繰り返しの謎解き商会

*

亀谷敬正監修『競馬研究所2』野中香良『馬券しくじり先生の超穴授業』斎藤一九馬『最後の予想屋吉冨隆安』ほか・気になる、競馬本・馬券本

      2017/09/20

 

亀谷敬正、斎藤一九馬、野中香良。このところ、気になった競馬本・馬券本をご紹介。亀谷敬正監修『競馬研究所2』、斎藤一九馬『最後の予想屋吉冨隆安』、野中香良『馬券しくじり先生の超穴授業』。

 

スポンサーリンク




競馬研究所『競馬研究所2』(ガイドワークス)

亀谷敬正さんが監修されている本です。

 

亀谷敬正、双馬毅、馬場虎太郎、鶴田仁ら、実力派馬券師が、馬券で儲けるための奥義を紹介する。

 

Amazon商品説明より

第一弾をまだ読んでないのですが、第二弾目を発売するということは需要がある本なんですね。本屋で確認しませんと……。

 

 

斎藤一九馬『最後の予想屋吉冨隆安』(ビジネス社)

表紙画像がAmazonに登録される前から気になってた本。

 

吉冨の口上を聴かずして、競馬の神髄にはたどりつけない!

 

馬券はより優れた投資術なのだ!

大井競馬場でダントツ人気を誇る予想屋「ゲート・イン」。

その予想屋人生を綴った競馬ノンフィクションの最高傑作!

 

Amazon商品説明より

 

地方競馬の競馬場には、予想屋さんが正式に予想を売ることができるスペースがあります。そこで人気な予想屋さんのノンフィクション。

 

自分は実際に大井競馬場で、吉冨さんが予想を売ってる姿を見たことはないです(たぶん、次に大井競馬場行ったら観に行くと思う)。

 

しかし、吉冨隆安さんの書かれた競馬本に『確固たる軸馬が決まる「実走着差」理論』(ワニブックス)があって、ちょっぴり参考にしたりしていまして……。

 

 

まるまる使うわけでは決してないですけど、考え方、競馬のとらえ方は参考になります。

 

『最後の予想屋 吉冨隆安』。正直、競馬本の中でもなかなかやらないところを突いてきたなと。競馬以外の予想屋さんも含めて書いた本に、大泉実成・田中良成『予想屋』がありますが、ひとりの予想屋にスポットライト当てた本は珍しいかと。

 

 

野中香良『馬券しくじり先生の超穴授業』(ベストセラーズ)

たぶん、競馬最強の法則で連載していたものの新書化だと思われます。毎月欠かさず読んでいたものですから、これは嬉しい。買います。

 

何? 読んだことが書かれてるかもしれないじゃないかって? 問答無用、そういうのは関係ないのでございまする。

 

 

以上、亀谷敬正監修『競馬研究所2』野中香良『馬券しくじり先生の超穴授業』斎藤一九馬『最後の予想屋吉冨隆安』ほか・気になる、競馬本・馬券本という話でした。

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




競馬ネタ・おすすめまとめ【馬券初めて入門中、初心者(ビギナー)、やり方模索中の方、参考になれば】

【競馬予想の楽しみ方や知識を増やして、馬券成績・回収率上げる研究とコツ。大穴・人気薄。レース映像(動画)を見ながら、など】

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

 

【今週も、今日も明日も明後日も。土曜日・日曜日。もちろん、来週も……JRAと仲良く! 馬券で負けないポイントを作る考え方・複勝馬券】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

【G1・重賞・未勝利! 馬券術の選択。情報・データの選択。ファクター(要素)は何を見て、重視して予想する? その基礎。血統・調教・騎手・ラップタイム……】

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

【競馬場、ウインズ(wins)、パソコン・スマホ(ネットオンライン・IPAT、A-PAT・即PAT)どこで馬券買っても】

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

 

【JRAの競馬場、東京・中山・阪神・京都・中京・小倉・新潟・福島・函館・札幌……コースの特徴・外枠内枠・有利不利】

馬券初心者は、JRAの競馬場で内枠不利なコースデータを覚えたほうが良い。

 

【馬券の買い方、金額の重要ポイント。的中率をあげるための精神的スタンス(なかなかできないけど……)】

競馬で破産しない方法。馬券が外れて授業料になってもいいお金を、購入金額にする。

 

