競馬レース映像分析ネタ

京成杯オータムハンデキャップ2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

京成杯オータムハンデキャップ 競馬予想 過去

 

京成杯オータムハンデキャップ2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

京成杯オータムハンデキャップ2019(G3)。中山競馬場・芝1600mで行われます。ハンデキャップと名付けられてる通り、ハンデ戦。1着賞金は3900万円。その昔は東京競馬場で行われてたものの、現在は中山・芝1600m。

 

京成杯オータムハンデキャップの行われる、中山競馬場・芝1600mは大外枠がコース形態としては不利。とことんきっちり外目を走られさて直線を迎えるコース。コース形態の不利を克服すれば強いというコースでも。

 

2019年の京成杯オータムハンデキャップ。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の京成杯オータムハンデキャップのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 買いデータはあるか? 荒れるか荒れないか京成杯オータムハンデキャップ。

 

京成杯オータムハンデキャップの歴代優勝馬・勝ち馬はシンボリインディ・ゼンノエルシド・ブレイクタイム・マイネルモルゲン・ステキシンスケクン・キングストレイル・キストゥヘヴン・ザレマ・ファイアーフロート・フィフスペトル・レオアクティブ・エクセラントカーヴ・クラレント(新潟開催)などなど。

 

スポンサーリンク




京成杯オータムハンデキャップの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

京成杯オータムハンデキャップの競馬予想、参考データと言っても、過去の京成杯オータムハンデキャップのレース映像分析ではありません。過去の京成杯オータムハンデキャップの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の京成杯オータムハンデキャップのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。敗因・勝因はレース映像にあります。展望に役立てましょう。

 

京成杯オータムハンデキャップで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ロードクエスト・グランシルク・ミッキーグローリー。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の京成杯オータムハンデキャップで馬券になったのか。トントゥワン・ガリバルディ・カフェブリリアント。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。買い目に入れられる激走馬を探せ。

 

過去のレース映像データを使った、京成杯オータムハンデキャップ競馬予想2019【消去法】みたいなもの

京成杯オータムハンデキャップ 過去データ分析

京成杯オータムハンデキャップのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に京成杯オータムハンデキャップというレースが行われなければ、データも生まれない。過去に京成杯オータムハンデキャップが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。3連複・3連単・単勝・複勝・ワイドとどんな馬券の買い方にも関わることかと思います。

 

京成杯オータムハンデキャップの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも京成杯オータムハンデキャップの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の京成杯オータムハンデキャップで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の京成杯オータムハンデキャップで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。軸馬・本命がきっちり決まる年だといいのですが。

 

2019年の京成杯オータムハンデキャップの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

京成杯オータムハンデキャップ2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

京成電鉄完全ガイド (NEKO MOOK)

2018年京成杯オータムハンデキャップ・レース過去結果データ

 

京成杯オータムハンデキャップ2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.5-10.7-11.5/12.2-11.2/11.4-11.5-11.4

 

1着・ミッキーグローリー(1番人気・ルメール騎手・馬体重550kg)

2着・ワントゥワン(3番人気・戸崎圭太騎手・馬体重446kg)

3着・ロジクライ(2番人気・浜中俊騎手・馬体重512kg)

 

京成杯オータムハンデキャップ2018・オッズ・過去配当結果

京成杯オータムハンデキャップ2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 330円

複勝 10・140円/14・180円/2・130円

 

スポンサーリンク




京成杯オータムハンデキャップ2018・1着・ミッキーグローリー【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年京成杯オータムハンデキャップ1着、ミッキーグローリー(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、阿武隈ステークス(福島競馬場・芝1800m)でした。枠順は、3番・1着。内田博幸騎手。

 

馬場状態・重寄りの稍重馬場

レースラップ・12.7-11.0-11.8/11.8-12.0-12.0/11.9-12.0-12.7

 

ミッキーグローリーは、3枠3番からスタート。スタート良いも強目に押さえ込んで行く。中団後方インあたりにミッキーグローリー。1角入るまでに、外から入ってきたデルマサリーチャンに少しこすられてる。スタートから押さえ込んでじっくり競馬しようとしていた目論見が削られたシーンかと。

