競馬レース映像分析ネタ

神戸新聞杯2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

神戸新聞杯 競馬予想 過去

 

神戸新聞杯2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

神戸新聞杯2019(G2)。阪神競馬場・芝2400mで行われます。3歳馬・菊花賞トライアルレース。神戸新聞杯の1着賞金は5400万円。

 

2019年の神戸新聞杯。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の神戸新聞杯のレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れる? 荒れない? 神戸新聞杯、プレゼンター、ゲストは誰でしょう? 菊花賞につながるレースをする馬はどの馬か?

 

神戸新聞杯の歴代優勝馬・勝ち馬は、マチカネフクキタル・カネトシガバナー・オースミブライト・フサイチソニック・エアエミネム・シンボリクリスエス・ゼンノロブロイ・キングカメハメハ・ディープインパクト(以上、阪神芝2000m)・ドリームパスポート(中京芝2000m)・ドリームジャーニー・ディープスカイ・イコピコ・ローズキングダム・オルフェーヴル・ゴールドシップ・エピファネイア・ワンアンドオンリー・リアファルなどなど。

 

スポンサーリンク




神戸新聞杯の過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

神戸新聞杯の競馬予想、参考データと言っても、過去の神戸新聞杯のレース映像分析ではありません。過去の神戸新聞杯の結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の神戸新聞杯のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬券の買い方が3連単・3連複・単勝、複勝にワイドとあれど、買いデータを探すヒントになるはず。

 

神戸新聞杯で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? サトノダイヤモンド・レイデオロ・ワグネリアン。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の神戸新聞杯で馬券になったのか。ミッキーロケット・キセキ・エタリオウ。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。激走馬を探せ。

 

過去のレース映像データを使った、神戸新聞杯競馬予想2019【消去法】みたいなもの

神戸新聞杯 過去データ分析

神戸新聞杯のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に神戸新聞杯というレースが行われなければ、データも生まれない。過去に神戸新聞杯が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。馬柱に書かれていないデータ、情報をまとめます。

 

神戸新聞杯の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも神戸新聞杯の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の神戸新聞杯で馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の神戸新聞杯で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の神戸新聞杯の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

神戸新聞杯2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ひとりで歩く神戸本 (エルマガMOOK)

2018年神戸新聞杯・レース過去結果データ

 

神戸新聞杯2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・13.0-11.2-12.5/12.5-12.7-12.5/12.5-12.3-11.8/11.2-11.3-12.1

 

1着・ワグネリアン(2番人気・藤岡康太騎手・馬体重460kg)

2着・エタリオウ(3番人気・M.デムーロ騎手・馬体重468kg)

3着・メイショウテッコン(6番人気・松山弘平騎手・馬体重496kg)

 

スポンサーリンク




神戸新聞杯2018・オッズ・過去配当結果

神戸新聞杯2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 270円

複勝 3・120円/2・170円/6・330円

 

神戸新聞杯2018・1着・ワグネリアン【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年神戸新聞杯1着、ワグネリアン(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、17番・1着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.0-12.3/12.4-12.4-12.3/12.2-12.0-11.7/11.2-11.2-12.2

 

ワグネリアンは、8枠17番からスタート。まずまずのスタートで前目を目指すワグネリアン。強目に押さえつつ、押さえつつ、外目でダービー最初の難所1角入り。

 

逃げて行ったのは、エポカドーロ。テン3ハロン36.0秒。気持ち遅い逃げ。ワグネリアンのテン3ハロンは36.8秒。

 

1角-2角。ワグネリアンはダービー特有の1角ガチャガチャを大外枠から外目で触れつつ、内2頭半外をきっちり回っていく。強めに押さえ続ける。

 

向正面。エポカドーロの逃げは飛ばしたわけではないが、そこそこ流れて行く。残り1400m過ぎ「12.3秒」ーそこから「12.2-12.0-11.7」とかなりのペースアップ。ワグネリアンは位置取り変わらず、中団の外目を押さえつつ、押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。内に2頭いる外をきっちり回って行くワグネリアン。少しずつスピードに乗せて行く。

 

