競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

競馬レース映像分析

京成杯2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

 

京成杯2020競馬予想。過去のレース結果を見る

京成杯2020(G3)。中山競馬場・芝2000mで行われます。3歳馬たちによるレース。1着賞金は3800万円。

 

2020年の京成杯。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の京成杯のレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか京成杯。

 

京成杯の歴代勝ち馬・優勝馬

ヤマニンセラフィム・ローマンエンパイア(以上、東京開催)、オースミブライト・マイネルビンテージ・ボーンキング・スズカドリーム・フォーカルポイント・アドマイヤジャパン・ジャリスコライト・サンツェッペリン・マイネルチャールズ・アーリーロブスト・エイシンフラッシュ・フェイトフルウォー・ベストディール・フェイムゲーム・プレイアンドリアル(川崎競馬所属)・ベルーフ・プロフェットなど。

 

スポンサーリンク




1着から3着馬の前走傾向をレース映像分析

京成杯の競馬予想、参考データと言っても、過去の京成杯のレース映像分析ではありません。

 

過去の京成杯の結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の京成杯のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬柱・出走表に書かれない激走買いデータをまとめます。

 

馬券になる前走は重要な過去データ

京成杯で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? コマノインパルス・ジェネラーレウーノ・ラストドラフト。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去の京成杯で馬券になったのか。ランフォザローゼス・コズミックフォース・ガンサリュート。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2020年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




京成杯競馬予想2020【過去レース映像消去法】

 

京成杯のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去に京成杯というレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去に京成杯が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

競馬予想・本命視? ヒモに入れる?

京成杯の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも京成杯の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の京成杯の前走を文字起こし

例えるならば、過去の京成杯で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2020年の京成杯の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

京成杯2019

2019年京成杯・レース過去結果データ

 

京成杯2019・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.8-10.9-12.5/12.0/12.9-13.0-11.8/11.8-11.4-12.1

 

1着・ラストドラフト(4番人気・ルメール騎手・馬体重456kg)

2着・ランフォザローゼス(番人気・マーフィー騎手・馬体重494kg)

3着・ヒンドゥタイムズ(7番人気・中谷雄太騎手・馬体重454kg)

 

オッズ・過去配当結果

京成杯2019・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 510円

複勝 7・180円/5・150円/2・440円

 

1着・ラストドラフト(オッズ・4番人気)

2019年京成杯1着、ラストドラフト(オッズ・4番人気。血統・ノヴェリスト産駒)の前走は、2歳新馬戦(東京競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、2番・1着。ルメール騎手。

 

スポンサーリンク




前走は、2歳新馬戦

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.0-11.9-12.8/12.9-12.8-12.7/11.5-10.9-11.1

 

ラストドラフトは、2枠2番からスタート。発馬決めるも、前に行きたい馬たちの様子を見つつ、抑えつつ。先行集団へ。

 

逃げて行ったのは、クーファピーカブー。テン3ハロン37.7秒。ドスローペース。ラストドラフトのテン3ハロンは38.3秒。同じく、ドスローペース。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いままを継続して行く。ラストドラフトは先行〜中団あたりを抑えつつ、折り合いつつ。

 

3角-4角。内1頭外を回りつつ、追い出しの準備をして行くラストドラフト。

 

直線。前が壁で、進路を突きつつ探して行く。前の馬が抜けて行った隙を突いて、追って追うラストドラフト。伸びて行く。ヒシイグアスが1馬身以上抜けて行ったものの、追って、伸びてゴール前アタマ差なれど交わしてゴール。ラストドラフト1着。上がり3ハロン33.1秒。

 

ラストドラフト・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京成杯2019・過去結果データメモ】ラストドラフトの斤量は2歳新馬戦から1キロ増の56キロ。前走のラストドラフトは、テン3ハロンドスロー。中間も早くはなって行かずな流れを走った。

 

発馬良かったものの、行きたい馬を待ちつつ先行集団へ。強めに抑えつつ、折り合って行く。コーナーの距離ロスは少なかったものの、直線、前が壁で追い出し始めるのが遅れる。追い続けられる時間が短くなったものの、抜け出した2着馬をゴール前差し切る。上がり3ハロン33.1秒、最速ではなかったものの、ドスローペースからの上がりとして評価できる数字。

 

