キセキ【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ルーラーシップ産駒)

2018年ジャパンカップ2着、キセキ(オッズ・4番人気。血統・ルーラーシップ産駒)の前走は、天皇賞秋(東京競馬場・芝2000m)でした。枠順は、10番・3着。川田将雅騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-11.5-11.8/11.5/11.7-11.6-11.3/10.9-11.6-12.0

 

キセキは、7枠10番からスタート。発馬決めて、押して勢いに乗せてく。押さえつつも、ハナに立って逃げてく、キセキ。

 

2角。じわっと先頭に立ち、押さえつつも逃げるキセキ。インを回って行く。キセキのテン3ハロンは36.2秒。少し遅め。

 

向正面。テンの入りは少し遅かったものの、キセキの逃げるペースは「11.5/11.7-11.6-11.3秒」と、中間ラップでハイペースにして行く。押さえつつも、かなり早めなラップを刻む。

 

3角-4角。インベタで回って行く、キセキ。じわじわ追い出す準備して行く。

 

直線。内を開けて、追い出して行くキセキ。追って、追って、逃げ残りを測ろうとする。残り100m過ぎまでは、キセキ先頭。しかし、勝ち馬・レイデオロ、2着馬・サングレーザーに交わされて、キセキ3着。上がり3ハロン34.7秒。

 

ジャパンカップ2018最終追い切り・

栗東CW 良 84.4-66.9-52.0-38.7-12.0<9>直強目余力

 

※【ジャパンカップ2018・過去結果データメモ】キセキの斤量は天皇賞・秋から1キロ減の57キロ。前走のキセキは、自身がレースラップを作って行く展開。テン3ハロンは少し遅目に逃げて行くも、中間ラップでハイペースな逃げで走って行く。脚が残ってない逃げ馬は直線早々でいとも簡単に交わされてしまうのだけど、キセキは伸びて伸びて、後続になかなか交わさせない。ゴール間近、差されて3着も上がり3ハロン34.7秒というのはペースがかなり早かったにしては、評価していい数字。

 

ただし、本命にするには怖さは残るので、ヒモに塗り続けるのが一番かと。

 

ジャパンカップ2018・3着・スワーヴリチャード【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)

ジャパンカップ2018・3着・スワーヴリチャード【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2018年ジャパンカップ3着、スワーヴリチャード(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、天皇賞秋(東京競馬場・芝2000m)でした。枠順は、5番・10着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-11.5-11.8/11.5/11.7-11.6-11.3/10.9-11.6-12.0

 

スワーヴリチャードは、4枠5番からスタート。出遅れて外のマカヒキにぶつけられる不利。しばらく自由がきかない時間あり。無理に巻き返さず、後方に位置取ることになるスワーヴリチャード。

 

2角。スワーヴリチャードはインベタで最後方を回って行く。押さえつつ。

 

逃げて行ったのは、キセキ。テン3ハロンを36.2秒。少し遅めの逃げ。スワーヴリチャードのテン3ハロンは38.1秒。

 

向正面。キセキの逃げはかなり加速して行く「11.5/11.7-11.6-11.3秒」。ハイペースに振ったと言っていい逃げ。スワーヴリチャードは後方を押さえつつの追走。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、スワーヴリチャード。

 

直線。追い出すというよりも、ムチを入れて伸びを見続ける感じのスワーヴリチャード。手前を変えて変えて、追い出すのかも思えば流す形でゴール。直線の後半はほとんど追ってない。スワーヴリチャード10着。上がり3ハロン34.1秒。

 

ジャパンカップ2018最終追い切り・

栗東CW 良 85.4-68.4-53.2-39.2-12.7<4>馬なり余力

 

※【ジャパンカップ2018・過去結果データメモ】スワーヴリチャードの斤量は天皇賞・秋から1キロ減の57キロ。前走のスワーヴリチャードは、キセキのところに書いた通り、テン3ハロンは少し遅めも中間ラップからかなり早くなっている流れをスタートで出遅れ+思いっきり進路を塞がれる形で前に入られる不利がありつつの競馬。後方でじっとしてて、直線はほとんど追ってないレース。それでいて、上がり3ハロン34.1秒あったのは注目したいところ。

 

