競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

競馬レース映像分析

小倉大賞典2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

 

小倉大賞典2020競馬予想。過去のレース結果を見る

小倉大賞典2020(G3)。小倉競馬場・芝1800mで行われます。

 

2020年の小倉大賞典。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の小倉大賞典のレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、小倉大賞典。

 

1着賞金4100万円。ハンデキャップ競走。

 

小倉大賞典、歴代の勝ち馬・優勝馬

レッツゴーターキン・メイショウマリーン・メイショウレグナム・アラタマワンダー・サイレンススズカ(中京開催)・ジョービッグバン・タマモヒビキ・マイネルブラウ・メイショウバトラー・メイショウカイドウ・メジロマイヤー・アサカディフィート・サンライズマックス・サンライズベガ・エーシンジーライン・ヒットザターゲット・ラストインパクト・カレンブラックヒル・アルバートドックなど。

 

スポンサーリンク




1着から3着馬の前走傾向をレース映像分析

小倉大賞典の競馬予想、参考データと言っても、過去の小倉大賞典のレース映像分析ではありません。

 

過去の小倉大賞典の結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の小倉大賞典のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬柱、出走表に書かれない激走買いデータをまとめます。

 

馬券になる前走は重要な過去データ

小倉大賞典で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? マルターズアポジー・トリオンフ・スティッフェリオ。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去の小倉大賞典で馬券になったのか。タニノフランケル・クインズミラーグロ・ヒストリカル。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2020年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




小倉大賞典競馬予想2020【過去レース映像消去法】

小倉大賞典のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去に小倉大賞典というレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去に小倉大賞典が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

競馬予想・本命視? ヒモに入れる?

小倉大賞典の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも小倉大賞典の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。プレゼンター、ゲストは誰か気にしつつ、分析します(しっかりしろ)。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の小倉大賞典の前走を文字起こし

例えるならば、過去の小倉大賞典で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2020年の小倉大賞典の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

小倉大賞典2019

2019年小倉大賞典・レース過去結果データ

 

小倉大賞典2019・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.2-11.1-12.3/12.0-11.8-11.9/11.7-11.6-12.1

 

1着・スティッフェリオ(3番人気・丸山元気騎手・馬体重450kg)

2着・タニノフランケル(1番人気・川田将雅騎手・馬体重522kg)

3着・サイモンラムセス(14番人気・小牧太騎手・馬体重464kg)

 

スポンサーリンク




オッズ・過去配当結果

小倉大賞典2019・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 600円

複勝 12・210円/3・170円/1・1980円

 

1着・スティッフェリオ(オッズ・3番人気)

2019年小倉大賞典1着、スティッフェリオ(オッズ・3番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、福島記念(福島競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、2番・1着。丸山元気騎手。

 

前走は、福島記念

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-10.9-11.2/11.7/11.5-12.0-12.1/12.3-12.1-12.2

 

スティッフェリオは、1枠2番からスタート。まずまずのスタート。軽く促して前目に向かうも、外からマイスタイルが入って来る。抑え込みつつ。さらに前にマルターズアポジーが入って行く展開になり、待ちつつの3番手に。

 

逃げて行ったのは、マルターズアポジー。テン3ハロン34.4秒。少し早い逃げ。スティッフェリオのテン3ハロンは35.5秒。

 

1角-2角。抑えつつ、インベタで回って行くスティッフェリオ。

 

向正面。5ハロン目まではかなり早いペースで進むも、6ハロン目で標準くらいに。続く残り800mはスローペースに。スティッフェリオは抑えつつ、インを立ち回って追走。

 

3角-4角。スティッフェリオは内1頭外を回りつつ、マイスタイルの外へ出して行く。

 

直線。外へ出して行ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追って追うスティッフェリオ。伸びる。逃げ馬、2番手を交わして先頭。そのまま押し切ってゴール。スティッフェリオ1着。上がり3ハロン35.9秒。