 

逃げて行ったのは、プレミオテーラー。テン3ハロンを35.5秒。馬場の湿りが重に寄ってる感じからすると少し早い逃げ。ミッキーグローリーのテン3ハロンは、36.9秒。

 

1角-2角。ミッキーグローリーはデルマサリーチャンにこすられつつ、内1頭空けて回っていく。

 

向正面。そこそこ早く流れたラップは残り1200mで早くなり、持続していく展開。ミッキーグローリーは残り1000m付近から外目に出して追い出し始める。ミドルペースと表記されることが多い流れだろうが、福島芝1800m(重寄り馬場・1600万下・現、3勝クラス)としてはハイペースである。

 

3角-4角。ミッキーグローリーは内2頭外を回っていく。

 

直線。ミッキーグローリーは一杯に一杯に追って追って、一瞬、2着エマノンに交わされるかもと思うも再び伸びてゴール。1着。ミッキーグローリーの上がり3ハロンは36.3秒。

 

京成杯オータムハンデキャップ2018最終追い切り・

美浦坂路 稍 51.8-37.9-25.1-12.8 馬なり余力

 

※【京成杯オータムハンデキャップ2018・過去結果データメモ】ミッキーグローリーの斤量は、阿武隈ステークスから1キロ減。55キロ。ミッキーグローリーの前走は、気持ち早めなペース+1角入るまでにこすられる+中間ペース早い+早く流れたペースを追いかけまくってく(=脚を早く使い始めるということ)+外目走り+一杯に追ったが上がり3ハロン36.3秒。重寄りな馬場で、早いペースで上がり3ハロン36.3秒は結構早い部類。

 

京成杯オータムハンデキャップ2018・2着・ワントゥワン【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年京成杯オータムハンデキャップ2着、ワントゥワン(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、関屋記念(新潟競馬場・芝1600m)でした。枠順は、10番・2着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-10.6-11.2/11.5-11.5/11.2-11.0-12.2

 

ワントゥワンは、6枠10番からスタート。まずまずのスタート。押さえて後方から進めて行くワントゥワン。下がります、下がります。

 

逃げて行ったのは、エイシンティンクル。テン3ハロン34.2秒。かなり早い逃げ。ワントゥワンのテン3ハロンは36.8秒。エイシンティンクルとの差はいうまでもなく、位置取り。

 

向正面。エイシンティンクルの逃げは、緩まず。そこそこ早いラップを継続して行く。引き続き、ワントゥワンは後方で押さえつつ。定位置でございます。

 

3角-4角。インベタで走りつつも、ワントゥワンは徐々に外目へ出して行く。

 

直線。追い出せる位置を確保し、少しずつ追う力を強く激しくして行き、追い込んで行くワントゥワン。ラスト100mは追って追って乗せたスピードをムチ入れ連発で維持するような追い方でゴール。1着・プリモシーンを交わせなかったがワントゥワンは2着入線。上がり3ハロン32.8秒。

 

京成杯オータムハンデキャップ2018最終追い切り・

栗東ポリトラック 良 65.0-50.4-37.0-11.5<7>馬なり余力

 

※【京成杯オータムハンデキャップ2018・過去結果データメモ】ワントゥワンは関屋記念から斤量1キロ減。53キロ。前走はテンの速さが維持され続ける中を後方一気なワントゥワン。スローペースでの上がり3ハロン32.8秒ではないので、当然評価できる内容。ただし、本命で買うより印はそれ以下で考えてるほうが脚質的にいいタイプ。

 

引退するまでにワントゥワンをコーナー4つの芝2000mで数度走らせて欲しかったなぁ。コーナー2つにおける強烈な末脚は、コーナー4つの方がより具合良くなることが多いから【距離延長を考える基本】。

 

余談を書くと、京成杯オータムハンデキャップの行われる、中山・芝1600mはコーナー3つ。

 

関屋記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

 