アーモンドアイの秋華賞もスタート出遅れて前に入られ気味になってはいるが、スワーヴリチャードの場合は程度が違う。スタート出遅れて思いっきり前に入られてしまうと、何もできない数秒を作ることになって、レースに参加する話でなくなってしまう。もちろん、スワーヴリチャードは無理をしない競馬をしているので10着。スワーヴリチャードが無理をする競馬をした場合、馬券圏内に来れたかはなんとも言えない。多分、掲示板に乗るくらいかと。

 

いずれにしても、馬券の相手・ヒモには入れておく前走内容である。

 

JAPAN WORLD CUP 1 [DVD]

 

ジャパンカップ2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ジャパンカップ2017 競馬予想 過去データ

2017年ジャパンカップ・過去レース結果データ

 

ジャパンカップ2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.0-11.2-12.1/12.1-11.8-12.1/12.3-12.2-11.8/11.3-11.8-12.0

 

1着・シュヴァルグラン(5番人気・ボウマン騎手・馬体重470kg)

2着・レイデオロ(2番人気・ルメール騎手・馬体重484kg)

3着・キタサンブラック(1番人気・武豊騎手・馬体重542kg)

 

スポンサーリンク




ジャパンカップ2017・オッズ・過去配当結果

ジャパンカップ2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 1330円

複勝 1・190円/2・140円/4・120円

 

ジャパンカップ2017・1着・シュヴァルグラン【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ハーツクライ産駒)

ジャパンカップ2017・1着・シュヴァルグラン【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2017年ジャパンカップ1着、シュヴァルグラン(オッズ・5番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、京都大賞典(京都競馬場・芝2400m)でした。枠順は、3番・3着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・湿ってる良馬場

レースラップ・12.9-11.0-11.7/12.2-12.1-12.1/12.4-12.5-11.7/11.5-11.4-11.5

 

シュヴァルグランは、2枠3番からスタート。二つ外のミッキーロケットが内へ切れ込むようにスタートした影響で、スマートレイアに寄って行きシュヴァルグランも玉突きで挟まれて不利。シュヴァルグランは後方に下げて行き、内目に入れてく。

 

逃げて行ったのは、ラストインパクト。テン3ハロン35.6秒。遅めの逃げ。シュヴァルグランのテン3ハロンは37.6秒。

 

1角-2角。シュヴァルグランは後方でインベタ周り。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.4-12.5」と標準あたりを推移。残り800mで「11.7秒」と加速して行く。シュヴァルグランは後方のインから外目にじわじわ出して行く。

 

3角-4角。シュヴァルグランはまくり気味に中団外まで上昇。内に3頭いる外目をきっちり回って行く。追い出し開始。

 

直線。シュヴァルグランは大外へ振ったこともあり追い出せる位置は確保。追って、追って追う。伸びる、伸びる。残り200mを切って「シュヴァルグラン、差し切れるかも」と思わせる瞬間はあったものの、内から勝ち馬・スマートレイアーが伸びてきて交わされる。先行して残ろうとしていたトーセンバジルを買わせず、シュヴァルグラン3着。上がり3ハロン34.0秒。

 

ジャパンカップ2017最終追い切り・

栗東坂路 良 56.0-41.0-26.5-12.7 馬なり余力

 

※【ジャパンカップ2017・過去結果データメモ】シュヴァルグランの斤量は京都大賞典と変わらずの57キロ。前走のシュヴァルグランは、遅めのペースから中間ラップ標準くらいにペースが早くなる展開のレース。スタートですんなり下げされずに不利食らう形。1角-2角はインベタも3角-4角はかなりの距離ロス。それでいて、直線は伸びて上がり3ハロン34.0秒の3着。勝ち馬と着差は0.1秒。

 

シュヴァルグランのスタートの不利は自身が起こした不利ではないので、しんどい競馬になったカードを取得してのレース結果である。馬券から消さない方が無難。

 

ジャパンカップ2017・2着・レイデオロ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

ジャパンカップ2017・2着・レイデオロ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2017年ジャパンカップ2着、レイデオロ(オッズ・2番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、神戸新聞杯(阪神競馬場・芝2400m)でした。枠順は、8番・1着。ルメール騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-11.8-12.2/12.4-12.1-12.3/12.3-12.2-11.9/11.3-11.4-11.8

 

レイデオロは、5枠8番からスタート。好発決めて、押さえつつも先行ポジションへ向かうレイデオロ。

 