直線。残り500m過ぎから追い出し始め、追って追って追って、伸びはじわじわとしたものだったが、早いペースを作り出して残ろうとしていたエポカドーロをゴール直前に交わして1着でゴール。上がり3ハロン34.3秒。福永祐一騎手初のダービー制覇。エピファネイアに福永騎手が騎乗してて、キズナにゴール直前差された逆バージョンを見た感じ。

 

神戸新聞杯2018最終追い切り・

栗東坂路 良 53.6-39.1-24.5-11.9 馬なり余力

 

※【神戸新聞杯2018・過去結果データメモ】ワグネリアンの斤量はダービーより1キロ減の56キロ。前走は、大外枠から押さえつつ先行したものの内目には入れず外目きっちり周り+テン3ハロンそこそこ流れ、中間以後かなり早いラップをついて行く+再び外目周り。それでいて上がり3ハロン34.3秒であれば、強い。

 

スポンサーリンク




神戸新聞杯2018・2着・エタリオウ【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ステイゴールド産駒)

2018年神戸新聞杯2着、エタリオウ(オッズ・3番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、14番・4着。ボウマン騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.0-12.3/12.4-12.4-12.3/12.2-12.0-11.7/11.2-11.2-12.2

 

エタリオウは、7枠14番からスタート。スタートは後手気味。後方からレースを進めてく。少しずつ内目に入れていくエタリオウ。

 

逃げ馬はエポカドーロ。テン3ハロン36.0秒。気持ち遅い逃げで1角に入って先頭を切って行く。エタリオウのテン3ハロンは37.8秒。

 

1角-2角。エタリオウは押さえつつ、押さえつつ、内に1頭外目を走って行く。

 

向正面。そこそこ流れたエポカドーロの逃げ。残り1400mからスイッチ入り、残り1200mからダービーのゴールに向かってまっしぐら。エタリオウは後方で押さえ込んで脚を貯めて行く。

 

3角-4角。向正面終わり、うまいことインに潜り込むエタリオウ。そのままインベタで回って行く。

 

直線。外目に出して行って、追い出すエタリオウ。伸びて伸びて、さらに外目に出して行く際、タイムフライヤーにぶつかりそうになり、その後で玉突きの形でサンリヴァルが不利を食らってる。エタリオウはそこから追って追って、伸びるも4着まで。上がり3ハロン33.5秒。

 

神戸新聞杯2018最終追い切り・

栗東坂路 良 53.5-39.0-25.2-12.4 一杯に追う

 

※【神戸新聞杯2018・過去結果データメモ】エタリオウの斤量はダービーから1キロ減の56キロ。強烈な追い込み馬。前走は、ペース流れて中間ラップ早くなって行く展開を後方で押さえて脚貯めたエタリオウ。内目回ったものの、末脚はかなりある。ただ、エタリオウの末脚を炸裂させるためには時間が必要。末脚を少し削ってテン早くするように脚を使えれば違うだろうけども。この手のタイプは本命にするよりも印の重さを下げて追いかける方が無難。

 

強烈な追い込み馬が勝って快哉を叫ぶにはコストがかかる。

 

神戸新聞杯2018・3着・メイショウテッコン【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・マンハッタンカフェ産駒)

2018年神戸新聞杯3着、メイショウテッコン(オッズ・6番人気。血統・マンハッタンカフェ産駒)の前走は、ラジオNIKKEI賞(福島競馬場・芝1800m)でした。枠順は、2番・1着。松山弘平騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.2-10.4-11.6/12.1-12.4-12.3/11.9-11.6-11.6

 

メイショウテッコンは、2枠2番からスタート。まずまずの発馬を決め、軽く促していく。しかし、外からキボウノダイチが前に入ってきて強目に押さえていく形になり1角入りガチャガチャ。

 

逃げて行ったのは、キボウノダイチ。テン3ハロン34.2秒とかなり早いペースで逃げて行く。シセイヒテンが外から続いて、3番手にメイショウテッコン。テン3ハロン34.5秒。メイショウテッコンのラップでもかなり早いラップ。

 

1角-2角。インを走ってるメイショウテッコン。しかしかなり早いペースに巻き込まれすぎないようかなり強い押さえ方をしている。それでもキボウノダイチの後ろまで追いついてしまう。

 

向正面。かなり早く進んだペースは「12.1-12.4-12.3」と、残り1000m-800mあたりで少し落ち着く。メイショウテッコンは押さえ込みつつ。

 