 

スティッフェリオ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【小倉大賞典2019・過去結果データメモ】スティッフェリオの斤量は福島記念より2キロ増の57キロ。前走のスティッフェリオは、テン5ハロンが早めに流れ、6ハロン目でペースは標準くらいになり、7ハロン目はスローペースになる流れを走った。

 

スティッフェリオはスタートまずまず。促して前に行くも、外からマイスタイルに前に入られ、そのまた前に逃げ馬マルターズアポジーに入られる展開。その2頭が飛ばしたこともあり、渋滞にはならなかったものの、他馬の都合を通した負荷はかかる。1角-2角をインベタ。道中抑えつつの追走で、3角-4角は内1頭外目を回って行く。距離ロス少なく回りつつも、直線は追って伸びての上がり3ハロン35.9秒。

 

もう少し上がりがあってくれたらと思うものの、序盤5ハロンが早めに流れて、遅めに走れたのは1ハロン2ハロンくらいと考えると、評価していい上がりになるかと。

 

(※2018年の福島記念、スティッフェリオ含め3頭以外その後馬券になった馬のいないレースだったりする<障害戦・地方競馬除く>)

 

小倉大賞典2019最終追い切り・

栗東坂路 良 51.1-37.4-24.6-12.5 一杯に追う

 

福島記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
福島記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  福島記念2019競馬予想。過去のレース結果を見る福島記念の歴代優勝馬、勝ち馬1着から3着馬の前走傾向をレー ...

続きを見る

 

スポンサーリンク




2着・タニノフランケル(オッズ・1番人気)

2019年小倉大賞典2着、タニノフランケル(オッズ・1番人気。血統・Frankel産駒)の前走は、中山金杯(中山競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、1番・3着。内田博幸騎手。

 

前走は、中山金杯

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-10.7-12.5/11.7/12.6-12.2-11.6/11.7-11.4-12.4

 

タニノフランケルは、1枠1番からスタート。発馬決めて、押して押して押して前へ向かう。逃げて行く。タニノフランケルのテン3ハロンは35.6秒。おおよそ標準くらいの逃げ。

 

1角-2角。インベタで回って行く、タニノフランケル。抑え込むというよりは若干引っ張られてる感。

 

向正面。タニノフランケルの逃げは、4ハロン目が「11.7秒」とかなり早くなり、2ハロン少し遅めで再び残り800mで早くなって行く。

 

3角-4角。インベタで引き続き逃げて行く、タニノフランケル。

 

直線。タニノフランケル、追って追って逃げ残りを図る。伸びて、残り200m先頭。しかし、残り30mくらいで勝ち馬・ウインブライト、2着・ステイフーリッシュに差される。タニノフランケル3着。上がり3ハロン35.6秒。

 

タニノフランケル・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【小倉大賞典2019・過去結果データメモ】タニノフランケルの斤量は中山金杯から1キロ増の54キロ。前走のタニノフランケルは、テン3ハロンは標準前後、4ハロン目にハイペースなラップを刻んて、続く2ハロンは少し遅めで流れ、残り800mから加速して行く中を走った。

 

タニノフランケルは発馬決めて、押して押して押して行って逃げて行く。テン3ハロンは標準くらいのラップだったが、4ハロン目で「11.7秒」とかなり早いラップを踏む。少し遅いラップを続けて再び加速。タニノフランケル自身でそこそこ早い流れを作って、直線追って追ってゴール板寸前まで逃げ残れるか寸前まで粘った。

 

流れが前走より遅くなれば、余裕持って追走できる可能性はあり、馬券から消さない方がいい前走内容。ただ、スティッフェリオと似たタイプであり、テン3ハロン遅く行けば2頭とも来ることになりやすいので、こういうパターンの場合どっちかを消すのはやめた方がいい。

 

小倉大賞典2019最終追い切り・

栗東CW 良 67.1-52.5-38.0-11.6<7>ゴール前気合い付け

 