おすすめ競馬記事

知らなかった、競馬新聞のある「表記」。馬柱に書かれていないと思い込んでたもので……【競馬・馬券】。

パリカラノテガミ・前走テガミを出そうにも前は壁。スパーブデイも不利あり→次走2着3着【競馬・馬券】

競馬歴4年とちょっと。総流しで馬券を買ったのは1回。軸・武士沢友治……【競馬・馬券】。

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事・工夫・読書】

iPhoneアプリ、ボイスメモを使い一人カラオケ・ヒトカラを録音してみた。icレコーダーはスマホの中に?音質そこそこ。練習、確認用におすすめ

チュートリアルの漫才、バーベキューお笑いネタを思い出す、ランキング「BBQで要らない野菜TOP10」。トーマスマッコイ。ピーマン、玉ねぎ、エリンギ…

 

 - 競馬雑談 , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

netkeibaで厳選予想コーナースタート。気になる競馬予想家いて楽しみ。木下健さん双馬毅さん亀谷敬正さん井内利彰さん…

netkeiba、競馬予想して馬券買いはじめたころから会員です。なかなかnetkeibaを越える競馬情報サイトがないもので。netkeibaの指数など使ったりしませんが、使いやすい競馬予想サイトで土日はよく見てます。そのnetkeibaで厳選予想のコーナースタート。気になる競馬予想家いて楽しみです。netkeibaで厳選予想のコーナーの予想を買うことはないと思うけど、結果は見ると思う。木下健さん、双馬毅さん、亀谷敬正さん、井内利彰さん……。netkeibaの厳選予想コーナー、どんどん予想家さんが増えていくのでしょうね。

ブログに競馬予想を書くのをやめようとしたけど、『予想屋/大泉実成・田中良成』を読んで再開してみました【馬券】。現在はTwitterに移行しました

ブログに競馬予想を書きはじめたものの、研究不足もありましたし、書くのをやめようと思ってました。複勝メインな馬券で当たりやすさもあるものの、まだ自分の競馬予想法としてピンっと来てないのをどうにかしたかったのです。レース映像を見まくって予想することに手応えは十分あるのですが、直線うまいこと末脚を伸ばせない感じがありまして……。しかし、『予想屋/大泉実成・田中良成』を読みまして、再開してみました。→競馬予想は、Twitterに移行しました。時間ありましたらご覧ください。たけたけっのTwitter。4月ぶりに、久しぶりにブログに予想をアップいたしました。競馬予想結果は、ほんのちょっとだけプラス。久しぶりの競馬予想結果、ホッとしております(なんじゃそら)。ホッとしすぎてうたたねZZZ……(こらこら)。

競馬本・馬券本で気になったものを紹介。大和屋暁『ジャスタウェイな本』じゃい『図解博才が必ず身に付くギャンブルのセオリー』境和樹『単複論!実践編』ほか

大和屋暁・じゃい・境和樹など。このところ、気になった競馬本・馬券本をご紹介。大和屋暁『ジャスタウェイな本』(競馬ベスト新書)、じゃい『図解 博才が必ず身に付くギャンブルのセオリー 最強ギャンブラー芸人じゃいばかりがなぜ儲かるのか?』(ガイドワークス)、境和樹『単複論! 実践編』(ベストセラーズ)、『パーフェクト種牡馬辞典2015-2016』(自由国民社)、A‐10解析班『この父このテキこの鞍上、そしてこの馬主を買うだけで、大幅黒字が見えてくる!―JRA距離・コース別』(東邦出版)ほか。

亀谷敬正・藤代三郎『馬券特効薬』久保和功『京大式推定3ハロン実践攻略データブック』ほか・気になる、競馬本・馬券本2015.09.10

亀谷敬正・藤代三郎、久保和功、サラブレ編集部、城崎哲、辻三蔵、競馬道OnLine編集部。このところ、気になった競馬本・馬券本をご紹介。亀谷敬正・藤代三郎『馬券特効薬』、久保和功『京大式推定3ハロン実践攻略データブック』、サラブレ編集部『サンデーサイレンスの時代』、城崎哲『JRA全競馬場・コース完全解析コースの鬼!3rd Edition』、辻三蔵、競馬道OnLine編集部『辻調教専門学校 調教で厩舎攻略する料理法』。

スターリングローズ産駒・コウキアツガール(高気圧ガール)、函館競馬の新馬戦に出走。どうしたって、山下達郎さんの曲が思い浮かぶ【カラオケ】

スターリングローズ産駒のコウキアツガール(高気圧ガール)が、函館競馬場の新馬戦に出走してきたのを発見という話。どうしたって、山下達郎さんの曲が思い浮かぶもので。応援馬券購入。達郎さんの『高気圧ガール』、カラオケでたまに歌ったりするもので、勝ってほしかったけど……。夏競馬ですなぁ〜。馬名の由来は、「高気圧ガール。夏に強い馬になってほしいので」。山下達郎さんの『高気圧ガール』からなのでしょう。由来にまんま書いてありますから、きっとそうなのでしょう。ファンからすると、嬉しい名前であります。カラオケで歌いますし。自分が馬主になったら、「ソウボウ」って名づけちゃいそうですし。いや、地味か。