3角-4角。インを走ってたメイショウテッコン。しかし、外を走るロードライトが垂れて行った隙を外目に出して行く。内に2頭いる外目へ。

 

直線。メイショウテッコンは追い出せる位置を確保。追って、追って追ってキボウノダイチを交わして、フィエールマンの強烈な追い込みを届かせず1着でゴール。メイショウテッコンの上がり3ハロンは、34.8秒。

 

神戸新聞杯2018最終追い切り・

栗東CW 稍 52.7-39.0-12.3<7>馬なり余力

 

※【神戸新聞杯2018・過去結果データメモ】メイショウテッコンはラジオNIKKEI賞より斤量変わらずの56キロ。600mの距離延長。前走は、出して行って、カットされた+かなり早いペース+メイショウテッコン自身もかなり早いペースでついて行く+中間ゆっくりしすぎないペース+3角-4角外目へ出す+上がり3ハロン34.8秒。テン早+上がり早な馬。

 

テン3ハロンをかなり早めで行っても上がりがそこそこ使えて勝てた。メイショウテッコンタイプは、テンの入り方をコントロールできるかが鍵ではあるものの、上り坂のある阪神に変わるのは当たり前に流れるラップが遅くなることもあって、早く行きすぎなくなる効果に期待できる(=テンが遅くなり前目で行けるので末脚がたまりやすい。ただ距離延長の限界点はあると思われるが)。

 

神戸新聞杯2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく神戸

2017年神戸新聞杯・過去レース結果データ

 

神戸新聞杯2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-11.8-12.2/12.4-12.1-12.3/12.3-12.2-11.9/11.3-11.4-11.8

 

1着・レイデオロ(1番人気・ルメール騎手・馬体重476kg)

2着・キセキ(2番人気・M.デムーロ騎手・馬体重486kg)

3着・サトノアーサー(3番人気・川田将雅騎手・馬体重480kg)

 

スポンサーリンク




神戸新聞杯2017・オッズ・過去配当結果

神戸新聞杯2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 220円

複勝 8・110円/5・130円/2・160円

 

神戸新聞杯2017・1着・レイデオロ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2017年神戸新聞杯1着、レイデオロ(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、12番・1着。ルメール騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.0-11.2-12.9/12.8-13.3-12.5/12.1-12.6-12.7/11.5-10.9-11.4

 

レイデオロは、6枠12番からスタート。発馬まずまず。かなり強めに押さえつつ、位置を伺うレイデオロ。後方の外目から。

 

逃げて行ったのは、マイスタイル。テン3ハロン37.1秒。かなり遅い逃げ。レイデオロのテン3ハロンは38.5秒。輪をかけて遅いペース。

 

1角-2角。外枠からなので内目には入れず。2頭半くらい外を回ってくレイデオロ。

 

向正面。遅めでテン3ハロンは進み続くハロンもかなり遅く進む。ドスローさに動いたのがレイデオロとルメール。まくり気味に上がって行く。遅さを作り出す逃げ馬マイスタイルをつつく。そのため残り1200mあたりでラップが早くなる。その後遅いペースに戻る。

 

3角-4角。押さえつつ、内1頭外を回って行くレイデオロ。

 

直線。逃げ馬マイスタイルが残ろうとしている。レイデオロは残り500m過ぎから追い始める。追って追って、伸びる。残り100mあたりでマイスタイルを交わし、迫るスワーヴリチャードに交わされずゴール。1着。レイデオロの上がり3ハロンは33.8秒。

 

神戸新聞杯2017最終追い切り・

美浦W 良 67.6-51.1-38.2-12.7<9>ゴール前仕掛け

 

※【神戸新聞杯2017・過去結果データメモ】レイデオロの斤量はダービーより1キロ減。56キロ。前走のレイデオロはスローペースを嫌って、外目から動いて行って逃げ馬をつついてペース上げた。それでいて上がり3ハロンは33.8秒。後方でじっとしてて、4角から追い上げて行って上がり3ハロンが良かったわけではない。レース中に使える脚が強烈な追い込みに偏り過ぎてなかった。レイデオロがダービーを勝てた要因のひとつ。

 