スポンサーリンク




3着・サイモンラムセス(オッズ・14番人気)

2019年小倉大賞典3着、サイモンラムセス(オッズ・14番人気。血統・ブラックタイド産駒)の前走は、チャレンジカップ(阪神競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、12番・8着。小牧太騎手。

 

前走は、チャレンジカップ

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.4-12.3/11.8/11.5-11.7-11.7/11.7-11.5-12.0

 

サイモンラムセスは、8枠12番からスタート。発馬決めて、出して、出して、出して、押して行く。前目へ。

 

逃げて行ったのは、マルターズアポジー。テン3ハロン36.4秒。少し遅めの逃げ。サイモンラムセスのテン3ハロンは36.8秒。

 

1角-2角。内目に入れて行き、2番手で追走して行くサイモンラムセス。

 

向正面。「11.8/11.5-11.7-11.7」と、逃げ馬のペースはハイペースに振れて行く。サイモンラムセスは、2番手で早くなって行く流れについて行く。

 

3角-4角。促しながら、インベタで逃げ馬を追いかけて行くサイモンラムセス。

 

直線。逃げ馬を交わせず、残り250mくらいで勝ち馬・エアウィンザーに交わされる。ジリジリ粘りつつも残っていたが後続に交わされて行く。サイモンラムセス8着入線。上がり3ハロン35.8秒。

 

サイモンラムセス・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【小倉大賞典2019・過去結果データメモ】サイモンラムセスの斤量はチャレンジカップから3キロ減の53キロ。前走のサイモンラムセスは、テン3ハロンは少し遅めで進み、中間からハイペースになって行く流れを走った。

 

サイモンラムセスは外枠から発馬決めて、押して押して先行して行く。逃げ馬の2番手で競馬。テン3ハロン早くならなかったものの、4ハロン目からハイペースで飛ばして行くラップになり、サイモンラムセスはそれに2番手でついて行く形。インベタでついて行って、直線、半ばまではついて行けたものの、勝ち馬に交わされての8着。上がり3ハロン35.8秒はハイペースについて行って粘ろうとした分。

 

スティッフェリオ、タニノフランケル同様、サイモンラムセスもペースが遅くなってくれればタイプ。サイモンラムセスタイプは粘り具合からしてヒモに入れておくのがいい。

 

小倉大賞典2019最終追い切り・

栗東坂路 良 53.0-39.0-25.2-12.4 一杯に追う

 

チャレンジカップ2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  チャレンジカップ2019競馬予想。過去のレース結果を見るチャレンジカップの歴代優勝馬・勝ち馬1着から3着馬 ...

続きを見る

 

小倉百人一首 うぐいす(朗詠CD付)

 

小倉大賞典2018

2018年小倉大賞典・レース過去結果データ

 

小倉大賞典2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.3-11.1-11.8/11.9-12.4-12.1/11.6-11.1-11.8

 

1着・トリオンフ(1番人気・川田将雅騎手・馬体重532kg)

2着・クインズミラーグロ(15番人気・丸田恭介騎手・馬体重460kg)

3着・スズカデヴィアス(4番人気・吉田隼人騎手・馬体重514kg)

 

オッズ・過去配当結果

小倉大賞典2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 230円

複勝 13・140円/16・1660円/1・250円

 

1着・トリオンフ(オッズ・1番人気)

2018年小倉大賞典1着、トリオンフ(オッズ・1番人気。血統・タートルボウル産駒)の前走は、寿ステークス(京都競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、7番・1着。川田将雅騎手。

 

前走は、寿ステークス

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.6-10.6-12.2/12.0/12.2-12.3-11.9/12.1-11.1-12.1

 

トリオンフは、7枠7番からスタート。発馬まずまず。促して行って行って、前目へ。先行していく。外から勢いよく入ってきたデンコウリキにハナを譲る。

 