Amazonでショルダーバッグ購入。東京競馬場に行く為用。人気でおしゃれなブランドものより、馬券当たる軽いの。リュックサックも捨てがたいが

ショルダーバッグをAmazonで購入。東京競馬場に行こうぜと誘われまして。慌ててamazon、ショルダーバッグ。今まで使ってたリュックサック、おしゃれのカケラもなくすごい姿。どこのブランドか知らないけど。そんなリュックサックで東京競馬場に行ったら大変。競馬どころじゃない。人気でおしゃれなショルダーバッグより、ブランドものショルダーバッグより、馬券当たる軽いのくださいなとAmazon探して買いました。とってもオーソドックスなショルダーバッグです(どうですか、いかにも複勝馬券が好きって感じしますでしょ?←なんのこっちゃい。東京競馬場で、人気でおしゃれに爆発ですよ)。

三連単、100円が2000万円馬券なヴィクトリアマイル。的中者少数。当てた人にミナレットすごい。東京競馬場で当てたら、確実に行くであろう場所はここ

三連単、100円が2000万円馬券になったヴィクトリアマイル。万馬券も万馬券。万馬券の王者でございます。的中者は当然少数。当てた人に最低人気で3着のミナレット(スズカマンボ産駒・江田照男騎手)すごい。さて、もしそんな2000万馬券を当てられた場合、それも東京競馬場で当てたら、確実に行くであろう場所はここだろうなとちゃんと妄想した話を(ちゃんとって、何?)。2015年5月17日(日)、ドエライ馬券が東京競馬場で生まれていた。GIヴィクトリアマイル・芝1600mの一戦。1着・ストレイトガール(フジキセキ産駒・戸崎圭太騎手)2着・ケイアイエレガント(キングカメハメハ産駒・吉田豊騎手)3着・ミナレット(スズカマンボ産駒・江田照男騎手)5番人気→12番人気→18番人気(最低人気)で決着。

アンドリューベイヤー『競馬探究の先端モード』のブックオフにおけるカテゴリ分けは「趣味・就職ガイド」。馬券師・予想家養成コースかいな〜

アンドリューベイヤーの競馬予想本を読んでいます。アンドリューベイヤーはスピード指数の人と思い込んでたのですが、アンドリューベイヤーが指数を出すために様々なファクターを見立てていたとは……。意外だな。そんな話を読んで、想像と違ったと思っていたとき思い出した、アンドリューベイヤーの競馬本、ブックオフでいくらで買ったんだっけ? アンドリューベイヤー『競馬探究の先端モード』の値札シールを見ましたら、お安く買ってました。そしてびっくり。アンドリューベイヤー『競馬探究の先端モード』のブックオフにおけるカテゴリ分けは「趣味・就職ガイド」になってる! いやはや、ブックオフさん、馬券師・予想家養成コースかいな〜(絶対に違う)。

2015年の競馬予想、馬券振り返り。回収率100%越えで終了。2016年は3連複フォーメーションに手を出したい

2015年の競馬予想、馬券振り返り。2015年の馬券は、回収率100%越えで終了。ブログに書いた競馬予想は、106レース予想の49レース的中。複勝的中率46%ちょい・本命の複勝回収率が95%ちょい。儲け出てないので駄目予想でありますが……。見直しの効く競馬予想はできたかな。2016年の競馬予想、馬券は3連複フォーメーションに手を出したいです。本命の複勝的中率が4割5割ありますから、そこから3連複のフォーメーションを組んでみてどうなるかと。

競馬を始めたきっかけは、植島啓司『偶然のチカラ』『生きるチカラ』を読んだことから。しかし、競馬新聞を始めた人もいたとは、びっくり【馬券】

競馬を始めたきっかけは、ロト6の研究に飽きてたとき、植島啓司『偶然のチカラ』『生きるチカラ』を読んで、競馬予想、馬券のほうがうまくいくと考えたところから。実際、競馬を馬券を始めたのは正解でした。ロト6に罪はないけど、データの見方を考えたり、レースを分析する楽しみは競馬のほうが圧倒的に勝る。とある馬券本読んでてびっくりしたのは、植島啓司さんの話で競馬新聞を始めた人がいたのですよ……。お金かけて仕事始めちゃうわけです。びっくり。人生、何が影響するのかわからないけど、今まで知って来たことがなければ影響も受けないという感覚も不思議なものでありますけど……。競馬新聞始めちゃう?様々な要素がからみあってる部分はありますが、自分が競馬を始めた、やってみようかなと考えたきっかけは植島啓司さんの新書『偶然のチカラ』『生きるチカラ』(集英社新書)を読んだことだったりします。