スポンサーリンク




京成杯オータムハンデキャップ2018・3着・ロジクライ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2018年京成杯オータムハンデキャップ3着、ロジクライ(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、中京記念(中京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、12番・2着。浜中俊騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.7-11.0/11.5-11.7/11.7-11.6-12.0

 

ロジクライは、6枠12番からスタート。スタート好発も押さえつつ。外からゴリゴリに出して出して行く、ウインガニオンに引っ張られそうになりつつ、ロジクライの前に一瞬だが入ってこられる。先行ポジションで進む。

 

逃げ馬はウインガニオン。テン3ハロン33.8秒。いくら何でも中京芝1600m。早すぎる。ロジクライのテン3ハロンは34.8秒。これでもやや早いラップ。

 

向正面。飛ばし過ぎのウインガニオンの勢いは止まらず、早いまま流れてく。ロジクライは馬場の荒れた内を避けて、外目を押さえつつ追走して行く。4番手。

 

3角-4角。ロジクライは内2頭-3頭いる外をきっちり回って行く。

 

直線。ロジクライは手前変えつつ、内に切れ込む。マイネルアウラートにぶつかってる。そこから追って追って。伸びるもロジクライはグレーターロンドンに差される。3/4差の2着。上がり3ハロン34.9秒。

 

京成杯オータムハンデキャップ2018最終追い切り・

栗東坂路 不 51.1-37.5-25.0-12.7 末強目追う

 

※【京成杯オータムハンデキャップ2018・過去結果データメモ】ロジクライは中京記念からハンデ0.5キロ増。56.5キロ。前走は、テンかなり早め+ロジクライ自身のテンも早め+中間ラップ衰えず+コーナー外目周り+辛い流れでも上がり3ハロン34.9秒の脚が使えた。馬券の買い目から消す必要はない。

 

京成杯オータムハンデキャップ2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

プラレール S-54 京成スカイライナー AE形

2017年京成杯オータムハンデキャップ・過去レース結果データ

 

京成杯オータムハンデキャップ2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.5-10.9-11.2/11.2-11.3/11.5-11.6-11.4

 

1着・グランシルク(1番人気・田辺裕信騎手・馬体重504kg)

2着・ガリバルディ(11番人気・北村宏司騎手・馬体重504kg)

3着・ダノンリバティ(6番人気・松若風馬騎手・馬体重524kg)

 

スポンサーリンク




京成杯オータムハンデキャップ2017・オッズ・過去配当結果

京成杯オータムハンデキャップ2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 300円

複勝 6・140円/3・630円/13・300円

 

京成杯オータムハンデキャップ2017・1着・グランシルク【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ステイゴールド産駒)

2017年京成杯オータムハンデキャップ1着、グランシルク(オッズ・1番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、中京記念(中京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、6番・2着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.1-11.2/11.6-12.1/11.3-11.3-12.2

 

グランシルクは、3枠6番からスタート。スタートは出遅れではないが、気持ち後手なグランシルク。押さえつつ、押さえつつ。中団の外目から。

 

逃げて行ったのは、トウショウピスト。テン3ハロン34.7秒。結構早めの逃げ。グランシルクのテン3ハロンは36.3秒。

 

向正面。トウショウピストの逃げは「11.6-12.1」と中間ラップ緩む。グランシルクは内に2頭いる外を押さえつつ。脚貯めて行く。

 

3角-4角。グランシルクは内に2頭いる外から3頭いる外へ。

 

直線。馬場の悪いところをインベタで走るウインガニオン。外目に出したグランシルクは追って追って、追うも、届かず。2着。グランシルクの上がり3ハロンは34.4秒。

 

京成杯オータムハンデキャップ2017最終追い切り・

美浦W 重 66.2-51.4-37.6-12.5<5>馬なり余力

 

※【京成杯オータムハンデキャップ2017・過去結果データメモ】グランシルクは中京記念から斤量変わらずの56キロ。前走は、そこそこテン3ハロンの早い馬がいる中、中間はたるんだものの、外目をきっちり走って上がり34.4秒。馬券に入れないわけがない。ワントゥワンほど後方から進める馬ではないものの、外目、大外を回りたい馬。その分インを活かす競馬な馬にはハンデをあげてしまうところはある。