逃げて行ったのは、アダムバローズ。テン3ハロン36.9秒。少し遅めの逃げ。レイデオロのテン3ハロンは37.9秒。

 

1角-2角。1角入ったあたりで外からマイスタイルに前へ入ってこられる。レイデオロは内に1頭外を回って行く。押さえつつ。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.3-12.2-11.9秒」とほんの少し標準ラインより早めで推移して行く。レイデオロは先行ポジションを変わらず折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。レイデオロは内に1頭外目を回って行く。ほんのり促しつつ。

 

直線。レイデオロは入り口では気合い入れつつも、追い出し開始。追って追って追う。残り180m過ぎ、粘り続けてたダンビュライトを捉えて先頭に立つレイデオロ。そこから追う手は緩めず、追ってゴール。後方からキセキが迫ってくるも、レイデオロ1着。上がり3ハロン34.1秒。

 

ジャパンカップ2017最終追い切り・

美浦W 良 54.1-40.1-13.1<7>馬なり余力

 

※【ジャパンカップ2017・過去結果データメモ】レイデオロの斤量は神戸新聞杯から1キロ減の55キロ。レイデオロの前走は、逃げ馬が少し遅めに行くもじわじわ加速して、標準より少し早いラップを刻むレース(ドスローではない)。レイデオロは距離ロス少ないも、折り合って追走。直線、楽々と抜け出して1着でゴール。上がり3ハロン34.1秒は早い。1キロだが斤量減も魅力。

 

馬券には必要な前走内容。

 

ジャパンカップ2017・3着・キタサンブラック【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ブラックタイド産駒)

ジャパンカップ2017・3着・キタサンブラック【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ブラックタイド産駒)

2017年ジャパンカップ3着、キタサンブラック(オッズ・1番人気。血統・ブラックタイド産駒)の前走は、天皇賞秋(東京競馬場・芝2000m)でした。枠順は、7番・1着。武豊騎手。

 

馬場状態・雨の降り続く不良馬場(ダートコースは水の浮く不良馬場)

レースラップ・13.2-12.5-12.9/12.5/13.1-13.0-12.4/12.0-12.7-14.0

 

キタサンブラックは、4枠7番からスタート。出遅れ。雨が降り続いてたせいか、ゲートがうまく開かず、キタサンブラックがゲートにぶつかってるように見える。1完歩目がうにゃっと発馬してる。押さえつつもキタサンブラックは内目に入って行く。

 

2角。内目を回って行く、キタサンブラック。押さえつつ。

 

逃げて行ったのは、ロードヴァンドール。テン3ハロン38.6秒。馬場状態考えても遅いペース。キタサンブラックのテン3ハロンは39.6秒。馬場に染み込んで飽和してる水分量の半端なさを感じる。

 

向正面。逃げ馬のペースは「13.1-13.0-12.4秒」と遅目で推移。残り800mあたりで、オープンの不良馬場の標準くらいに近づいてるが、逃げ馬のせめてもの抵抗に見える。キタサンブラックは中団の真ん中を折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。内目をじわじわ上昇するキタサンブラック。内に1頭外を回って、先行ポジションまで浮上する。

 

直線。外目に振ってる馬の多い中、キタサンブラックはインを立ち回って、入り口でおおよそ先頭。追って、追って、追って、競走馬も騎手もどれだけバテないか勝負。2着馬・サトノクラウンが競い合ってくるも、キタサンブラックは追って追って、クビ差しのいで1着でゴール。上がり3ハロン38.5秒。上がり最速。

 

ジャパンカップ2017最終追い切り・

栗東CW 良 84.8-69.4-54.1-40.1-12.9<7>ゴール前気合い付ける

 

※【ジャパンカップ2017・過去結果データメモ】キタサンブラックの斤量は天皇賞秋より1キロ減の57キロ。前走のキタサンブラックは、雨が降り続いて、不良馬場も不良馬場な中での競馬。キタサンブラックはスタート出遅れ。後方からの競馬も内目、内目を追走。通常、キタサンブラックが得意ととする脚質逆パターンで走って行ったようなもの。3角-4角、外目振った馬の出番なし。

 

馬場が悪化し過ぎて、末脚・脚を道中貯めるという概念が壊れてるが、距離ロスの少なくなるパターンであればキタサンブラックタイプ(※)は走れる可能性は高い。という意味で次走も「距離ロスの生まれやすい枠順以外」で、馬券の印を下げ過ぎないほうがいい。

