競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

読書ネタ

三鷹、水中書店→吉祥寺百年→ジュンク堂、本屋へ。北村薫『書かずにはいられない』、松岡正剛『ルナティックス』、阿佐田哲也『ぎゃんぶる百華』などの本【読書はおすすめ】

ルナティックス - 月を遊学する (中公文庫)

 

三鷹水中書店→吉祥寺百年→ジュンク堂で、北村薫・松岡正剛・阿佐田哲也・多田道太郎・清水幾太郎などの本を購入

三鷹水中書店吉祥寺百年→ジュンク堂と本屋巡りをして、北村薫『書かずにはいられない』松岡正剛『ルナティックス』阿佐田哲也『ぎゃんぶる百華』、多田道太郎『ことわざの風景』、清水幾太郎『私の文章作法』、福里真一『CMプランナー福里真一が書きました 困っている人のためのアイデアとプレゼンの本』『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』などの本を買って来ました。

 

スポンサーリンク




水中書店に行きたいんだけど、三鷹駅の南口から北口に行くのは、けっこう面倒

三鷹駅の北口に、水中書店という古本屋さんがあります。

 

一度、今年の5月に伺いました。バシバシ買ってしまいそうな価格設定に、ブレーキ踏みまくってたのを覚えてます(ブレーキの傷跡が残ってないといいんだけど……)。

 

以前、水中書店へ行った記事に書いたのは、三鷹駅南口をよく利用する身からすると、この北口に行くというのはけっこうしんどいという話。

三鷹駅の改札は2階にありまして、ホームは1階。

 

南口から北口に行こうとすると一度上がって、下って行くんです。この上り下り、長年利用してて、なんとも面倒。吉祥寺西荻窪みたいに、1階部分で通り抜けられるとうれしいのですが……。

 

JR荻窪駅と三鷹駅における、駅の構造の差

荻窪駅も三鷹駅と構造は似てて、1階にホームがあります。反対側へ行くためには上り下り。三鷹駅と違うは、地下に改札があったりする。地下鉄丸の内線があるからでしょう。

 

荻窪駅、ちょっぴり外れたところに地下道があります。荻窪のブックオフから、ささま書店に行くときに重宝する地下道。

 

三鷹にも、地下道あったりしますが、なんだか通る気にならないんです。

もう、本心はこれ。

 

ツーーーッと反対側に行きたいんです。ツーーーーッと。

 

そんな訳で、水中書店になかなか行く機会がなかったんです(イイワケでございますな……)。

 

吉祥寺に、たい焼き屋さんができるってよ

おお、吉祥寺に新しいたい焼き屋さん。

 

場所どこだろうと地図を見ます。ふむふむ。吉祥寺のココナッツディスクより先か。 グーグルマップで広範囲に見ますと、あら意外。

 

三鷹・水中書店 → たいやき そら → 吉祥寺・百年 というコースができあがるではありませんか。たい焼き屋さんがちょうど真ん中くらいです。

 

水中書店で本を買って、たい焼き食べて、百年で本を買う。なかなか素敵なコースですよ、コレ。

これは、三鷹駅北口に出るのがおっくうとか言ってる場合ではないです。

 

水中から、たい焼き食べて、長生き百年ですよ(なんのこっちゃい)。

 

行くしかないだろう、これは。

 

【単行本・文庫本】水中書店

三鷹水中書店で買った本・2014年11月10日・色川武大・北村薫・松岡正剛

水中書店・到着。

 

お店の前が公園になっていまして、子どもたちが遊んでおりました。「大きくなったら、本読むといいぞ〜。読書は楽しいぞー」。

 

ふと思う。遊び場の前に古本屋さんがあるっていうのは、子どもたちにとってどういう感じに映るんだろう?

サッカーボールに夢中で古本ってところじゃないだろうけど……。

 

子どもたちからすれば大人な人が、たくさんの本の前で苦い顔したり、ニャッとしたり、しゃがみ込んで真剣な顔してたり。

 

そういう光景を見てて、なにか影響はあると思う。

 

単行本(高橋源一郎、内田樹・阿佐田哲也・北村薫)

高橋源一郎、内田樹選『嘘みたいな本当の話 日本版ナショナル・ストーリー・プロジェクト』(イースト・プレス)、阿佐田哲也『ぎゃんぶる百華』(角川書店)、北村薫『書かずにはいられない: 北村薫のエッセイ』(新潮社)。

 

文庫本(色川武大、阿佐田哲也・多田道太郎・松岡正剛・金井美恵子)

色川武大、阿佐田哲也『色川武大・阿佐田哲也エッセイズ〈2〉芸能』(ちくま文庫)、多田道太郎『ことわざの風景』(講談社文庫)、松岡正剛『ルナティックス - 月を遊学する』(中公文庫)、金井美恵子『文章教室』(河出文庫―文芸コレクション)を購入。

 

<1>を買ってまだ読んでないけど、<2>を発見。買います。

 

松岡正剛さんの中公文庫。100円。ありがたく手に取る。

 

このところ、「文章」に関する本を読んでるもので。

 

ネタの固まりみたいな本を読んでおくと、のちのち何かある(……何が?)。

 

いや、アイデアボケ・ツッコミシャレ・ジョークのどれかに。

 

 