(新馬戦は馬の力を見るのに他馬に行かせて<言葉悪く言えば、他馬の都合に付き合って>見るところがあるので、力のある馬が追い込みきれないこともあるので、注意して見たほうがいい。例えば、アーモンドアイの新馬戦)。

 

京成杯2019最終追い切り・

美浦P 良 66.5-51.5-38.2-12.7<8>馬なり余力

 

新馬戦、メイクデビューの予想方法。馬券の買い方、コツと傾向。情報、評価、調教、追い切り映像、強い厩舎、血統、パドック、能力試験動画【中央、地方】
新馬戦、メイクデビューの予想方法。馬券の買い方、競馬のコツと傾向。情報、評価、調教、追い切り映像、強い厩舎、血統、パドック、能力試験動画【中央、地方】

  新馬戦。メイクデビューの競馬予想方法。馬券の買い方、傾向攻略のコツ新馬戦出走馬のスケジュール、デビュー予定 ...

続きを見る

 

2着・ランフォザローゼス(オッズ・2番人気)

2019年京成杯2着、ランフォザローゼス(オッズ・2番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、葉牡丹賞(中山競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、6番・2着。モレイラ騎手。

 

スポンサーリンク




前走は、葉牡丹賞

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.5-11.1-12.0/12.2/12.3-12.1-12.1/11.9-11.4-12.0

 

ランフォザローゼスは、5枠6番からスタート。発馬決めて、抑えつつ前目を伺いつつ。外から入ってきたボスジラに少々脚を削られつつ先行して行く。

 

逃げて行ったのは、マイネルエキサイト。テン3ハロン35.6秒。少し早めのラップ。ランフォザローゼスのテン3ハロンは36.1秒。おおよそ標準くらいのラップ。

 

1角-2角。先行しつつ、内に1頭いる外を回って行くランフォザローゼス。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.2/12.3-12.1-12.1」とハイペースになって行く。ランフォザローゼスは先行ポジションを強めに抑えつつ追走して行く。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、ランフォザローゼス。たれ気味な馬が前にいて、吹かしつつ。

 

直線。トントントンと外目に振って行って、馬群を縫いつつ追い出せる位置を探して行く、ランフォザローゼス。内目に入れて行き、追って、追う。すんなり追い続けることはできなかったが、じわじわ伸びてきて、2着。上がり3ハロン35.2秒。

 

ランフォザローゼス・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京成杯2019・過去結果データメモ】ランフォザローゼスの斤量は葉牡丹賞から1キロ増の56キロ。前走のランフォザローゼスは、テン3ハロン少し早めで進み、中間ラップもハイペースな中、進んだレースを走った。

 

スタート決めて、様子伺いつつ先行して行く。外から入ってきた馬に若干脚削られつつ先行ポジションへ。中間ラップは垂れずハイペース継続。ランフォザローゼスは先行してついて行く。4つのコーナーの距離ロスは少な目。直線は馬群を縫いつつ伸びてくる。上がり3ハロン34.5秒の2着。

 

テン早+上がり早な馬。早いペースに前目でついて行って、直線も垂れず上がりあり。4角出口で追い出しが遅れ気味になったりもしていることを考えると、買い目から消してはいけないタイプ。

 

京成杯2019最終追い切り・

美浦W 良 54.9-41.0-13.4<7>馬なり余力

 

3着・ヒンドゥタイムズ(オッズ・7番人気)

2019年京成杯3着、ヒンドゥタイムズ(オッズ・7番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、2歳新馬戦(阪神競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、4番・1着。中谷雄太騎手。

 

前走、2歳新馬戦

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.1-11.8-12.7/13.2/12.6-12.4-12.0/12.0-11.2-11.7

 

ヒンドゥタイムズは、4枠4番からスタート。出遅れ。出脚が乗らず出して行く鞍上。出ムチも入れて、先行して行く。

 

逃げて行ったのは、ピンクキャンディー。テン3ハロン37.6秒。少し遅めの逃げ。ヒンドゥタイムズのテン3ハロンは38.1秒。

 

1角-2角。内に1頭外目を回って行く、ヒンドゥタイムズ。コーナー入ったくらいでラプタスに前に入られて、少々しんどいコーナーに。

 

向正面。逃げ馬のペースは標準くらいから、ゴールが近づくにつれて早くなって行く感じで進む。ヒンドゥタイムズは先行の真ん中あたりで折り合いつつ。

 

