繰り返しの謎解き商会

*

西荻窪・盛林堂書房→音羽館と本屋巡り。吉行淳之介『悪友記』庄野潤三『鍛冶屋の馬』梅棹忠夫『情報の文明学』などの本を購入【読書】

      2017/08/05

西荻窪・盛林堂書房→音羽館と古本屋巡りをして、吉行淳之介『悪友記』、庄野潤三『鍛冶屋の馬』、梅棹忠夫『情報の文明学』、鈴木淑子『思い出競馬―男もすなる競馬といふものを女も…』、野口晴哉『整体入門』、ラーゲルレーフ『幻の馬車』、森博嗣『大学の話をしましょうか―最高学府のデバイスとポテンシャル』などの本を買ってきました。

 

西荻窪の均整院に行って、古本屋さんへ

以前から、違和感あるなぁと思ってた右の腰が数日前にピキキキッと軽い痛みが走り、ぎっくり腰の知らせだったらどうしようととっても不安になる……(歯痛と腰痛の痛み加減って、とっても嫌ツートップ)。

 

ホッカイロで温めたり、揉んだり、風呂に浸かって温めたり、揉んだりしていて、どうにか痛みは治まったものの、この先寒くなってゆきますし、これは見てもらおうと、いつも行く西荻窪の均整院へ。

 

休日だったものの、いつも通りに営業されてました。季節の変わり目あたり、急に寒くなってきたあたりで予約取りにくいこともあるもので、よかったよかった。

 

スポンサーリンク




無事40分ちょい、調整してもらい、具合も良くなってきて、さてどうしょうかと、西荻。

 

本日は火曜日。古本屋さんも休みかと思ってたものの、試しに行ってみようと、盛林堂書房、音羽館と行きましたらお客さんがかなりいる塩梅。モチのロン、古本を買うのであります。

 

西荻窪・盛林堂書房

DSCF1815

 

いつぶりに来たのか思い出せない……。

 

それはさておき、店頭の均一にはお客さんがたくさん。お店の中にもたくさん。すばらしい。あまり人に言いたくない内緒な話、西荻窪・盛林堂書房の店頭均一本の内容はめっちゃ濃い。濃くって、「ええっ……、いいの」となります。

 

買いましたのは、

 

単行本

中上健次、村上龍『中上健次VS村上龍―俺達の舟は、動かぬ霧の中を、纜を解いて、ー。 対談+短篇小説+エッセイ』、高橋文夫『雑誌よ、甦れ』(晶文社)、吉行淳之介『悪友記』(六興出版部)、庄野潤三『鍛冶屋の馬』(文藝春秋)、鈴木淑子『思い出競馬―男もすなる競馬といふものを女も…』

 

文庫本

ルソー『人間不平等起原論』(中公文庫)

 

書いてあることの10%くらいしかわからないでしょうけど、ときどきこういう本を読みませんと。

 

読んだことなかったなぁと思い。

 

帯付き。この帯に書かれている和田誠さんのイラストがなんとも、いい。

帯だけで100円の価値がありますよ。

 

「馬」と名付けられてたら、とりあえず買うのです。買うのです。

 

表紙、裏表紙の鈴木さん、めっちゃべっぴんだこと! 眉の太さが素敵であります。帯・小林薫。

 

西荻窪・音羽館

DSCF1814

音羽館に来るのも久しぶり。音羽館の均一も素晴らしい。

 

買いましたのは、

 

単行本

後藤繁雄『スキスキ帖』(アートビートパブリッシャーズ)

 

文庫本

佐藤信夫『わざとらしさのレトリック―言述のすがた』(講談社学術文庫)、野口晴哉『整体入門』(ちくま文庫)、梅棹忠夫『情報の文明学』(中公文庫)、ラーゲルレーフ『幻の馬車』(角川文庫)

 

新書

森博嗣『大学の話をしましょうか―最高学府のデバイスとポテンシャル』(中公新書ラクレ)、佐藤信『推計学のすすめ―決定と計画の科学』(ブルーバックス)、松崎久純『好きになられる能力 ライカビリティ 成功するための真の要因』(光文社新書)

 

「スキが人間の人生をつくり出すんだよ」という帯の文章がいいじゃないですか。

 

講談社学術文庫など単価の高い文庫で、気になる本が均一にあったら状態にあまりこだわらず買うことにしていまして。

 

「われわれは言語が自分の考え方や現実の情景などを忠実に描写・表現するものだと考えがちである。著者はそういった素朴な言語観を否定し、<まことしやか>に対する<わざとらしさ>のレトリックこそ言述(デイスクール)の本質的な姿だと説く」

裏表紙より

興味そそる話であります。

 

も、持っていたような気もしたのですけど、均整院帰りでもありますので、記念に(こらこら)。

 