逃げて行ったのは、デンコウリキ。テン3ハロン35.4秒。少し早めの逃げ。トリオンフのテン3ハロンは36.5秒。

 

1角-2角。抑えつつ、インベタ2番手で回っていくトリオンフ。

 

向正面。逃げ馬のペースはおおよそ標準あたりを前後していく。トリオンフは離れた2番手を抑えつつ追走。

 

3角-4角。おおよそインベタで回っていく、トリオンフ。軽く促しつつ。

 

直線。入り口で逃げ馬を交わす。追って追って、追うトリオンフ。伸びて、伸びる。抜け出して勢いにのせ、残り120mくらいからは追う手を緩めて、余力でゴール。トリオンフ1着。上がり3ハロン34.8秒。

 

トリオンフ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【小倉大賞典2018・過去結果データメモ】トリオンフの斤量は寿ステークスから2キロ減の54キロ。前走のトリオンフは、テン3ハロン少し早め→中間ラップは標準前後する流れを走った。

 

トリオンフはスタートして促して促してスピードに乗せて、前へ向かってたところ外から逃げ馬に入られて、抑えていく競馬に。2番手で追走。テン3ハロンは少し早めで流れるも、中間ラップは標準前後を継続。3角-4角もインベタで回って行って、直線はあっさり逃げ馬交わして先頭。後続を近寄らせず、追って乗せたスピードの余力でゴール。1着。上がり3ハロン34.8秒。

 

スタートから乗せてたスピードを逃げ馬に削がれつつも、2番手で競馬。インベタ周りも直線は2着馬に4馬身の差。余力残しての追い方で、上がり34.8秒は評価していい数字。重い印を打っていいパターン。

 

小倉大賞典2018最終追い切り・

栗東坂路 良 53.1-38.3-24.2-12.1 末強目追う

 

2着・クインズミラーグロ(オッズ・15番人気)

2018年小倉大賞典2着、クインズミラーグロ(オッズ・15番人気。血統・マンハッタンカフェ産駒)の前走は、愛知杯(中京競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、12番・16着。幸英明騎手。

 

前走は、愛知杯

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.2-11.3-12.1/12.3/12.4-12.6-12.1/11.8-11.3-12.0

 

クインズミラーグロは、6枠12番からスタート。発馬決めて、軽く促して前目へ。外からコパノマリーンが入ってきて、その外へつけていく。

 

逃げて行ったのは、コパノマリーン。テン3ハロン35.6秒。少し早めの逃げ。ついて行ったクインズミラーグロのテン3ハロンは、35.9秒。こちらでも少し早い逃げ。

 

1角-2角。逃げ馬の外、内1頭空けて回っていくクインズミラーグロ。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いペースになっていく。クインズミラーグロは位置取り変わらず、2番手で抑えつつ。

 

3角-4角。逃げ馬が下がって行き、先頭に立つクインズミラーグロ。インベタで回っていく。

 

直線。残り400mくらいまでは先頭も、脚がなくなり他馬にぶつかりつつ下がっていく。クインズミラーグロ16着。上がり3ハロン36.8秒。

 

クインズミラーグロ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【小倉大賞典2018・過去結果データメモ】クインズミラーグロの斤量は愛知杯から1キロ減の53キロ。前走のクインズミラーグロは、テン3ハロンが早いペースで流れ、中間ラップはスローペースになって流れるレースを走った。

 

クインズミラーグロはスタートから軽く促して前目へ。外から逃げ馬が入ってきて、その外に出して行く。2番手からの競馬。テン3ハロンが早めで流れたのにクインズミラーグロ自身も早めでついて行く。1角-2角は内1頭外回り。ペースは向正面で落ちて行くも3角あたりで逃げ馬が急速に垂れる。クインズミラーグロは先頭に立って、インベタで回って行くも直線は脚がなく垂れる。16着。

 

