競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

競馬予想

競馬予想・2020.5.23【東京競馬場・京都競馬場・新潟競馬場】

 

競馬予想・京都競馬場・1レース・3歳未勝利(ダート1800m)

本命・クリノティファニー(自信度・☆)

 

ゴールドシップ産駒の芝からダート変わり。ゴールドシップ産駒は今のところ芝大好きみたいで、ダート走ってる馬あまりいないのですが、クリノティファニーは母父・サウスヴィグラス。ダートはこなすでしょう。前々走、スローペースからインで脚を溜めて行って、上がり3ハロン33.9秒。0.3秒差つけられたが、一つ上の着順だったアドマイヤミランダは次走、芝4着ののち、ダート変わり(中京ダ1800m)で1着。馬場の湿り気を味方につけたところはあったものの、2着馬に6馬身差着けて、勝ち上がり。ティファニーの馬券入れ買えるくらいのお金ください。

 

相手・スズカスペクトル・ラボンダンス・ヴェニュセマース・ウインクルジニー・アプレラプリュイ・サンマルキャンディー・ラナウェリナ。

 

大穴なら、アプレラプリュイ(トランセンド産駒)。

 

ラブカレン(カレンブラックヒル産駒)のダート替わりどうだろうと思ったが、

 

スポンサーリンク




競馬予想・東京競馬場・1レース・3歳未勝利(ダート1600m)

本命・セルフィー(自信度・☆)

 

東京の馬場は稍重か重か。セルフィーは+200mの距離延長。前走はかなり乾いた馬場で、テン3ハロン36.1秒→上がり3ハロン37.7秒。テン早+上がり早な競馬。逃げ馬、タマモエクランが飛ばす中、ハイペースに巻き込まれないように用心しつつの道中。抑え込みまくってるので、他馬が追い抜いて行って位置を少し下げてる(通過順位4-5→2着で、いわゆるVライン馬)。レース映像見ると、抑えてはいるものの早いペースに引っ張られて走ってるところはあるように映る。

 

それでも、直線は垂れずに2着。勝ったトリッチトラッチはハイペースとはあまり関わらないで競馬したゆえの勝ちと言える。強い競馬をしたのは、セルフィー。ただ、馬場が渋ってどこまでプラスになるかは?

 

相手・キク・ドリームバンドーム・トップブランド・ココリミネルヴァ・ルミナスナイト・キャンディダム・スティルアリス。

 

気になったのは、ドリームバンドーム(トゥザグローリー産駒)。

前走の上がり3ハロン36.8秒はかなり早い。ただ、馬場か渋ったときはマイナスになりそうな脚質かと。ヒモでドリームを見るのがいいかと(おっさんギャグ過ぎだろ)。

 

スポンサーリンク




競馬予想・新潟競馬場・2レース・3歳未勝利(ダート1800m)

本命・フォギーデイ(自信度・☆☆)

 

前走は、小雨降る稍重馬場。スタートで派手につまづく。脚を繋いで行って、前目へ。6番枠からも内から出て来る馬が3頭いて雁行状態で1角入っていこうとする。フォギーデイは内に3頭いるのを嫌ってどうにか曲がる前にぽっかり空いた内に入れて行こうとする。内へ入れられた。距離ロスは少し防げたものの、遠心力はかなりかかって力の入ってる騎乗は見て取れる。負荷はかかってる。向正面で抑え込んで、クビ上げる。テン3ハロン少し早め。まくっていく馬がいて、中間も少し早め継続。

 

3角。外に出せそうか伺い、手を打つも壁で出せず。直線は内を突いて行って伸びて、3着まで上がる。フォギーデイの上がり3ハロン39.4秒。

 

脚を整えて競馬できなかったけど、脚は見せましたという前走。勝浦騎手の脚の整えっぷりを見るレース。

 

相手・カリカンテ・グッドフェイム・プラチナカフェ・シェーン・ミルフィリア・ロニセラ・ワンダーシエンプロ。

 

シェーンの気になるところは、ずっと湿った馬場走ってるところ。

 

スポンサーリンク




競馬予想・京都競馬場・2レース・3歳未勝利(ダート1200m)

本命・フルールドネージュ(自信度・☆☆)

 