 

グランシルクタイプを馬券的に儲ける視点で言うと「今度こそは単勝!」で追いかけすぎない印を打つ方が無難。強烈な追い込み馬は、精神的に見栄を張ることにつながりやすいので注意した方がいい。

 

スポンサーリンク




京成杯オータムハンデキャップ2017・2着・ガリバルディ【過去データ】(オッズ・11番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2017年京成杯オータムハンデキャップ2着、ガリバルディ(オッズ・11番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、ダービー卿チャレンジトロフィー(中山競馬場・芝1600m)でした。枠順は、7番・9着。池添謙一騎手。

 

馬場状態・重馬場よりの稍重

レースラップ・12.8-11.6-11.8/12.0-11.8/11.5-11.6-11.6

 

ガリバルディは、4枠7番からスタート。発馬そこそこも押さえて、押さえて後方から進めるガリバルディ。

 

逃げ馬はクラレント。テン3ハロン36.2秒。少し遅めの逃げ。ガリバルディのテン3ハロンは37.6秒。

 

2角。内目を押さえつつ走るガリバルディ。ペースが上がらないので、詰まり気味の追走。窮屈感。

 

向正面。ペースは上がらない。ガリバルディは依然として押さえつつ。ロイカバードはノリさんの言うこと聞かずにかかる「ポツンはイヤダ」。ガリバルディはじわじわ外に出してロイカバードの後ろに着ける。

 

3角-4角。ガリバルディは2頭ほどいる外目から4頭半くらいいる外目へ豪勢に出して行く。

 

直線。大外へ出したガリバルディ。追い出すも途中からは追う力を弱める形でゴール。9着。ガリバルディの上がり3ハロンは34.1秒。

 

京成杯オータムハンデキャップ2017最終追い切り・

栗東CW 良 53.8-39.0-12.0<7>強目に追う

 

※【京成杯オータムハンデキャップ2017・過去結果データメモ】ガリバルディの斤量はダービ卿チャレンジトロフィーから変わらずの57キロ。前走は、ペースの上がらない中押さえつつの展開。中山芝1600mで3角-4角、位置取り大外回りではあかんぜよな直線の迎え方。それでいて、上がり34.1秒と言うのは馬場を考えると早い。

 

イメージとして、ワントゥワン、グランシルクよりも印を下げつつ押さえておく馬といえばいいか(どのレース後からそう言うイメージで見て行くか問題はあるのだけど)。

 

京成杯オータムハンデキャップ2017・3着・ダノンリバティ【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2017年京成杯オータムハンデキャップ3着、ダノンリバティ(オッズ・6番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、関屋記念(新潟競馬場・芝1600m)でした。枠順は、10番・3着。松若風馬騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.4-11.1-11.7/11.4-11.3/11.1-11.0-12.2

 

ダノンリバティは、5枠10番からスタート。好発。押さえつつ、先行して行くダノンリバティ。外から、ウインガニオンがじわじわ前に入ってきて窮屈な展開に。

 

逃げ馬はマルターズアポジー。テン3ハロン35.2秒。おおよそ標準あたり。ダノンリバティのテン3ハロンは35.9秒。

 

向正面。マルターズアポジーのペースは「11.4-11.3」とペースアップ。押さえつつ、窮屈になりつつもついて行くダノンリバティ。

 

3角-4角。内に1頭開ける形で回っていくダノンリバティ。少しずつ加速して行く。

 

直線。追い出し始めるダノンリバティ。騎手目線とレース映像目線は別物。微妙に進路を確保できなかったようで、鞍上は一度外に出そうを後続を伺う。しかし、内目を追い出して攻めて行く。ダノンリバティは追って追って、3着入線。上がり3ハロン33.6秒。

 

京成杯オータムハンデキャップ2017最終追い切り・

栗東坂路 良 54.1-39.2-25.6-12.4 馬なり余力

 