水中書店を出て、吉祥寺に向かいつつ、たい焼き屋を探す……

水中書店を出て、たい焼き屋さんを探します。

 

あれっ? ないないない。入って行く道間違えたかなぁ……。

 

♪ナイナイナイ〜 タイガナイ〜。

 

地図をチラ見しただけで、行動してしまうもので

実は自分、地図を「ぱっ」と見ただけで目的地に向かう悪い癖がありまして。ただ、迷ってしまうことはあっても、だいたい目的地にはいけるんです(迷ったことも、最終的にはネタになるし)。

 

しかし、今日はぜんぜん、たい焼きの「た」の字も見つけられず……。

 

そんなときにだいたいの人はコレを使うでしょう。スマホ、スマホ

現代の必須アイテム、スマホ。そうなのでしょうけど、ワタクシ、スマホ、スマフォ? 持ってませーん。よりにもよって、携帯も家。連絡は伝書鳩でお願いします(何のこっちゃい)。

 

関連→iPhoneを、スマホをとうとう買う。ガラケー卒業。ケースは手帳型かな、アプリどれどれ、ほうタッチパネルだよ。万歩計ついてるの!ゲームはやらないかな…

 

関連→iPhoneアプリ、ボイスメモを使い一人カラオケ・ヒトカラを録音してみた。icレコーダーはスマホの中に?音質そこそこ。練習、確認用におすすめ

 

こんな日もあるかーと、百年へ。

 

※帰宅して、たいやきそらさんの地図を確認しましたら、入ってゆく道間違ってましたね。2本間違えてました(とほほ)。

 

そして、「月曜日は定休日」でした(第2火曜と、水曜日も定休日)。

oh……。

 

どちらにしても、“薄皮で甘過ぎずトロリとしたたいやき”、トロリたい焼きくんに出会えなかったのか……。

 

水中書店と百年の定休日は火曜ですから、このコース、木・金・土・日に行きましょう。

 

近いうちに来るぞよ。たい焼き、食べて見たいもの。

 

【単行本・文庫本】百年

吉祥寺百年で買った本・2014年11月10日・清水幾太郎・真鍋博・松永真

吉祥寺・百年で買いました本はこちら。

 

単行本(松永真、他)

『CM文化論―ヒットコマーシャルの25年』(創拓社)、松永真『対談・快談・松永真』(誠文堂新光社)。

 

文庫本(清水幾太郎・真鍋博・松岡正剛)

清水幾太郎『私の文章作法』(中公文庫)、真鍋博『発想交差点』(中公文庫)、松岡正剛『知の編集工学』(朝日文庫)を購入。

 

表紙に書かれている、「情報は、ひとりでいられない」というセリフがいいですね。

 

書き込み本だったんですが、数ページで終わってて「もうちょっとがんばれよなぁ」と、思う。

 

谷川俊太郎、倉本聰、野坂昭如、多田道太郎、南博などなど。

 

長友啓典、仲畑貴志、土屋耕一、繰上和美、浅井慎平、糸井重里など。

 

【単行本・文庫本・新書・雑誌】ジュンク堂 吉祥寺店

ジュンク堂吉祥寺店で買った本・2014年11月10日・弘兼憲史・福里真一・村田喜代子

ジュンク堂・吉祥寺店で買いました本はこちら。

 

単行本(弘兼憲史・福里真一・高橋晋平・山田壮夫)

弘兼憲史『総特集 弘兼憲史: デビュー40周年記念号』(文藝別冊/KAWADE夢ムック)、福里真一『CMプランナー福里真一が書きました 困っている人のためのアイデアとプレゼンの本』(日本実業出版社)、『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』(宣伝会議)、高橋晋平『∞(むげん)アイデアのつくり方』(イースト・プレス)、山田壮夫『〈アイデア〉の教科書 電通式ぐるぐる思考』(朝日新聞出版)。

 

文庫本(村田喜代子)

村田喜代子『縦横無尽の文章レッスン』(朝日文庫)。

 

新書(古賀史健)

古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義』(星海社新書)。

 

雑誌

『ダ・ヴィンチ 2014年 12月号』(KADOKAWA)、『やっぱり本屋はおもしろい! !』(洋泉社MOOK)を購入。

 

「文章」関連本を。

 

なんとも、そそられるタイトル。自分のそういうタイプだし(嘘)。

 

最近、ジュンク堂のコーナーでお気に入りなのは「広告・アイデア」のあたり。どの本も欲しくなって困る。

 

二十歳そこそこの頃に『黄昏流星群』をぐいぐい読んでて、けっこう影響受けてるところがありまして。

 

総特集的な、がっちり固まった本はもちろん買いますよ。

 

ジュンク堂吉祥寺店で買った本・2014年11月10日・ダヴィンチ・やっぱり本屋はおもしろい! !

 

感想→星野源表紙インタビュー。ダヴィンチ2014.12感想【読書雑誌】。特集、恋に燃えるのは女だけじゃない男の恋愛・本好きは猫も好き!・作家生活10周年 西加奈子

 

 

以上、三鷹水中書店→吉祥寺百年→ジュンク堂と本屋巡り。北村薫『書かずにはいられない』松岡正剛『ルナティックス』阿佐田哲也『ぎゃんぶる百華』などの本を購入【読書】という話でした。

 

-読書ネタ
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.