 

※コーナー4つの競馬、逃げ・先行、インベタでそこそこの速さのラップで走って、直線伸びる脚も持ってるタイプ。

 

JAPAN WORLD CUP 2 [DVD]

 

ジャパンカップ2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ジャパンカップ2016 競馬予想 過去データ

2016年ジャパンカップ・過去レース結果データ

 

ジャパンカップ2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・小雨降って、稍重に近づく良馬場

レースラップ・13.3-11.3-12.6/12.3-12.2-12.5/12.7-12.3-11.9/11.2-11.4-12.1

 

1着・キタサンブラック(1番人気・武豊騎手・馬体重536kg)

2着・サウンズオブアース(5番人気・M.デムーロ騎手・馬体重502kg)

3着・シュヴァルグラン(6番人気・福永祐一騎手・馬体重482kg)

 

スポンサーリンク




ジャパンカップ2016・オッズ・過去配当結果

ジャパンカップ2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 380円

複勝 1・150円/12・290円/17・330円

 

ジャパンカップ2016・1着・キタサンブラック【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ブラックタイド産駒)

ジャパンカップ2016・1着・キタサンブラック【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ブラックタイド産駒)

2016年ジャパンカップ1着、キタサンブラック(オッズ・1番人気。血統・ブラックタイド産駒)の前走は、京都大賞典(京都競馬場・芝2400m)でした。枠順は、1番・1着。武豊騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.7-11.5-12.0/13.0-12.8-12.2/12.7-13.0-11.9/11.1-11.1-11.5

 

キタサンブラックは、1枠1番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつ、先行ポジションへ。逃げはせず、行きたい馬を先に行かせる形のキタサンブラック。

 

逃げて行ったのは、ヤマカツライデン。テン3ハロン36.2秒。遅めの逃げ。キタサンブラックのテン3ハロンは36.5秒。

 

1角-2角。キタサンブラックは逃げ馬の外に出して折り合って行く。内1頭外目追走。

 

向正面。逃げ馬のペースは一度残り1400mで「12.2秒」と早くなるも、その後は「12.7-13.0」とラップは緩む。残り800mで「11.9秒」と標準くらいに戻って行く。キタサンブラックは押さえて、折り合って、2番手を追走。脚をためて行く。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、キタサンブラック。押さえつつ。

 

直線。入り口で逃げ馬交わして先頭に立つキタサンブラック。追って追って追う。アドマイヤデウス、ラブリーデイが迫ってくるもキタサンブラックは交わさせず1着でゴール。上がり3ハロン33.6秒。

 

ジャパンカップ2016最終追い切り・

栗東CW 重 85.0-69.1-54.0-39.3-12.0<6>馬なり余力

 

※【ジャパンカップ2016・過去結果データメモ】キタサンブラックの斤量は京都大賞典から1キロ減の57キロ。前走のキタサンブラックは、ペースが遅目+中間ラップも遅目で流れたレースを逃げずに2番手、逃げ馬の外に位置しての競馬。

 

距離ロスは多くないが、逃げたい馬を逃せて、遅いペースの中、脚貯める競馬をして上がり3ハロン33.6秒は早い(京都大賞典の前走、宝塚記念でテン早く行って直線伸びきれず3着だったのを考慮した部分もあるはず)。

 

競走馬は今回走る距離を知らない、理解しないでゲートインするけれど、走らせる側は知っている。ゆえに「次走以降、うまいこと走らせるための情報仕入れの出来る騎手」には注意した方がいい。

 

ジャパンカップ2016・2着・サウンズオブアース【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)

ジャパンカップ2016・2着・サウンズオブアース【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)

2016年ジャパンカップ2着、サウンズオブアース(オッズ・5番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)の前走は、京都大賞典(京都競馬場・芝2400m)でした。枠順は、8番・4着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.7-11.5-12.0/13.0-12.8-12.2/12.7-13.0-11.9/11.1-11.1-11.5

 

サウンズオブアースは、7枠8番からスタート。まずまずの発馬。強目に押さえつつ、中団に位置取りして行く、サウンズオブアース。

 

逃げ馬は、ヤマカツライデン。テン3ハロンを36.2秒。遅めラップを刻んで逃げていく。サウンズオブアースのテン3ハロンは37.2秒。

 

1角-2角。サウンズオブアースは強めに押さえ込んで、中団の後方に。内に1頭外を回って行く。

 