※【京成杯オータムハンデキャップ2017・過去結果データメモ】ダノンリバティの斤量は関屋記念と変わらずの56キロ。前走は、テンは早くなかったものの、中間から早くなって行く展開を、ウインガニオンにフタされつつ走った。それでいて、上がり3ハロン33.6秒は評価できる。

 

2017年の京成杯オータムハンデキャップで13番枠になったのは、外目を走ることになるとはいえ、フタされにくい枠、フタをしに行ける手段を得たとも言える。

 

京成杯オータムハンデキャップ2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

京成電鉄―昭和の記憶

2016年京成杯オータムハンデキャップ・過去レース結果データ

 

京成杯オータムハンデキャップ2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.5-11.2-11.4/11.3-11.6/11.7-11.5-11.8

 

1着・ロードクエスト(1番人気・池添謙一騎手・馬体重452kg)

2着・カフェブリリアント(6番人気・戸崎圭太騎手・馬体重452kg)

3着・ダノンプラチナ(2番人気・蛯名正義騎手・馬体重470kg)

 

京成杯オータムハンデキャップ2016・オッズ・過去配当結果

京成杯オータムハンデキャップ2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 280円

複勝 10・140円/3・330円/5・200円

 

京成杯オータムハンデキャップ2016・1着・ロードクエスト【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・マツリダゴッホ産駒)

2016年京成杯オータムハンデキャップ1着、ロードクエスト(オッズ・1番人気。血統・マツリダゴッホ産駒)の前走は、日本ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、7番・11着。岩田康誠騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.1-11.9/12.1-12.3-12.9/13.1-11.8-12.0/11.6-11.0-11.6

 

ロードクエストは、4枠7番からスタート。まずまずの発馬。強目に押さえつつ、押さえつつ後方へ。前に前に行きたい前々感あり。内からディーマジェスティが前に入ってきて、ロードクエストはブレーキ。それでも内目に入れて行きつつ1角入り。

 

1角-2角。インに潜り込んで強目に押さえていくロードクエスト。

 

逃げ馬は、マイネルハニー。内枠から逃げて行く。テン3ハロン35.6秒。おおよそ標準くらいのラップ。ロードクエストのテン3ハロンは37.8秒。

 

向正面。そこそこ流れて進むも、息を入れるハロンはあった。残り1000mから動いて行く。ロードクエストは前々感治らず、岩田騎手押さえ込むのに苦心してるのが見て取れる。

 

3角-4角。ロードクエストは引き続きインベタで回って行く。

 

直線。追い出したいがロードクエストの前は、とににもかくにも強固な壁。スピードに乗せて行くことができず、どんどん後手を踏む。残り200mからは流す形でゴール。ロードクエストは11着。上がり3ハロン34.2秒。

 

京成杯オータムハンデキャップ2016最終追い切り・

美浦W 良 68.8-52.5-38.3-13.1<7>馬なり余力

 

※【京成杯オータムハンデキャップ2016・過去結果データメモ】日本ダービーからはロードクエストの斤量は変わらず。55キロ。800mのコーナー減・距離短縮。前に前に行きたがってる、前々感のある馬の距離短縮は買い。前走のダービーはロードクエストにとって距離が長かったと言えそうだけど、道中、前に前に行きたいながらも脚を貯める騎乗をして直線追い出せる位置をうまいこと確保できなかったのは注目ポイントかと。1角入るまでにブレーキ踏んでるのもそこそこの負荷。

 

ロードクエストのNHKマイルは出遅れて3角で躓いてて、メジャーエンブレムの0.1秒差2着。馬柱的に買いやすさはあるけれども、レース映像を分析すれば自信は増幅するもの。

 

京成杯オータムハンデキャップ2016・2着・カフェブリリアント【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ブライアンズタイム産駒)

2016年京成杯オータムハンデキャップ2着、カフェブリリアント(オッズ・6番人気。血統・ブライアンズタイム産駒)の前走は、ヴィクトリアマイル(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、9番・15着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.3-10.4-11.1/11.9-11.5/11.4-11.3-11.6

