競馬

一口馬主は費用配当収支、赤字や大損ひっかかる。気になる乗馬

一口馬主は費用配当収支、赤字や大損ひっかかる。気になる乗馬

 

一口馬主は費用配当収支、赤字や大損ひっかかる。気になる乗馬

一口馬主やったらと言われるものの、赤字や大損ひっかかる。費用に配当に収支。いわゆる競馬とは目線が別になる。POGは毎年パス。馬券にでなく、競走馬に大金が投じられないと競馬はスタートしないのだが……。

 

実は、競馬に関わることで気になるのは乗馬だったりします。乗馬に、一口馬主にある赤字や大損はそうそうないでしょうし。

 

レース映像を見ることを、競馬予想のメインファクターにしてから、競走馬に騎乗した騎手の動作をぐりぐりに見るようになって、自分の中でデータ化しておきたいことが増えたのです。

 

すると、馬主よりも、POGよりも、実際騎乗していることにお金をかけたほうがいいよな、馬券が今より当たる材料を仕入れられるよなという感じになりまして……。実際、乗馬をやることろまではいきませんが……。

 

スポンサーリンク




馬券と一口馬主で気持ちを分けられない性格

一口馬主やPOGは赤字に大損の点もありますが、選んだ馬に対する甘めに見てしまうバイアスも引っかかり……。

 

費用、配当、収支。儲かるのか。

 

一口馬主やPOGも楽しいと思うものの、やるのは今じゃないなぁという感じでありまして……。

 

同然、馬主さんがいるから競馬がスタートする順番はあるので、ケチをつけたいという意味ではなく、楽しむ方法論が一口馬主に見つかってないということです(うまくいくかわからない競馬に大金を投じてくれる人がそれなりにいるから競馬が開催できて、そこで初めて馬券が買える。この順番は逆にはならない=馬主さんには頭が上がらない部分はある)。

 

シルク、サンデーレーシング、ノルマンディー、ウイン、キャロットクラブ、ロード、広尾、DMM……。

 

一口の価格が高いところから安いところまで。

 

うーむ。

 

馬券は馬券、一口は一口と気持ちを分けるのが難しい性格なのです。海外遠征なんて話になったら夜寝られないわ。

 

回収率やデータ、成績と言っても意味が違いますし。比較すると言っても意味が違います。馬券には買うチャンスは何度を訪れますが、一口馬主はそうは行かない。厚く張るという話でも同様でしょう。

 

馬券は投資と呼べますが、一口馬主を投資とは言いづらい。

 

そして、安い馬で活躍馬が出たとして、その成功例を踏襲することはできるのか?

 

馬主席への憧れ、口取りの憧れはなかったりするのも興味が湧かない部分でもあるかと。

 

スポンサーリンク




雑誌の馬に乗りたい特集を速攻で読む。おお、乗馬。

雑誌の馬に乗りたい特集を速攻で読む。おお、乗馬

京王線の駅で配布しているフリーペーパーに『あいぼりー』というものがあります。

 

92号の特集は「こだわりを楽しもう! 沿線コーヒーライフ」。これは面白そうだと、フリーペーパーもらってページをめくりましたら、馬に乗る猫のイラストが目に入ってきました。

 

坂本葵さんのエッセイページで、タイトル「馬に乗りたい!」

 

「こ、これは……。速攻で読まなくっては」

 

特集ページの前に読みましたよ。なんだか得した気分です。

 

京王線沿線で馬に出会える場所を紹介されています。

 

言うまでもなく筆頭は東京競馬場。これが浦和競馬場だったら大変です(なんのこっちゃい)。

 

そして、多摩動物公園

 

ええ、出会えますとも、出会えますとも。

 

あと、馬と出会える場所どこだろうと思ったのですが……、

 

「もっと馬とふれ合いたい、馬に乗ってみたいという人は、乗馬クラブクレイン東京(若葉台)を訪ねてみては。アットホームな雰囲気のクラブで、一日乗馬体験や見学などもできます」

ああっ、乗馬か。京王線沿線でできるところあるんだ。それは知らなかった。

 

→ 乗馬クラブクレイン東京

 

スポンサーリンク




「馬主にならないの?」ってよく言われるんですけど……

「馬主にならないの?」ってよく言われるんですけど

毎日のように競馬見て、馬券買ってブログ書いてるって話をすると、ときどき「馬主にならないの?」って訊かれることがあります。

 

妹にも言われたな、そういえば。

 

馬主なるには、年収が……って条件説明して、一口馬主っていうのもあってって言う。そうそう、その一口馬主っていうのやらないの? となる。たけたけっさんならメリットあるでしょと。デビューしちゃわないのと。

 

まあ、世間のイメージとして馬券買ってるよりも、馬主のほうが安定感あるんでしょうか。上手く行くかどうか解らないところに大金積むよりも、馬券買うほうがリスク背負わなくっていいのだけど……。

 

一口馬主レベルでも、赤字だったり、大損引いたりって話はよく聞きます。

 

実を言いますと一口馬主、あまり興味湧かないんです。だから、POGな季節になっても気持ちは動かず……、毎年パス。

 

たぶん、馬券を買う行為に見栄をなるべく持ち込まないようにしてるからなんでしょうね。競馬には見栄はあっていいのですけど……。

 

一口馬主の醍醐味はどことなくわかります。楽しみ方も解るんですけど……。違うことの興味が勝ってまして。

 

スポンサーリンク




レース映像を見て馬券買うようになって、乗馬のほうに興味が出て来た

レース映像を見て馬券買うようになって、乗馬のほうに興味が出て来た

これは十中八九、馬券の為にですけど、日頃レース映像をぐりぐりに見てから馬券を買うことにしています。競馬=レース映像を見ることになってます。

 

レースは当たり前ですけど、競走馬に騎手が騎乗して行われます。その状況をスタートからゴールまで見る。

 

内で詰まっただ、手綱引っ張っただ、かかっただ、ジェットスキーだ、ぶつけられただ、スムーズに行けて単勝万馬券……。

 

馬と騎乗の状態をなんだかんだレース映像を見て判断しますけど、実際自分が乗ってたらどんな感じになるんだろうなぁって。こういう動作をしていると馬に負荷がかかる、その逆はこう。

 

騎手になろうっていうんじゃないですけど、乗馬をやってみたりすると、レース映像を見て判断するのに磨きがかかるかなと。なにかヒントがありそうなんです。

 

それに馬券買ってる人のかなりの割合は馬に乗ったことのない人たちでしょう。乗馬はじめたらそこで、なんらかの差がつくかなと。まあ、下世話な話ですけど(馬に勘付かれそうだけど……)。

 

ただ、乗馬すんごいお金かかるのが難点ですねぇ……。

 

自分の中の興味に気付いてしまってるもので、一口馬主やPOGに興味が行かないのは致し方ないことかなと……。つまらないとは思わないんですよ。

 

以上、一口馬主は費用配当収支、赤字や大損ひっかかる。気になる乗馬でした。

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

-競馬
-, ,