後方にいて、まくり気味に前に行けるということは、スタートから中団くらいは位置を取りに行けるわけで、脚の使い方の選択肢はそれなりにあるということ。馬券から外さない方がいい(レイデオロっぽい馬はなかなかいないけれど)。

 

スポンサーリンク




神戸新聞杯2017・2着・キセキ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ルーラーシップ産駒)

2017年神戸新聞杯2着、キセキ(オッズ・2番人気。血統・ルーラーシップ産駒)の前走は、信濃川特別(新潟競馬場・芝2000m)でした。枠順は、5番・1着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-10.9-11.4/11.4/11.9-12.1-12.2/11.9-10.6-11.9

 

キセキは、4枠5番からスタート。出遅れ一歩手前。ひとつ外のヒメタチバナがゴリゴリ出して行った影響でふわっとしたスタートになるキセキ。押さえつつ後方へ。

 

逃げて行ったのは、ダイナミックアロー。テン3ハロン34.9秒。かなり早い逃げ。キセキのテン3ハロンは37.2秒。

 

向正面。ダイナミックアローのペースは「11.4/11.9-12.1-12.2」と残り800mで気持ち緩むも早いペースで進む。キセキはかなり早いペースに引っ張られないように強目に押さえつつ追走。

 

3角-4角。キセキは内1頭外を回って行く。外目に出す。

 

直線。キセキは軽く追い出しスピードに乗せ、強目には追い続けず軽く追い出した勢いを維持しつつ追い込んでく。先頭に立ちかけるキセキ。残り200mを切ったあたりから追い出し開始も、競いかけてた2着馬・ブラックプラチナムを交わす程度に軽く追い1着でゴール。キセキの上がり3ハロンは32.9秒。

 

神戸新聞杯2017最終追い切り・

栗東CW 良 67.2-51.8-38.5-11.6<8>末一杯に追う

 

※【神戸新聞杯2017・過去結果データメモ】キセキの斤量は信濃川特別から2キロ増の56キロ。前走は、スタートで後手気味に出る+テン3ハロン早いラップ+中間も早いラップ+後方で押さえつつ追走+厳しい展開も直線、脚を使いまくってる感はなし。それでいて上がり3ハロン32.9秒ならば、馬券の買い材料しかない。

 

神戸新聞杯2017・3着・サトノアーサー【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2017年神戸新聞杯3着、サトノアーサー(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、6番・10着。川田将雅騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.0-11.2-12.9/12.8-13.3-12.5/12.1-12.6-12.7/11.5-10.9-11.4

 

サトノアーサーは、3枠6番からスタート。まずまずのスタートも押さえつつ内を伺いつつ、中団あたりへ向かうサトノアーサー。

 

逃げ馬は、マイスタイル。テン3ハロンを37.1秒とかなり遅い逃げ。遅いラップで進む2017年のダービー。サトノアーサーのテン3ハロンは38.2秒。

 

1角-2角。内1頭外目を押さえつつ回って行く、サトノアーサー。外を走るマイネルスフェーンがガチャガチャしてる。

 

向正面。遅いテン3ハロンな逃げで走るマイスタイル。「12.8-13.3-12.5」とペースは上がっていかない。そこを切り裂いてくレイデオロ。外目からまくり気味に追い上げ、マイスタイルのマイスタイルさを小突く。そのため、残り1200m瞬間的にペースが上がる。サトノアーサーは押さえつつ追走。しかし、レイデオロが動いたのに合わせて動く馬もいて、位置を下げる形になる。

 

3角-4角。内に1頭半外を回って行くサトノアーサー。外目に出す準備で位置をさらに下げる。一気に外目へ出して内に3頭半くらい外目を回って行く。

 

直線。サトノアーサーは最後方から、追って追って追う。伸びて行ってはいるのだが、どんどん前の馬をごぼう抜きするまでにはいかず。10着入線。サトノアーサーの上がり3ハロンは33.4秒。

 

神戸新聞杯2017最終追い切り・

栗東CW 良 83.1-67.0-51.8-38.5-11.7<7>馬なりで伸びる

 