2018年の小倉大賞典出走馬のうち、その後馬券になった馬は16頭中5頭(障害戦除く)。2019年のサイモンラムセスパターンの変形で、クインズミラーグロの方がヒモにする度が高いという感じ。

 

小倉大賞典2018最終追い切り・

小倉ダート 重 73.9-57.4-41.6-12.6<7>馬なり余力

 

3着・スズカデヴィアス(オッズ・4番人気)

2018年小倉大賞典3着、スズカデヴィアス(オッズ・4番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、白富士ステークス(東京競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、7番・2着。福永祐一騎手。

 

前走は、白富士ステークス

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・13.1-11.4-11.5/11.7/12.2-12.3-11.9/11.4-11.3-12.2

 

スズカデヴィアスは、7枠7番からスタート。発馬まずまず。抑えつつ、中団につける。

 

逃げて行ったのは、マイネルハニー。テン3ハロン36.0秒。少し早めのラップ。スズカデヴィアスのテン3ハロンは37.6秒。

 

2角。内1頭外を回って行く、スズカデヴィアス。抑えつつ。

 

向正面。逃げ馬のペースは、4ハロン目に「11.7秒」と早めで行き2ハロン標準くらいになるも、残り800mから加速して行く。スズカデヴィアスは中団後方で抑えつつ追走。

 

3角-4角。内1頭外→2頭外へ出して行き、ジワジワ追い上げて行くスズカデヴィアス。

 

直線。外目に出して、追って追う。伸びて伸びて来る、スズカデヴィアス。逃げ残ろうとしている、マイネルハニーにゴール板近くまで迫るもアタマ差届かず。スズカデヴィアス2着。上がり3ハロン33.9秒。

 

スズカデヴィアス・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【小倉大賞典2018・過去結果データメモ】スズカデヴィアスの斤量は白富士ステークスから0.5キロ減の56.5キロ。前走のスズカデヴィアスは、テン3ハロン少し早めで進み、4ハロン目の早目。続く2ハロンは標準前後で、残り800mから加速して行く流れを走った。

 

スズカデヴィアスはスタートして抑えつつ中団につけて、距離ロス少なく回る。ペースは少し早かったくらいだったが、道中中団の後で脚を溜めて行って、3角-4角はジワジワ外に出して行く。追って、伸びての上がり3ハロン33.9秒。最速。稍重の馬場で出した上がりから考えても優秀。馬券に組み込みたい前走内容。

 

(※2018年の小倉大賞典でスズカデヴィアスは、4角過ぎで故障馬を交わす必要がありの3着)。

 

小倉大賞典2018最終追い切り・

栗東坂路 良 52.3-37.7-24.4-12.1 強目に追う

 

小倉百人一首 染草(そめくさ)

 

小倉大賞典2017

2017年小倉大賞典・過去レース結果データ

 

小倉大賞典2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.2-11.1-11.5/11.4-11.4-11.7/11.7-11.9-12.9

 

1着・マルターズアポジー(4番人気・武士沢友治騎手・馬体重530kg)

2着・ヒストリカル(8番人気・高倉稜騎手・馬体重458kg)

3着・クラリティスカイ(5番人気・田辺裕信騎手・馬体重504kg)

 

オッズ・過去配当結果

小倉大賞典2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 780円

複勝 7・320円/14・390円/11・350円

 

1着・マルターズアポジー(オッズ・4番人気)

2017年小倉大賞典1着、マルターズアポジー(オッズ・4番人気。血統・ゴスホークケン産駒)の前走は、有馬記念(中山競馬場・芝2500m)でした。

 

枠順は、7番・15着。武士沢友治騎手。

 

前走は、有馬記念

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・6.8-11.3-12.0/11.9/12.1-13.4-12.8/12.9-11.8-11.7/12.1-11.7-12.1

 

マルターズアポジーは、4枠7番からスタート。発馬まずまず。じわっと促して行って、前目。逃げて行ったのは、マルターズアポジー。テン3ハロンを36.1秒で。おおよそ標準の逃げ。