3角-4角。逃げ馬のペースに合わせてラプタスが抑えて走ってること+両サイドに馬がいてヒンドゥタイムズの選択肢が少ない中、手応えありそうな鞍上の揺れ。4角入るくらいで、逃げ馬ピンクキャンディが外へ寄れる。ラプタスにぶつかる。隙間ができる。そこを突いて行くヒンドゥタイムズ。

 

直線。ラプタスがかなり外へ行ったこともあり、ヒンドゥタイムズは追い出せる位置を確保。追って、追う。残り200m過ぎて先頭に出て、後続に差をつける。強めに追いつつ、どの馬にも交わさせないままゴール。1着。ヒンドゥタイムズの上がり3ハロンは34.6秒の最速。

 

スポンサーリンク




ヒンドゥタイムズ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京成杯2019・過去結果データメモ】ヒンドゥタイムズの斤量は2歳新馬戦より1キロ増の56キロ。前走のヒンドゥタイムズは、テン3ハロン少し遅め→遅いハロンありつつも、残り600mに向かってじわじわ早くなって行く流れを走った。

 

ヒンドゥタイムズは出遅れスタート。初戦なこともあってか、スピードに乗っていけない。しかし、鞍上が促して先行。スピードに乗せたものの、1角からしんどい位置に入って行く(出脚の遅い馬をどうにか促してスピードに乗せたはいいものの、追走がしんどくなる位置にはまってしまうパターン)。

 

距離ロスは少なめも、前を走るラプタスが逃げ馬のペースに合わせて行ってて、そのペースとヒンドゥタイムズが走りたいペースが噛み合ってないように見えるシーンがある。直線までその位置が続くと思えば、逃げ馬が4角入り口で寄れてラプタスを外に振ってしまう。その隙を狙って、ヒンドゥタイムズは追い上げて行って1着。上がり3ハロン34.6秒の最速。

 

この上がり34.6秒が一見遅いように見える方もいるかもしれないが、ドスローまでペースが落ちなかった中での上がりとしてはかなり早い数字である(上がり34秒台はヒンドゥタイムズだけ。ヒンドゥタイムズを困らせてたラプタスは芝でさっぱりもダート短距離替わりで連勝)。

 

この手のタイプがいたらヒモに入れましょう。

 

京成杯2019最終追い切り・

栗東CW 稍 85.5-69.6-54.4-40.4-12.7<6>馬なり余力

 

日本の私鉄 京成電鉄

 

京成杯2018

2018年京成杯・レース過去結果データ

 

京成杯2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.5-10.7-12.2/11.8/12.5-12.4-12.1/12.5-12.3-12.2

 

1着・ジェネラーレウーノ(1番人気・田辺裕信騎手・馬体重496kg)

2着・コズミックフォース(2番人気・戸崎圭太騎手・馬体重476kg)

3着・イェッツト(6番人気・蛯名正義騎手・馬体重468kg)

 

オッズ・過去配当結果

京成杯2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 350円

複勝 15・150円/5・150円/1・320円

 

1着・ジェネラーレウーノ(オッズ・1番人気)

2018年京成杯1着、ジェネラーレウーノ(オッズ・1番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)の前走は、葉牡丹賞(中山競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、6番・1着。田辺裕信騎手。

 

前走は、葉牡丹賞

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.5-12.3/12.7/12.9-12.4-12.0/11.7-11.3-12.0

 

ジェネラーレウーノは、6枠6番からスタート。発馬決めて、出して行って前目へ。逃げて行く。ジェネラーレウーノのテン3ハロンは36.4秒。少し遅めの逃げ。

 

1角-2角。抑えつつ、逃げて行くジェネラーレウーノ。後続を引き連れて。

 

向正面。ジェネラーレウーノの逃げは、1ハロン遅くなるものの、あとは標準くらいで進み、残り800mから少しだけペースアップしていく。抑えつつ、追走して行く。

 

3角-4角。インベタで逃げて行く、ジェネラーレウーノ。じわじわ促して行く。

 

直線。追って、追う。ジェネラーレウーノ。逃げ残りを狙って行く。マイネルファンロンが競りかけて来る。進路を内目で探していたシャルドネゴールドが外目に進路を見つけて追い込んで来る。追って、追うジェネラーレウーノ。スピードに乗ったシャルドネゴールドが急激に迫って来るも、ジェネラーレウーノはハナ差交わさせずゴール。1着。上がり3ハロン35.0秒。