※【神戸新聞杯2017・過去結果データメモ】サトノアーサーの斤量は、ダービーから1キロ減。56キロ。前走の通過順位は「9-10-13-16→10着」と見事なVライン馬。スタートから押さえつつ、遅いペースな中、中団から脚を貯める競馬していたものの、中間で動く馬多数。位置取りがどんどん下がって行く展開に。3角-4角では最後方まで下がる。そこから外目に出して、追って追って上がり3ハロン33.4秒。単純に脚を整えて競馬できなかったレースがダービーだった。

 

2歳3歳の頃は距離適性がぼやけてることもあるので、安易に消さないレース内容だったのは言うまでもなく(古馬になって、サトノアーサーはコーナー2回のマイル前後で2着→1着→3着→1着→6着と、長距離よりマイル前後が適正距離だった。無理して適正に合わない距離を走って好走してる馬もいるって話)。

 

神戸新聞杯2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

神戸、書いてどうなるのか

2016年神戸新聞杯・過去レース結果データ

 

神戸新聞杯2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.4-12.2/12.8-12.3-12.7/12.8-12.6-11.6/11.5-11.4-11.7

 

1着・サトノダイヤモンド(1番人気・ルメール騎手・馬体重500kg)

2着・ミッキーロケット(6番人気・和田竜二騎手・馬体重468kg)

3着・レッドエルディスト(4番人気・四位洋文騎手・馬体重506kg)

 

神戸新聞杯2016・オッズ・過去配当結果

神戸新聞杯2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 120円

複勝 14・110円/15・380円/12・240円

 

神戸新聞杯2016・1着・サトノダイヤモンド【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年神戸新聞杯1着、サトノダイヤモンド(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、8番・1着。ルメール騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.1-11.9/12.1-12.3-12.9/13.1-11.8-12.0/11.6-11.0-11.6

 

サトノダイヤモンドは、4枠8番からスタート。好発。押さえつつ、押さえつつ、先行ポジションへ向かう、サトノダイヤモンド。アジュールローズがサトノダイヤモンドの前へ入って行く。

 

逃げて行ったのはマイネルハニー。テン3ハロン35.6秒。おおよそ標準くらい、気持ち早いくらいのラップ。サトノダイヤモンドのテン3ハロンは37.6秒。

 

1角-2角。サトノダイヤモンドは内に1頭いる外を回って行く。押さえつつ。

 

向正面。マイネルハニーの逃げは早目のペースでいったものの、レースの真ん中あたりでペースを落とす。残り1000mあたりから再度点火して早くなって行く。サトノダイヤモンドは変わらず、中団を押さえつつ。

 

3角-4角。サトノダイヤモンドは内1頭にいる外回りから2頭半いる外回りへと出して行く。

 

直線。サトノダイヤモンドは、残り500mあたりから軽く仕掛けていき、残り400mから強く追い始めてく。追って伸びて、残り200m過ぎからはムチを多用して伸びを見る追い方で、サトノダイヤモンドはマカヒキと競い合う。しかし、ハナ差で2着。サトノダイヤモンドの上がり3ハロンは33.4秒。

 

神戸新聞杯2016最終追い切り・

栗東CW 重 53.6-38.6-12.0<6>稍一杯に追う

 

※【神戸新聞杯2016・過去結果データメモ】サトノダイヤモンドの斤量はダービーより1キロ減の56キロ。前走は緩むペースのあるラップだったものの、テンはそこそこ流れた。押さえつつ、脚を整えての競馬。サトノダイヤモンドの上がり3ハロン33.4秒はペースから考えると評価できる。

 

そこだけで話終わらないのが2016年のダービー。ポイントは直線の後半マカヒキが抜け出したときにサトノダイヤモンドは少々よれてしまう。そこからの追い方は強く追ってない。ダービー勝ち馬マカヒキ・3着馬ディーマジェスティと追ってるアクションを見たとき、一番穏やかなのはサトノダイヤモンド。なんてったってアイドル。私はアイドル。なんてったってダービー。勝ちたいダービー。「勝てるかも」と感じれば、無茶苦茶追うところだろうけど、そこまで脚使わなくってもサトノダイヤモンドはハナ差まで持ち込めた。そう言う騎乗したルメール騎手はすごい(もちろん、寄れたこともあってサトノダイヤモンドの外から追い込んでくる馬に不利を与える可能性も考慮しての騎乗だろうけども)。

 