「馬」と書名に書かれておりましたら……。

 

この本は知らなかったですよ……。

 

ちょっとドキッとするタイトルだったもので。

 

以上、西荻窪・盛林堂書房→音羽館で、吉行淳之介『悪友記』庄野潤三『鍛冶屋の馬』梅棹忠夫『情報の文明学』などの本を購入【読書】という話でした。

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

スポンサーリンク




こちらの読書ネタもどうぞ、おすすめまとめ【初心者入門。やり方、方法探し中な方の参考にも】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読み始めた本がつまらないとき、読むのをやめる、やめない問題【読書】

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

おでこ。ニキビ、シワがあったり。かゆいときあったり。カッコいいハゲの黄金比に深くかかわってるとは…。きれいにしておかなきゃ(なんのこっちゃい)

米米CLUB、CDアルバム16作品をリマスターリリース。YouTube動画、カールスモーキー石井・ジェームス小野田・君がいるだけで・浪漫飛行…懐かしさ満載

3月のライオン/羽海野チカ、漫画実写映画化のニュースを読んで、二海堂晴信の配役が頭をよぎる。モデルは村山聖さんとのこと。年齢何歳だっけ?【アニメ】

 - 古本屋・CD屋巡り , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

三鷹上々堂で、田村隆一『詩人の旅』早川良一郎『散歩が仕事』フリードリヒ・トールベルク『騎手マテオの最後の騎乗』などの本を購入【読書】

田村隆一、早川良一郎、フリードリヒ・トールベルク、藤沢周平、徳永文一などの本を買ってきました。三鷹上々堂に行きまして、田村隆一『詩人の旅』、早川良一郎『散歩が仕事』、フリードリヒ・トールベルク『騎手マテオの最後の騎乗』、藤沢周平、徳永文一『甘味辛味―業界紙時代の藤沢周平』、豊崎由美『ニッポンの書評』、山本冬彦『週末はギャラリーめぐり』などの本を買ってきました。

ウェットティッシュに早変わり、便利グッズ「ウィズモア」発売。乾燥、手の汚れに。使いやすい、効果的な手拭きになる場所はどこ?◎ネタクリップ【読書】

ウェットティッシュが欲しいときに「ウィズモア」。ウェットティッシュ「ウィズモア」、置くのにちょうどいい場所がある商品な気がします。おしゃれな形……、インテリアな感じで、ウェットティッシュ「ウィズモア」。今、ぱっと浮かばないんですが……(こらこら)。使いやすそうではあるんですけど……。油ものの多いところとかかな? 手に付いた油を拭きたいとき。ただ、ウェットティッシュにはアルコール入りのものがあったりします(除菌するタイプのですね。アルコール濃度はさまざま)。この「ウィズモア」の機能はノンアルコールの様子。アルコールなしタイプのウェットティッシュ。

渡辺麻友(AKB48)・稲森いずみダブル主演・テレビドラマ「戦う!書店ガール」。舞台になる本屋さんは、吉祥寺ジュンク堂。読書好きとしては、本棚が気になる…

渡辺麻友(まゆゆ・AKB48)・稲森いずみダブル主演・テレビドラマ「戦う!書店ガール」。舞台になる本屋さんは、吉祥寺ジュンク堂。ナタリーに掲載されてる本屋さんの写真見てて、言ったことあると思ってたら、吉祥寺ジュンク堂とは。そして、読書好きとしては、本棚が気になる…。講談社文芸文庫。ちくま文庫……。映ったら、胸が熱くなりそう……。ほんと、どこ見てるかわからなくなりそう。AKB48まゆゆこと、渡辺麻友さんが本屋を舞台にした「戦う!書店ガール」で、稲森いずみさんとテレビドラマダブル主演。主題歌も歌われるとのこと。

三鷹フォスフォレッセンス→上々堂→啓文堂書店と本屋巡り、太宰治『正義と微笑』徳川夢声『話術』ヨシタケシンスケ『もうぬげない』などの本を購入【読書】

三鷹フォスフォレッセンス→上々堂→啓文堂書店・三鷹店と本屋を巡り、太宰治『正義と微笑』、徳川夢声『話術』、ヨシタケシンスケ『もうぬげない』、都築響一『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』、是川銀蔵『相場師一代』、筒井康隆『乱調文学大辞典』などの本を買って来ました【読書】。