 

ジェネラーレウーノ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京成杯2018・過去結果データメモ】ジェネラーレウーノの斤量は葉牡丹賞から1キロ増の56キロ。前走のジェネラーレウーノは、テン3ハロン少し遅め→中間ラップは標準から残り800mから少し早くなって行く中、走った。

 

初チークピシーズ装着。ジェネラーレウーノスタートから出して行って少し勢いに乗せつつ、逃げて行く。テン3ハロンは36.4秒と少し遅め。中間ラップも早めに振れたのは残り800mあたりからで、スローの逃げとまでは言い切れない逃げだった。中山芝2000mを逃げるにしてはちょっと遅い逃げ。直線は上がり3ハロン35.0秒と垂れなかった。

 

相手関係にもよるが、印は回したほうがいいタイプ。

 

京成杯2018最終追い切り・

美浦W 良 52.0-37.5-12.7<7>直強目追う

 

2着・コズミックフォース(オッズ・2番人気)

2018年京成杯2着、コズミックフォース(オッズ・2番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、2歳未勝利戦(東京競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、4番・1着。ルメール騎手。

 

前走は、2歳未勝利戦

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-11.8-12.7/12.5/13.0-12.6-12.5/11.5-11.3-11.8

 

コズミックフォースは、4枠4番からスタート。出遅れた訳ではないが、内へ寄れつつ発馬。行きたい馬を行かせるために強めに抑えつつ、先行して行く。

 

逃げて行ったのは、トーセンクリーガー。テン3ハロン37.4秒。少し遅い逃げ。コズミックフォースのテン3ハロンは37.7秒。

 

2角。内3頭外→2頭外あたりで回って行く、コズミックフォース。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いまま推移。残り800mで標準くらいに近づく。コズミックフォースは先行の真ん中あたりを抑えつつ、折り合いつつ。

 

3角-4角。コズミックフォースは内1頭外を回って行く。抑えつつ。

 

直線。4番手5番手。進路を探しつつ、じわじわ追って行く。なかなか伸びずにいたが、内に追い込める進路を見つけて、追って追って、追う。トーセンクリーガーが粘っていたが、残り100mくらいでコズミックフォース先頭に立つ。そのまま、後方からの追い込み許さずゴール。1着。コズミックフォースの上がり3ハロン34.3秒。

 

コズミックフォース・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京成杯2018・過去結果データメモ】コズミックフォースの斤量は2歳未勝利戦より1キロ増の56キロ。前走のコズミックフォースは、テン3ハロン少し遅め→中間も少し遅めな中のレースを走った。

 

スタート後、行きたい馬を行かせて先行ポジションに向かったが、抑え込むのに2角で距離ロスしつつ走って行った。他馬の都合を通させた負荷はそこそこ発生。道中は先行しつつ抑えんで折り合って。ペースは少し遅いくらいでドスローまでは突入してないペース。3角-4角、距離ロス少なめで回ってきて、直線は追い出せる位置を探すのに少々手間。内目に進路を見つけてせめて伸びて来る。上がり3ハロン34.3秒。スタート後の手間を考えると、評していい上がり。

 

京成杯2018最終追い切り・

美浦W 良 83.6-67.5-53.4-39.6-13.2<8>馬なり余力

 

3着・イェッツト(オッズ・6番人気)

2018年京成杯3着、イェッツト(オッズ・6番人気。血統・カンパニー産駒)の前走は、2歳新馬戦(中山競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、6番・1着。和田竜二騎手。

 

前走は、2歳新馬戦

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.9-12.6-12.7/13.2-12.6-12.6/12.4-11.4-11.3

 

イェッツトは、3枠6番からスタート。発馬決めて、軽く促して行ってスピードに乗せて行く。先行集団の内目に入れて行く。

 

逃げて行ったのは、リベラシオン。テン3ハロン38.2秒。遅い逃げ。イェッツトのテン3ハロンは38.9秒。ドスローペース。

 

1角-2角。内に1頭外を回って行くイェッツト。抑えるというよりは、スピードに乗せて行く感じ。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いままで推移して行く。道中もイェッツトは促しつつ走って行ってる感あり。先行集団の真ん中。

 