向正面。逃げ馬のペースは一度「12.2秒」と少し早くなる。続けて早くはならず「12.7-13.0」とラップは緩んで行く。残り800mで「11.9秒」と標準くらいに戻る。サウンズオブアースは位置取り変わらず、中団の後方、いや後方の前を押さえつつ追走して行く

 

3角-4角。サウンズオブアースは内に1頭外を回って、じわじわ促して行く。外目を回って行く感じはない。

 

直線。サウンズオブアースは内を突く気を思わせたが、直線に入って外目へ振る。少々手間かかりつつも追い出し開始。手前変えて、変えて、追って追う。伸びてはいるものの、キタサンブラック、アドマイヤデウス、ラブリーデイを交わすまでは追い込みきれず。サウンズオブアース4着。上がり3ハロン33.1秒。

 

ジャパンカップ2016最終追い切り・

栗東CW 重 98.7-81.6-65.9-50.9-37.2-12.0<5>馬なり余力

 

※【ジャパンカップ2016・過去結果データメモ】サウンズオブアースの斤量は京都大賞典から1キロ増の57キロ。前走のサウンズオブアースは、遅めなペースが勝負所まで続く流れのレースを後方で脚貯めつつ競馬。3角-4角、追い出す位置を確保するのに手間がかかったのは痛かったかと。勝負所は過ぎてる中、追い出しが遅れてしまうのは道中における負荷とは違う面がある。

 

それでいて、サウンズオブアースは上がり3ハロン33.1秒。馬券の買い目、本命にはせずとも、相手・ヒモには入れておきたい感たっぷり。

 

ジャパンカップ2016・3着・シュヴァルグラン【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ハーツクライ産駒)

ジャパンカップ2016・3着・シュヴァルグラン【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2016年ジャパンカップ3着、シュヴァルグラン(オッズ・6番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、アルゼンチン共和国杯(東京競馬場・芝2500m)でした。枠順は、11番・1着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・7.5-11.5-12.5/12.7/12.6-12.3-12.8/12.5-12.4-12.4/11.7-11.1-11.4

 

シュヴァルグランは、6枠11番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつ、押さえつつ、中団外目に位置取るシュヴァルグラン。

 

逃げて行ったのは、クリールカイザー。テン3ハロン37.9秒。かなり遅めの逃げ。シュヴァルグランのテン3ハロンは38.5秒。

 

1角-2角。内2頭外を回って行く、シュヴァルグラン。ペースが遅すぎるので押さえこむのに力使いまくってる感。

 

向正面。ペースは早くなって行かず。遅いままを継続。「12.5-12.4-12.4秒」と、残り800mからも動かず。ドスロー de ヨーイドンのリクエストが入った模様。シュヴァルグランは折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。内に2頭外をきっちり回って行く、シュヴァルグラン。

 

直線。シュヴァルグランは、残り400m手前までは馬なり。気合い入れつつ、ムチ入れして伸びを見つつ。手前を変えて変えて、追って追う。残り160mくらいで先頭に立つ、シュヴァルグラン。そこからゴールまでは追う手を緩めつつ。1着。上がり3ハロン33.7秒。

 

ジャパンカップ2016最終追い切り・

栗東CW 重 84.2-68.6-53.8-39.7-12.4<7>ゴール前仕掛け

 

※【ジャパンカップ2016・過去結果データメモ】シュヴァルグランの斤量はアルゼンチン共和国杯から1キロ減の57キロ。シュヴァルグランの前走は逃げ馬のペースはかなり遅く、中間のラップも遅く、ドスローのヨーイドンなレース。シュヴァルグランは距離ロスありつつも折り合いつつ中団からの競馬。しっかり末脚を貯めての直線上がり3ハロン33.7秒。

 

2016年のジャパンカップで大外枠17番を引いたのはマイナスポイントも、前走のアルゼンチン共和国杯での距離ロスを考えると馬券の買い目から消すまではないかと。

 

以上、ジャパンカップ2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

亀谷敬正 藤代三郎 馬券特効薬 (競馬王馬券攻略本シリーズ)

城崎哲 JRA全競馬場・コース完全解析 コースの鬼! 3rd Edition

鈴木和幸 競馬・勝つ考え方―「時計」と「馬場」で迫るプロの競馬理論

 

ジャパンカップ2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.