 

最初の3角-4角。抑えつつ、インベタで回って行くマルターズアポジー。

 

正面。マルターズアポジーのペースは5ハロン過ぎまでは標準前後を継続。抑えつつ、抑えつつ、ペースを落とす3ハロンののち、加速して行く。

 

1角-2角。ペース落として、インベタで逃げてく。

 

向正面。引き続き、逃げて行くマルターズアポジー。抑えつつ。

 

3角-4角。間隔詰まってきたものの、逃げ続けるマルターズアポジー。

 

直線。入り口でキタサンブラックに交わされて、前に入られる。マルターズアポジーは垂れて行くも追って、追って粘ろうとする。マルターズアポジー15着。上がり3ハロン38.3秒。

 

マルターズアポジー・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【小倉大賞典2017・過去結果データメモ】マルターズアポジーの斤量は有馬記念から1キロ減の56キロ。前走のマルターズアポジーは、自身が逃げてペースを作り、テン5ハロン過ぎまでは標準前後あたりのペースで進み、その後はスローペースが続く。残り1000mからはハイペースになったレースを走った。

 

マルターズアポジーはハイペースで逃げて行ったわけではないが、テン5ハロンは標準前後のラップ。スローに落として、再度加速する。今回は500mの短縮。小倉大賞典のレース映像分析でよく書いてきたパターンだが、早いペース、もしくはそこに近いペースで走りすぎた馬が馬券になるパターン。マルターズアポジーの場合は中山競馬場の芝2500mであり、距離短縮を加味する必要はある。福島記念勝ちな馬であり、馬券からは外さない方がいい。

 

小倉大賞典2017最終追い切り・

小倉ダ 良 70.4-54.6-39.4-12.2<7>馬なり余力

 

2着・ヒストリカル(オッズ・8番人気)

2017年小倉大賞典2着、ヒストリカル(オッズ・8番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、チャレンジカップ(阪神競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、5番・6着。松若風馬騎手。

 

前走は、チャレンジカップ

馬場状態・乾きつつある稍重馬場

レースラップ・12.3-11.1-11.9/11.7-11.8-11.6/11.3-11.8-13.0

 

ヒストリカルは、3枠5番からスタート。出遅れ。軽く促して後方からの競馬。

 

逃げて行ったのは、ダノンメジャー。テン3ハロン35.3秒。おおよそ標準くらいの逃げ。ヒストリカルのテン3ハロンは37.3秒。

 

向正面。逃げ馬のペースはハイペースになっていく。ヒストリカルは最後方のインで抑えつつ追走していく。

 

3角-4角。脚がなくなってるっぽい、クランモンタナがどうにかこうにか押して押して持たそうとしているため、インは渋滞気味。4角出口手前からクランモンタナが1頭外へ出して、渋滞の目が変わる。ペースアップして行く中、ヒストリカルは後方のインで抑えつつ、渋滞の終わりにいつつ、インベタ→1頭外で回って行く。

 

直線。大外へ振って行って、追い出す位置を確保して行く。追って追って追う。最後方から伸びて、伸びてくヒストリカル。じわりじわりと抜け出したマイネルハニーなどに忍び寄るも伸びきれず。ヒストリカル6着。上がり3ハロン34.7秒。最速。

 

ヒストリカル・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【小倉大賞典2017・過去結果データメモ】ヒストリカルの斤量はチャレンジカップと変わらずの57キロ。前走のヒストリカルは、テン3ハロンは標準くらいで進み、中間ラップからハイペースになって行く流れの中を走った。

 

ヒストリカルは出遅れ。最後方からの競馬に。抑えつつ、インで脚を溜めていく。ほぼ距離ロスは少なく回ったものの、前の前の前を走ってたクランモンタナが脚がなくなりつつの追走で渋滞気味(ズブ過ぎで追い続けてないとダメなようで、実際は渋滞と言っても軽いもの)。