3角-4角。3角入ったあたりで気合を入れられるイェッツト。内1頭外を回って行く。

 

直線。入り口付近で前が開けて、追って追って、追うイェッツト。内で2着馬・ホリデーモードが粘るも交わす。追って、伸びるイェッツト。交わさせずゴール。1着。上がり3ハロン34.8秒。

 

イェッツト・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京成杯2018・過去結果データメモ】イェッツトの斤量は2歳新馬戦から1キロ増の56キロ。前走のイェッツトは、テン3ハロン遅め→中間ラップも遅めで推移したレースを走った。ドスローなペースでの競馬。

 

スタートから出して行って、スピードに乗せて先行して行ったイェッツト。ドスローな道中、促していないとついて行けない点は引っかかるが、それでも直線追って、伸びての上がり3ハロン34.8秒の最速。本命にするのは心細いものの、ヒモには塗っておきたいタイプ。

 

京成杯2018最終追い切り・

美浦北C 良 86.1-69.4-53.9-39.6-12.8<5>馬なり余力

 

京成電鉄 空港特急 [DVD]

 

京成杯2017

2017年京成杯・過去レース結果データ

 

京成杯2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.2-13.1/12.1/12.6-12.2-12.4/12.2-12.0-12.1

 

1着・コマノインパルス(1番人気・田辺裕信騎手・馬体重462kg)

2着・ガンサリュート(7番人気・北村友一騎手・馬体重506kg)

3着・マイネルスフェーン(3番人気・柴田大知騎手・馬体重442kg)

 

オッズ・過去配当結果

京成杯2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 380円

複勝 8・140円/11・360円/2・190円

 

1着・コマノインパルス(オッズ・1番人気)

2017年京成杯1着、コマノインパルス(オッズ・1番人気。血統・バゴ産駒)の前走は、葉牡丹賞(中山競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、12番・2着。田辺裕信騎手。

 

前走は、葉牡丹賞

馬場状態・稍重に近い良馬場

レースラップ・12.3-11.3-12.7/12.2/12.5-12.4-11.7/11.9-12.1-11.9

 

コマノインパルスは、8枠12番からスタート。発馬決めて、抑えつつ後方の外目につけて行く。

 

逃げて行ったのは、アルミューテン。テン3ハロン36.3秒。おおよそ標準くらいの逃げ。コマノインパルスのテン3ハロンは37.6秒。

 

1角-2角。外枠からもあって、内目には入れず、後方の内2頭外を回って行く、コマノインパルス。

 

向正面。逃げ馬は飛ばして行って、超ハイペースに振って行く。コマノインパルスは後方の外で折り合いつつ、抑えつつ追走して行く。

 

3角-4角。軽く促しつつ、内2頭外→3頭外→4頭外へ出して行く。

 

直線。大外回したこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追うコマノインパルス。伸びて伸びてたところ、外からレイデオロに追い抜かれる。コマノインパルス2着入線。上がり3ハロン35.3秒。

 

コマノインパルス・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京成杯2017・過去結果データメモ】コマノインパルスの斤量は葉牡丹賞から1キロ増の56キロ。前走のコマノインパルスは、テン3ハロン標準で進み中間ラップからハイペースになって行く流れのレースを走った。

 

大外枠もありコマノインパルスは内へ入れて行けず、後方の外からの競馬に。距離ロス抱えつつ、早くなっていくペースに釣られないように折り合って、3角-4角も距離ロス抱えて、直線はレイデオロに交わされたものの、上がり3ハロン35.3秒の2着。稍重よりな馬場、距離ロスを考えても強い競馬をしている。当然のように人気になるタイプだが、消していいところはない。

 

京成杯2017最終追い切り・

美浦W 良 69.2-55.2-40.4-13.2<6>ゴール前仕掛け

 

2着・ガンサリュート(オッズ・7番人気)

2017年京成杯2着、ガンサリュート(オッズ・7番人気。血統・ダノンシャンティ産駒)の前走は、2歳未勝利戦(京都競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、2番・1着。川田将雅騎手。

 

前走は、2歳未勝利戦

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.2-11.4/11.8-12.1-12.0/11.7-12.1-12.3

 

ガンサリュートは、2枠2番からスタート。発馬まずまず。抑えつつ、先行して行く。

 