神戸新聞杯2016・2着・ミッキーロケット【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2016年神戸新聞杯2着、ミッキーロケット(オッズ・6番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、HTB賞(札幌競馬場・芝2000m)でした。枠順は、8番・1着。池添謙一騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.2-12.5/13.3/13.2-12.8-12.5/11.5-11.4-11.6

 

ミッキーロケットは、6枠8番からスタート。もっさりとしたスタートで出遅れ。外からハツガツオが前に入ってく。押さえつつ、ミッキーロケットは空いてる内目を伺いつつ1角入り。出遅れを少々取り戻し中団から。

 

逃げて行ったのは、フォワードカフェ。テン3ハロン36.1秒。少し遅めの逃げ。ミッキーロケットのテン3ハロンは37.2秒。

 

1角-2角。ミッキーロケットは内2頭いる外をきっちり回って行く。押さえつつ。押さえつつ。中団。

 

向正面。フォワードカフェの作るペースはかなり遅め。ヨーイドンの旗が用意されそう。ミッキーロケットは押さえつつ、追走。

 

3角-4角。ミッキーロケットは内に2頭いる外から、3頭外→大外へ出して軽く追い上げて行く。

 

直線。大外へ出したミッキーロケットは距離ロスありつつも回り切り、軽く追い出し開始。残り180mあたりからミッキーロケットはムチ入れ多用な追い方で伸びを確認しつつ、フォワードカフェを差し切る。上がり3ハロン34.0秒。

 

神戸新聞杯2016最終追い切り・

栗東坂路 重 53.5-39.1-25.4-12.8 馬なり余力

 

※【神戸新聞杯2016・過去結果データメモ】ミッキーロケットの斤量はHTB賞から2キロ増の56キロ。前走は出遅れ+外目回り+ラップはスロー+再び外目から大外へ+追い方そこまで強くなくて上がり3ハロン34.0秒。距離延長したときにうまく行く可能性の高いパターン。出遅れを気にするならば、印の重さを下げて買っておく。

 

神戸新聞杯2016・3着・レッドエルディスト【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ゼンノロブロイ産駒)

2016年神戸新聞杯3着、レッドエルディスト(オッズ・4番人気。血統・ゼンノロブロイ産駒)の前走は、ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、13番・9着。四位洋文騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.1-11.9/12.1-12.3-12.9/13.1-11.8-12.0/11.6-11.0-11.6

 

レッドエルディストは、7枠13番からスタート。出遅れ。押さえつつ後方から。内目に入れて行きつつ1角入りするレッドエルディスト。

 

逃げ馬は、マイネルハニー。テン3ハロンを35.6秒で。おおよそ標準くらいか、気持ち早いくらいのラップか。出遅れたレッドエルディストのテン3ハロンは38.6秒。

 

1角-2角。レッドエルディストは内目、インベタではなく内1頭くらいのスペース開けての追走。

 

向正面。マイネルハニーの作るペースは早目でいったものの「12.9/13.1」と、レースの真ん中あたりでゆっくり走る形に。残り1000mあたりからペースを上げて行く。レッドエルディストは押さえつつ後方。

 

3角-4角。レッドエルディストは内1頭外からスピードに乗せて追い出す準備をして行く。4角から内4頭外目へ出して行く。

 

直線。大外に出したレッドエルディスト。追って追って追って、そこそこ伸びて来るも届かず。9着。レッドエルディストの上がり3ハロンは33.7秒。

 

神戸新聞杯2016最終追い切り・

栗東坂路 重 53.8-39.0-25.1-12.4 一杯に追う

 

※【神戸新聞杯2016・過去結果データメモ】レッドエルディストの斤量はダービーから1キロ減。「ダービーで後方から追い込むも、上がり33秒台で届かずな神戸新聞杯枠」と言えばいいのか、レッドエルディスト。出遅れて、ペース早くなりつつあるところを後方から押さえつつ。2ハロンゆっくりののち、ペースアップして行く中少しずつ加速し始めて、外目回って行く。出遅れた馬が勝ちに近く競馬をした。最後方からと言っても、レッドエルディすとの上がり3ハロンは33.7秒。勝ち馬マカヒキと0.8秒差。

 

頭まで来る要素は少ないものの、買い材料はある。

 

以上、神戸新聞杯2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

神戸新聞杯2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.