 

カフェブリリアントは、5枠9番からスタート。それまでつけてたチークピーシーズを外して、初ブリンカー。好発もかなり強めに押さえて行くカフェブリリアント。先行ポジションの外目。

 

逃げて行ったのは、レッドリヴェール。テン3ハロン33.8秒。いくら何でも早すぎるラップ。暴走。カフェブリリアントのテン3ハロンは34.5秒。これでも早い先行。

 

向正面。さすがにレッドリヴェールの逃げは早すぎる。残り1000mで「11.9秒」と若干緩む。カフェブリリアントのかなり強めに押さえつつな追走は続く。

 

3角-4角。スタートからカフェブリリアントは先行ポジションで押さえ続けてたのだけども、レッドリヴェールが垂れてしまい、外目で前に壁もなかったカフェブリリアントが交わしてしまう。内に1頭半くらい外周り。レース映像を見るとよくわかるが、福永騎手の手綱はえらい短い持ち方になってる。残り800mからラップの刻みが早くなる。

 

直線。カフェブリリアントはしばらく粘るが、垂れて行く。15着。カフェブリリアントの上がり3ハロン37.0秒。

 

京成杯オータムハンデキャップ2016最終追い切り・

美浦W 良 68.4-54.0-39.4-12.9<6>ゴール前仕掛け

 

※【京成杯オータムハンデキャップ2016・過去結果データメモ】ヴィクトリアマイルからカフェブリリアントの斤量は1キロ減の54キロ。前走はブリンカーが効きすぎた感もあったかと。テン3ハロン暴走する馬をかなり押さえ込んで先行。カフェブリリアント自身のテン3ハロンも早目で追走。逃げ馬交わしてラップあげて。

 

2016年の京成杯オータムハンデキャップでカフェブリリアントはブリンカーを外してきた。テン3ハロン早くなりすぎた馬に引っ張られすぎた馬は要注意パターン(逃げ馬の大敗は気にしなくていいの変形)。ただし、本命の印を打つのは勇気がいる。

 

京成杯オータムハンデキャップ2016・3着・ダノンプラチナ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年京成杯オータムハンデキャップ3着、ダノンプラチナ(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、東京新聞杯(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、2番・4着。蛯名正義騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.7-11.4-11.9/12.4-12.2/11.2-11.0-11.3

 

ダノンプラチナは、2枠2番からスタート。一つ外のエキストラエンドがゴリゴリ出して行った影響もあってか、ダノンプラチナは出遅れ。後方から押さえつつの展開。

 

逃げて行ったのは、勝ち馬スマートレイアー。テン3ハロン36.0秒の逃げ。かなり遅め。ダノンプラチナのテン3ハロンは37.2秒。

 

向正面。スマートレイアーはラップを上げて行かず「12.4-12.2」と、スローペース、ヨーイドンのラインが引かれて行く。ダノンプラチナは外目を強目に押さえつつ走る。

 

3角-4角。内に2頭いる外をきっちり回って行く、ダノンプラチナ。じわじわと加速して行く。

 

直線。外目に出したダノンプラチナ。追って追うも、伸びるも4着まで。ダノンプラチナの上がり3ハロンは33.0秒。

 

京成杯オータムハンデキャップ2016最終追い切り・

美浦W 良 68.3-53.0-39.2-12.7<8>馬なり余力

 

※【京成杯オータムハンデキャップ2016・過去結果データメモ】ダノンプラチナの斤量は東京新聞杯から1キロ増。58キロ。前走は出遅れて+スローペース押さえて、外目周り。上がり3ハロン33.0秒。馬場に湿り気が残ってることを考えるまでもなく、早い上がり。

 

2016年の京成杯オータムハンデキャップ、ダノンプラチナは爪不安の7ヶ月放牧明け。強烈な追い込み馬。印を上げすぎないほうがいいタイプかと。

 

以上、京成杯オータムハンデキャップ2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

京成杯オータムハンデキャップ2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.