逃げて行ったのは、オーサムバローズ。テン3ハロン35.2秒。早い逃げ。ガンサリュートのテン3ハロンは35.5秒。このラップでも少し早い先行。

 

向正面。逃げ馬のペースは超ハイペースに振れて行く。「11.8-12.1-12.0」早い。内に追走していたガンサリュートは外に出して行く。抑えつつ、先行の外目。

 

3角-4角。内に2頭外をきっちり回って行く、ガンサリュート。

 

直線。外目回ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追って追う。残り200mを切って先頭に立つガンサリュート。外からハローユニコーンが追い込んで来るも交わさせずゴール。1着。ガンサリュートの上がり3ハロン36.0秒。

 

ガンサリュート・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京成杯2017・過去結果データメモ】ガンサリュートの斤量は2歳未勝利戦から1キロ増の56キロ。前走のガンサリュートは、テン3ハロン早め→中間ラップもゆるまず超ハイペースになったレースを走った。

 

発馬決めて、先行。テン3ハロンから中間から超ハイペースな流れをガンサリュート自身も早いペースでついて行った。3角-4角距離ロスを抱えつつも直線は追って伸びて伸びての上がり3ハロン36.0秒。テン早+上がり早な馬。強い。コーナー増の距離延長にも対応できる馬多し。

 

2歳時、3歳時の競馬でテン早+上がり早な馬は軽視しないほうがいい。

 

新馬戦はペルシアンナイト4着。2戦目はリスグラシューの2着。3戦目はカデナの2着。対戦相手が弱ければ、力が目立ってたであろう(こう言えるのは時間がだいぶ経過して言えることではあるのだけど、今後も似たような競馬をした馬が出て来ることはあるはず。温故知新。過去に起きたレース内容と関わりのあったことを覚えておくのは大切)。

 

京成杯2017最終追い切り・

栗東CW 重 84.3-68.1-52.2-37.9-12.0<5>馬なり余力

 

3着・マイネルスフェーン(オッズ・3番人気)

2017年京成杯3着、マイネルスフェーン(オッズ・3番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、ホープフルステークス(中山競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、11番・2着。シュミノー騎手。

 

前走は、ホープフルステークス

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.4-10.9-12.3/12.2/12.5-12.1-12.3/12.1-12.0-12.5

 

マイネルスフェーンは、7枠11番からスタート。出遅れ。挽回はせず、じわじわっと中団まで上がって行く。

 

逃げて行ったのは、ニシノアップルパイ。テン3ハロン35.6秒。標準から少し早めなラップ。マイネルスフェーンのテン3ハロンは36.8秒。

 

1角-2角。インベタで中団後ろあたりを回って行く、マイネルスフェーン。抑えつつ。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し早めで進む。残り800mで少し緩む。マイネルスフェーンは中団のインで折り合いつつ、脚を溜めつつ。

 

3角-4角。前を走っていた、エンドゲームの脚がなくなり、交わすのに手間かかりつつ、インベタで回って行くマイネルスフェーン。

 

直線。インを突く、マイネルスフェーン。追って、追って、追う。外から来たレイデオロに交わされるが、追って伸びて粘って2着。マイネルスフェーンの上がり3ハロンは36.0秒。

 

マイネルスフェーン・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京成杯2017・過去結果データメモ】マイネルスフェーンの斤量はホープフルステークスより1キロ増の56キロ。前走のマイネルスフェーンは、テン3ハロン標準〜少し早めで進み→中間ラップは少し早めで進んだレースを走った。

 

マイネルスフェーン、スタートで出遅れるもジワジワうちに入れていき、中団からの競馬。道中のペースは少し早めに流る中、インで脚溜めて行く。垂れて来る馬を交わしつつ、直線は内を突いて来ての2着。少し早く流れたレースでの結果は加点ポイント。距離ロスなく、内が空いてて突けた点は加点にならないが、今回の枠は2番枠であり似た競馬をされた場合は3着までに残れる前走内容。ヒモ・馬券の相手には入れて起きたいタイプ(何か不利を一つ二つ食らったら馬券外に飛ぶ可能性がある馬)。

 

京成杯2017最終追い切り・

美浦坂路 良 53.1-38.9-25.5-12.9 馬なり余力

 

京成電鉄の世界 (トラベルMOOK)

 

以上、京成杯2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!

 

ひとつよろしく


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

-競馬レース映像分析
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.