競馬

カネヒキリの産駒成績。特徴・傾向としてダート大好き。しかし、芝を走って3着内が1度もないけれど、いつかは来るでしょという話

カネヒキリの産駒成績。特徴・傾向としてダート大好き。しかし、芝を走って3着内が1度もないけれど、いつかは来るでしょという話

 

カネヒキリの産駒成績。特徴・傾向としてダート大好き。しかし、芝を走って3着内が1度もないけれど、いつかは来るでしょという話

カネヒキリ産駒といえば、ダート。断然ダート。そんな、カネヒキリの産駒成績。

 

特徴・傾向として、ほんとカネヒキリ産駒はダート大好き。

 

カネヒキリの代表産駒として、ミツバアルタイルロンドンタウンマウントハレアカラトロヴァオあたりがいる。

 

特徴・傾向はダート、嗚呼、ダート。カネヒキリ産駒はダート。

 

スポンサーリンク




ダート大好きなカネヒキリ産駒。特徴・傾向ははっきりしてる。しかし、芝を走って3着内が1度もないけれど、カネヒキリ産駒、いつかは来るでしょという話。芝で走る可能性、確率は低いと思うけれど……。

 

ちょっと待てよ、カネヒキリ産駒、芝スタートのダートはどうだろう……。

 

カネヒキリ産駒・ダート大好き

1000ピース カネヒキリ'06フェブラリーS (50x75cm)

2014年に産駒がデビューした、カネヒキリ

 

父・フジキセキ 母父・Deputy Minister

 

2016年2月14日までに芝を走った回数は距離問わず、51回。未だ、3着内は1度もなし。それに反してダートはそこそこの複勝率。これだけ産駒の特徴・傾向がはっきりしているのも珍しい。

 

カネヒキリ産駒はダート、ダート、ダートと、思いつつもちょっと前記事にした通り、いつかは芝で3着に来るでしょう。

 

スポンサーリンク




(2017.8.29リライト

 

カネヒキリ産駒はその後、パシオンシャンスが福島競馬場の新馬・芝1200mで2着。キクノルアが中京競馬場の新馬・芝1600mで2着。

 

新馬戦でたまに起こる、産駒成績を飛び越えて3着までに来るパターンですね。

 

キクノルアは不良馬場で、ダートっぽさが生きた結果かと。カネヒキリ産駒が芝を走って馬券になる……、この先ありそうなのは、不良馬場の芝になった新馬戦?)

 

スポンサーリンク




カネヒキリ自身も芝では、4着、11着、7着……。

カネヒキリ自身も芝では、4着、11着、7着……

 

母系(ライフアウトゼア)はアメリカの血統で、筋肉質で幅があって四角い体型です。それでもダート向きの固定概念を消し、デビューは芝。2004年の夏の新潟、小倉と走らせました。しかし4着、11着と芳しくない。そこで一息入れ、翌2月の京都でダートに変えて初勝利。2週後の中山でも勝ち、強い競馬に手応えを感じました。

 

そこでもう一度芝に戻してみました。2勝しているので重賞でも使え、勝てばクラシックにも参戦できます。しかし毎日杯では7着。3番人気の期待に応えられませんでした。

 

この時点で進む道を“砂”に決めました。するとオープンの端午Sと重賞ユニコーンSを圧勝。ディープインパクトと同世代。あえてぶつけていくこともないという判断もありました。

 

週刊ポスト 角居勝彦「感性の法則」2016.2.26号 より

カネヒキリ産駒も、父親の「芝がちょっと……」というのを引き継いでる可能性はありそうです。もうめっちゃダート大好き、カネヒキリーになってるでしょう。

 

なので、カネヒキリ産駒が芝でここまで走らないわけでありまして。ダート替わりで馬券になる馬もちらほらいたりするのは、父親の真似かしらんと……。

 

カネヒキリ自身は逃げ馬。馬場が渋ったときには3着を外していないのはさすがですね。

 

そうか、馬場が渋ったときか……。

 

カネヒキリ産駒が芝で3着までに来るとしたら、走るとしたら、その条件は、何?

芝でもダート馬が走る距離で来るのではないだろうか。それがいつになるのかなんとも言えませんが……。

 

重、不良の新潟競馬場・芝直線1000m。ダートっぽい馬が来るという話はちょいちょい耳にします。

 

芝1200mでも、馬場がすこぶる悪くなったら来そうです。

 

距離が長くなるとどうにもならないでしょうけど、短い距離であれば、「とうとう来たね」という日は来そうです(2017.8.29リライト 不良馬場で馬券にという視点は当たってたけど……)。

 

そこから考えると、芝嫌いだカネヒキリーなわけで、芝スタートのダートより、オールダートのほうが得意ではないかという予想もできます。

 

カネヒキリ産駒41勝のうち、芝スタートで勝ったのはモンサンナシーラ(新潟ダート1200m・不良)、メイプルレインボーデストリーライズジーガールージュレレマーマキングノヨアケ(東京ダート1600m)、と少ない。

 

中山ダート1200mで1勝くらいしててもよさそうなのに、2着があるだけ。

 

カネヒキリの代表産駒ミツバは、勝ち上がって芝スタートのダートで2着3着ののち、距離を伸ばしたオールダートで2勝。

 

忘れないでおきたい話です(……って、もう誰かが書いてそうな話ではあるんだけど……)。

 

(2017.8.29リライト カネヒキリ産駒、その後、芝スタートのダートでも勝ちは増えてます。ただ、やっぱり圧倒的にダート大好きです)

 

以上、カネヒキリの産駒成績。特徴・傾向としてダート大好き。しかし、芝を走って3着内が1度もないけれど、いつかは来るでしょという話という話でした。

 

おすすめ競馬予想本・馬券本



 

-競馬
-, ,