大外枠に行ったのは引っかかるところではある。ただ、前走のテン3ハロン35.3秒は3歳未勝利としてはかなり早いラップ。2月末の新馬戦より馬体重が増えたのがプラスに働いたと思われる。初戦も距離ロスの多い競馬をして力は見せてた。

 

例えば、レシステンシアの桜花賞。例えば、モズスーパーフレアの高松宮記念。テンに脚のある馬の大外枠は先行しようとする馬を牽制しつつ前目に行けるので、武器になることがある。フルールドネージュのテンの早さは大外枠から内へ切れ込む際に武器になる可能性はあり、15番枠でも気にしなくって良いかと。内から擦られてしまう可能性もあるけれど、上がりも37.5秒としっかり出せており、問題はない。

 

相手・ドーン・タマモベネチア・フチサンメルチャン・ヴィータブリランテ・ラスティングラヴ・ニホンピログルーヴ

 

スポンサーリンク




 

競馬予想・東京競馬場・2レース・3歳未勝利(ダート1400m)

本命・ニシノリーチキング(自信度・☆☆)

 

大外枠。脚を溜めるよりその場その場で使う方がいいタイプでプラスかと。前走はかなり乾いた良馬場を逃げ馬・アイアムスゴスギルがテン3ハロン35.3秒でぶっ飛ばす展開を自身は35.7秒の3番手先行で追いかける形。3角-4角は内2頭外目をきっちり回る。それでいて、上がり3ハロンは38.0秒、垂れずの2着。この枠からであれば、馬場が渋るのもプラスに変えられる(内枠からで外から入ってこられて、脚溜める形に持っていかれるとよくないってことです)。

 

相手・アルファシップ・ディランズソング(前走、ドスローの上がりありタイプ)・グシチャンノカゼ・エンリグロリア・マイネルピカソ(馬場か渋るのはプラス)・アイガーテソーロ・イデアイホマジョル

 

グシチャンノカゼの名前も気になるけど、鞍上・川田将雅というのも結構気になる。

 

競馬予想・新潟競馬場・3レース・3歳未勝利(ダート1200m)

本命・ヴェーラ(自信度・☆)

 

前走、大外枠からテン3ハロン早く行けて距離ロスのあったヴェーラを取りますか? それとも、前走大外枠から行って、上がりの早かったクサヒバリを取りますか? それより僕と踊りませんかというレース(知らんがな)。

 

新潟の馬場が稍重発表されているけど、どのくらい乾くか。少し湿り気のある良馬場で開催と読んで、馬場水分量使ってテン早いヴェーラ本命。前走はかなり乾いた馬場をテン3ハロン34.1秒。このラップは3歳未勝利としては早い数字。

 

相手・キモンルビー・スリーハーバー・クサヒバリ(距離ロスなく走れそうなのはプラス)・スイスライツ・アルカウン・トマティーナ(前走、不利な1番枠からで3角過ぎ、垂れて来る馬を避けるのに手間かかってる)。

 

競馬予想・京都競馬場・3レース・3歳未勝利(芝1400m)

本命・エアリーフローラ(自信度・☆)

 

テン3ハロン→中間ラップの早かった、ダブルアンコール、エアリーフローラ、マーヴェラスジーン。どの馬も競馬場は違うが、芝1600mからの距離短縮。この3頭の中で一番負荷がかかってた馬はどの馬かというと、本命のエアリーフローラ。スタート後自ら軽く促してテン3ハロン34.5秒。続けて「11.7-12.1秒」と早いまま継続。直線、思いっきり垂れずの上がり3ハロン35.5秒。

 

ただし、骨折8ヶ月の休養放牧明け(負荷のかかり過ぎたレースだけあって、同じレース走ったイオウゼンも骨折)。

 

調教の数字を見る上では問題はなさそう。200mの短縮はテンの速い馬だけに大歓迎。

 

相手・シゲルカリプソ、メイショウゲンセン、メメモンロー、ダブルアンコール、メモリーオブブルー、ヤマニンボンモマン、マーヴェラスジーン。

 

テン早かった距離短縮組で1・2・3着の可能性もありそう。

 

 

 

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!

 

ひとつよろしく


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

-競馬予想
-, , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.