吉祥寺百年→吉祥寺美術館→ジュンク堂と巡り、又吉直樹『火花』ロシュフコー『人生の知恵―省察と箴言』色川武大『百』などの本を購入【読書】

又吉直樹・ロシュフコー・色川武大・中村明・小山力也などの本を買ってきました。吉祥寺百年→吉祥寺美術館→ジュンク堂と巡り、又吉直樹『火花』、ロシュフコー『人生の知恵―省察と箴言』、色川武大『百』、中村明『笑いのセンス――日本語レトリックの発想と表現』、小山力也『古本屋ツアー・イン・ジャパン』、森毅『気まぐれのすすめ』、中条省平『文章読本―文豪に学ぶテクニック講座』などの本を購入してきました。台風が近づいてきてるものの、東京はちょっぴり涼しい気温で青空。雲が風に持ってかれてるんでしょうか、ほんと、雲のない空。古本日和ですよ、たぶん。昨日のGI、NHKマイルの本命、ニシノラッシュが3着までに来たら、儲けたお金で古本をごりごり買うぞなんて考えて、複勝馬券を仕込んでいたものの、惨敗。

吉祥寺ジュンク堂→荻窪ささま書店と本屋巡り。庄野ナホコ『ルッキオとフリフリ・おおきなスイカ』島田潤一郎『あしたから出版社』などの本を購入【読書】

庄野ナホコ・島田潤一郎・木村草太、安田洋祐、松井剛、青山潤・吉田秀和などの本を買いました。吉祥寺ジュンク堂→荻窪ささま書店と本屋巡りをして、庄野ナホコ『ルッキオとフリフリ おおきなスイカ』、島田潤一郎『あしたから出版社』、木村草太、安田洋祐、松井剛、青山潤『「学問」はこんなにおもしろい!憲法・経済・商い・ウナギ』、吉田秀和『主題と変奏』、内田樹『先生はえらい』、花村萬月『父の文章教室』、池上彰、津田大介『メディアの仕組み』などの本を購入

三鷹水中書店→吉祥寺百年→ジュンク堂と本屋巡り。北村薫『書かずにはいられない』松岡正剛『ルナティックス』阿佐田哲也『ぎゃんぶる百華』などの本を購入【読書】

北村薫・松岡正剛・阿佐田哲也・多田道太郎・清水幾太郎・福里真一などの本を買ってきました。三鷹水中書店→吉祥寺百年→ジュンク堂と古本屋巡りをして、北村薫『書かずにはいられない』、松岡正剛『ルナティックス – 月を遊学する』、阿佐田哲也『ぎゃんぶる百華』、多田道太郎『ことわざの風景』、清水幾太郎『私の文章作法』、福里真一『CMプランナー福里真一が書きました 困っている人のためのアイデアとプレゼンの本』『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』、村田喜代子『縦横無尽の文章レッスン』などの本を購入。

三鷹啓文堂書店・アマゾンマケプレで、牧野武文『Googleの哲学』海部美知『ビッグデータの覇者たち』藤原健固『歩きの科学』などの本を購入【読書】

牧野武文・海部美知・藤原健固・渡邉英徳・井本邦昭などの本を購入。三鷹啓文堂書店・アマゾンマケプレで、牧野武文『Googleの哲学』、海部美知『ビッグデータの覇者たち』、藤原健固『歩きの科学―なぜ頭とからだによいのか?』、渡邉英徳『データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方』、井本邦昭『弱った体がよみがえる 人体力学』『内臓を強くする整体法 内臓力を回復して体の中から若返る』、伊藤和磨『アゴを引けば身体が変わる 腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育』などの本を購入。

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

本屋巡り、書店巡り、古本屋さん巡り。楽しい趣味で大好きです。読書好きなら、おすすめもおすすめな趣味。本屋巡り、書店巡り、古本屋巡りが楽しい趣味になって、おすすめと言ってしまうのは、単に読書好きからだけではないんです。本屋や書店を巡るとき、アイデアを思いついたり、アイデアが浮かんだりする場所なのです。なので、本屋巡り、書店巡り、古本屋さん巡りしたくなってしまう。そういう場所に行きたい、楽しい趣味になって行く。三鷹・吉祥寺・荻窪・西荻窪・高円寺・新宿・阿佐ヶ谷・調布……。書店の売り場の並べ方や、おしゃれなポップを見たりしているときにアイデア浮かぶ。書名を見たときにアイデア思い付く。本屋巡り、書店巡り、古本屋さん巡り。楽しい趣味で、おすすめもおすすめ。

Amazonマーケットプレイスで最近買った本。班目健夫『免疫力を高める「副交感神経」健康法』土居健太郎『10年つかえるSEOの基本』など【読書】

班目健夫・土居健太郎・田村章、中森明夫、山崎浩一・井本邦昭などの本を買いました。Amazonマーケットプレイスで最近で、班目健夫『免疫力を高める「副交感神経」健康法』、土居健太郎『10年つかえるSEOの基本』、田村章、中森明夫、山崎浩一『だからこそライターになって欲しい人のためのブックガイド』、井本邦昭『体の痛み・不調が消える! 「呼吸」力学』、小林弘幸『快眠したければ「首」を緩めなさい』などを買いました。