 

ヒストリカルは大外へ出して行って、直線、追って伸びての6着。上がり3ハロン34.7秒の最速。中間ラップからハイペースになって行く流れで追い込むのに手間がかかる形。ヒモで塗った方がストレスたまらない前走内容と言えばいいか。出遅れ癖があって、強烈に追い込んで来るタイプであり、アタマまで買うのは怖い。本命にするのも怖い。この手のタイプは、オッズそこそこ持ってる形でときどき来るので「見つけたらヒモ」というのも手。

 

小倉大賞典2017最終追い切り・

栗東坂路 良 51.3-38.0-24.8-12.2 末強めに追う

 

3着・クラリティスカイ(オッズ・5番人気)

2017年小倉大賞典3着、クラリティスカイ(オッズ・5番人気。血統・クロフネ産駒)の前走は、アメリカジョッキークラブカップ(中山競馬場・芝2200m)でした。

 

枠順は、2番・10着。柴田善臣騎手。

 

前走は、アメリカジョッキークラブカップ

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-10.8-12.4/11.9-11.9/12.3-11.8-11.9/12.2-11.8-12.3

 

クラリティスカイは、1枠2番からスタート。発馬まずまず。軽く促しつつ押しつつスピードに乗せて先行のインへ。

 

逃げて行ったのは、クリールカイザー。テン3ハロン35.8秒。少し遅めの逃げ。クラリティスカイのテン3ハロンは36.4秒。

 

1角-2角。インベタで回って行く、クラリティスカイ。ミライへノツバサの後につける。外から逃げ馬が入ってきたのはいいものの、コーナー入ってからミライヘノツバサの前に入られて、渋滞発生。しんどくなってるシーンが見られる。

 

向正面。逃げ馬のペースは標準より少し早めに進んで行く。クラリティスカイは先行の内1頭外で強めに抑えつつ追走して行く。

 

3角-4角。前を走ってたリアファルの脚がなくなり、クラリティスカイは逃げ場所がすぐにはなく、お付き合いして下がって行く。内に入れる隙間があり入れて行く。狭いところに入ったので追い出しが遅れる。垂れたリアファルの位置に入れて行く、クラリティスカイ。外にいたマイネルフロストと少々揉まれる。

 

直線。入り口で前は壁気味。手前変えて行くも、残り250mくらいからムチ入れしつつ伸びを確認する追い方で伸びはじわじわな感じでゴール。クラリティスカイ10着。上がり3ハロン37.5秒。

 

クラリティスカイ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【小倉大賞典2017・過去結果データメモ】クラリティスカイの斤量はアメリカジョッキークラブカップから0.5キロ増の57.5キロ。前走のクラリティスカイは、テン3ハロン少し遅めで進み、中間ラップは少し早めなラップを継続して行く流れを走った。

 

クラリティスカイは発馬後、押して軽く促して前へ。先行馬の後に入れて行くも、外から来た逃げ馬がコーナーに入るくらいのところで前を走る馬の前に入ったこともあり、少々渋滞発生してしんどい1角入りに。向正面で1頭外に出して折り合って追走して行くも3角-4角で垂れて来る馬に付き合って下がって行く。内目に回避できるスペースがあって、入って行く。直線は追うよりもムチ入れしつつ伸びを確認する追い方でゴール。強くは追ってない。10着。

 

馬券の印としてはヒモ。不利や負荷のかかる事象(+直線強くは追ってない)がいくつかあっての10着だが、中山金杯2着馬。負けた理由がある程度わかる以上は買い目に入れておくのは吉。

 

小倉大賞典2017最終追い切り・

小倉ダ 良 82.7-66.9-52.6-39.2-12.2<5>一杯に追う

 

田辺聖子の小倉百人一首〈上〉 (角川文庫)

 

以上、小倉大賞典2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!

 

ひとつよろしく


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

-競馬レース映像分析
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.